いいもの発見部mihaの気まぐれ日記

☆伝えたいことを綴ります…私らしく☆

≪継続は力なり≫

思い出の伊勢正三 Complete Best LIVEⅡ《かぐや姫~風~Solo》 3

2016-05-27 | メモ帳

いま死ぬと悔いが残る…

結婚が決まったボケちゃん(長女)を誘って

大阪まで出かけた思い出の伊勢正三コンサート

最後まで綴っておかないと


結婚式は2日後の5月29日…

集中!

またあの日に想いを馳せます

 

 

『なごり雪』

『冬京』

『暦の上では』

『海岸物語』

『雨の物語』

『冬のソリスト』

その続き

 

7曲目は、『星空』 

何回か聴いたことがあるけれど

この曲は正やんが誰かのために…

大切なその人だけのために唄っている

いつも聴きながら、そう思う。

 

 

8曲目は、『Moonlight』

お隣の知的な雰囲気の女性がなぜか

気になった

この曲に何か

思い出があるにちがいない…

なぜなら、聴き方でわかる

 

 

9曲目は、『置手紙』


部屋の明かりはつけたままで


そんなんは優しさじゃないやろ?

男のエゴでんなと言いたい

 

 

10曲目は、松山千春の『恋』

何かのお返し?に唄うと言われたような

何のお返しかは忘れた

 

愛することに疲れたみたい

 

正やんが自分の曲みたいに唄ってる

「大好きな歌です」ってことだったけど

すっごく好きみたい

『好きこそものの上手なれ』

 

部屋の灯りはつけていくわ

 

えーーーーーー 

『置手紙』の反対バージョンやん

女のエゴ?こちらは、許して

 

コンサートの帰り道、ボケちゃんに

「どの曲が一番よかった?」って聞いたら

「松山千春の『恋』かな」って言った


確かに…

あの日の感動した3曲を選ぶなら

これは、入る

 

 

11曲目は、『22才の別れ』

あ~~イントロが沁みる~~~

いつもとなんか違う気がしたのは

なぜだろう

あっ…あの音が

聴こえなかったからか!?

 

 

12曲目は、『なみだ』

初披露ってことだった


CD買って帰ってこの曲を聴いたら

雰囲気が違った…

正やんとデュエットしているのは娘のMithikaさん

娘のことが大好きなパパなんだなって思う…

当たり前のことだけど

 

 

13曲目は、『涙憶(るいおく)』

この曲を聴きに行った東京のことを思い出した…

思い出が、いっぱい

アレンジのせいか?ジーンとした

誰にとは言わないけれど…

「ごめんなさい」と、今なら言える


正やんはこの曲を誰かのためだけに

唄った…

私には、わかる

 

 

どこからだったか…

涙がテーマだったような気がする

 

時の流れがテーマになり…

正やんは、けっこう長くおしゃべりしてた

そう言えば、

「ぼく、おしゃべりが好きみたい」

ってことだったね…


正やんとおしゃべりできるなら

好きになった人のことを

根掘り葉掘り聞きたい

でも、それをペラペラしゃべるような人は

きらい


過去の恋愛トークは厳禁!と心得よ

 

14曲目は、『少しだけの荷物』

初めて聴いた

これも別れるのか…

正やんはけっこう別れさすね

 

 

15曲目は、『わかれ道』

広島で行われたかぐや姫コンサートを観に行ったとき

すごく聴きたかったのに選曲されてなくて

残念だったって記憶が蘇ってきた

 

『わかれ道』を聴いていると

私には見える…

スポットライトに当たった1脚の足?の長い椅子が

私は不思議な力を持っているんだよ~(笑)

 

っていうか、これも別れたか

正やんが言った「ぼくの歌は別れてばかり」

ほんとですね


正やんはこの曲も誰かを想って唄った…

私には、わかる

 

 

次は、ボケちゃんが「一番聴きたい」って

言ってた曲…16曲目

 

続きはまた今度m(__)m

コメント