最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

空いた時間をフルに活かして…。

2017-04-29 16:50:02 | 日記

現実的に公認会計士の業務に関わる街の法律の相談請負人として、法律問題で困っている人をお手伝いすることを担う公認会計士の肩書きは、社会的ステータスが高いといわれている資格であります。ですから、その分試験の難易度の度合いにつきましても物凄く高めであります。
実際従前から、全くの法律知識ゼロから取り組み始めて、公認会計士試験合格に最低限必要とされる合計の勉強時間は、一般的に「3000時間超」と言われます。実際的に一回目で合格をゲットした人のトータル時間は、大きな開きは無く3000時間くらいと言われております。
合格を勝ち取ることが出来なかった場合の、学習する合計時間数のリスクを思案しますと、公認会計士の受験は専門スクールが開いている通信講座、でなければ通学授業コースを選ぶのが、より安心だと思われます。
実際法務専門の法科大学院を修了した方であったとしても、不合格結果がもたらされることもあるぐらいですから、ツボを得た効率的な勉強法を理解した上で挑まなければ、公認会計士の試験で合格を獲得するといったことは超困難であります。
基本公認会計士試験の主な特有性に関しましては、設定された目安に基づいて評価を実施する試験制度が設けられており、資格合格者の総数を決めていないから、言ってしまえば試験問題の難易度自体が、文字通り合格率に関係することとなります。

このインターネットサイトに関しては、現役のプロの公認会計士が、公認会計士試験に向けての適切な勉強法を伝授し、且つ沢山の公認会計士資格の通信講座の受験生間においての人気の現状、利用者の感想等を独自で調査し、紹介しているポータルサイトです。
一般的に合格率の値は、公認会計士資格の難易度の高いOR低いかを指し示す判断基準の一つでありますが、近ごろは、この割合がかなり下降の傾向にあり、受験生達に大きな関心をもたれています。
現実的にレッスンを受講できるスクールもカリキュラム内容についても様々です。その事から、数え切れないほどある公認会計士対象の講座の中で、働いている人でも両立して修学可能であります、通信講座を開いている予備校を比較検討しました。
資格試験を受験する前に会計事務所あるいは公認会計士事務所で働いて、実務経験を積み増しながら、徐々に頑張っていくというタイプの方は、通信講座を選択する方がピッタリ合っているかと思います。
実際に試験の演習問題で理解を深め十分頭にいれ基礎的な部分をしっかり身に付けた後、実用的な応用問題へと変えていく、古典的な勉強法で進めていくのが、公認会計士試験の中における必須科目である簿記論の為には、非常に有用とされています。

公認会計士試験を受ける際は、基本的には記述式の問題だけしか存在せずといったように、考えてしまって結構です。何故かといいますと、面接官との口述試験は、何か無い限り落ちるようなことがない簡単な試験だからです。
元来科目合格制となっているため、公認会計士試験に関しては、忙しい社会人も受験に臨みやすいのですが、その分受験に取り組む期間が長きにわたる風潮がしばしばみられます。ですので、多くの先達の行ってきた勉強法を覗いてみることも大切です。
最初からずっと独学で貫きたいのは理解できるけど、学習の時間管理や学習法などに、不安な点がある等々の際は、公認会計士試験に的を絞った通信講座を利用して勉強を行うといったことも、一つのスタイルだと思われます。
仮に日商簿記検定試験1・2級をたった一人の力で独学で、合格された人だったら、公認会計士試験の必須教科の簿記論ですとか財務諸表論の2種類に関しましては、これらも両方独学で合格を勝ち取るということも、厳しい事柄ではないといえるかもしれません。
空いた時間をフルに活かして、学ぶことが可能であるので、会社勤めや及び家事などと二足のわらじを履いて公認会計士の資格取得をしようという考えがある方にとっては、通信講座を受講するというのは、まことに重宝します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の国家資格のうちでもほ... | トップ | 従来より毎年…。 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL