それぞれの旅≪恋≫

人生は旅のようなもの
出会いと別れを繰り返す
旅の途中で巡り合う男と女
それは時に甘く時にスパイシーで・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

どうしょうもなく惹かれる~愛とセックス~最終章

2016-09-17 23:44:32 | オムニバス恋愛小説
「このイタリアン美味しいだろう?」
表参道の洗練されたレストラン。
善良で、お洒落で、経済力のある、すべてに完璧な恋人。
いえ、恋人だった男。
いつか雄介と別れたことを後悔する日が来るだろう。
「いつもありがとう。あなたなら素敵な女性に出会えるわ」
「何言ってるの?それよりここのパスタ、最高に美味しいんだ。食べてごらん」
どこまでも善良な男。涙が滲む。
私は、明日もわからない男と生きていく人生を選択した。
これが真実の私だ。女として生きることが私自身だったのだ。
私は私の風を見つけた。
見つけてしまった。
その風が不道徳なものであろうと、私はその風を選んだ。
同質の風を見つけた今、私はその風と生きていく術しかない。
レストランを出た後、雄介はこれから会社へ戻るという。
私の為に、私と夕食をするためだけに仕事を中断して抜けてきたのだ。
雄介という男はそういう男だ。
だからこそ、私では彼が幸せになれない。
「じゃあ、おやすみ」
肩を抱く雄介の温もりが伝わる。
私は空を仰いだ。
久しぶりに見上げる空は怖いほどに青く澄んでいた。

続く・・・



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どうしょうもなく惹かれる~... | トップ | 尽くし過ぎる女~1~ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。