蒲郡市 seitashi 日記

整体師 
蒲郡市のスポーツ能力向上に貢献します
運動神経の改善

不妊の方が増えるわけ第4弾(愛知の整体師の考え)

2016-10-16 05:26:34 | 妊娠・出産・不妊・子育て

現代社会は強い光の時代です

 

LEDはかなり強い光を放っています

 

テレビ、スマホ、パソコン、家電、信号、車のヘッドライト

ありとあらゆる所から強い光が・・・

ブルーライトの弊害などは世間で報道されるようになりました

眼精疲労を誘発

松果体への影響、サーカデイアンリズム(生活リズム体内時計)が崩され

メラトニンというホルモンの分泌抑制で、不眠など

ホルモン系が崩されるので妊娠にも影響が・・・

 

私が危惧するもう一つの重要な事は

強い光を浴びると

人間は目線をずらして脳への刺激を減らそうとする(まぶしいと顔をそむける)

今日は顔を右に、明日は顔を左にというようにバランス良くできればいいが

そんな訳にはいきません

人間は楽な方に顔を向けるので、どんどん癖が強くなっていきます

 

私が調べるとほぼ全員

眼球が動きやすい方、動きにくい方向が作られてしまっています

 

 

この強い眼球の癖が「不妊」とどう関係するのか?

2つあります

 

例えば、整体で完璧に背骨や首を真っすぐにしてもらっても

テレビを見るたびに顔をそむけて見るとしたら

自分で一生懸命、首や背骨、骨盤まで曲げていってしまうのです

 

脊髄も脳も、骨盤内の内臓(子宮卵巣)も捻じられたら

妊娠に影響があるのです

 

もう一つは

眼球は視神経を通して脳の後ろ側で映像として認識するのですが

視神経が交差する所に

「脳下垂体」「視床下部」が鎮座しているのです

眼球をいつも同じ方向に動かすと交差する所に一番テンション(緊張)がかかります

つまり

ホルモン系の中枢「脳下垂体」自律神経の中枢「視床下部」にテンション(緊張)をかけるのです

 

 

脳下垂体から卵巣や子宮に排卵、受精、着床などの指令が出るとすれば問題が大きいのです

視床下部は緊張すれば自律神経が乱されるので全身が緊張します

 

不妊だけに関わらず

人間の一番重要な脳の中心部が緊張させられるのだから

この先未来、どんどん原因不明の病気が増えてくるはずです

 

 

毎日毎日、LEDの光に囲まれている現代人

どうしたらいいのでしょうか?

 

私の整体法はこのような現代病に対応するために進化してさせてきました

「バカ、アホ」と言われてもずっと続けて来た事が

今、現代人を救う整体法が出来たと確信しています

 

(20年位前)は 骨盤を押したり、揉んだりするだけで

不妊、生理痛は間単に変わりました

その時代は子宮の傾きやネジれだけの問題だったのでしょう

 

今は脳の問題が大きいと思われます

骨盤矯正自体が無意味な時代になってきました

 

 

眼球の動きを瞬時に変えられる手技なんて考えられますか?

 

世界でただ一つの手技かもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 蒲郡市 ありがとう整体HP

 思ったより 靭帯のゆるみが原因の不定愁訴で悩んでいる方が多いです

 

何十年前の 捻挫が・・・・・・

何十年前の 出産が ・・・・・

何十年前の 麻酔が ・・・・・ 

 

 【靭帯のゆるみ】の調整の重要性


当院のお客様の声は こちら

当院の YouTube 集は こちら
 

愛知県で姿勢矯正NO・1を目指してます

 

 

 

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3年間の肘の引っかかりで悩... | トップ | 99.99%違う整体【愛知県の整体】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL