悠久の時を経て

「美しく大きく丈夫なオオクワガタ」このテーマを担う血統作出目指した飼育記録をメインに、気儘な話題を書いていきます。

久留米がくるかね?!

2016年05月24日 08時54分14秒 | オオクワガタ関連の話題



なんといっても今年、色々お世話に
なっているのがyama_ray氏
いよいよ大詰めビークワコラボ企画
では影の主役。


○繁華街の破裂した水道管
○山梨の暴噴射!
○オオクワガタコレクター権ブリーダー

そんな数々のキャッチフレーズを併せ持
つもつ yama_ray氏も、いよいよ今期は
実績でフィーバー!?



先日乗車した山手線。
ふと車内を見上げると・・・
ここにもyama_rayさんの姿が!


本人曰く俺はマッチだとかほざいて

おりましたが? ? 気にしません。

 

 

 












かっつさん・春の合同プレ企画

今年も盛大に盛り上がりましたね。

今年も沢山の新たな交流
が生まれるのではないでしょうか。


かっつさん、お疲れ様です。
この後もまだまだカ行が続くと、否、
作業が続くと思いますが皆さん喜ん
でいますからね。

宜しくお願いします。


そして私も見事に当選しました。
Yahooブログで人気のfugajin3さ

協賛品のいも焼酎!
オッ?!当選しとる? 嬉しいですね。


実家ブリードで日頃迷惑を掛けている
父親へ。プレゼントの予定。





我が家協賛品の久留米にも、有難いこ
とに沢山の応募の応募がありました。


最終日土曜日の朝ですか。
チラッと応募状況を確認すると・・・

人気NO1『元木昆布づくしセット』と
1ポイント差に肉薄。

ご飯のお供にピッタリ。

江戸むらさきのごはんですよ!
はもう古い!
樽先商店・青唐辛子明太子を追従する
あの元木昆布に かっつのか?
否、買ってすぐに仕舞うのか? コレクターなのか?

面倒くさいですね。


勝ってしまうのか?・・・


期待して一晩待ちましたが流石に最後
は一気に離されてしまいました。




やはり気になるんですよね。
応募があるのかどうか?
こちらも実はドキドキだったり

今回応募下さった皆様、ありがとうご
ざいました。


次回は12月当ブログ6周年記念です。








先週の週末は出張で上京されていた
メルリンさんと、首都圏久留米党主水
さんと3名でプチオフ会を。


ちと急なお誘いだったもので。


久留米産地の復権に燃える
首都圏久留米党の裏入党資格
84mmアップを今期目前に控え、
密かに更なる高みを狙うJUUさんの
都合はつきませんでしたがメルリン血統
有志連合。偶然の必然。

メルリン血統を軸に置くブリーダーだけ
に、私も主水さんも熱いですね。



メルリンさんの2015年度10番ライン。
これも激アツライン!!
今年凄いのが出て来て欲しいですね。


我が家HP にLINKいただいている
久留米メインブリーダーの方々。

我が家の実績もそうなんですが、
先日お会いしたダイジーさん。


最近静かな?実力派ブルースカイさん。



同期の刺激し合うライバル?
JUUさんとskipさん。



添加剤の試みで挑むくわがたの里さん。


巨大幼虫は無事羽化するのか?
くわじいさん。


マツノ久留米に特化し拘る侍mind
さん。



累代飼育85mm種親で挑む
yymaverickさん。



今年リベンジを果たすか?!
田舎っぺ。さん

sendoさん。



年々蛹体重を更新され、
菌糸ビン→材飼育による究極大型美形
個体作出を極める九州久留米党党首
クマモンさん。


そして幼虫体重では今年の本命
主水さん
masukoさん
庚午 虫蔵さん

LINKはしておりませんが、
dorcus黒王さん

そして松野御大ですか。


あっmasaさん忘れてた。
dapさんは幼虫採って下さいね。


今年羽化、来年の挑戦と久留米も熱い!


いいんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 


さてブログ開設2,000日となる次回。
○2015年度蛹化ステージ状況
○2016年度産卵セット状況を
お伝えします。





コメント (37)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度産卵セット開始・組み合わせ予定など

2016年05月17日 00時57分57秒 | 2016年度・オオクワガタ飼育

 

 

本日は深夜床改修の現場立ち合い。

結構揺れましたね。地震。

 

 

 

かっつさんプレ企画応募開始です!

協賛品は合計137品ですか!?

これだけの規模で開催。凄いですよ。

これはかっつさんの真摯な姿勢。
なにしろアップ(更新)が瞬時!! 早速我が家協賛に9ポイントが!

プレ企画を通じ協賛者、参加者の方々に
喜んで満足して貰いたい。それは伝わるもの。 

お祭りですからね。折角の機会です。
躊躇せず是非応募して盛り上げましょうね。
今回我が家協賛品の補足説明です。

 

 

 

こちら種親からの久留米羽化個体。

我が家2015年度の今年羽化予定のペア。
♂種親はメルリン2011年10番(86.6同腹)
東京オオクワ2011年SP2番(85同腹)

少ない飼育頭ラインから頭幅30mmを
超え、しかも平べったい形状が特長的な
85mm直仔・82mm以上のペアです。

貴重なアウトラインの種親として活躍
して貰えるものと考えています。

 

 

 

我が家直系マツノインセクト累代
2016年度孵化予定からの幼虫を3頭。

こちら♂親は我が家で累代し昨年84mm
が2頭出ている2014年度1番からの直仔。


長さに出る傾向と余力ある形状。
次世代に期待のマツノ久留米ラインです。

 

何卒宜しくお願い致します。 

 

 

 

 

 


さて土日休みは長女と二人でお出掛け。
遠足の疲れからか?
少し熱が出た次女と嫁はお留守番。






うっ?! しまった。
これは女性の画像だ。 二の腕がやたら太いな・・・

 


先週末金曜日は青山にて会社の飲み会。



夜の表参道も気持ち良い季節。








翌日土曜日は近くの公園へ。

 

 

ベンチに腰掛け本を読むおじさん。
ハーモニカの余韻に浸るおとうさん。
管楽器の練習をする2人組の女子学生。
延々と太極拳の組手を続ける2人組。
ターザンを楽しむ小学生・・・



大道芸のサークル?






絶好の新緑の季節。
考えることは皆一緒のようです。

 

 




翌日の日曜日、やはり長女と二人
市川の実家へ・・・



祖父母と長女は自然公園へザリガニ釣り。

 

 



また自然公園のすぐ近く。
先日TV放映があったアンダーグラウン
ドスポット「大慶園」ではこんな
UFOキャッチャーも・・・







タケセイヨウさん、知ってました?

 


 




そうそう、土曜の夜はダイジーさんと
二人プチオフ会でした。

過去ブログで調べると、ダイジーさん
とは昨年2015年9月品川NIGHT FORST
以来。

高田馬場は2014年3月以来のプチオフ会。


博多から東京への出張遠征から、休むまもなく
仕事仕事のノンストップ。

タフネス・ダイジーさんも少しお疲れモード・・・

 


しかしですね。
皆さん騙されてはいけません。

ブログでは適当飼育などと記事にありますが。

なかなかどうして、実に考えられた
来季種親ラインナップですから。


しかも次世代へ繋げ!!
WD久留米血統 ookuwa STORY


思いっきりヤル気じゃないですか!!


久留米も能勢も川西も。
産地・血統の枠を越え盛り上がれば
良いねェといった結論でオフ会は締まり。

ダイジーさん、あの件宜しくお願いしますね。

 




そんな爽やかなんだかどうなんだか?

酒と涙と男と女。
いや仕事・家族サービス・飲み会の合間 三大大型血統飼育大詰め打ち合わせの最中・・・
(ザリガニ釣りの合間)の昨日日曜日、


我が家2016年度産卵セット完了です。



日程スケジュールとしては予定通り。

試し産卵を済ましているセットについては
引き続き産卵セットを継続。




さて2016年度・ブリードはどうでしょうか。


◇昨年からの変更。

産卵セット
コバシャ小コバシャ中へ

産卵セット管理
ワインセラーブリードスペースへ


餌(ゼリー)の与え方
ゼリーを与える期間を短く。集中的に!


産卵前の産卵モードタイミングに合わせ
ゼリーを高栄養価タイプへ

 

 



なにしろワインセラー故障の影響で
種虫がとても気になっておりまして・・・
それぞれコンディションを確認しながら、
組み合わせを変更しスタートしています。

中には弱ってしまった♂も・・・ 

 

ただ試し割りの段階ではそれぞれ♂種親
に種無しは見受けられず。
累代はどうにか続けられそうです。

そしてなんといってもクマモン印の植菌材

甚大な被害が続くこの時期に。クモマンさん、

この度は感謝しております。有り難うございます。

またオオクワブリーダーも続々と2016
年度ラインナップを公開されております。

我が家も予定段階ではありますが、
2016年度組み合わせを公開します。

 

 

 

1本目投入は6月末から7月初旬を予定。

 

今年は三大大型血統企画の久留米分も
しっかり採らねばなりませんからね。 

累代というある意味尊いこの趣味。
色々な思いもありますから。

生き物だけに結果は分かりませんが、
産卵ステージは全力で挑みました。 夜な夜なヘロヘロな仕事帰りにね・・・

これから産卵に集中して貰いましょう。

 

最終的に採れたラインのみHPへ掲載予定です。

 

 ではでは。

 




コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

GW日帰り紀行&かっつさんプレ協賛品紹介

2016年05月05日 08時37分31秒 | オオクワガタ以外の話題




今年のGWは如何お過ごしでしょうか?
家族サービスの方、お仕事の方。
ともにお疲れ様です。
後半の連休は働いております。



さてブログ開設6年目を迎える今年。
ブログ開設からは1,975日目。
2,000日も間近ですが累計閲覧数(PV)
が80万に届きました。



日本は癒し系の象徴ともいえるペット
ブーム。

飼育世帯数約1,400万。
そして飼育数は約2,000万匹ですか。

人口から換算すると実に16%を誇る
メジャー種・犬・猫カテゴリー。
流石にメジャー種とは比較にならない
マニアな?(以外と多い?)昆虫カテゴリー・・・




こちらに訪問下さる殆どの方はリアル
に昆虫(クワガタ)を飼育されている方
ではないかと思います。

もしかすると浜省ファンも・・・
ギャグの切れ味がどうか確認する方・・
もしや足を引っ張ろうと日々チェックされている
コワ〜イ方も・・・


まぁ上をみればキリがありませんが、
日々の閲覧数としてはまずまずと自負
しており。

あらためまして、当稚拙ブログに常日
頃訪問下さる方には感謝しております。
訪問して頂けることが励みに。
今後もボチボチと続けていきます。





今年2016年12月8日、ブログ開設は
6周年となりますが、今年のペースで
試算するとブログ累計閲覧数(PV)は
90万7千という予測数。

目安目標としている6周年累計100万。
そこにはちょっと届きません。

ブログ累計訪問者数(IP)の方は現在
31万7千
ホームページ累計訪問者数(IP)は
16万2千 ですか。

訪問者数はこのところブログより
ホームページの方が多いですね。

HP:OOKUWA BLOOD RSSLINK
設定をされている方の声を聞くに
アクセス解析で確認した場合、こち
ら経由の訪問者も意外と多くいらっ
しゃるようで。

 


そんなこんなで今年も感謝を込めて
12月にはブログ開設6周年プレ企画を
予定しております。

周りは年々レベルアップしていますか
らね。何と言っても魅力ある個体を作
出したいものですが、果たしてどうな
だ今年?!

 



プレ企画といえば・・・




かっつさんFC2ブログにて春の恒例
プレ企画が始まります。



我が家も毎年参加させていただいて
おります。今年で3年目ですかね。

今年はこちらを協賛させていただく
予定です。

 

 

2015年度≪2016年羽化予定≫

 

82mm以上♂と♀の1ペア もしくは・・・

 



 

 



2016年度予定≪2016年孵化予定幼虫≫

3頭 


お好きな方をどちらか1名様限定で。


 



昨年はエントリー数17だったかな。


他にたくさんの魅力ある協賛品が揃う
と思います。
是非皆さんエントリーしてみて下さい。











さてGWネタ

昨年は箱根へ1泊旅行でしたが、今年
は嫁の両親と家族で30日に日帰りツアー
へ秩父方面へ行って来ました。


羊山公園&長瀞ライン下り

◼︎羊山公園
羊山公園・芝桜の丘ですが約17,600m²
の面積に9種類、約40万株の芝桜が植え
られており4月上旬から5月上旬にかけ
ては一面がピンクと白に塗り分けられ
ます。芝桜は2000年から植えられ始め
それ以降知名度が増して多くの観光客
が訪れるようになったようです。




羊山公園ですが昨年GW期間来場者数
は48万人。

こちら羊山公園のGWピークは2006年
度。その訪問者数は100万人だとか!
ナルホド!どうりでと合点がいきます。



そうなんです。

その2006年は関越道を使って蓼科へ。
当時朝の渋滞がまぁトンでもなかった。
大泉JCから花園ICまでの間、酷い所は
1時間で30mしか動かず・・・。
あれは悪夢の渋滞でした。
道理でと。





その羊山公園内には露店販売もあり
ましたが中にはこんなものも。

 

 

 



暫し芝桜観光の後は電車で移動。
長瀞ライン下りへ








◼︎長瀞 岩畳
こちらは岩畳となって広がる長瀞の
中心地で「地球の窓」とも呼ばれ毎年
多くの観光客が訪れるようです。

途中に現れる岩畳。地下20〜30kmの
深部から隆起した結晶片岩が畳のよう
に連なって形成されている天然の岩場。


◼︎長瀞ライン下り

 

長瀞ライン下りの歴史は古く「舟下り」
は明治の中頃から。「長瀞ライン下り」
として人気が高まったのは昭和30年代
末からとの事。
全長3km20分程のコース。
昨年の乗船は23万人だとか。

なにしろ天気が良かったもので。
ちと水嵩が無く想像よりは迫力がもう

ひとつでしが、船頭のユニークな案内
面白く子供たちも喜んでましたね。



しかし次女は元気といいますか、
天然といいますか・・・
誰それ構わず挨拶をするんです。

4歳の自分より小さい子を見つけると
頭を撫でにちょこちょこと。

おば様方に笑いを振りまいておりまし
た。

 

 

 

 

最後は川越の街をぶらりと探索。

菓子屋横丁に立ち寄るとピエロの姿が・・・

 

 

 

◼︎川越ピエロのいちろう君

菓子屋横丁ではいつもバルーンを売って
いて買ってくれた人には手品を披露して
くれるんです。

いちろう君は被災地の子供達に喜んで
貰うため、東北を回っているとの事。
熊本にもバイクで5月23日から向かう

予定だそうです。

 

長女はすっかりいちろう君のファンに
この旅行1番の思い出はいちろう君だとか。

テレビのお散歩番組ブームではありませ
んが、やはり旅は人との出会いがあって
こそ楽しみが倍増するということ。



盛大なかっつさん合同プレ企画もきっと
新たな交流が生まれることでしょう!

さて今日も頑張って仕事だ!!










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4本目へ確認交換・2015年度ブリード

2016年04月27日 18時36分51秒 | オオクワガタ関連の話題





チトやってしまいました。
種親管理をしているワインセラー
故障発覚です。

我が家ではこれまでワインセラーの
中にパネルヒーターを設置し電子サー
モによる温度管理を併用しています。


早期羽化の管理と、冬季期間を経て
越冬明け後、種虫覚醒の為に使用して
いるのがこのワインセラー。

それが使用から5年半で遂に故障。
2〜3日程か?庫内クーラーが効いて
いなかったようです・・・
トホホ・・・

取り出した際、種親を管理している
PPボトルは生暖かく・・・

 


♀より生命力の弱い♂の中には既に
虫の息も・・・

 



♀は見た目元気ですがそのダメージ
がどうか・・・


この趣味は血統(系統)を作り上げてい
いくという側面もあるので、自分の
追い求める血統、個体を築き上げて
いくのには数年を要します。
気をつけなければなりませんね。

 



それにしてもダメージの残り具合いが
気になります。
幸いにして、我が家ペアリングは序盤
戦なもので本番はこれから。

なかなか予定通りとはいきませんが、
♂は予備♀などを試しながら元気な
種親の中で頑張って貰うしかありま
せん。


しかしショック・・・











さて、前回に取り上げた3本目ボトル。
湿度管理と餌の添加剤の変更により
3本目で喰わせるための試み。


手前のボトルを4本だけ交換して確認
をしてみました。



その結果ですが、まずは画像から











前回1月末ボトル交換からは約90日。
PPボトルの表面と内部ですが、昨年
と比較した時に多少見た目と喰痕に
触れた感触が違いますね。
悪くありません。

 

 

 

 

 

 



そしてその幼虫体重についても

 

 

 


なんと・



 



爆発的に・・




 

 




その想像を超える・・・





 

 

 

 




大きな成果が・・・・








 

 

 




なんと・・・・・















ありませんでした。








確認したボトルは1月末の交換から
全て現状維持または微増です。




但し今期2本目ボトル、並レベルの
幼虫よりは良い食い方と感じます。





今期2本目の平均?!ボトル画像。

居食い? 喰って(喰えて)いないだけ・・・

 

 

 





こちらは今回交換時現状維持。

チトピンボケでスイマセン。

 


 




こちらはhizo ポメリ
否、微増画像です。








数の少ない上位ボトルは・・・・


羽化後に判明するでしょう。




しかし今回はノリがイマイチですね。
心配だな・・・

ポメリ・・・








コメント (27)
この記事をはてなブックマークに追加

昇温から1ヶ月・2015年ブリード

2016年04月21日 12時00分28秒 | オオクワガタ以外の話題



流石に営業職2名が入社すると、まぁ
忙しい。
特に今は全ての中で『仕事』を優先し
て考え実行していく状況が続きます。


またこの趣味の方に本業が『営業職』。
そういった方は少ないだろうという
前提で今回前半は仕事モード。





仕事上お付き合いのある方の中には
生まれながらにして豪快!
いや生まれる前の血筋でしょうか。
豪快な方がいらっしゃいます。
仕事上での発想や閃き、そしてやはり
なんといっても夜の部・遊び方が違う。
中でも商社系取引先の諸先輩方。
日本人の枠から外れている?
型にはまらずスケールが大きい。

特に海外出張時なんかはそりゃもう。
貴重な経験の数々。
楽しませて貰いました。

時代もありますがね。
何事も経験。
ただ一つ言えるのは、もてなし方を知
り尽くす方に、もてなしの限りを受け
る経験の有り無しは大きい。
恋人、両親にたいしても。



それに比べると九州長崎出身、ごく
普通のアパレルサラリーマンだった
父と、東京下町根津出身、5人兄弟の
次女だった温和な母のもと、ごく普通
の家庭に育ってきた
多少普通ではないといわれますが・・・
豪快の素質はなく、バランスを重視す
るよりないものとしては、今思ったこ
とを勝手気儘に書きながら、振り返り
が出来るこのブログ媒体。
気分転換に有効なツールです。





企業の目的は世の中に存在するための
社会的意義を持ちつつ利益を最大化す
ること。
その結果、企業は利害関係者に喜ばれ
発展し存続することが出来る。


組織の中での営業職の役割も同様。
そもそも何をいつまでにやるか。
忙しいからこそスケジュールを立てな
ければ回らず。
そこにかかるコストは?
自ずと計画を設定しなければならない。

今置かれている状況の中、全体像を掴
んだ上で向かうべき方向性ビジョンを
示し具体的目標を定める。
戦略と戦術。

最前線の営業マンは、日々気力体力に
知力を駆使し、目標達成へ向け進んで
いくわけです。

その過程の中では、苦手な人との折衝、
つい後回しにしがちの面倒な事務処理
作業。正確さを求められるオリジナル
商品の開発管理。
ミスの許されぬ大きな案件。
遅延の許されぬ工程。
そしてトラブルや諸問題の局面などが
常に立ちはだかります。


それら困難も組織人として目標を遂行
し突き進むために堪え凌ぎ、皆で日々
切磋琢磨していく。

その課員一人ひとりの仕事遂行状況
をチェックし、叱咤激励を続け、士気
を高め、時にガス抜きを。
野球で例えると今はプレイングコーチ。

お陰で肩もコッチコチ。








さて久しぶりのエントリーとなる
2015年度ブリード。
皆さんもそろそろ蛹室を作り蛹も
チラホラ。
5月には羽化個体も。
そんな時期でしょうか。

大型血統によるギネスサイズはやはり
能勢YG血統が頭二つリードの中、
2015年度は久留米も松野御大を筆頭に
Dorcu黒王さん、メルリンさん、
masukoさん、クマモンさん、
主水さん、庚牛虫蔵さん。

それに虫蔵さん情報では他にも数名の
ブリーダーさんが、最終交換時に幼虫
体重40gオーバーを複数頭出されてい
るようです。
これは今までになかった状況。


久留米の進化が進んでいる?!

今年羽化が楽しみなんですね。


えっ?我が家ですか?



3本目交換からは80日。
冬季期間を経て、桜開花に合わせた
昇温からは30日が経過。

2本目で思うように伸びなかった今期。
『3本目に喰わせる』対策。
3本目交換から加湿器を導入。
暫くは湿度管理に苦労しましたが、
予定通り例年の1.5倍の湿度で推移。
カチカチの菌床をホクホクにして
食べやすく。イメージです。^ ^

そして高カロリー仕立ての菌糸ボトル。

さてどうでしょう。
暴れは現状皆無。
1部確認したボトルでは3本目交換時
からはボトル総重量も減っており、
居食い部屋が大きい?
喰っている?
水分が抜けただけ?

あと10日程で手前のボトルを少しだけ
確認のため交換をと考えています。

初令でのボトル投入からは10ヶ月。

3本目交換時から体重が微増もしくは
維持であればひとまず成功。
但し無事羽化となるかは別物。

交換後の幼虫は発酵マットに投入。

次回はその交換状況報告です。


要するに今期の我が家は一発狙い!










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

色々と始まります

2016年04月13日 09時04分28秒 | オオクワガタ関連の話題




 

 


都内の桜も開花から4週間。
先週は寒さも残り今年は入学式シーズン
まで残りましたね。
当ブログのテンプレートも桜から変更。
新緑の季節。
前々回はギャグモード。
前回は一応の真面目モード。
さて今回は?・・・
普通の備忘録記事。






新年度が始まり、担当している課にも
2名の社員が入社、気持ち新たに気合
を入れ直しての忙しい日々が続いてお
ります。




我が家長女もこの4月から小学4年生。
これまでの3年間は皆勤賞。
丈夫で元気に育ってくれています。
親としてはそれが一番ですよね。
担任の先生はなかなかユーモアのある
男の先生なようで。
本人はまずまず満足の様子。

やはり女の子は違いますねェ。
『あの先生は面白いからイイ、あの先
生はムカつくから絶対にイヤ』

小学生の頃には先生があ〜だこうだ。
まるで考えたこともなかった。
それ以上も以下もなく当たり前でした
が・・・

現在算盤、水泳、習字、そして4年生
からは学習塾。 高学年は6時間授業も
週4日、それに宿題ですか・・・

本人ヤル気はあるんですが、優先順位
の最も低い算盤ですら目指す級を取得
するまで辞めないと言い張る。

しかしちと無理があるかな。

嫁と相談しましたが続けられるどうか。

ひと月程のルーティン流れをみた上で
判断をと考えています。





東日本大震災の年に生まれた次女は
4月から幼稚園年中組に。
食が細く小さいので心配していました
が、このところ食欲が増し急激にパワ
ーアップ!

私が仕事から帰宅すると◯◯ビーム
の連射に浣腸攻撃しかしません。
プリキュアの影響?!
おそらく私を地球の敵だと思っている
ようですね。
天然モードでなんとも。









我が家も2016年度のペアリング第一
クールを始めました。

どうでしょう?今年も皆さん不安な
立ち上がりの印象がありますね。
初年度、2年目ブリーダー、ガチブリ
ーダーは特に気合いの種親補強による
ラインナップで挑むだけに不安は広がり
ます。

我が家もougoさん、ashtakaさんに習
い1部の♂のみ試し産卵セットを組ん
でみようと思います。

87.5mmには5♀を予定しています。
1本目投入予定までは時間がある。
種を確認して挑んだ方がいいかなと。
種無しで使えなくなるには流石に勿体
無い♀の布陣で挑みますからね。





話題は変わり先週は有志メンバー6名が
集まり2016年ビークワ企画の打ち合わ
せ。国産オオクワガタ企画の詳細も決
まりました。
大まかなルール決めですね。

ちなみにその一つは三大産地による
検証&競い合い企画。

ビークワで取り上げる他に専用ブログ
を立ち上げてあ〜だこうだもアリ?!


それとNIGHT FOREST・オオクワin品川
2016は 9月24日(土)、昨年と同じ同会場
を抑えました。

今年もゆかりちゃんは来てくれるのか?

予定空けといて下さいね〜



プライベートでは夏休みの家族旅行の
予定も既に宿を予約済み。
仕事も人が増え、なにかと忙しくなり
ます。



今年も色々と始まります!
まぁボチボチと頑張るべ!







コメント (25)
この記事をはてなブックマークに追加

添加剤についてその3

2016年04月03日 19時13分43秒 | オオクワガタ関連の話題

 



前回はチョネ省ギャグモード記事でした
が今回はちと真面目モードで。

ひとまず近況から。
2016年度はその構想(組み合わせ)が決ま
り種親候補を2月半ばに床下からワイン
セラーへ移動。MAX28度管理を経て4月
半ばから、ペアリング第一クール開始の
ため種親をワインセラーからブリードス
ペースへ。

今は少しづつマットの加水量を増やす
など梅雨時期を演出しています。
♂は例年通り越冬明け3週間後から餌を
与えています。


◼️昨年からの改良点。
越冬明けからペアリング開始までの期間
を長め(1ヶ月半→2ヶ月)に取る。

越冬明けからの2ヶ月間♀には餌を与え
ず。※越冬前には餌を与えている。
これは餌に集中している間ペアリングを
という考えから。
またマットの加水を少しづつ増やしてい
く等産卵モードへ向け集中力を高める。

産卵期間を短かく。
(1週間×2回→5日+3日)することで♀
の体力消耗を防ぐ。

産卵セットケースのサイズ変更。
※ペアリングケースはコバシャ小。
コバシャ小メインから今年は全てを
コバシャ中へ変更。
これは一昨年、コバシャ中3本セット
管理の産卵数が多かった故の変更。
変更点は以上。

ペアリング後の♀には、高栄養の餌を
しっかり与え、10日〜2週間熟成期間を
設けてから産卵セットへと移行します。


まずは産卵ステージをしっかりクリア
しなければステージにすら立てません。
今年は余剰も採らねばなりませんから
ね。おそらく大丈夫でしょう。



 
 



さて、産卵数をしっかりと採る前提で
2016年度ブリード添加剤について。
 
 


これまで我が家で取り組んできた添加剤
検証ですが、特にタンパク質に着目して
取り組んできました。





それは何故か?





天然のオオクワガタが、何故大きくなれ
ないのか?という考え方に起因していま
す。

自然界において、通常オオクワガタの幼
虫はキノコの生えた木材からキノコ菌の
成分を摂取して大きくなります。
ところが、木材にはタンパク質が殆ど含
まれていない。

幼虫は主にキノコからのみタンパク質を
消化吸収して身体を作ることになります
がキノコが作ったタンパク質だけでは大
きな幼虫に育つための十分なタンパク質
を摂取出来ないと考えられます。
木材の中で大きく育つ程タンパク質が不
足気味となり、タンパク質不足が大きく
なれる遺伝的な要素を制限。結果として
大きな成虫になれないという考え方。

要するにタンパク質栄養素を取り込む
能力(腸内でタンパク質源となる微生物
や菌糸が腐敗した時に出来るアンモニア
を利用するバクテリア等を取り組む)の
高い幼虫が大きく育つ遺伝子をもつと。

そこで2012年はタンパク質添加率を体
積比で比較し段階に分け実施しています。
但しこの検証ではその適正値及び優位
性は確認出来ませんでした。

しかし我が家2014年度ブリードにおいて
前年2013年度に高タンパク質添加を喰わ
せ育てた早期羽化ラインから最大サイズ
が出ています。
 





これは何故なのか?
 








考えられる要因は二つ。

一つは大きくさせるための添加剤成分と
して栄養化の高いタンパク質は有効と考
えられるが、窒素量が多過ぎると添加剤
を分解する共生菌以外のバクテリアが繁
殖し菌糸ボトル内環境(幼虫腸内環境)が
悪化してしまう。それがマイナス要因。


2012年の検証では特に菌糸ボトル劣化
が顕著でした。菌糸ビンの白色腐朽菌
は養分を他の菌に使われぬようガード
し生長するため、タンパク質窒素量が
多少高くとも問題はないと思われます。
しかし劣化が進むと微生物も増殖する。
微生物が増殖するにつれて炭素分が不
足し微生物も同時に死滅してしまう。

死滅した微生物は幼虫にとって有益な
ものか多い。死滅しない悪性の多くは
窒素化合物から炭素分を合成、自らの
養分にすることが可能。しかし良性菌
はそれが出来ず炭素分が合成される際
窒素を放出 C/N比が低くなってしまう。
悪性の菌が繁殖し極端な酸性に偏った
培地を食べ続けることで腸内をアルカ
リ性に保てなくなり養分吸収が行えな
なくなる。




二つ目。
幼虫腸内で生態系を構築し環境を維持
し、菌糸ボトル内の栄養素を吸収しや
すい共生菌に進化しているという考え
方。
親の餌、同じ餌の血統がより大きく育
つことからも餌慣れの優位性はあると
考えられます。
窒素源としてタンパク質は有効であり
またC/N比が適正範囲(幼虫腸内環境)
で安定化した状態であれば適応能力が
発達し幼虫は大きく育つのではと。






ではどうするか?









今期2016年度は、タンパク質添加量
を我が家久留米血統の適正値範囲内と
するバランスを重視した配合とし、
同時に幼虫腸内環境を整え良好な状態
をより持続させることを考えています。

業者(プロ)のノウハウにプラスαを。
要するに我が家で数年間使っている
菌床に幼虫整腸作用の高いミネラル
添加剤を加える。

アカモビさんのブログを拝見すると
植物性物質のミネラルは昆虫体内の
のミネラル含量の比率と類似してい
ます。
またアカモビさん曰く、ミネラル
は結果的に食物連鎖のようになり、
ミネラルの比率でいい感じの生育
結果の文献もあるようです。
この方法であれば失敗のリスクは
少なく効果も高いのではないかと。

これまでの通り完全オリジナル添加
タイプも少しだけ継続して比較検証
をと予定しています。
あのプレス機がここで役に立つ訳です。
 






コメント (27)
この記事をはてなブックマークに追加

オオクワガタ企画もいよいよ大詰め

2016年03月29日 10時22分46秒 | オオクワガタ関連の話題

 

なんと! 特急ひたちが満席だった。
立ち乗り乗車で水戸へ向かう車内から。

 

 

 


外苑西通り

会社が五反田ですので、失禁の動揺。
否出勤の土曜日、品川区と新宿区を結
ぶこの都道をたまにランニングで帰宅
します。

えぇ、近頃失禁していたわけではあり
ません。
語呂がね。  似てるだけ。



外苑西通りの中でも、港区白金台から
広尾、西麻布、南青山、神宮前へと抜
ける5kmの道程は、日本でも有数の洒
洒た街並みではないでしょうか。


駅前通りではないため、人がワンサカ
でないのがまた丁度いい。
土曜午後の昼下がり、硬めのウン○
失敬、遅めのランチを愉しむマダム。

そしてお洒落なカップルがウィンドウ
ショッピングをゆったりと楽しむ。
猥雑とは相反する感があります。






良くテレビに出てるカフェ



右手には六本木ヒルズ

 

 

 

 


その近くにふと気になる看板が・・・



六本木BAR KOKUWA



コクワだけに、ここでオオクワガタの
話題を 多くわ語れない・・・・?

 

 




南青山3丁目 フランフランの旗艦店
ラウンジ

 

 

 

 



そういえば先週の土曜日、この場所で
『我々は、いつ何時誰の挑戦も受ける
覚悟で練習に取り組まなければならない。』
新日本プロレス鬼軍曹、山本小鉄さん。
否、山本KIDに遭遇しています。


今は格闘家と格闘観戦家。立場は違えど、
お互い鬼軍曹の教えを忠実に守ってきた
ソルジャー。それはまさに一色触発。
危険な遭遇・・・

彼の放つその闘気は些かも衰えず。

しかし
『なんということでしょう!』
ビフォーアフター風

 

 

 


彼はまるでこちらに気づかずにスルー
・・・
俺は、俺は ホッとしているのか!

 

 



一触即発の後、気を取り乱し、
否、取り直して一路北へと向かいます。

 


途中には家具店のknollが。
デザイン史に歴史を残してきたモダン
インテリア家具メーカーの旗艦店。

 



そして陸上の聖地。
国立競技場跡地。
1度だけこのトラックを走りましたね。


既にもう跡形もなく・・・




4年後の2020年には、また幾多の名勝
負数え歌が繰り広げられるのか。
まずはこの地に、日本代表に選ばれる
ための熾烈な戦いがあるわけです。

 

 

 

 

 

 






オオクワガタブリードとビークワ特集
企画。

ブログやHPから日々の交流は楽しく、
気分転換としても、とても良いのですが
マスメディアからの情報発信もまた違う
楽しみが。

ダイジーさんの記事にありましたが
オオクワガタのコミュニティ、その
ネットワーク。
これはこの趣味の大きな魅力の一つ。
やはりその飼育人口が多いですからね。


『なにやら面白そうだ。』

そういったことに関われること。
これは私にとってはとても意義深く。


その2016年度企画もいよいよ大詰め
再来週土屋さん交え打ち合わせ予定。

現在決定している企画は二つ。

ビークワと読者・そしてブリーダー
ブログ・HP。

なにか連動した形で出来ないか?

 

競い合い

コミュニティ

なにやら面白そうだ

 

 


そしてこうなると、今年もやはり、
やるしかありませんか!



第3回品川オフ会
そうNIGHT FOREST
オオクワin品川・2016
広げようオオクワの輪!

10月1日(土)・9月24日(土)が有力か!

 

こちらは決まり次第早めに告知します。
オオクワの輪!是非一度ご参加下さい!


次回は2016年度添加剤についてです。


コメント (30)
この記事をはてなブックマークに追加

開花とともに2015年度も昇温ステージへ

2016年03月19日 09時56分09秒 | 2015年度・オオクワガタ飼育

 

本日2本目の投稿。

今年も桜の開花に合わせたタイミング
で昇温へ。
ソメイヨシノもあと数日でしょうか?

『今期チョネさんところはどうです?』
そんな問い合わせもチラホラと。

しかし今期は数が少ないですからね。
正直なところ、今期は既に来期に向け
たデータ収集の意味合いもありまして。



2本目ボトルではもう一つ幼虫体重を
増やせなかった2015年度の我が家。
我が家の久留米産地の場合、これま
で晩成型が最も大きく羽化している。


冬季期間を含むこの3本目ボトル。
直近2年間の管理方法と少し変更して
います。
一般的なセオリーとは少し外れますが
まぁやってみようと。
3本目ボトルでも喰わせるイメージから
の対策です。



◼️餌
菌糸ボトルの添加剤。
こちらは業者さんと相談を進めながら
毎年色々と試しております。
今期3本目ボトル。

たんぱく質を減らしカロリーを高めた
添加剤配合へ変更しています。


◼️断熱対策
断熱材配置を変えて改善。


◼️湿度対策
3本目から加湿器を導入。
我が家メイン菌床ボトルの水分量は
48〜49%。
そこで今期ブリード庫内の湿度を60%
以上に維持。
ホクホクと食べやすくなりやしないか?


◼️交換から降温までの期間
昨年・3本目交換から2週間後に降温。
今年・3本目交換から1ヶ月後に降温。

降温(冬季期間)温度はこれまで通りの
20度前後と変更はありません。




昨年昇温前のPPボトル表面







昨年昇温前のガラスボトル表面




ご覧の通りボトル形状により、ボトル
表面の乾燥状態に差がありますね。
やはり経口部が狭い方が菌糸ボトル内
水分の蒸発が少ないようです。

ただこと暴れに関してはデータ上ボトル
形状と暴れ比率の顕著な差は見られず。

ガラスボトルの場合、水分の蒸発が抑
えられる反面、既成PPボトル程に固く
詰めることが出来ず、菌がボトル内部
にしっかり廻っていなければ、暴れの
リスクはそれなりにあるよう感じまし
た。
今使っている業者のPPボトルは高圧プ
レス機による固詰と水分量、菌勢のバ
バランスが整い菌の収縮が少ない。

故に今期あえてガラスボトルの使用を
していません。
これは種菌の菌勢と添加剤と量に起因
するの事柄であり全てではありません。




そして今年昇温前のPPボトル表面




見た目ではPPボトル表面上の乾燥状態
はそれ程大きくは変わりません。
形状的に経口部の狭いガラスボトルが
水分を逃がしにくいようです。

状態は良いですよ。


ただ湿度対策は、昇温時の喰いが増す
時の優位性があるかどうか? ですね。

 


しかしこの3本目高湿度管理方法では
一つ気がついた点がありました。

良くネットの中に湿度が高いと雑虫の
(トビムシやダニ)繁殖が増えるとあり
すが、我が家の見解は異なります。

例え湿度が高くとも、菌糸ボトル内の
環境が安定していれば雑虫は湧かない。

しかし菌糸ボトル内環境が悪ければ、
(劣化が進むと)乾燥状態でも雑虫は発
生するし、同様に多少キノコが発生し
た時にも不思議と雑虫は湧いてきます
から。

 



取り組みの中で最も注目している点。
それはカロリーを高めたトライ!
この3本目が果たしてどうか?


実は高カロリー仕立てで早期羽化に
使用した菌床ボトルから、♀が羽化
ていますが数頭はお腹がパンパン。

果たして消化吸収能力の高い♂が、
我が家久留米にどれ程度いるのか。
また思惑通り体重増加から無事羽化
へと持っていけるものか?

ひとまず昇温終了時に少しだけボトル
を交換し体重増の状況を確認してみる
ことにします。

いやいや、しかし今年はどうも検証寄
りの飼育になってしまっていましたね。

2012年度ブリードよりはマシですが。

コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

振り返り初年度・2011年ブリード

2016年03月19日 09時41分52秒 | オオクワガタ関連の話題

 

 

本日は2本のブログ投稿です。
流石に慌ただしい年度末。
40代後半になるとなかなか疲れも取れ
にくく・・・

これはちとリフレッシュが必要だ。

一昨日少し仕事を早めに終え高田馬場
のサウナへ。
サウナ↔︎水風呂のセットを1時間程。
この水風呂ってのがイイ。頭がスッキリ
するんですよね。
おかげで少し楽になりました。


そういやサウナ入浴中、亀田の親父に
似た刺青の方と二人きりに・・・
このサウナにはテレビがあるんですが、
途中から暴力団組員の乱射事件のテレ
ビニュースが始まりまして・・・

この事件について、何故か二人議論を
取り交わす・・・
そんな妙な気分転換もありました。

 

 



ようやく久しぶりの休日。
この年度末時期に、割と放ったらかし
に放置出来る我が家ブリードスケジュ
ール。ブリーダー都合としては上手く
合っているなどと都合良い解釈。



サウナの前、中野沼袋駅から徒歩1分。
ougo氏名付け親・品川オフ会正式名称
NIGHT FOREST ですっかり有名となっ
たパブスナック『夜の森』



夜の森もいつか行ってみたいんですが・・・


その夜の森の隣に佇む、昆虫ショップ
マジックフォレストへ行って来ました。

こちらではマットやゼリーなど消耗品
を日頃購入させて貰っています。




以前は高田馬場にあったこのマジック
フォレストもこの趣味に嵌ることにな
ったキッカケの一つ。

近所にあった当時はお店に良く遊びに
行きましたね。
確か2009年〜2011年の期間で2,000円
に1回のポイントが100ポイント以上は
貯ってましたから。



このマジックフォレスト、ここ数年は
お店をお母さんに任せ、店長ご自身は
週一回しかお店に出ていません。

しかし話せば長い数年のサラリーマン
生活から晴れて卒業。
昨年末から復活した店長が毎日お店を
切り盛りをされています。

このところお店の方はヤバイくらい静
かだったようですが、春の足音とともに、
問い合わせやお客様の来店も少しづつ増
えているようです。

 

そういや×2 今やオオクワガタ界の著名
コレクター(兼ブリーダー)yama_rayさん
も、マジックフォレストで委託していた
生体を購入下さったんですよ。
復活のブリーダー。
愉快で痛快で優しい。
?まるで怪物くんじゃないですか。


そういや×3 訪問の際店長から能勢産地
生体ペアを5ペア程用意したいといった
依頼があったな。
委託条件。 昨年羽化余剰個体で。

ちと募集を!これまでコメなどをいた
だいた方に限り5ペア程の余剰個体を
委託条件で預けられる方がいらしたら
当方宛にメールもしくはHP問い合わせ
までお願い致します。m(_ _)m

ホームページも間もなく復活の予定。
どうぞご来店お待ちしております。
マジックフォレスト

http://magicforest9.wix.com/magicforest

住所:東京都中野区沼袋1丁目34−2

電話:03-5380-4512

 

 




さて前回エントリー記事では、我が家
が大型血統によるオオクワガタ特大を
目指すことになった、その経緯につい
て少し触れました。


新たにブリードを始められる方も多い
スタート前のこの時期。
今回は大型サイズ挑戦の年と、その翌
年をもう少し振り返ってみたいと思い
ます。








大型血統によるブリードを決めた2011
年ブリード。
東日本大震災でその深刻な被害状況が
次々と露わになる中、流石にブリード
なんぞやっている場合ではない。
私も直後はそう思いました。
趣味を楽しんでいる場合ではない。
そんな風潮を当時は感じましたから。

 


それでも働き盛りの我々世代が、いつ
までも下を向いてばかりではいけない。
この趣味のブログでもそういったメッ
セージがありました。
当時Gullさん、よしくわさんブログが
同じような想いを伝えられていた記憶
があります。

また虎壱さん、じろうさん。
東北ブリーダーの方も色々な思いを経
た上でやはりブリードを始められる。

我が家もどうせやるからには仕事も、
そして趣味も全力で。
そう決断したことを覚えています。

 

 


そして偶然の必然。
マツノインセクト、メルリンさん、
shimaさんなど、それぞれ有望血統に
よる久留米産地2011年度ブリードを
まさにこれから始めようとする方が
偶然にも同じ東京に複数いたんです!

首都圏久留米党
kazさん、主水さん、ポチさん。
この3名なんとブログも数ヶ月前後で
開設していたという。

結婚を控えたポチさんはやはりお休み
中ですが、kazさんに主水さん。
いまでも連絡の頻度が最も多いのが、
このお二人。



またちょうど同時期ですね。
愛知のターニングポイントさん。
こちらも2011年初夏に昆虫ショップを
新装オープンを控えヤル気満々。

当時はオオクワガタブリードを日記と
してブログを立ち上げる方が今以上に
多くいらっしゃいました。

その中で私を含めた複数の方が参加さ
れるという、菌糸ビン添加剤モニター
のお誘いが・・・

なんの実績も無い新米ブリーダーなん
ですけども・・・
ただ人とは違う切り口によるブリード
に対する興味は大いにありまして。



そんなこんなで2011年初年度から添加
剤配合量による検証的ブリードで挑戦
する運びとなったわけです。

その後海斗パパさんには、素人のそれ
はたわいもない質問疑問に対し、いつ
も親切にアドバイスを賜りまして。

また店舗オープン時には本業でもある
レール取付依頼などでお世話にもなり。
そんな縁もありその後2012年には愛知
ターニングポイントブリードルームで
のブリードを併用しています。




そして現在ブリードを休止中のちなみ
さん。
関東大鍬研究会の幹事ちなみさんには
ブリード仲間との交流の楽しさを学ぶ
ことに。


レル会長とは2012年からのお付き合い
ですね。
こちらはYahooブロガーの集まりが多
いからでしょう。
大人の(オッさんの)趣味の集いそのも
のを楽しんでいる感が。

根がC調なもので。こういう雰囲気も
たまらなく大好きです。





偶然の必然。
ブログ開設前は、先人の方達のHPや
ブログを閲覧する中だけの情報しか
得られませんでしたが、このように幾
つもの出会いがあり、刺激がある中で
更にその情報収集のスピードは加速し
ていくことに・・・

またそれら有益な情報を咀嚼し、幾つ
かのテーマを定め仮説を立て、実践し
検証していく。

趣味を通しそんな体験の機会を得られ
ながらそれと同時に全国のブリーダー
達と競い合いを楽しむことも出来る。
また拘りの個体作出を目指す目的へと
向かうプロセスをも楽しめる。

大いにアリでしょう!


これも全ては人の繋がり。
なんですよね。

こうして色んな想いを馳せながら、
無我夢中の1年目が始まったのでした。
続く・・・

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

産卵モード過程の変更

2016年03月13日 10時47分54秒 | 2016年度・オオクワガタ飼育



リオ五輪女子マラソン代表をかけた
注目の名古屋ウィメンズマラソンが
本日いよいよスタートですね。
生憎仕事なものでリアル観戦は出来
ませんが、特に野口選手の走りには
注目しています。
女子マラソンのレジェンドですから。
最後まで魂の走りを見せてくれるも
のと期待しています。






大型血統によるブリード挑戦も早いも
ので今年6年目を迎えます。
中には今年からブリード始めようとい
った方もいらっしゃるのではないでし
ょうか。
大いに楽しみですね。

また直近になりこちらへ訪れて下さ
っている方へ。
久し振りに、我が家が大型作出挑戦
を始めたその経緯について少し取り
上げてみたいと思います。

 

 


大型個体作出挑戦!

その挑戦を決めた前年の2010年。
当時はショップで購入した佐賀県神崎
産地をブリードしていました。
常温管理による十数頭の飼育数。


また飼育と同時にインターネットから
『オオクワガタ』に関する飼育情報を
興味本位で色々と集めておりました。

その中でも特にドルクスデザインさん
HPを毎日のように眺めており。
こりゃなんとも面白いことに取り組ん
でおるな! と。

当ブログ初期にも記事にしていますが、
このHPの存在。
これが私にとって大変大きかった。
好奇心に溢れ、知らぬ間にいつしか引き
込まれるものが・・・
これぞ我が家オオクワガタブリードの
原点といえるものです。



そして皆さんと同じような流れか?
waizuさん、メルリンさん、マサレッド
さん、す〜やんさんといった方々の
ブログを閲覧させて貰いながら、
『自分もやってみようか?』
そんな気持ちが少しづつ湧き始めた
わけです。


また『どうせやるなら一級品を!』

当時から血統背景を公開していた
ギネスホルダーメルリンさんHP。
これもなにかの縁?
まさにグッとタイミングで2010年8月
2009年10番86.1mm同腹を含む新成虫
販売のお知らせが舞い込み・・・
今では我が家メイン系統個体のルーツ
ですから。
不思議なものです。

 



その後マツノインセクト。
shimaさん、マサレッドさんから
久留米産地の有望個体を続々と入手。
まさにブリードモード全開で準備を
始めていた2011年3月。
忘れもしない東日本大震災が発生。

その当日、なにより身重だった嫁と娘
が心配でしたが、女性社員の帰宅を見
届けた後、深夜にスーツに革靴姿で走
って帰宅。
家に着くなり、最初に出迎えてくれた
当時4歳の長女から発せられた言葉。
『パパ、ママ泣いちゃってんのガハハ
ハ・・・』
その年の7月、無事に次女が産まれた
2011年当時の記憶は今も鮮明に残っ
ています。

 

話題が前後しますが震災から数週間。
東京も計画停電が続いていました。
しかし既にブリードモードは全開。
やると決めていましたからね。
そこは一片も揺るぐことなく。
色々とその方法を模索し

自動車用バッテリー

カーバッテリー用インバーター

カーバッテリーチャージャー

自動車バッテリーを電源とした計画
停電対策によるワインセラー飼育。
オートバックスでカーバッテリーを
真っ先に予約しましたから。
まぁアホですね。




そんな我が家6年目となる2016年度
ブリード。
この5年の間には色々とありましたが、
6年前と変わらずはブリードに対する
そのモチベーション。
そう準備だけは着々と整いつつあり。

我が家で、特に拘りのある血の配合。
そして種親の形状を独自の勘ピューター
によるデータをはじき出し。
種虫と組み合わせの選定は既に完了し
ています。



そして餌、道具と一通りが揃いました。








なにしろ肝心なのは成功しないことに
はブリードが始まらない最重要課題と
いえるこの産卵ステージ。

ペアリングと産卵セット 

昨年の過去記事です。

 

 


さて本題へ・・・
昨年2015年度は17ライン予定が13ライ
ンに変更してのスタート。
産卵スカラインは13ラインの内1ライン
のみでしたが、何せ1ラインの採卵数が
少なかった。

そのため昨年秋採りに挑戦しています。
6♀に再ペアリングし9月中旬投入。
それがまさかの誤算。まるで産まず。


何故か?


そこで我が家ではひとつの仮説を立て
ました。

♀の産卵モードタイミングではないか?

その仮説を基に産卵ステージでは、昨年
と二つの点を変更した検証をと試み、
実践したいと思います。

具体的に大きく変更する点は2つ。


♀種虫・餌(ゼリー)の与え方

越冬後の成虫に対して、ペアリング前
からゼリーを週2ペースで与え続けた。

⬇︎

越冬後の成虫に対して、ペアリング直前
まで♀種虫にゼリーを与えない。

 


ペアリング環境

コバシャ小ケースによるワインセラー飼育。

⬇︎

コバシャ中ケースによるブリードスペース
内飼育。


昨年の産卵セット状況

高湿度の梅雨時期を想定した方法。
しかもコバシャ小であれば20セット
が一度にワインセラーへ入るため
効率的とこの方法を選択しましたが・・・
恐らくは問題があったのでしょう。


具体的な方法は割愛しますが、
マラソン同様本番に合わせる生体の
コンディション作りと、産卵モード
へ集中出来る環境作りが大切かと。


餌の栄養価もステージごとに変える
など変更してみたいと考えています。
コンディション作りと、産卵モード。

昨年、同じ♀による再ペアリングから
の秋採り産卵大失敗がありましたから。






ただこれが適性なのか?
羽化後の管理方法(温度、餌のやり方)
なども含む、一連の流れであると思い
ます。

我が家でも産卵数が昨年と同様の場合
またやり方を変更します。

コメント (34)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度ブリード種親紹介パート2

2016年03月06日 06時00分00秒 | 2016年度・オオクワガタ飼育

 

 

 

都内もようやく春の足音が・・・
来週は最高気温19度まで上がる日も。


高戸橋から江戸川橋まで約2kmに渡り
神田川の桜並木が続きます。
週末のマラソンコースでもあり。






河津桜が1本だけ咲いていましたが、
都内ソメイヨシノ開花予測は3月24日。
2週間程先の様相。

寒さも緩みつぼみも膨らみようやくと
春の訪れを感じると、なにか新しいこ
とを始めたくなります。

我が家は夏休みの計画を始めました。
長女も今年小学4年生。
限りある時間ですからね。
体験型牧場など子供にとっては貴重な
経験か。
乳搾りに、チーズ作り、バーベキュー。
いいかも?
そんな楽しみを考える時間がまたね。




 

 

 

 

 

 

 


さて今回は
2016年度ブリード紹介パート2


年始に掲げた目標の一つ、久留米産地
オンリーの300頭飼育。

補強のみに頼ってきた大型血統ブリード
も5年目となる昨年から、どうにか自己
ブリード個体中心の布陣で挑めるように。
その才能(ポテンシャル)を存分に引き出
し、さらなる頂きへ・・・
今年も変わらずヤル気です!

また♀個体を中心に、貴重な種虫も
ブリーダーさんから入手しております。



予定では予備を含め23ライン。

種虫♂は計8頭を準備。
血の配合。
形状。
ある意味ブリードの醍醐味、構想段階
も累代飼育ならではといえる組み合わ
せの選定も大きな楽しみの一つ。

   

それではご紹介をさせていただきます。


 

 

 

 

 

 

 



◆2014年度1番KU-103.♂84mm
マツノインセクト直系ライン



2012年度マツノインセクトから幼虫で
購入した37番ラインから83mmが羽化。
その♂83mmに、マツノ2012年度2番
♀53mmを掛け合わせ、2014年度2頭
の84mmが羽化しています。


こちらは胴体が長い。
長さを稼げるものと期待しています。
この84mmにはマツノインセクト直系
累代のみの構成で3ラインを予定。
マツノインセクト直系ラインで、種親
超え85mm複数頭を目指します。


 

 


 

 

 




2014年度3番KU-315.♂84mm
shima×メルリン累代ライン

自己ブリード3番ラインは主水氏ブリ
ードshima×メルリンの細身な形状♂親
に♀は東京オオクワ血統を掛け合わせた
血の離れたアウトライン。

こちらは細身で艶やかな美形大型を目指
した2ラインを予定しています。



 

 

 

 

 

 




◆2014年度8番KU-808.♂85mm
東京オオクワ累代



自己ブリード8番ラインは東京オオクワ
とこれも血の離れたB団とも氏からの
アウトライン累代個体。
こちらはある種普通っぽい形状の85mm。
太過ぎず、細過ぎず。
更なる進化に対応するには向いている?
未知のポテンシャルに期待したい系統に
は3ラインを予定。



 

 

 

 

 

 

 


◆2014年度14番KU-1411.♂86mm
メルリン血統累代



こちらはメルリン2009年86.1mm
インラインと貴重な♂個体に対し、
虎壱氏♀とのメルリン血統累代系統。
特にKU-1411は♂親の86.1に形状が
良く似てゴツく迫力のある86mm。

細身とは対局にある迫力ある個体を
更に一回り大きくさせてみたいと
考えこちらも2ラインを予定。

 

 

 

 

 

 

 




◆2014年度19番KU-1903.♂84.2mm
メルリン血統累代



14番の逆配合。
19番ラインから最大87.5mmが誕生
しています。


久留米産地といっても大型血統は
マツノインセクトが源流となり、
そこからブリーダーが累代を重ね
て今に至る。

その中でもやはり我が家の根幹と
なるのはやはりメルリン血統累代。

 

 


◆2014年度1番KU-1904.♂87.5mm



2014年度最大個体。
やはり看板となるのはこちら。

期待の5ラインを予定しています。


 

 

 

 

 

 

 



◆2013年度2番KU-208.♂85.8mm

2013年度自己ブリード羽化個体。
あえて血の濃い配合となる早期
羽化個体を掛け合わせてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


◆B団とも氏2014年度84.5mm
86.2mm同腹



我が家自己ブリード個体とはひと味違う
B団久留米のメルリン×shima配合。
厳選した種虫との掛け合わせにより
何世代か後の看板ラインへ。
そんな美しい種親。

 

 

 

 

それぞれ特徴が異なり個性的な
久留米2016年度ブリード。

サイズ+久留米らしい自分好みの
迫力を兼ね備えた個体を創り上げる
べく挑戦を続けたいと思います。

 

 




コメント (42)
この記事をはてなブックマークに追加

イベントの話題&ドルクスの覚醒

2016年02月28日 14時04分56秒 | 2016年度・オオクワガタ飼育

 




リオ五輪代表をかけた東京マラソンが
生で見れ
ずに残念。


この2日間家具インテリア催事イベント。

その昼食休憩中。

ちなみにこのブログ、朝ちょちょいと下書きを。




 



新居の場合、入居前に揃えなければ
ならない物。その必需品といえば・・・

照明、エアコン、家電、ダイニング
ベッド、ソファ、カーテンなど。
今の住宅は窓サイズが多様化している
ため、カーテンはオーダーが主流。

今回は春に入居を控えたお客様を対象
としたオーダーカーテンの相談、提案、
見積り、採寸予約のご依頼が特に多い。


そんなこんなで、ほぼ1日中喋りっ放し・・・
当然ながら昨晩はマネキン販売員を引
き連れ、渇いた喉を潤すべく




妙にドライアイスが多くねェ?
成果後の乾杯お疲れ会。アリです。

 

お疲れ様会目的? いえいえ。
集客の多い催事イベントは好きでして。
接客に苦は無く。
『粋な姐ちゃん立ちションベン』
それも寅さんのような。

憎めない、なんとも人間くさい
オッさんへの憧れか・・・


お客様の大半は夢のマイホームを手に
入れた方ですから。
誠意を持ち、相手の立場に立って接客を
すると伝わるもの。

結果、このイベント。
この販売員から購入を決断いただく。
売上達成を目指す根本はそこにあり。
販売員が皆総じてそれを目指している。
決して雰囲気は悪くありません。

 

 



そんな催事イベントといえば・・・
先週末は家族で雑司ヶ谷手創り市へ。


池袋駅から徒歩15分(我が家から10分程)
の雑司ヶ谷に安産・子育ての神様として
信仰されている鬼子母神堂が。

この鬼子母神堂には、境内に日本で
一番古い駄菓子屋さんがあったり・・・




ジブリアニメ作品「おもひでぽろぽろ」
に出てくるお店のモデルとなった上川口屋。

その創業はなんと1781年。
今から235年前。  なんとも悠久だぁ〜。

そこで毎月第三日曜日に手創り市が。

 

ぶらり楽しめるスポット。

境内に約180ものブースが並び、
昨今ハンドメイドブーム手作り市の
先駆けとなっているとか。
出店する作家さんも毎回選考で選ばれて
おりレベルが高いと評判。

作家さん手作り陶器やアクセサリー
などが販売されています。

趣味の延長線上の出店も多くある。


既成品にはない作品。
制作者さんとの会話が楽しめる。
いいですね。








『クワガタジオラマを制作し販売したら
どう?売れるかな?』
などと娘たちとたわいもない会話。

お客様側と販売側。 

仕事と趣味。イベントの楽しさは、
ある種人生の楽しさでもあるような。

 

 

 

 

 

 




さて我が家では2015年度ブリードが
降温の時期を迎えるちょうどその頃。

2016年度ブリード種虫の覚醒を始め
ました。


覚醒?
白い粉?
ougo氏の指示で 隠せェ〜

スイマセン


フォースの覚醒ならぬ
ドルクスの覚醒 

今年も産ませる方法を模索中です。


ちと餌の与え方を変えようかと。
餌を与える期間を短くし、
与えるゼリー(餌)栄養価を、ステージ
ごとに変えてみようかなぁと。


要するに
覚醒(越冬明け)

ペアリング前

産卵セット期間

少しづつ栄養価を高めていくという。

昨年はいきなり栄養満点でしたので。
今年は段階を踏んでみることにします。



そうです。
それでも最後の頼みは白い粉。



D.D.A ism

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

交換から2週間

2016年02月17日 09時30分54秒 | オオクワガタオフ会

 

 


連日連夜次続いていた芸能界騒動
絡みのニュースも2月半ばにしてよう
やく落ち着いたかと。
閲覧がついつい癖になるという・・・




我が家備忘録。

次女は4歳7ヶ月。
ふと思い出しまして。
長女がちょうどその年の頃、次女が
この世に生まれたんだなぁと。

嫁がお産で入院する間、長女は
嫁の両親の実家で1週間以上お泊り
をして過ごしました。

嫁の実家へ私も毎日顔を出しました
が、そろそろ帰る時分になると
『パパもう帰っていいから バイバイ』
パパ帰らないで!そこは駄々こねて泣くとこじゃねぇ?

多少の寂しさも我慢し強がっていたこ
とを思い出します。


そう考えると、次女は当時の長女と
比べうんと幼いですね。
甘えん坊です。
身体も華奢でまだまだ小ちゃくて。
見ているだけで飽きません。

 


 


そもそも親の方が、今だけだからと
その可愛さを望んでいるから仕方が
ないか・・・

特に嫁は自分本位で生意気な長女に
対して毎日カリカリ&ガミガミですし。
余計なのかもしれません。

そんな言い争いをみるに見兼ね
間に入る私

『まぁまぁ やめなって』


『何もしないのに余計な口出ししない
で!』


長女
『そうだそうだ!パパなんもしないの
に口出しすんな!』



『オイオイ、味方についてそりゃ違う
だろう?!』


次女
『そうだそうだパパあっちいって!』



『・・・ 』





『そういや群馬の方にいい薬が手に入る
らしいな・・・』




嫁・長女
『・・・・』





そんな寂しさからか。
ここ数日飲み会が続いておりまして。



土曜日は半クワ会に1時間半程合流を
させていただきました。


いつ何時も沈着冷静なるトシクワ部長。

体調不良を押しての参加reonroiさん。
仕事し過ぎじゃないですかね。
無理は禁物ですよ。



何故か最近良く合うyama_rayさん。


そしてこの度、牛久の貴族から、
北関東の公家へ昇格をされたougo氏




簾越しに
『まろはおいそれと俗な人間と直接
顔を拝見してはならぬでおじゃる。』

だそうです。
とても素晴らしいですね・・・




 



そしてヤマレイさんを表舞台へ!
ビークワ特集
『西へ東へヤマレイが行く!』
著名ブリーダーへの突撃訪問記。

いいんじゃね?!
そんな話で盛り上がったり。


半クワ倶楽部の皆様。
お騒がせしました。

 

 



その後渋谷で旧友との飲み会。
二次会はのんべえ横丁

 

 


知ってました?まるでタイムスリップ
した様な昭和のレトロな横丁に36軒
の個性豊かな居酒屋が、所狭しと軒
を並べている。

戦後まもなく始まった屋台で飲食業を
営んでいた方達が集まって作った飲み
屋街なのだとか。


ここでもマスコミを賑わせる話題が。
『己を律する心。』
倫理観でしょうね。などなどと。



そして昨日火曜日は、レル会長幹事
によるオフ会でした。

レル会長といえば、ルービー

東京駅八重洲地下街キリンシティにて
メンバーは昨年9月、品川NIGHTFOREST
以来となる元アカモビさん。

一昨年12月秋葉原グランヴァニア
忘年会以来となるエビさん。
更に貫禄が。

少し遅れてす〜やんさん。

レル会長からは文庫本2冊を。

アカモビさんからは魔法の水を。


あっという間の2時間。
楽しいひとときをありがとうございま
した。




最後に本題を少し。

我が家は交換から2週間が経過。
例年同時期より2度程高め。
そして湿度は1.5倍高い環境下の3本目。

我が家では幼虫投入時、毎回ボトル
上部を薄く削っています。

2週間が経過し、現状ボトル上部の
皮膜形成状態がどうなっているか?
確認することに。



ボトル表面の状態はフレッシュな
状態を維持しています。

しかし白くシッカリと頑強な皮膜に
覆われることはなく、菌糸が綿飴の
ような表面。

ちょっと今まで無い感じですね。
ブリード環境次第では青カビに
侵されても不思議ではないような。
そもそも種菌が変更されているが
故の菌勢が少し弱いか。
ブリードスペースの湿度が高過ぎか。


しかし気になる幼虫の位置取りは
例年になくベスポジに落ち着いて
おり、蓋の結露も少ない。

この点だけを取り上げれば昨年より
もむしろ良いのでは?
そう思っています。

3本目、より食わせる為の取り組み
ですが、さてどうなることか。


降温のタイミング。
期間。
昇温の時期。

スケジュールは決めていますが、
様子を見ながら調整したいと思います。


ちなみに本日も、浅草で本業の飲み会
です。

こりゃ週末はロングランだな。

 

 

コメント (36)
この記事をはてなブックマークに追加

2015年度・3本目への交換その2

2016年02月07日 13時04分32秒 | 2015年度・オオクワガタ飼育

 

 

 

先週の5日まで春の東京ギフトショー。
出店社2,500以上、来場者数19万人を誇
る小売業最大の展示会イベント。
「グロバリーゼーションモノ作りで成功」

どなただったか?クワカブブリーダー
さんも
参加されていた方がいたような。

 

毎度の事ですが、商談状況をまとめた
報告書の作業合間にブレイク中。 

 

今回も幾つか印象に残る新規先商談が
あり。その中で横浜エリア及び専門店
モール内に数店舗を運営する家具店の
オーナーが来場されまして。
『実は店頭でオーダーカーテンの展開
を本格的に検討しています。』
ほほう・・・本気ですかい?そう甘くありませんぜ

新規取引商談はちと気合いが。


私からは納入業者サイドの情報として、
現状他店オーダーカーテン運営の仕組
みを説明。

短い時間だけに情報を開示しながら
私自身オーナーに対して、どこ迄
本気で取り組むつもりがあるのか?
ググッと探りを入れていくわけです。
そこはストレートに・ビジネスライク。


企業情報を確認した上での判断とな
りますが、トコトンやるなら優先し
協力させていただきますと。
今の営業は皆まるで余裕などなく。
無駄な時間がありませんからね。

 

そんなこんなでヘロヘロな3日間の
商談を終えて最終日の金曜夜。

久しぶりに25年もの付き合いとなる
友人と居酒屋→スナックへ。

REGAさんお姉さんネタブログに
影響されてしまいまして・・・

 

 

 店長は西口プロレス現役チャンプらしく。  かなり弱そうなんですけども

 

カラオケで気分良く終電まで。

疲れが出たか?昨晩は39度の熱が・・・今朝は回復しましたが 


 

 

 

そういや前回取り上げた女子マラソン
福士選手のリオ五輪代表権。
陸連の派遣設定記録を突破しての優勝
にも関わらず、当確ではあるが内定でない。
これまでも曖昧な選考基準が問題視
されてきましたが、そりゃ選手が可哀想。

内定(決定)で良いでしょう。







 


それでは本題へ。

2015年度3本目へ交換その2


9番・12番・13番種親♂は2013年度5番

頭幅30mmを超え厚みの無い特徴的個体。

2013年度KU-505.85mm

♂親2011年メルリン10番82mm

(86.6mm同腹)

♀親2011年東京オオクワSP2番52.2mm

(85mm同腹)

 

 

 


9番ライン

♀親は2013年2番KU-209

54.5mm(85.8mm同腹)

35g・33.7g・33.4g・31.8g 

以上30g以上

♀親2番は還元率が良かったライン。

羽化まで時間が掛かったのは晩成からか。

横幅ではなくスリムで縦に出るとすれば。

さて果たしてどうでしょう?

 

 

  

10番ライン

♀親は2013年GONGON12番1228

52.3mm(86.3mm同腹)

兄弟85mm複数頭の♀ポテンシャル。

メルリン・shima・東京オオクワ。

それぞれの最強血筋がミックスされた

特別の血に期待していましたが・・・ 

 

15-KU-1004.34.5g→37.5g

 



 

15-KU-1006.28.3g→37.6g






15-KU-1012.29.7→37.8g


3頭のみですがその全てが37g台。

ここまで最も成績の良いラインとなりました。

 

 

そしてその内の1頭KU-1006について

は2本目交換後に植菌カワラ材へ。

 

 

美形大型羽化へ期待を込めて

10番ラインは早期羽化♀も既に2頭が羽化。

2016年度ブリードで使う予定です。

 

 

 

13番ライン

♀親は2013年2番KU-231

51.6mm(85.8mm同腹)

34.2g・32.2g こちら♂は2頭のみ。

2015年度シーズン自ブリライン

1・9・13番は最後まで注目しています。




 

 

 

そして少ない飼育数だけに、一発逆転

を目論み挑んだ

2本目ボトル・添加剤検証企画

その結果はなんと

トンデモナイことに・・・
 





















































続く・・・   
いや
















   






















トンデモナイことに・・・
はならず・・・





   

残念ながら失敗しちゃいました。

添加剤Aはその量が多かったようで。

2本目で体重を落としてしまいました。

 


 

12番ライン

♀親は2013年waizu12番WK1002

51.7mm

waizuさん×みかんさんの掛け合わせ。  

34.2g・32.2 g・32.2g・32.1g・31.4g

以上30gUP

 

 

 

 

14・16番種親♂は2013年度GONGONさん

2013年度12番1222.82.7mm

♂親shima2011年8番83.2mm(85.8mm同腹)

♀親メルリン2011年10番52mm(86.6mm同腹)

 

14番ライン

♀親は2013年5番KU-1205・
51.3mm

36g・33.1g・32.7g・32.2g・31g・ 30.2g

以上30gUP

 

 

 

 

16番ライン

♀親はマツノインセクト2013年15番・
52mm

マツノインセクト2011年5番×8番

同腹兄弟に大型羽化はいませんが

血統背景に優れた系統。

33.2g・32.1 g・32.1g・31.2 g・31.7g・30.8g

以上30gUP

 



2015年度飼育データ 

 

 

 

  

 

 

 


やはり昨年よりも途中経過は良くありませんね。

特に昨年比35gUP数が少ない。

その大半の居食い部屋が小さい。

喰えるものがいて、喰えないものもいる。

特大幼虫(特出ライン)が中に出てくる。

それは何故か?

そんな前回コメもありましたが、個人的見解

として、それが(そこが)素質なのだろうと。

 

ですが全体のアベレージとなると飼育管理

の要素が大きい。そして餌の部分も。

 

新菌と水分量、樹種とオガの品質。

2本目三階松T+GT866.1400については

新菌前ロットで対応いただいたことで

12・14・16番の検証ライン以外を含めた

そのアベレージは33gを超えています。

 

 

そして我が家も遂に加湿器を導入。

当ブリードスペースの場合、エアコンを

停止しオイルヒーターによる管理と

湿度対策を施していても、この時期

は湿度が50%を割り込んでしまう。

 

そこで2畳強の部屋ではありますが

25畳用スペックを設置しています。

面倒な水の入れ換えも週一サイクル

で済んでしまいそうです。

 

 

また餌の配合を変更し、温度高めで3本

目、少しでも喰わせ続ける方法により

陸連派遣設定記録ならぬ

自己ギネス更新を目指します

 

既に来期を見据え。

ちとリスキーではありますが、

昨季よりも更に挑戦寄りではある。

まぁ失敗したら来期はやりませんし

成功したら続けるという。

さてどうなることやら。

 

何でも新しい事への取り組みは

楽しみです。 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (30)
この記事をはてなブックマークに追加