最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

従来より毎年…。

2017-04-29 21:00:02 | 日記

一般的に公認会計士試験は、年も性別ともに受験の資格なんか無く、学歴に関しては条件が定められていません。これまで、法律関係の勉強を行ったことがない場合でも、名高い大学を卒業していないという方でも、公認会計士の資格取得はできます。
実際法務専門の法科大学院を修了した方であったとしても、不合格判定になることが起こりえるため、要点をとらえた効果的な勉強法を計算して本気で臨まないと、公認会計士資格試験合格実現は簡単ではないでしょう。
この先公認会計士資格をゲットする為に試験学習に着手する方にとっては、「公認会計士試験に関しては、どれぐらいの勉強時間を持ったら合格が叶うの?」というようなことが、気に掛かる部分ではないでしょうか。
司法試験と同等な勉強法である場合、新参の公認会計士試験オンリーの受験生に比べ、勉強を行う総量が膨大なものになりがちです。それのみか適う結末とはならず、費用対効果が望めません。
実際に費やすお金が30万円以上、もしくは50数万円も負担しなければいけない、公認会計士対象の通信講座も珍しくないものです。この場合講座を受講する期間も、1年強の長期にわたる受講計画とされているのが、多いです。

通信講座受講の場合には、公認会計士であっても公認会計士であったとしましても、双方自宅宛に教材各種を宅配していただけるんで、本人のペースで、机に向かうことができるのです。
兼ねてから、法律知識無しのステージから取り組み始めて、公認会計士試験合格に要される勉強の時間は、大体「3000時間強」と周知されています。実際に1回で合格を決めた方の総勉強時間は、約3000時間くらいとなります。
従来より毎年、2万名〜3万名程度の受験生が試験を受けて、その中からたったの600人〜900人強しか、合格に至れません。この1部分に注目しても、公認会計士試験の難易度がとても高いといったことが分かるはず。
実際に会計事務所であったり公認会計士事務所に入社し、現場で実戦経験を積んでスキルアップしながら、じっくり頑張っていくというタイプの方は、比較的通信講座がピッタリ合っているかと思います。
世の中的に公認会計士においては、法律による資格試験の狭き門ながら、いろんな歳の方達に人気が高まっていますが、なお合格が決まった未来には、自分で事務所などを立ち上げ、独立して開業を行うのも出来る唯一の法律系専門試験なんです。

一般的に、公認会計士資格取得の際には、予備校に通学せずに独学で合格を勝ち取ろうとする方が少な目で、別の法律系試験と照らし合わせると、役立ちそうな市販の参考書などもそれ程、ございません。
通信講座が学べるスクールかつ中身などもバリエーションが多いです。ここでは、数多くある公認会計士向けに開催されている講座の中から、お仕事をされている方でしても効率的に学ぶことが出来る、通信講座が開校されている専門学校の比較をしました。
法律で平成18年より、公認会計士試験システムに関しては、沢山訂正されました。憲法・民法などの法令科目が、より重視されるようになって、択一式の試験問題や、記述方式問題みたいな新たな傾向の問題も出てきました。
何年か前までは合格率10%以上の台が普通だった公認会計士試験でありましたけど、今現在、ダウンし一桁のパーセンテージとなって定着しています。合格率一桁台であると、難易度が厳しい難関国家資格として、把握されます。
法律系の資格の中におきましても、専門性が高い業務を担う、公認会計士と公認会計士でございますが、難易度を比較すると公認会計士の方がハードで、そうして携わる仕事の中身にも、沢山差異があります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空いた時間をフルに活かして…。 | トップ | 合格が叶わなかった場合の…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL