kento_SAO - gooブログ

kento_SAO - gooブログ

9月29日(火)のつぶやき その3

2015-09-30 01:27:26 | 日記

・・・わたしも。わたしも、絶対に君を守る。
これから永遠に守り続けるから。だから・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月29日(火)のつぶやき その2

2015-09-30 01:27:25 | 日記

冷めたピッツァなんて、ネバらない納豆以下だぜ…


それでもオリャぁ……どうしても、ここであの人を置いていけねェんだよ!
たとえそれでクエが失敗して……アルンが崩壊しちまっても……それでもここで助けるのが、それが、オレの生き様――武士道ってヤツなんだよォ!


お兄ちゃんのことを好きになることもなかったのにっ…!!


その誇りは、どんな法律や規則よりも大切なものだ


他人のやっているRPGを傍から眺めるほど詰まらないことはない


好きでもないのに頑張れることなんかありませんよ、きっと。


これは、ゲームであっても、遊びではない


・・・君は・・・何があろうと還してみせる・・・あの世界に・・・


言っとくが俺はソロだ。
1日2日オレンジになるくらいどおって事ないぞ。


せめてゲームの中でくらい、銃口に向かって死んで見せろ!


複雑ですね。人間は。人を求める心をあんな風にややこしく表現する心理は理解できません


死んでもいいゲームなんてヌルすぎるぜ


心を感じること――現実世界でも、この仮想世界でも、それだけが唯一の真実なんだ。


仮想世界だからこそ、どんなに愚かしく見えても、守らなきゃならないものがある。


私が私でいるため。
最初の町の宿屋に閉じこもって、ゆっくり腐っていくぐらいなら
最後の瞬間まで自分のままでいたい。
たとえ怪物に負けて死んでも、
このゲーム、この世界には負けたくない。
どうしても。


ソードスキルに銃を使ってはいけないと誰が決めた?


レベルなんてタダの数字だよ。
この世界での強さは、単なる幻想に過ぎない。
そんなものよりもっと大事なものがある。
次は現実世界で会おう。
そしたらまた、同じように友だちになれるよ。


強さは、結果じゃなく・・・・・
そこを目指す過程の中にこそ・・・


ちゃんと向こうで、飯のひとつも奢ってからじゃねぇと、絶対許さねぇからな!!


ようやく、ようやく君に会えた。はじめまして。結城明日奈です


これは、ゲームであっても、遊びではない


たとえば負けて、死んでも、誰にも私を責める権利なんかない!!


あたしも……あたしもね、ずっと探してたんだ。この世界での、ほんとの何かを。
あたしにとっては、あんたの手の温かさがそれだった


言っとくが俺はソロだ。
1日2日オレンジになるくらいどおって事ないぞ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月29日(火)のつぶやき その1

2015-09-30 01:27:24 | 日記

死んでもいいゲームなんてヌルすぎるぜ


@kento_SAO 09月29日に入ってからリプライ数1を受け取りました


言っとくが俺はソロだ。
1日2日オレンジになるくらいどおって事ないぞ。


強さは、結果じゃなく・・・・・
そこを目指す過程の中にこそ・・・


ソードスキルに銃を使ってはいけないと誰が決めた?


ボク、頑張って生きた。ここで、生きたよ


・・・わたしも。わたしも、絶対に君を守る。
これから永遠に守り続けるから。だから・・・


仮想世界だからこそ、どんなに愚かしく見えても、守らなきゃならないものがある。


心を感じること――現実世界でも、この仮想世界でも、それだけが唯一の真実なんだ。


安く仕入れて安く提供するのがウチのモットーなんでね


諸君にとって、《ソードアートオンライン》はもう一つの現実というべき存在だ。―――
ヒットポイントがゼロになった瞬間、諸君のアバターは永久に消滅し、同時に
諸君らの脳は、ナーヴギアによって破壊される


好きでもないのに頑張れることなんかありませんよ、きっと。


意味、なんて…なくても…生きてて、いいんだ、って…


他人のやっているRPGを傍から眺めるほど詰まらないことはない


言っとくが俺はソロだ。
1日2日オレンジになるくらいどおって事ないぞ。


ようやく、ようやく君に会えた。はじめまして。結城明日奈です


君は、何があろうと帰してみせる。あの世界に


仮想世界だからこそ、どんなに愚かしく見えても、守らなきゃならないものがある。


私以外の奴に撃たれたら、許さないからね


たとえば負けて、死んでも、誰にも私を責める権利なんかない!!


なら、あなたが私を一生守ってよ!!


だから、もし私が死んでも、キリトは頑張って生きてね。
生きてこの世界の最後を見届けて、
このせかいが生まれた意味、
私みたいな弱虫がここに来ちゃった意味、
そして、君と私が出会った意味を見つけてください。
それが私の願いです。じゃあね、キリト。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月28日(月)のつぶやき その2

2015-09-29 01:27:46 | 日記

人が一人で死ぬ、なんてことはあり得ない
人が死ぬときは、他の誰かの中にいるそいつも同時に死ぬんだ
俺の中にも、シノンがいるんだ!


諸君にとって、《ソードアートオンライン》はもう一つの現実というべき存在だ。―――
ヒットポイントがゼロになった瞬間、諸君のアバターは永久に消滅し、同時に
諸君らの脳は、ナーヴギアによって破壊される


あたしも……あたしもね、ずっと探してたんだ。この世界での、ほんとの何かを。
あたしにとっては、あんたの手の温かさがそれだった


意味、なんて…なくても…生きてて、いいんだ、って…


屈服するのか、かつて否定したシステムの力に


お兄ちゃんのことを好きになることもなかったのにっ…!!


でも、わたしは帰りたい
だって、あっちでやり残したこと、いっぱいあるから


どんな高速魔法も対物ライフルの弾丸よりは遅い


なんで、縛ったり、縛りつけられたりするのかなぁ。せっかく羽があるのに…


おめぇは生きろよ!
最後まで生きろよ!生きてくれ!


冷めたピッツァなんて、ネバらない納豆以下だぜ…


死んでもいいゲームなんてヌルすぎるぜ


だから、もし私が死んでも、キリトは頑張って生きてね。
生きてこの世界の最後を見届けて、
このせかいが生まれた意味、
私みたいな弱虫がここに来ちゃった意味、
そして、君と私が出会った意味を見つけてください。
それが私の願いです。じゃあね、キリト。


好きでもないのに頑張れることなんかありませんよ、きっと。


手札がショボい時はとりあえず掛け金をレイズする主義なんだ


諸君にとって、《ソードアートオンライン》はもう一つの現実というべき存在だ。―――
ヒットポイントがゼロになった瞬間、諸君のアバターは永久に消滅し、同時に
諸君らの脳は、ナーヴギアによって破壊される


技の、名前は…<<マザーズ・ロザリオ>>。きっと、アスナを、守って、くれる…


でも、わたしは帰りたい
だって、あっちでやり残したこと、いっぱいあるから


俺の命は君のものだ、アスナ。
だから君のために使う。最後の瞬間まで一緒にいる


……母さん、この世界では、涙は隠せないのよ。
泣きたくなった時は、誰も我慢できないの


君は、何があろうと帰してみせる。あの世界に


なら、あなたが私を一生守ってよ!!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月28日(月)のつぶやき その1

2015-09-29 01:27:45 | 日記

ソードスキルに銃を使ってはいけないと誰が決めた?


@kento_SAO 09月28日に入ってからリプライ数1を受け取りました


仮想世界だからこそ、どんなに愚かしく見えても、守らなきゃならないものがある。


あたしも……あたしもね、ずっと探してたんだ。この世界での、ほんとの何かを。
あたしにとっては、あんたの手の温かさがそれだった


君は、何があろうと帰してみせる。あの世界に


死んでもいいゲームなんてヌルすぎるぜ


ぶつからなきゃ伝わらないことだってあるよ。たとえば、自分がどれだけ真剣なのか、とかね


ボク、頑張って生きた。ここで、生きたよ


強さは、結果じゃなく・・・・・
そこを目指す過程の中にこそ・・・


手札がショボい時はとりあえず掛け金をレイズする主義なんだ


・・・君は・・・何があろうと還してみせる・・・あの世界に・・・


お兄ちゃんのことを好きになることもなかったのにっ…!!


でも、わたしは帰りたい
だって、あっちでやり残したこと、いっぱいあるから


たとえば負けて、死んでも、誰にも私を責める権利なんかない!!


好きでもないのに頑張れることなんかありませんよ、きっと。


なら、あなたが私を一生守ってよ!!


どんな高速魔法も対物ライフルの弾丸よりは遅い


だから、もし私が死んでも、キリトは頑張って生きてね。
生きてこの世界の最後を見届けて、
このせかいが生まれた意味、
私みたいな弱虫がここに来ちゃった意味、
そして、君と私が出会った意味を見つけてください。
それが私の願いです。じゃあね、キリト。


技の、名前は…<<マザーズ・ロザリオ>>。きっと、アスナを、守って、くれる…


安く仕入れて安く提供するのがウチのモットーなんでね


言っとくが俺はソロだ。
1日2日オレンジになるくらいどおって事ないぞ。


せめてゲームの中でくらい、銃口に向かって死んで見せろ!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加