最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

国家資格の内でも…。

2017-05-11 05:10:02 | 日記

間違った勉強法で臨んで、わざわざ遠回りしてしまうことほど、もったいないことはないでしょう。是が非でも効果的な学習法で短期間合格を得て、夢の行政書士の道を切り開きましょう。
全て独学での行政書士試験に向けての勉強法の選択を行う場合、殊の外問題として立ちはだかるのは、学習している中にて疑問と感じることがあるといった場合があっても、尋ねることが出来かねることです。
合格率に関しましては、行政書士国家試験の難易度の現状を把握できる確たる指標の1つですが、この頃は、この数値がかなりダウンしており、受験生の皆さんの関心が深くなっています。
国家資格の内でも、より難易度が高い行政書士とされておりますが、合格というゴールへ到達するまでの工程が困難極まりないからこそ、資格取得を成し遂げた先には確実な就職やお給料、そして高い階級の立場を取得することができる可能性もありえるのです。
司法試験と変わらない勉強法で行うのは、一からの行政書士試験だけに力を注ぐ専業受験生以上に、勉強にかける量が非常に沢山になりがちであります。それだけでなく望むような結果には至らず、需給バランスがあまりよくありません。

合格者の合格率の割合が3%のみの高難易度の、行政書士試験に合格しようとするには、オール独学での受験勉強だけでやるのは、簡単にはいかない事柄がよくあり、専門スクールに行くか、自宅で通信教育を受講して学ぶのが多くの受験生の選択です。
行政書士の資格をとる場合、合格率が約6%と言われていますので、事務系資格の中においては、ハードルが高い資格とされています。けれども実際のところ、全問題中60%以上正解になれば、間違いなく合格するのです。
そもそも科目合格制をとっておりますため、行政書士試験においては、会社勤めしている人等も受験をしやすいのですが、とはいえ受験学習にかける期間が長くなる風潮があったりします。ですので、是非とも先達たちの質の高い勉強法に取り組むことも重要です。
前々から、法律の知識を何も持たず始めて、行政書士試験合格に絶対必要なトータル学習時間は、大体「3000時間強」と周知されています。実際的にストレートで合格する人の学習時間は、ズレが無く3000時間ほどと言われています。
行政書士試験の受験勉強をする上では、集中力を保つことが困難だったり、モチベーションを上げることがきつかったりなどとデメリットな面も経験しましたが、全体を通して通信講座を受講して、満足できたように思えます。

通信教育(通信講座)だと、行政書士試験に向けての対応策を万全にとった、行政書士向けのテキスト教材が取り揃っているため、独学するよりも学習一連の流れが認識しやすく、勉強が行いやすいのではないかと思います。
はじめから独学だけで学習するほど、意識はないのですが、マイペースで学習したいという人には、やっぱり行政書士向けの通信講座を選んだ方が、条件に適う勉強法であるといえるでしょう。
門戸が狭いという風によく言われる行政書士試験の難易度の状況は、超難しくって、合格率を見ても約2〜3パーセントと、国内の国家資格の中でも、上位の難関系試験とされております。
2006年度(平成18年)から、行政書士試験制度については、グンと変わりました。憲法・民法などの法令科目が、重んじられるようになりまして、多肢択一形式の問題や、記述式(論文)での問題のような今までなかった流れの問題も広く出題されています。
実際合格率約7〜8%と、行政書士試験は難易度のレベルが高い試験の一つと言えるでしょう。とは言っても、行過ぎるくらい不安感を持たないようにしましょう。必死に頑張り続ければ、誰であろうと必ずや合格を獲得することは可能です!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実際に費やすお金が30万円以... | トップ | 全部独学での行政書士を狙う... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL