本日のレンタルASIA

今年も韓ドラ三昧☆≧(-_^)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

墨攻

2007年02月09日 10時30分10秒 | アンディ・ラウ2000年~
2006年 中国・日本・香港・韓国
監督:ジェイコブ・チャン
出演:アンディ・ラウ、アン・ソンギ、ワン・チーウェン、ファン・ビンビン


昨日時間が空いたので観てきましたぁ==!!
アンディはやっぱりスクリーン映えする男である!!


平日の午後・・・20人くらいですかね?館内はオジサマばかり(笑)
同じ列のオジサマなんて身を乗り出して観てましたよ!!
もうそっちの方が気になって・・・視界に入ってくるなっつうの(笑)

まっ、そんな余談はおいといて・・・
ほら墨攻の予告で10万人を一人で戦った男とかってやってるからアンディのカッコ良さ満載の物語だと思ってたんですよねぇ・・・。
いやいやカッコ良かったですけど・・・これ当然のことだから(爆)それはいいんだけど、もっと爽快感のある映画だと思ってたんです。

とにかくスケールはデカイ!!
戦闘シーンなんかも迫力あるし、見ごたえ十分なんだけど・・・。
でもなんかとても悲しいっていうか虚しいっていうか・・・国と国との争いって・・・みたいな、なんだろう説明しにくいんだけど、なんで争いが起きるんだろうとかさ・・・ん~って感じ?!(←わかりにくいけど・・・笑)

あっ、面白くなかったってことじゃなくて、いろいろ考えちゃう映画だなと思ったのである!!

しかし、あの王様はバカだよね!!!
自分のことしか考えてない人間っていうのは醜いなぁって思ったわよ!!
あたしが想像するに、小さい男なのである(←何が?!笑)
だから権力にしがみつくんだね!!

そうそう、アン・ソンギさんも素敵でしたねぇ!!
あっ、あとは『春のワルツ』にも出てる弟!!この映画では若君ですが(笑)なかなか良かったんじゃないのぉ?!
なんか昨日のワルツなんかマジマジと見ちゃったもんね(笑)
あと弓の人(笑)・・・『指輪』でも弓の人(オーランドのことね)は素敵でしたからねぇ・・・なにか弓の名手っていうのは共通のイメージがあるんだろうか?
あっ、ビンビンちゃんについては特にコメントなし(笑)一言でいうなら有り得ないから!!戦場であの肩だしは(爆)

とにかく迫力満点の映画でしたね!!
男子向きかな(笑)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 墨攻HP | トップ | ドラえもん!! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スクリーン映え! その通りね♪ (kazumi)
2007-02-11 00:36:05
よしえさん、こんばんは。

そちらもおっさん多しでしたか。
身を乗り出してまで見るおっさん。凄いなぁ(笑)

この映画は、見ていて辛いですよね。
死に人が山のよう・・・非攻といいながらも、闘わねばならない矛盾というか、苦悩を描いているらしく、映画を見て考えてほしい、というようなことをアンディはインタビューで語ってました。


「弓の人」は昔、F4が登場するずっと前に台湾で絶大な人気を誇っていたアイドルグループ小虎隊のメンバーの1人、ニッキー・ウーという人です。
金城武との共演作もいくつかある人ですよ。

>男子向きかな(笑)
男子、というよりおっさん向きね!(笑)
kazumiさんへ (よしえさん)
2007-02-11 16:47:26
そうなんですよねぇ・・・オジサマ密度が高かったですよ(爆)
・・・っていうかオジイサマって感じの年齢層でしたけど

非攻はホントそうですよねぇ・・・こちらからは攻めないけど攻撃されたら戦うんだから、同じですよねぇ・・・。

弓の人(笑)情報ありがとうございます。
小虎隊って少年隊のパクリでしょうか?!(笑)
武ちゃんシネマチェックしてみますねぇ^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。