Carp-Chu☆ベッカン

さてここはどうしようか。。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あらためてあらためてごあいさつ(笑)

2006年03月16日 | だいあり?
日常のことはコチラに移転しましたです。
さてここは何に使おうかなー

コメント (15)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

あらためてごあいさつ

2006年01月11日 | だいあり?
カープ関連はライブドアに移動しましたので、
こちらではそれ以外のことをごった煮で書いて行こうと思います。

日々感じたこと、ふと書きたくなったこと、仕事柄お薬のことなど書いていこうかと思っています。

しばらくgooBlog使ってなかったのですが・・・
記事を投稿するのにジャンル指定しないといけなくなってる・・・
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

連絡事項

2005年11月01日 | かあぷ
まず赤く染めようキャンペーンですが名前決定です!
新鯉組!のkaoさん命名

==========ここが本日のCarp-Chu☆!========

Show the RED Soul

==============================
↑久しぶりにやった(笑)
来期は赤い心(魂)を球団、選手、ファン、マスコミ!みんな見せよう!


もう一点、このブログですが、旅に出てみようと思います。
行き先はライブドアです。
http://blog.livedoor.jp/carpchu/

gooは絵文字が使い易いから引っ越したくないのですけどね・・・
他にも色々してみたいので自由度の高いライブドアにしてみます。
もしかしたらまたこちらに帰ってくるかもしれませんが、
少なくとも赤く染めようキャンペーンについてはライブドアをメインとさせていただきます。

もしこちらに帰ってくることがあるとすれば絵文字を使えないことに限界を感じた時になると思います(笑)
絵文字は試合レビューに大活躍するので来期のオープン戦まではライブドアでいくでしょう。
それまでこのブログは残しておくつもりです。


お手数をおかけしますがよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの日感動 永遠に・・・

2005年10月31日 | かあぷ
2005年10月12日 真っ赤に染まった市民球場。
その光景はカープを愛する方の胸に深く刻まれたことと思います。

でも僕はあの日だけでは満足できません。もっともっと見たいです。
これからも球場も選手の心も自分の心も赤く染めたいです!

そこで提案です。
- ☆ - ☆ - ☆ - ☆ - ☆ - ☆ - ☆ - ☆ - ☆ - ☆
2006年は赤いメッセージフラグで
新生カープを赤く熱く応援したい!
具体的には
A3~A2サイズの「赤い紙、布(できるだけ赤が目立つ物)」を持参して、
1回(地元なら裏)の先頭打者のファンファーレの時に掲げる。
ファンファーレが終わってコールの時にはメガホンに戻る。
(布だったら柔らかいからメガホンと同時持ち&叩きできていいと思います。)

それ以降は各回の活躍した選手のコール時と投手コール、
7回の「それいけカープ」の時に掲げる。
1回から見れなかった人も参加できるし、大人数になるという期待も込めてます。
風船の上げられない球場でも盛り上がりますよね!

スタートはオープン戦から、全国各地の球場でやっていただければと思っています。
- ☆ - ☆ - ☆ - ☆ - ☆ - ☆ - ☆ - ☆ - ☆ - ☆

どうしてこんなことしようかと思ったかといいますと
来期は新監督の下、新たな気持ちで・・・
1.選手にこれを見て新たな気持ちで頑張ってもらいたい!
2.応援する自分も楽しく熱が入る!
3.赤く染まった球場をいつも見たい!
4.ビジュアル的にカープの応援って楽しそう!って思われる→集客につなげたい!
5.この呼びかけにより、球場で応援する人はもちろん、球場にいけない人も、
  参加してくれた人、皆が達成感を共有できる!
以上のような理由からです。

賛同していただけるウェブサイト、ページ等の管理者様、
ご自分の言葉、またはバナーによるリンクだけでも結構ですので、
この企画を広めていただけないでしょうか?
その際、- ☆- ☆間の企画内容がわかるようにお願いします。
(ここへのリンクが手間が省けると思います。)
赤ボード持っていくだけではどの場面で使うのかわからないと思いますので。
そしてお手数ですが「参加したよ」のトラックバック、コメントをいただけると
参加してくれた人皆で喜びを共有できると思いますのでよろしくお願いします。

234*60
300*86
180*50
↑バナーです。ご自由にお持ちください。
他のバナーやボード(フラグ)、企画名も募集します!

▼賛同していただいたウェブサイト様(敬称略)
(リンク先希望ありましたら遠慮なく連絡ください)
★『鯉に夢中
http://lansikirja.cool.ne.jp/cgi-bin/nicky_carp/nicky.cgi?DT=20051021B#20051021B
★『広島カープを誉め・・・・日記
http://blog.goo.ne.jp/carp1992/e/1a1eda0a636d4f4aca98ebd0d2e12ca5
★『かあぷ屋さん
http://blog.livedoor.jp/carpyasan2005/archives/50225854.html
★『なんでもあり~な日記(カープ中心?)
http://blog.livedoor.jp/carpx1tos/archives/50150742.html
★『カッコ仮
http://kutamofufu.seesaa.net/
★『新鯉組!
http://carps.blogtribe.org/entry-4350b21c11cc5a9684b3879bdc27b802.html
★『なんとなくの日記
http://delsol.blog18.fc2.com/blog-entry-75.html
★『無きにしも非ず
http://akane-c.jugem.jp/?eid=120
★『ウィルといっしょ♪
http://yaplog.jp/chibo0717/archive/268
★『赤鉛筆
http://baseball25.blog29.fc2.com/blog-entry-14.html
★『夏と海と空と鯉
http://summersea723.blog15.fc2.com/blog-entry-173.html
★『Cool hero 4.
http://yaplog.jp/cool-hero444_c/archive/43
★『ゆうちかいねっと
http://yuuchikao.blog32.fc2.com/blog-entry-9.html
★『鯉する人々
http://www.geocities.jp/ypbdb312/carp.htm
★『正義と微笑
http://justicemile.seesaa.net/


この企画は2005年10月半ばに立てたもので、その後事情により下記のアドレスに移転しました。
コメント、トラックバックは下記のところにいただければ幸いです。
http://blog.livedoor.jp/carpchu/archives/50124009.html
コメント (21)   トラックバック (8)
この記事をはてなブックマークに追加

2段モーション

2005年10月31日 | かあぷ
スポニチ 2段モーション 来季から厳禁
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2005/07/24/09.html
スポニチ 黒田、2段モーション納得できん
http://www.sponichi.co.jp/osaka/ser2/200510/28/ser2186712.html
日刊スポーツ 中日岩瀬、反則指摘に「野球にならない」
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/p-bb-tp0-051030-0021.html
日刊スポーツ 藤川、2段モーション本格修正へ
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/p-bb-tp0-051030-0023.html
日刊スポーツ 巨人上原「基準示して」2段モーションで
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/p-bb-tp0-051030-0019.html


色々言われております2段モーション。
結構制約があるようですね。
各チームのエース、エース級の投手でも引っかかる人が続出している模様。

近代野球はどちらかといえば高打低投の傾向があるのに、
投手に不利になるようなルールを設けるのはどうなのかな?と思います。
国際基準やオリンピックのためという理由らしいですが、
「日本人の日本人による日本人のためのプロ野球」と言うのも大切なことだと思います。
それはそれとして残していけばいいのではないでしょうか?
オリンピックとかで活躍したい人はフォーム修正すればいいし、
出れる人が出ればいいと思います。

投手は投球動作にも知恵を絞り技を磨いて投げているものでしょう?
今回の件はそのほぼ全てが否定されるのではないでしょうか。
打者との間合いを外すのに動作を止めたり、止めなかったりの駆け引きは
見ていて面白いです。
ホント、記事にもありますが個性的なフォームがかなり減ると感じました。

なんか判断が難しいからとか、文面通りやってりゃいいんだなんて、
何でもかんでもだめにしちゃえいうのが感じられます。
その辺も日本人的ではありますが・・・(苦笑)
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加