最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

実際に費やすお金が30万円以上…。

2017-05-11 04:00:05 | 日記

実際、通学して講座を受けているという人たちと、あんまり差異が無い勉強が実現されています。このことを具現化するのが、今現在行政書士用の通信講座の王道の教材といわれているDVDによるものです。
行政書士試験に関しましては、歳や性別・学歴などの条件は不問ですので、老若男女受験してもオッケーとなっています。もし法律関係の知識を持っていないビギナーでありましても、質の高い試験対策をとったら、合格できてしまいます。
昨今は行政書士試験の対応策用の、ネットサイトですとか、現役の先輩行政書士が、受験生宛てに勉強のポイント等をアドバイスするメルマガ等を出していて、情報収集の力のみならずやる気を保つためにも活用できるものだと思われます。
ちょっと前までは行政書士試験については、相対的に合格を得られやすい資格と周知されていましたが、ここ最近は大層難易度が高く、他の資格よりも合格をゲットすることができないという資格とされています。
一般的に国家試験の行政書士試験の合格率のパーセンテージは、10%強と、物凄く難関と言われております割には、国家資格内でも高い合格率を出しています。ただし、初回で合格を手にするのは、極めて困難で望みが薄いと言われている現状です。

この先資格を得るために受験の勉強をし始めるといった方は、「行政書士試験に関しては、どれほどの勉強時間をとったならば合格することができるのか?」というデータは、チェックしておきたい点だと推察します。
現実司法試験と等しい勉強法で取り組むと、純粋にまっさらな行政書士試験に的を絞った受験生に比べてみて、全体の勉強量がものすごくなりがち。それに加えて条件に見合った結果には至らず、コストと効果の関係がアンバランスです。
主流の学校においては、行政書士資格取得を目指す通信教育が開催されています。通信教育の中には、携帯型デジタル音楽プレーヤーなどを利用して、時代の最先端をゆく通信教育サービスを展開している、専門スクールも多数でてきています。
実際に費やすお金が30万円以上、はたまた50万円超えの、行政書士試験向けの通信講座もよくあります。これに関しましては受講スパンも、一年を越す長きに渡る受講計画とされているのが、多くあります。
実際に行政書士試験の勉強をやる上におきましては、集中力を保持し続けることが出来なかったり、やる気を持ち続けることがハードに思えたり弱点も見られたわけでありますが、総合的に見てこの通信講座で、良い結果を得られたと思っています。

行政書士試験の簿記論については、理解するべき内容は膨大なのですが、全体的に計算式の問題にて出されるため、行政書士になろうとするためには、相対的に独学で挑戦したとしましても、理解しやすい試験科目内容とされています。
近ごろ行政書士の通信講座の中におきまして、最もお奨め教材は、東京リーガルマインド(通称:LEC) です。利用されているテキスト書に関しては、行政書士になろうと頑張っている受験生の中で、1番使える手引きとしまして高評価が集まっています。
法律で平成18年より、国家試験の行政書士試験は、様々に改定がされました。それまでよりも法令科目が、問題の半数以上を占めるようになり、選択制のマークシート式の、40字程度の記述式の問題というような暗記だけでは解けない問題なんかも出されています。
1教科ごとの合格者の合格率は、概ね10%少々と、どの科目ともに高難易度の行政書士試験は、科目合格制度が採用されているので、仕事に就きながら合格することも現実にできる、資格といえるでしょう。
世の中的に行政書士においては、法律による資格試験の狭き門ながら、若者から中年まで広い層に注目を集めている中、晴れて合格した先には、すぐさま自分の営業所を立上げて、自営で開業することも出来てしまう唯一の法律系専門試験なんです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全部独学だけに限定して学ぼ... | トップ | 国家資格の内でも…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL