保守と革新

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

トランプ大統領と移民問題と日本

2017年02月13日 | 保守と革新
このたびの我が国の安倍総理と米国のトランプ大統領との会談において、我が国の野党の民主党の面々から
「安倍総理がトランプ大統領が進める移民政策について何ら苦言を呈しないのはおかしい。」との発言が伝えられております。
私は民主党の諸氏のこの態度は偽善そのものだと見ております。
何故ならば、そもそも我が国は移民受け入れをこれまで実質的に拒否してきている訳ですから、米国に対してであれ欧州に対してであれとやかく言う資格はまったく無いわけです。
安倍総理が今回移民問題について一言も言及しなかったことは我が国のこれまでのあり方からいっていたしからのないことでありました。
それとも民主党は我が国は積極的に移民を受け入れるべしとの考え方をいつの日からか基本的な政策の一つとして掲げていたのでしょうか。
私は寡聞にして承知しておりません。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日米の貿易不均衡 | トップ | 稲田大臣と籠池氏 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。