to the tomorrow's blog

大事にしているクラシックCDとオーディオについての不定期なblogです。

連休最終日、音楽を聴く。

2017-05-07 14:05:45 | クラシックCD
連休前、音工房Zのパネルを設置したことから始まり、連休中、CDラックを撤収、CDを整理したりして音響改善に努めてきた。しつこいが昨日書いた通り、新しい簡易ラックは段が少ないのでCDの一部は野積み状態となっている。



予定では連休最終日の本日、ホームセンターから材木を買ってきて段の造作をしようと思っていたがやめた。量は減り、どこに何のCDがあるのかは分かる。見栄えよく収めなければならない緊急性は特にない。それよりも最近の成果を確認すべくじっくりとCDを聴くべきだと考え直したのだ。
狭い部屋ではあるが、選別したCDは何とかリスニングポイントより後ろへ納めることができた。目の前にはharbethやパネルなどのオーディオ機材しかない。なんとしても残響の多さを活かしたい。
側面のラックをなくしたことで前より濁りのとれた音響になったと思う。



朝から、休憩を取りながらいろいろと聴いていた。どれでも良いのだが、脈略なく2枚。
ヨッフム/コンセルトヘボウのブルックナー#6。



久しぶりに音楽をまじめに聴いた気がした。1980年の演奏会を放送用に録音し、それをCD化したものである。音質には期待せず聴き始めたが、なかなかどうして、高音質という部類ではないが、音響は膨らみ、柔らかい。ブルックナーの大河のような流れが十分に伝わってきて感動的である。達観のヨッフムは緩急自在。まさに普遍的な域まで到達している。そういえば昔、別のブログをやっていたとき、「ブルックナーの音楽なんておおげさなだけで大したことはない」というようなことを書いたら、それを見た人から「お前さんが未熟なのだ。もっと真面目に聴きなさい」というコメントを頂いたことがあった。その通りだった。

ショルティ/ウィーン・フィルのシューベルトのこの時分は#9だった「great」



ショルティとウィーン・フィルの組み合わせは、指揮者の力強さとオーケストラの柔らかさが適合することが多いと思っている。この録音もそうであり、ぐいぐいと進むところはショルティらしいが、ウィーン・フィルが独特のしなやかさを発揮し、最初から最後まで壮麗で優美だ。ところで、このCDには同コンビによる「ジークフリート牧歌」が入っている。ウィーン・フィルが室内楽様式で奏でる地平線、水平線のようなワーグナー。穏やかで贅沢な18分30秒を体験すれば、きっと再び聴きたくなるだろう。

どちらのCDもこの前までの環境だとうまく鳴らなかったと思われる。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

リスニングルームの整理

2017-05-06 14:31:04 | クラシックCD
連休も今日を含めて二日。昨日、思い立ち、我が7帖のリスニングルームの整理を始めた。
まず、①リスニングポイントの後ろにあった照明スタンドを撤去。そして、②5年間使用してきた扉付きCDラックを別の置台に交換、さらに③ラックに入っていたCDの約1/3程度を段ボール箱へ入れて別室で保管することとした。





①は音響混濁の要因であることの判明による。
②も扉の板が音響混濁の要因であることの判明による。また、部屋の空間を少しでも増やしたいと考えるなかで、このラックは大きい。だがCDを収納するためには必要である。そこで、③により思い切ってCDの量を減らすことでラックの交換が可能となった。
CDの所有量はケースで千数百枚程度である。この道を趣味とする者としては大して多い方ではないと思うが、ケース一枚1.0㎝として、重ねると高さ10mを超える。いつか不要なCDを見極め、処分を含めて整理が必要だと考えていた。段ボールへ詰めたCDはしばらく保管しておく。思い直してほじくり返すこともあるだろう。ある程度時間が経過したら処分する。
上越のニトリへ走り、かわりに小ぶりの簡易ラックを買ってきた。現在、小サイズのものを2台使用している。同じサイズのものをさらに2台買うつもりでに向かったが、残念なことに売り切れで、在庫限りの大と中、異なるサイズのものを各1台買った。うち、大は展示品で1,000円程度値引きしてくれ、中の同じ程度の値段だった。お金のことをいうのも何だが、2台合わせて8,000円くらい。撤収したCDラックより随分と安い。撤収したラックは分解して産廃業者さんへ持っていったら処分料は500円だった。





作業の際、CDの扱い難さには閉口した。ケースがかさばって困る。貴重な音源ではあるが、並べ方によっては音響混濁の要因にもなる。交換後、簡易ラックは棚数が少なく、かなりの量のCDが野済み状態となった。そのうち、日曜大工で何とかしたい。
整理が完了したのは本日の午前中。約1日かかった。
今回の経験を薬とし、今後、CDの購入には慎重を期したい。

整理後はすっきりして、音響の見晴らしが良くなった。今まで?だったCDが気持ちよく聴けるようになった。



音工房Zのパネルの足を作った。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大ベテランとの時間、音響パネルの活用

2017-04-23 13:48:19 | クラシックCD
先日、クラシック、オーディオ仲間である七味さん、うなさんと一緒に能生のkさん宅へうかがった。kさんは、穏やかな風貌、人柄からは想像ができないような驚愕オーディオ・システムを自作主義中心で構築されている超ベテラン愛好家である。うかがったときの様子は七味さんがブログで紹介されている。数日後、お礼の電話をし、もし可能であれば拙宅へ聴きに来ていただけないかとお願いしてみたところ、快く承諾をいただいた。

2017年4月21日(金)午後、kさんが来られharbethとluxmanを中心としたシステムを聴いていただくとともに、音楽やオーディオなどについていろいろと興味深く、楽しい話を聞いた。こういうときには、メーカーや製品の特長などが話題になるものだが、kさんはご自分からはメーカー名などまったく口にすることはない。自作主義で理想の音響を追及してきた方。たぶん、既製品にはほとんど興味がないのだと思われる。

kさんは愛聴されているバッハの無伴奏チェロ・ソナタのCDを持って来られた。それをかけて数分後、「(この環境は音の)抜けの対応に苦労したでしょう」とポツリ、話された。核心を突かれたと感じた。kazuは抜けを良くするためにライブな環境のなかで吸音措置に力を注いだ時期もあったが、自分の結論は、吸音などへは目をやらず、ライブ感を整えることこそ、こもりをなくさせる方向として正しい道だと考え改善に取り組んでいる。と答えたりした。kさんはkazuの話を黙って聞いてくれる。そして、少しうなずいて一言。
「このシステムは、何もしていないように見えるけどいろいろと苦労した跡をうかがうことができる。よくまとめたね。」うれしかった。
その後、kazuのCDを何枚かかけた。クライバーのニューイヤーコンサート、ショルティ/ウィーン・フィルの魔笛、ちあきなおみ「黄昏のビギン」「喝采」、マイスキーとアルゲリッチのバッハチェロソナタなど。熱心に聴いていただいた。静かに語られた感想は大変参考になった。
約2時間30分後、kさんをお送りした。

さて、その日の夕方、宅配便により音工房Zから音響パネルが届いた。4月末納品予定だったが、もう届いた。これは自分で組み立を要する。2枚注文したので2箱あったのは不思議ではなかったが、ひとつを開封するとやけに部品が多い。重い。そう。2枚で1セットだったのである。我ながら呆れてしまった。2枚で試そうと思っていたが4枚になった。
仕方がないので「しゃあないな」と納得し、明日、組み立てることにした。
効果の確認が楽しみでわくわくし、翌朝午前3時に起床。箱を納屋へ運んで、紙やすり、木工用ボンド、結束PPテープを使い組み立てた。1枚目から4枚目まで作成に要する時間はだんだん短くなり、1枚当たり平均20分くらいで夜明け前には終了した。養生のため結束PPテープを巻いたまま部屋へ運んだ。



これを購入したのは、YAMAHAの調音パネルで調整し切れない問題を、もしかしたら改善できるかもしれないということを期待したからである。YAMAHAの調音パネルは間違いなく優秀だ。しかし、その効果は1枚単位で区切られる。もちろん、位置や向きで微調整は可能だが、効果のレベルは基本的には1枚単位。1枚の半分を布などで覆い0.5といういのは経験上うまくない。また、調音という名の通り特有の美音化が図られる。美音化ではなく、単なるブレンド化を行いたいと考えこれで試すことにしたのだった。

ボンドの乾燥時間が経過し、テープを外した。そして、harbethの背後へ2枚設置。



そしてharbethの左右サイドへ設置。合計4枚使用。



結果は全体的に音響が穏やかになった。まあ、成功と言って良いだろう。別メーカーのパネルを併用するのって、あまりカッコよくないけど、合わせ技1本!!
先日、YAMAHA調音パネルの持ち上げようとし、結果が伴わなかったため止めた。音工房zの音響パネルへ、試しにそのとき持ち上げ用に使用した材木を敷いたらより一層良い感じになった。さっそくパネル4枚分の材木を作り敷いた。こもりが消えて音の隙間が埋まったCDがあった。パネル自体の振動が緩和されたからだろうか。

ピリスのエラート録音集。



そのなかのモーツァルトのピアノ協奏曲#9。ピリスの丁寧なモーツァルトは聴きごたえがある。しかし、録音はいまいち。特に、第一楽章。ボコボコ感を伴う薄い音質。パネルの設置で聴きやすくなった。第一楽章の途中、音楽の背後にゴーという雑音?が入っている。これがぼわ~とではなく、はっきりとゴーと聴き取れるときほど再生状況は良い。という皮肉な結果に。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

消磁器導入

2017-04-16 14:42:07 | クラシックCD
ようやく春らしい暖かい日が続くようになった。
桜は満開を少し過ぎ、強くない風に押されて花は少しずつ散る。
そんな日曜日の朝、近くの神社の清掃が行われた。
集落の人足である。朝、8時00分集合。7時50分頃なのに、すでに地面とにらめっこしながら主に枯葉を集めるなど、作業をしている皆さんが多数あった。
集落の長老は「役員の訓示があるまで始める必要はないのだ」と言っていて、はじめは私も同調していたが、何もせず突っ立っているのも暇だし、いつまでたっても訓示、段取りの説明がないようなので作業を開始した。長老もまた、不満そうだったが動き始めた。
枯葉が山のように集まり、それを大きな廃棄物入れに入れて運搬し捨ててきて、また入れる作業が一番大変なのに人が寄ってこない。しかも、年配者が多く動きが鈍い。私、やけくそになって一生懸命取り組んだ。おかげさまで予定の9時00分にはなんとか終了し無事解散となった。
家に帰り、庭先で野良仕事をしていたら、家内が張り切って草むしりに出てきた。珍しいなと思っていたら、家内はぎっくり腰になった。わざわざ、出てこなくてもいいのにと思ったが、黙っていた。

さて、先日、リスニングポイントの後ろの調音パネルの高さをかまっていると書いた。最後は、持ち上げはせず元に戻った。少し上げるだけで、高音が強くなる。ような気がしたので元に戻った。



数週間前、Acoustic ReviveのRD-3というCDの静電気を消すという機器を導入した。



①赤いボタンを押して電源を入れる。
②印刷面を下にしてCDを乗せて白いボタンを押すと緑のランプが点灯し15秒後に消える。



③データ面を下にしてCDを乗せて白いボタンを押すと緑のランプが点灯し15秒後に消える。
④これで完了。
というように付属の説明書に書いてあり、その通りにやったら音質は確かに向上した。全体的に音像が大きくなった。手放せないと思われる。

昨日、超ド級のオーディオ使いkさんのリスニングルームへ仲間2名とともに伺った。
なんとkさんも前モデルであるRD-1を使用していた。

kさんのシステムでバッハの無伴奏チェロ組曲をかけていただいた。シャンドロン、シュタルケル。
皆さん、いろいろ持っている。私もいろいろ持っている。私はこの曲でダメだなと思うCDは特に思いつかない。どれも良い。そのなかから、ガスティネルのアルバムを聴いていた。



春のさわやかな風のような演奏である。深い踏み込みや大きな表現はないが、しなやかな運びに気持ちが洗われる。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

最後の調音パネル

2017-03-19 14:27:51 | クラシックCD
先週、これを作った。



高さ45cm。しばらく使用してみたが昨日、上から15cmのところから切断。



高さ30cm。切断し使用してみたが今朝、上から5cmのところからさらに切断。



現状、高さ25cm。
なんに使用するのかというと、これにより椅子の後ろの調音パネルを持ち上げるのである。ただ、それだけのために。



こんな感じ。パネルをさっきの作品で持ち上げている。
持ち上げの高さは45cm ⇒ 30cm ⇒ 25cm と徐々に低くなったことになる。
よいコンサートホールは後ろからも響きが感じられる(聞こえる)らしい。何十年も昔、シンフォニーホールやサントリーホールでオーケストラを聴いたことがあった。後ろからだけではなく、前後左右が響きに包まれたような感じだったように思う。
7帖の狭いリスニングルーム。もっと全体的に響きが体感できるようにしたい。
マルチチャンネルだと実現できるというような話も聞いたが、興味なし。
実は、椅子の後ろの壁の少し高い所へパネルを貼り付けたことがある。ものすごい鮮やかな響きになるがキンキンしてきて我慢できくなった。
それで壁と棚に挟み、頭がちょこんと出た状態でそのままにしておいた。こいつを利用して後方の響きを充実させたいと再び思い立ったのだ。
45cm持ち上げ ⇒ 音響は迫力、分解力が大変向上。しかし、いささか鳴り過ぎ。録音によってはウルサイ。
30cm持ち上げ ⇒ 少しおとなしくなる。もう少しおとなしい方がよい。
25cm持ち上げ ⇒ 迫力、分解力の向上は維持しつつ、うるさくない。
元に戻したければ持ち上げをやめればよい。

メンデルスゾーンのイタリアを聴きながら調整をしていた。

まず、ドホナーニ/ウィーン・フィル。真面目。推進力がある。もう少し柔らかい方が好き。



アシュケナージ/ベルリン・ドイツ交響楽団。意外だったがかなりよい。適度にロマン的。混ざり物のないホールトーンがみごと。みずみずしい。



ペーター・マーク/マドリード交響楽団



これが一番好き。全体的にリラックスしている。力みがない。朗々とした感じ。デザインは裸婦の絵。

どのCDも録音に特徴がある。これらのCDはどれも異なった美音で聴きごたえがある。
今のところ25cm持ち上げで落ち着いた。はたして部屋全体で響いているのでしょうか。

追伸
先ほど、もう5㎝切断した。
20㎝持ち上げとなっている。CDによっては元気よく響き過ぎていたのが、低くなるにつれて元に近づいていく。問題は、迫力、分解力の維持と金属的な音響防止のバランスを取ることであった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加