レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

連続ドラマW『レディ・ジョーカー』 第1話

2013年03月03日 23時08分46秒 | 2013年ドラマ

内容
2012年9月13日
日之出ビール社長・城山恭介(柴田恭兵)は、手に結ばれていたロープをほどく。
気が付くと。。。そこは、富士山が見える湖畔。。
直後、警視庁捜査一課長の神崎秀嗣(渡辺いっけい)から、
城山の保護がマスコミに発表された。
しかし、城山の胸中は違った。。。保護はされていない。。。と

1年前。
薬店店主・物井清三(泉谷しげる)のもとに、突然、訃報が入る。
孫・秦野孝之(工藤阿須加)が死んだと。
それからしばらくして、
娘・美津子(堀口依子)の夫・秦野浩之(伊藤洋二郎)から
妙な電話が清三のもとにはいるのだった。
岡村清二(伊藤幸純)という兄が居るか?と
西村真一(高杉亘)という男から、尋ねられたらしいが。。。。

同じ頃、城山社長の元を倉田誠吾(益岡徹)白井誠一(石橋凌)の両副社長が
事故の報告をしていた。面接に来ていた学生が事故死したという。
名前は、秦野孝之。。。ちょっとしたトラブルのようなモノがあったようだと。
ただやっかいなのは、その彼女というのが城山の姪・杉原佳子(本仮屋ユイカ)。
妹・晴子(手塚理美)と会社の取締役・杉原武郎(光石研)の娘だった。
問題は、就職差別が行われたと思われる証拠の音声CDが、送られてきていた。
相手は田丸善三(中村嘉葎雄)が顧問を務める総会屋“岡田経友会”

それから数ヶ月後、兄・清二が亡くなった物井は、
競馬仲間達に声をかけ、あることを実行に移そうと。。。。

敬称略

↑一部、編集しています


原作は未読。

社会派サスペンス。。。らしい



っていうか、

登場人物の多さと、情報量の多さで、かなり困惑しています。


面白そうなのは、分かるし、色々描こうとしているのも分かるんだけど。

ちょっと、複雑に見せすぎじゃ??(笑)


とりあえず、展開していく物語を、淡々と楽しむか。。。


ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とんび 第8話  | トップ | dinner 第8話  »

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
レディ・ジョーカー (RE940の自作DVDラベル)
2013年 WOWOW 全7話 監督:水谷俊之(1,2,3,7話) 鈴木浩介(4,5,6話) 出演:上川隆也 柴田恭兵 豊原功補 山本耕史 矢田亜希子 本仮屋ユイカ 板尾創路 石黒賢(特別出演) 泉谷しげる 石橋凌  1984年の「グリコ・森永事件」から着想を得たと言われる、高村...