みっちっちのブログ

みっちっちの笑顔いっぱいの日々(*^_^*)

フランケンシュタインの恋8

2017-06-13 18:22:51 | 日記
8話です。
あと、2話だけというのに、
ここにきて、研さんの本名が出てきてびっくり!(笑)

「山部呼六」(やまべころく)(農家の六男なのかな、笑)

ころくさん、天真爛漫の笑顔が可愛い。
あと、2話だけというのが切ない。もっところくさん見たかったけど…
120年前の出来事がいよいよ明らかにされるのが楽しみ。

そして、
研さんはどうなっていくのか。

私の思いとしては、優しい人達がいる工務店でずっと働いてほしい。
(研さんの正体を知っても皆受け入れてくれてよかった~)

津軽さんの病気は、
研さんの何かで教授が何とかして(笑)
治って、
研さんも、教授が何とかして(笑)
人間になって、二人は幸せに暮らして欲しい。

でも、
このドラマ一筋縄ではいかないのかも…

研さんが
津軽さんを好きになったのは、サキさんの面影を見たからであって、
サキさんを殺めてしまった事を思いだしたら、
研さんとしては、津軽さんと幸せになるのはサキさんに申し訳ないと思うのかな~

8話は、
稲庭先輩と研さんの絡みも素晴らしかった。

稲庭先輩、
あそこまで自分の嫉妬や矛盾等、醜い気持ちをさらけ出すって、人間中々出来ないよね。

私には出来るだろうか。
このドラマ、自分を省みることもさせられる。

この二人は本当に素晴らしい。
これから親友としてずっと付き合って欲しい。

泣いても笑っても、あと二話。
楽しみだけど寂しくもある。

あ、
フィットのCM30秒バージョン、カッコいい。
ドラマの途中に挟まると、
研さんとの振り幅の違いにキュ~ンと来るね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フランケンシュタインの恋7 | トップ | 山部呼六さん素敵! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。