小さな酒屋の日記

京都の東山の麓に佇む酒屋の日常生活です

良慶さんの法話記憶をたどる

2017-02-19 22:14:36 | 日記
15年ほど前だったかな?

清水寺~東福寺に来られる観光の方が増えた頃、
「大西良慶」をご存じない方が多い事に驚いていたのですが
この頃から古くなった自分を感じ始めました。



でもバレンタインデーの翌日が良慶さんの命日らしく
店でその方の話が登場したので
私も今一度記憶をたどる事にしました。



9~12歳の頃だったかな?

アンパンとジャムパンが貰えるって事だけで
清水寺の法話を数度聞きに行きました。



子供が紛れているっ事だけで違和感の強い雰囲気でしが

私の両親でさえ若者感が強かった事から新聞社の方から取材を受けた記憶は満々。

それに「大西良慶」さんは私の爺ちゃん婆ちゃんより20才以上年上の方でしたので
活きた祖先の話を聞く気持ちでしっかり聞こうとした覚えがあります。

その時の「大西良慶」の視中はもちろん年配の方だったのですが
子供も居るって事からか、私が聞いても面白い!!
と思える話を交えた法話をされており、
老若男女全てに通じる老練法話だなって子供ながら感じました。

帰ってからはラジオ体操・店の手伝い・子守り・学校プール・虫捕りなどなど・・・



夏休みは何かと充実した子供時代でした



また改めて録音した法話を聞きたいと思います。

そんなところで今日のおまけ

これすら昔話になった今。



時々思い出さないと間が抜けるかも。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-02-17 20:48:00 | 日記
節分・立春・初午の次は~

涅槃絵・彼岸、その前に法事?

そんな事を考えていた矢先になんと!!

バレンタインチョコレートをもらいましたぁ~!!!!!



存在すら忘れていた行事でしたが
高級購入物と手作り品を添えるともなれば相当本気ですね

さり気無く年齢を聞くと、
だいたい90歳?

はっきり解らんらしい。。

私も90歳になっても渡せる人間でありたいと
しみじみと思いました。

そんな中、春一番が吹いた影響からか
アーモンドのつぼみが一気に膨らみました。



指はあかぎれ未満のしもやけ三昧、

気温も御覧のとおりの寒い中、
東福寺のアーモンドはつぼみがより一層膨らんでいました。



極寒の中咲く銘木は今でも地元の隠れた人気者なので
25日か27日かどっちに来るか解らない方も是非御覧下さい。

そんなところで今日のおまけ

(一部の方には)懐かしい一枚の写真



大変貌中

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仙人の遊ぶ寺

2017-02-13 21:08:24 | 日記
「なんて名前のお寺でしたっけ? え~と・・あの~・・」

こんな感じで道を聞かれたらだいたい「泉涌寺」!!
(国内の方に限られます)



中には「せんつうじ」と読まれる方も多いのですが
頭に残り難い名称なので気にする必要はありません。

仙人の遊ぶ寺「仙遊寺」からの変化と知れば
少し覚えやすくなるのではと思います。



「月輪山の春霞~♪」

中学時代は霞に包まれた参道を通った事もありました。

今から思えば環境贅沢な通学だったと思います。



この地の勾配角度が登り窯の活用に適し、
優れた粘度土が豊富な事から
陶磁器が盛んになり地場産業のひとつとして根付きました。

美術品から日用品、
電気配線に関係する備品(ガイシ)などなど多種多様に製造されていたのですが

それを始点に多方面へ向いました



難しい地場産業話になりそうなのでここまで。

酔ってるので早くもおまけ

東福寺アーモンドの開花状況 0.5分咲き



満開予想はすばり!! 3月3日!!!!!!!!!!



当った事の無い予想でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-02-10 10:27:49 | 日記
海外の方との接触はちょい休み中なんですが
一昨日はペルーの方がふらりと立ち寄られました。



「ほんとうにいろいろな地域の方が立ち寄られるのですね」って
日本語の上手さに驚いたのですが
南米の方に初めて書き入れていただき、
風土話も弾んだ楽しいひと時でした。



そして木曜日は休み!!

でしたがあまりにも寒い。。

ねこはコタツで丸くなる~♪♪



どころか、、

今時の猫は寒さに強いですね

私もぶらっと地域を歩く事にしました。

その中で寒さ好きの花をいくつか見つけました!

「有楽椿」と



「東福寺のアーモンド?」は



いよいよ咲き始めてきました。


(私の鉢植えアーモンドは無理そうです。。)



来年期待

おまけ

勇猛な雉鳩と



愛らしい白兎



違和感あって面白い
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雛人形

2017-02-06 15:50:35 | 日記
気持ちの乗った手作り雛人形をいただいたので
気合を入れてセッティングしました。



こうすれば通りすがりの海外の方にも見てもらえるかと思いきや
格子の隙間からはかなり観づらい様です。



これから花を飾ったり背景を付けたり
少しずつ賑やかに変化させてゆくつもりですが



肝心のアーモンドの花は一向に開く気配が無く
花は後々考える事にします。

でもこのボンボリは九十年前の豆球使用なので
古物好きな方には喜ばれるかと期待少々・・



当時は爆発しないかと消化水を横に置いてじっと眺め、
今後の電気普及に期待と不安が交錯していた事でしょう。



男系家系なので優れものはありませんが
小粒ながらも晴れやかな雛飾りを考えています。

そんなところで今日のおまけ

男の子用はまだ先です



触ってぶっ壊すのも我が家男子の習わしかと!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加