岐部善一郎の統合失調症啓蒙日記

主に統合失調症啓蒙活動に利用してます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第3回、統合失調症患者の裁判における判決について

2016-11-02 13:02:32 | 統合失調症
が統合失調症の怖いと思われてる原因は何なのか?暴力的になるのは確かです。
ですが全ての人が暴力的になる訳ではないです。
確かに犯罪を犯したりする方々ももちろんおります。
いますが私としてはだからと言って裁判で無罪放免というのは理解出来ません。
暴力しようが何しようが統合失調症患者は無罪放免というのは私は理解出来ません!
統合失調症患者だろうと犯罪を犯したならそれなりの刑罰を強く望みます。
私としては統合失調症に甘えるつもりはないです。
統合失調症患者が自立する為にも裁判では平等に扱って頂きたいです。
コレは私の私見ですがとにかく何かあるたびに統合失調症患者だからと言われるのは哀しいです。
統合失調症は怖い病気ではありませんよ?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第2回、統合失調症とイジメと... | トップ | 番外編、邪馬台国の九州説の説明 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

統合失調症」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。