英語サークル キッズ・イングリッシュ伝法寺



一宮市丹陽町伝法寺でサークルを開いてます。子育て中のおかあさん是非遊びにきてね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

キッズイングリッシュ伝法寺では無料体験を実施します。

2016年08月17日 14時48分59秒 | Weblog
 英語を長年習ってきても、世界で通用しない、積極的に英語を話せてない?
中学生の英語の授業は板書中心が多いと言われています。
 最近アクティブラーニング、アクティブラーニングと盛んに声が上がっていますね。
授業もオールイングリッシュでするとのことです。
もちろん文法の説明も英語でいう話です。
でも「とても良い教授法だ」という中学・高校の先生方はどれぐらいの割合で見えるでしょうか。
小学校英語から中学校英語へ連携そして高校英語へと流れがスムーズにいくように・・・・・




  さて、キッズイングリッシュ伝法寺では

10月6、13、20日木曜日に「幼児クラスの無料体験」をします。

オールイングリッシュにも慣れて、幼児クラスはとても元気です。

英語もどんどん吸収していってます。

音声付き絵本の貸し出しもしているので、自宅でもListeningできます。

Input をたくさんしているので  Output の英語もたくさん話してくれています。


是非、この機会に体験してみてください。


コメントを残してくださいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幼児エルモクラスの見学にどうぞ参加ください。

2016年07月01日 18時44分11秒 | Weblog
幼児エルモクラス




今年の3月の末の「イースター」

ゆで卵をいろんな色の食紅で染め、

思い思いの絵をかいたり、シールなど

紙を貼ったりして作りました。



幼児クラス見学はいつでもOK!

連絡くださいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015.9月 無料体験を行います。

2015年08月25日 12時44分48秒 | Weblog
 免許更新と言うと自動車免許の更新を思い浮かべる方も多いでしょうが、
私は教員免許状の更新のために、更新講習(30時間)を受講しました。
そうです、いまは教師も更新が必要なのです。更新をしないで学校で教える
ことができません。
 その講義の中で英語教育の小中高の連携の話や問題点などの話もありました。
例えば、小学校英語5,6年生で『聞く』『話す』『読む』(どこまで読むのか
疑問ですが)3技能中心で英語活動がされてますが、中学に入り『書く』を追加
して4技能英語の時間となります。1年1学期はテストの点数も良く楽しいですが、
2学期3学期になると雲ゆきが怪しくなり英語が嫌いになるケースも多いと聞きます。
英語は楽しいだけじゃないんです。短期間で詰め込もうとするのは難しいのでは
ないかと思います。
『英語嫌いの生徒を減らすにはどうしたらよいのか』
そのサポートをしていきます。

現在幼児から小学生の方対象に
無料体験をしております。
 このブログを見たよ。
 またはくれよんを見たよ言って予約をしてください。

 9月 3日木曜日 午後5時より5名予約中(幼児、小学校低学年)
 9月10日木曜日 午後4時30分より2名予約中
 9月17日木曜日
 9月24日木曜日

各日とも午後4時30分より体験を行います。このブログのコメントにメッセージをお残しください。             コメントをクリックしてね
 平日は仕事をしておりますが、なるべく早く確認するよう心がけます。                            ↓
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休みはいかがお過ごしですか?

2015年07月29日 18時15分41秒 | Weblog
毎日暑いですね~

 ちょっと動いただけで、体が溶けてしまいそうで・・・

某市の土曜英語クラスは、無事1学期終了しました。

2020年東京オリンピックの年に、小学校英語が教科となります。

今、幼児を育ててみえる方・・・まだ先の話と思っているかもしれませんがすぐですよ。

試験的に早めに(正式ではないですが)、取り入れるところも出てくるでしょうね。

私たち講師は日本人ですが、外国人ではわからない微妙なところもサポートしていけたらと思っています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新メンバー募集

2015年03月02日 10時16分12秒 | Weblog
公私ともに忙しくしていてなかなかアップできなくて・・・・・


来年度の新メンバーを募集します。

★幼児クラス
★小学校低学年(1,2年)
★中学英語準備クラス(6年)


なお、無料体験レッスンを下記日時で行います。


★幼児クラス        3月19日(木曜日)、3月26日(木曜日)15:00より

★小学校低学年(1,2年)  3月19日(木曜日)、3月26日(木曜日)16:15より

★中学英語準備6年生     3月19日(木曜日)17:30より


お問い合わせは、右下のコメントをクリックしてメッセージを残してください。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ハロウィンパーティー

2014年10月01日 23時04分52秒 | Weblog
ブログを数か月にわたって更新してなくてごめんなさい。
いろいろ忙していました。コメントをしてくださったごめんなさい。



10月30日ハロウィンパーティーを17時より行います。参加費は500円です。
とっても楽しいイベントにぜひ参加してくださいね。
1年に1回の限定イベントなので変装してはじけて下さい。親子ともども。
コメント残してくださいね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「Let It Go」

2014年05月23日 10時07分51秒 | Weblog
みなさんいっしょに歌いましょう。
下のURLをコピーしてみてください。
英語を楽しみましょう。


http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=pS8DmlrrPG4
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

小学校度土曜英語学習

2014年05月10日 08時55分55秒 | Weblog
文部科学省の予算で
ある市で5月から、土曜英語学習の講師として携わることになりました。

何年学んでも英語が喋れない、アジア圏の中でも遅れている。
最近「英語」に注目です。

でも大学の入試制度が変わらなければ、文法中心の中学・高校の授業も変わらない気がしますけど・・・・

会話力がないと・・・
話す、アピールする、自分の事を話す訓練をしてないからだと思います。機会をもっと与えること

さあ、土曜学習の成果は?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あと、6年後!!!  中学英語の「習熟度別指導」

2014年02月03日 12時12分37秒 | Weblog
 英語教育はもっともっと変わらなければならないと思っていたので、やっとここまで進んだかという感じです。
現在小学校の低学年は中学生になったら、こんな授業が始まりますよ~

中学英語は少しつまづいたら、嫌いになってしまいます。
そんな生徒をたくさんみてきました。
小学校の英語では好きだったのに…たのしかった英語が嫌いになってしまう。

でも英語は覚えることから始まります。
どうやってたのしく覚えられるか。そのヒントは教え方だと思います。


下記は読売新聞からの抜粋です。

 文部科学省は、一部の公立中学校で行われている英語の「習熟度別指導」を、全国的に広げて実施できるよう検討を始める。
生徒の理解度に応じた少人数グループによる指導で学力向上を図り、2020年度に実施を目指す中学での英語による英語授業に向けて弾みをつけたい考えだ。今月上旬に有識者会議を発足させ、今年夏をめどに、すでに導入している中学校での効果を検証し、提言をまとめる。
公立中では、アルファベットの読み書きが困難な生徒と、日常英会話が堪能な生徒が混在し、教員から「授業が進めにくい」との声が出ている。一方、習熟度別指導を導入している中学校では、生徒の理解度向上や学習姿勢の積極化などの効果が見られるという。
こうした現状を受け、習熟度別指導では、例えば、1クラスを複数の少人数グループに分割。苦手な生徒にはアルファベットの書き方など初歩的な内容で基礎力の定着を図る。得意な生徒には、より高度な読解や作文など発展的な学習に取り組ませる。
.
読売新聞 2月3日(月)3時2分配信 よりコピー


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

中学英語の授業は英語、小学5、6年は教科化 7年後から

2013年12月14日 01時29分45秒 | Weblog
最近気になった記事・・
文部科学省は13日、中学校の英語の授業を、原則として英語で行うことを決めた。本年度から英語で授業をしている高校に続き、平成32年度からの実施を目指す。正式な教科でない「外国語活動」として実施している小学校は開始時期を小学5年から小学3年に前倒しし、5、6年は教科に格上げする。
 来年1月に設置する有識者会議で詳細を検討し、学習指導要領の改定を経て、小学3、4年の外国語活動は30年度から先行実施する方針。
 下村博文文科相は同日の記者会見で「東京五輪を見据え、受験英語ではなく、外国人とコミュニケーションするための英語教育に転換させていく」と述べた。今後は、教員の確保や指導力向上が課題となりそうだ。



 私が英語活動講師として小学校で勤務した時、授業はオールイングリッシュで行ないました。
子ども達は「先生アメリカ人なの?日本語喋れる?」と私に聞いてきました。なるべくわかりやすい英語で、手振り、身振りもいれ、分からなければ違う方法と色々考えたものです。子ども達の「あ、わかった」の声を聞きたいために。
日本の英語教育はどう変わるでしょうか?
中学校の先生はオールイングリッシュで・・・・
課題がいっぱいでしょうね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加