岐部善一郎の統合失調症啓蒙日記

主に統合失調症啓蒙活動に利用してます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第2回、統合失調症とイジメと虐待について

2016-11-01 17:21:33 | 統合失調症
まず最初に言いたいのは家族の虐待も統合失調症の原因の一つであるという事です。我が家では妹がとにかく皇帝でした。あと、意味なく殴ったりもされてきました。父親が特にそうでした。とにかく私にとっては父親はいて欲しくない人物でした。父親にとっても私は目障りな存在だったのでしょう!
とにかく何かあるたびにボロクソに言いまくる生活でした。
特にムカついたのは『一族の恥晒し』と、面と向かって言われた事です。これが私の一番の屈辱的な言葉でした。この一言で私は我が家を出て1人暮らしをする気持ちになりました。
私は父親からイジメられるたびに家から出たい一心でしたが出るチャンスがありませんでした。
今は1人暮らしをして非常に楽しい生活です。
私はもう実家に帰るつもりはないです!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第1回、統合失調症とイジメと... | トップ | 第3回、統合失調症患者の裁判... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

統合失調症」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。