Key_Kitaの独り映画日記

主に観た映画・ドラマの感想を書いてます。
最新映画だけでなく過去の作品や雑談も少々。

映画『ジュラシック・パーク』(1993年)

2018年01月11日 | 映画(DVD)
この作品は、最新のバイオ・テクノロジーによって現代に甦った恐竜たちを小さな島で放し飼いにしているテーマ・パークが、完全制御の不備によりおちいるパニックを描くSFドラマ。
監督はのスティーヴン・スピルバーグ。
製作はキャスリーン・ケネディとジェラルド・R・モーレン。マイケル・クライトンによる同名小説を原作に、クライトン自身とデイヴィッド・コープが脚本を執筆。
SFXはアメリカを代表する2大スタジオ、スタン・ウィンストン・スタジオとILMで作業がなされ、ウィンストンは実写シーンの恐竜たち、ILMは恐竜の遠景シーンのコンピュータ・グラフィックスなどを担当した。
出演はサム・ニール、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラムら。


大富豪ジョン・ハモンドの招待で、古生物学者グラントとサトラー、そして数学者マルコムが南米コスタリカの沖合いに浮かぶ島を訪れた。そこは太古の琥珀に閉じ込められたDNAから遺伝子工学によって蘇った恐竜たちが生息する究極のアミューズメント・パークだったのだ。だがオープンを控えたその“ジュラシック・パーク”に次々とトラブルが襲いかかる。嵐の迫る中、ついに檻から解き放たれた恐竜たちは一斉に人間に牙を剥き始めた。


7月に新作の『ジュラシック・ワールド 炎の王国』が公開されるのを前にもう1度このシリーズを観返しておこうと思いレンタル。
と言ってもこの『ジュラシック・パーク』シリーズで鑑賞したのがこの『ジュラシック・パーク』と『ジュラシック・ワールド』の2作のみ。
観たのは10年以上前で全体的にぼんやりとしか覚えておらず、改めて観てみるとこの映画の凄さを痛感させられます。
一見、恐竜やテーマパークなど子供向けのような要素がありますが、単なる恐竜映画ではなくエンタメ性満載で見応えのある作品。
恐竜のCGやVFXは今観てもすごくリアルでよく出来ていると思いますが、劇中使用されているパソコンやグラフィックに古めかしさが感じられる為、若干ですが違和感を感じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画『世界の果てまでヒャッハー!』(2015年)

2018年01月09日 | 映画(DVD)
この作品は、ブラジルの高級リゾート地にバカンスにやってきた男たちが大騒動を繰り広げるアドベンチャーコメディー。
ジャングルの秘境ツアーに繰り出した一行の珍道中が描かれる。
脚本やプロデューサーもこなしてきたニコラ・ブナムと、主演も務めるフィリップ・ラショーがメガホンを取り、『コルシカン・ファイル』などのクリスチャン・クラヴィエらが出演。
おバカな男たちが巻き込まれるハプニングの数々に笑いが止まらない。


フランクは恋人ソニア、悪友たちとブラジルの高級リゾートホテルを訪れる。彼はこの旅をきっかけにソニアにプロポーズしようと考えていたが、彼女の祖母の世話を押し付けられてしまう。やむなくフランクと友人たちは祖母を連れてジャングルの秘境ツアーに繰り出すが、一行はハンディーカメラ1台を残して行方不明になり…。


前作の『真夜中のパリでヒャッハー!』よりもスケールアップしていて笑いも多めになっていて面白い。
前作の様に周りのみんなが酔っ払いではなく素面で主人公も普段は常識人キャラなのに周りのバカに巻き込まれてどんどん暴走していく様がより面白い。
もしまた続編があるとするなら観てみたい作品です。

【関連記事】
映画『真夜中のパリでヒャッハー!』(2014年)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』

2018年01月09日 | 映画
この作品は、コリン・ファースが粋なスパイを演じてヒットした『キングスマン』の続編。
スパイ組織『キングスマン』の本拠地が壊滅状態に陥る中、敵を追ってアメリカに渡るスパイの奮闘を描く。
マシュー・ヴォーン監督、タロン・エガートンやマーク・ストロングらが続投し、新たにハル・ベリーやチャニング・テイタムらが参加。


謎の組織『ゴールデン・サークル』によって、ロンドンにある高級スーツ店を隠れみのにしたスパイ組織『キングスマン』の根城がつぶされてしまう。残ったのは、以前スカウトされて腕を磨いたエグジーと、教官でありメカ担当のマーリンだけだった。二人は敵を追い、同盟組織の『ステイツマン』の協力を求めてアメリカへ渡る。


2018年の記念すべき1本目となる映画はこの『キングスマン:ゴールデン・サークル』。
個人的には前作が面白く好みだったので期待していた作品の1つで鑑賞してみたら期待以上の面白さで今年1本目に相応しい作品でした。
スパイ映画としては設定やスパイグッズにそれほど目新しさを感じませんし、ストーリーそのものはそこそこといった印象ですが、そ前作同様に派手なアクションと独特なカメラワークで『キングスマン』としての持ち味や面白さを上手く表現されていて前作よりもパワーアップしていたように感じます。

【関連記事】
映画『キングスマン』(2014年)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画『真夜中のパリでヒャッハー!』(2014年)

2018年01月07日 | 映画(DVD)
この作品は、フランスでヒットした『世界の果てまでヒャッハー!』の前作にあたるお騒がせコメディー。
監督と主演を務めたフィリップ・ラショーの初メガホン作で、社長の子供の子守を引き受けた主人公と仲間たちが巻き起こすドタバタ劇を活写する。
アリス・ダヴィ、ヴァンサン・ドゥサニャら『世界の果てまでヒャッハー!』でもおなじみのメンバーが出演。
ハンディーカメラで映し出される狂騒の一夜が見どころ。


出版社勤務のフランクは社長からの依頼で、自分の誕生パーティーを諦めて一晩だけ子守を引き受ける。社長の屋敷で彼を待ち受けていたのは、チヤホヤされて育ったわがまま息子のレミだった。レミは、自分の父親の部下であるフランクに理不尽な要求ばかりを突き付け…。


以前から気になっていた作品。
といってもタイトルが気になっていただけで、あまりどういう内容なのか知らずに観ましたが、期待以上の面白さでした。
ドタバタコメディだからなのか1時間半くらいでコンパクトにまとめられていてダラダラとしていなくて好印象で内容的には『ハングオーバー』シリーズのようなドタバタでバカバカしさもありながら楽しく面白い作品で続編の『世界の果てまでヒャッハー!』が楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月公開の映画~2018年~

2018年01月01日 | 映画情報
今月公開の映画で気になっている、観に行く予定の作品が4本あります。

『キングスマン ゴールデン・サークル』(5日公開)
『嘘八百』(5日公開)
『祈りの幕が下りる時』(27日公開)
『星めぐりの町』(27日公開)

以上の4本でそのうちの『嘘八百』と『星めぐりの町』が気になっており、『キングスマン ゴールデン・サークル』と『祈りの幕が下りる時』が観に行く予定となっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加