えんめい〜縁命

82歳、ひとり暮らしの母が入院しました。

特別養護老人ホーム申し込み 3月16日(水)

2016-10-17 18:48:44 | 日記
介護認定がおりたので、特養の申し込みへ行ってきました。
母の自宅から歩いて20分ぐらいのところにある施設です。

母は元気だった頃、この施設で毎週行われていたイキイキ教室に通っていました。
イキイキ教室は、近所のお年寄りが集まって歌を歌ったり体操をしたりする活動です。
その教室を指導されているS先生に特養を紹介していただきました。

説明して下さったKさんは、20代中盤の優しい感じの男性介護福祉士さんでした。
S先生の紹介だし、イキイキ教室にも通っていたから、少し優遇してもらえるかもと期待していたのですが、優遇どころか今の状態では入所できないと言われました。

点滴を受けているからです。
特養は、医療措置を受けている人は入所できないのだそうです。
「点滴が外れたらお知らせ下さい」と言われて、取り敢えず申し込みだけして帰りました。

幼稚園や保育園と同じで、待機人数が多い特養ですが、入所の基準は順番だけではないそうです。
入所が必要とみなされれば、後の順番の人が入所する場合もあるそうです。
でも点滴が外れるのは難しそうだから、入所も難しいかもしれない…と思いながら帰りました。

その施設のすぐ近くにスーパーがあって、母はよくそこで買い物をしていました。
私も母の家へ行った時は一緒に買い物に行きました。
申し込みに行った日、特養の入所者さんらしい人達が、ヘルパーさんに介助されながら、車椅子に乗って来ていらっしゃいました。
お母さんも、あんな風にできたらいいな〜と思いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MRSA 3月14日(月) | トップ | 介護老人保健施設 3月18日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。