kotobatati (美弥乃静)

美弥乃のかくポエムです。
多少過激な表現もあると思うので、苦手なかたはご遠慮ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「Pinky Dream」歌詞

2008-01-03 22:23:08 | Weblog
「Pinky Dream」

sha lalala 記念日に 大きなイチゴのケーキ
sha lalala 気付いてた?恋のスパイス
sha lalala 手作りの愛情タップリ仕様
sha lalala いつのまに とびきり甘い

もう何度目の 時が過ぎて
胸の記憶色がついてゆく

Pinky Dreamer心 純なままに
Pinky Beatずっと奏でるの
Pinky Dreamer私だけのもの
広がる景色 ピンクに染める

DokiDokiチラリ見る
あなたの横顔の影
DokiDoki気付いてた?この愛の種

コントロールは何故きかない?
キスとギュッと離さないでいて

Pinky Dreamer鼓動早くなる
Pinky Beat不安にさせないで
Pinky Dreamer甘いこのケーキ
Pinky Pinkずっと食べてね

寄り添えること 幸せなの
ずっとずっと 大好きでいてね

Pinky Dreamer心 純なままに
Pinky Beatずっと奏でるの
Pinky Dreamer私だけのもの
広がる景色 ピンクに染める

(ひめちゃんに最初に書いた歌詞
作詞自体人に書くことがあまりなかったので、ドキドキしながから書いたのを覚えてます。
ピンクが好きなのを知っていたので、ピンクの世界をつくってみました。)
コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

「forever」歌詞

2008-01-03 21:18:48 | Weblog
「forever」

真夜中に輝く無数のネオン達に
思い出す大人のあなた

似合うように全てを変えようとしたけれど
逢うたびに切なくなるの
ホントの自分が見えなくなってゆく

I Love you so forever
言ってみたくて
だけどあなたの唇から流れてほしい

I Love you so forever
待っているのに
いつも「永遠」その言葉をはぐらかす


背伸びして大人のふりばかりしたけれど

苦しくて笑顔も出ない
振り返り何かを言いかけていたけれど
寂しげにただ見てるだけ
不安な気持ちに押し潰されてゆく

I Love you so forever
呟いてみる
つくりもののままの私で立ちすくむまま
I Love you 仮面を
全て脱ぎ捨て 泣くと
あなた嬉しい顔で「永遠に…」

自然な心が一番の「愛情」

I Love you so forever
呟いてみる
つくりもののままの私で立ちすくむまま
I Love you 仮面を
全て脱ぎ捨て 泣くと
あなた嬉しい顔で「永遠に…」


(だいぶん前に、桜川ひめこちゃんに書いた、3曲目の歌詞です。
大体曲が先に来て、それを聞きながら作詞するのですが
わりと大人っぽいメロディーだったので「大人になりたい」という恋愛を書いてみました。
でもやっぱり恋愛で無理続けるってことは、あいてにも伝わってることだと思うのです。
今となってはかなりレアな曲です。

ていうか、美弥乃が誰かに書いた歌詞は大体レアになりますww)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「memories」歌詞

2008-01-03 20:12:34 | Weblog
「memorys」歌詞

君と会ったあの坂道
まるで心がついてかない

咲かなかった花の蕾
ほんの少しづつ覗く

奇跡...そっと
リアル抱きしめて
君との距離 
ちょっと縮めてく

出会いと運命 
一緒の時間が
この胸を刺激する
Your and my memories.


びくついてる手のぬくもり
不思議 落ち着く鼓動

奇跡・・・強く
本気かみしめて
一歩前に踏み出してみよう

臆病な君の 魂感じて
この胸に刻み込む
Your and my memories.


(壱ノ菊をやっていた時に書いた歌詞です♪
あのユニットでは、一応2曲作詞しました。
memorysそのまんまな歌詞です。

ED的な曲で、思い出を重ねていきたいと思って書きました。
自分にじゃない歌詞はほんわか書けます☆
自分の曲の歌詞だともっとあつい感じになるんですけどね。)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

七色のエール〔歌詞〕

2008-01-03 20:05:05 | Weblog
「七色のエール」歌詞

輝く世界 繋がる二人
きっと届くよ、だから信じてて
この七色のエール

一人だと思ってた 孤独な世界
君と出会えた奇跡
とびきりの笑顔に 思わずつられ
胸が熱くなる

ここにいるよ
ずっと君の側に
だから大丈夫

輝く世界 繋がる二人
きっと届くよ、だから信じてて
この七色のエール


刹那でも嬉しくて 離れたくない
君を見つめる瞳
こぼれだす言葉が とても大事で
胸にこだまする

どこにいても
心寄り添ってる
だから大丈夫

きらめく宇宙 早まるキモチ
もっと届ける だから進んでて
この七色のエール


(七色のエールというPCゲームの主題歌の作詞と歌で参加させてもらいました♪
シズット役の美弥乃とロイ役の半澤香綾ちゃんで歌ってます!
七色のエール、エールを送る+壮大な感じに書いてほしいと言われ、先にゲームの大まかな概要が届いていたので、壮大というよりも、ゲームの内容、イメージをつめこみました☆
寂しい中、出会えた奇跡
癒やし系ゲームですよ)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

こえ

2007-11-03 16:44:23 | Weblog
じりじりと押し寄せる重い痛み

聞こえる幻聴

それが愛なのか
それともただの憎しみの感情なのかはわからない

君はひたすら
数を数えていたね

ひとつ、ふたつ、みっつ…

私はそれを見ていただけだけれど

いつからか、その声が聞こえるようになっていた

いつまでも、いつまでも

君の狙いはそれだったの?

心に残すために、近づきもせず、ひたすら目の前で数を数え続けたの?

気づいた時にはもう遅く
声という気配が、つねに消えなくなっていた

それが愛なのか
憎しみなのか

わからないままに

今日も痛く重い胸を押さえ、歩いていく
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

無題

2007-11-03 16:32:03 | Weblog
これを飲んだら最後だって…

体を流れていくこの液体を

飲み込んだまま閉じ込めてしまいたい

君の一部だって

ずっとずっと閉じ込めてしまいたい

だって 何も残してくれなかったじゃない?

思い出じゃなくて
治る傷跡じゃなくて
確かな証拠がほしかったの

だから一滴でもいい、この体の一部に取り込んで
離さないように

ずっと
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水面にうつるもの

2007-10-06 17:09:43 | Weblog
君の歌声が響き

この心が軽くなった
君と出会ったのはある月が綺麗な夜だったね

水面にうつる、波に揺れる月を見つめて
吸い込まれるようにそこに足を踏み入れた時

水面にうつった月のかわりにうったのが君だったね

でも君はそこから出ることはできなくて
ひたすらこっちを見ていた

目と目があって
そらすこともせず

月が消え
水面が明るくなるまで
無言の出会いは続いた

私がとしをとれば、一緒にとしをとる

他には何もいらない気がした

だって私のこと、誰よりも知っているでしょう?

そろそろ
もっと近く…

飛び込んでもいいかもしれない…


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2007-09-24 11:30:15 | Weblog
青い箱を開けました
そこには目を瞑って、涙に濡れた君がいました

黄色い箱を開けました
そこには暖かい微笑みを浮かべた君がいました

グレー箱を開けました
そこには何かに葛藤している君がいました

赤い箱を開けました
そこには真っ赤な
ただ真っ赤な目をした君がいました

白い箱を開けました
そこには

無表情な私がいました

この箱にいたのは
私でした

最後にあいたいと願ったことを忘れ
箱をあけ続けたのです

ふと見ると

最後に不思議な色にかがやく箱がありました

引き寄せられるようにあけると

無表情な君がいました

無表情な私と
無表情な君の箱を隣同士にひっつけて

初めて私は

安心して眠ることができました

おやすみなさい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かげ

2007-09-10 21:16:26 | Weblog
影にうつる
自分のシルエットに

吸い込まれそうになる瞬間

色々な記憶が蘇る

その記憶をどれだけ胸にしまっておけるか

目を開けたら
また繰り返すかもしれない現実に

崩れ落ちる瞬間
身構える

忘れないよね?

君に忘れられたら

ぽっかり穴があいちゃうよ…

目が覚めたら

またちゃんと

この影が

ありますように
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

繋る糸

2007-07-02 05:47:01 | Weblog
黒い翼が赤に濡れた時に
二人の距離は縮まった

繋った小指の糸は
長く長くのびて
白と黒の境界線を飛び越えた

出会ってはいけない
禁忌な領域

でも、知ってる?

この糸は
手を動かすたびに
心を動かすたびに
運命と同じくちょっとずつ縮まっていくんだよ

見えない糸
見えない君

無意識に呼び合って
ひっぱりあって

近くなるにつれ
期待に似た胸騒ぎがする

怖いのか、楽しいのか
それすらもわからない
…君に出会う

出会ってはいけない君に出会う

出会ってはいけないなら、もういっそ

翼を赤く染めてしまおうか

そうしたら
同じでしょう?

はじめまして…
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加