暇人の暇つぶし。

暇な時のみに更新予定。
方向性は気の向くままに。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ザ・アールの奥谷禮子社長(ローソン取締役)、「過労死は自己管理の問題」

2007年01月11日 23時59分11秒 | どーでもいいこと

人材派遣企業、ザ・アールの奥谷禮子社長が「週刊東洋経済」最新号で、
労働者の過労死などをめぐる労働環境について、労働者側に問題があるという見解を示した。

 これは9日発売の「週刊東洋経済」2007年1月13日号に掲載されたもので、
奥谷氏はインタビューの中で、「格差社会と言いますけれど、格差なんて当然出てきます。
仕方がないでしょう、能力には差があるのだから」「下流社会だの何だの、言葉遊びですよ。
そう言って甘やかすのはいかがなものか」と、労働者の収入格差を是認した。

 また、過労死問題について、「だいたい経営者は、過労死するまで働けなんて言いませんからね。
過労死を含めて、これは自己管理だと私は思います。ボクシングの選手と一緒」と
独自の見解を述べた上で、「自分でつらいなら、休みたいと自己主張すればいいのに、
そんなことは言えない、とヘンな自己規制をしてしまって、周囲に促されないと休みも取れない。
揚げ句、会社が悪い、上司が悪いと他人のせい。ハッキリ言って、何でもお上に決めてもらわないと
できないという、今までの風土がおかしい」と、労働者側に問題があるという考えを示した。

 さらに同氏は労働基準監督署が不要であると述べ、「「残業が多すぎる、不当だ」と思えば、
労働者が訴えれば民法で済むことじゃないですか。労使間でパッと解決できるような裁判所を
つくればいい」と私案を披露した。

 同氏は、日本航空退社後82年にザ・アールを設立。女性初の経済同友会会員として注目を集め、
現在同社社長のほか、ローソンや日本郵政の社外取締役を務める。

経営者として言って良い事と悪いことを全く理解していない・・

こんなのがトップに居る会社って\(^o^)/オワタ?

しかし、この人こんな所にも・・・

↓厚生労働省:労働政策審議会労働条件分科会委員名簿

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2006/05/s0524-6.html

日本も\(^o^)/オワタ

こんな現状が全く見えていない人物に

雇用のことを述べてもらいたくないですね。^^;

*当サイトにて掲載されている画像は、

著作権の侵害を目的とするものではありません。

掲載に関して不都合のある場合は即刻対処致しますのでコメントを残してください。

ジャンル:
経済
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 派遣社員の事前面接解禁へ・... | トップ | 話題の3D仮想世界「Second Li... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ハケンの品格・第一回 (clausemitzの日記)
話題の社会派(?)ドラマ「ハケンの貧欠く…もとい品格」・第一回 を観ました。予想通り、このドラマ、クソでした!! orz それも極めて有害なクソです。社会経験が少ない人、派遣の経験のない人たち に誤解と幻想を与える危険きわまりない中途ハンパなコメデ ...
ザ・アール (ナオのblog)
ザ・アール株式会社ザ・アールとは、主に人材派遣を手がける株式会社である。東京都千代田区に本社を構える。1982年2月設立。代表取締役は奥谷禮子。社名ザ・アールの社名は、人材確保(Recruit)、再生(Renaissance)、再活性化(Revitalization)、...