to the tomorrow's blog

大事にしているクラシックCDとオーディオについての不定期なblogです。

七味さん宅訪問とモーツァルトのピアノ協奏曲27番(Pグルダ)

2019-09-01 16:06:43 | クラシックCD
私のharbeth&luxmanは、上乗せパネルの背後配置と壁コンセントのオーディオ専用品への交換後(要は前回記事後)はまずまずの状況。これからも可能な限りこつこつと調整を続けたい。
前回記事後しばらくしてhabethはラックよりできるだけ前に、またharbethとラック間の左右パネルは前へ出してラックの方へ音が伝わらない方が良いことが判明した。音響にキレが出る。

連峰のようなパネルはまるで実験室ですね。家族には異端者として見放され、来訪された方は「なんだこれは」とあきれたような笑みを。

ところで昨日は七味さん宅へオーディオを聴きに行ってきた。電源改良の効果はどうだろうかと楽しみにしていたが、予想していた以上の(失礼)音響向上だった。音像が拡張しかつ明確になった。強奏時など力任せにバリバリと鳴り渡るようなイメージがあった。しかし、今回は常にゆとりが感じられる鳴り方で、空気感が心地よかった。大きな音で遠慮なく鳴らせる環境はやはり良い。
私の持参したモーツァルトのピアノ協奏曲27番をかけていただいた。ピアノはグルダ。

私のCDはオリジナルものではなく4曲セットのリマスター盤。
七味さん「グルダは亡くなりましたよね」
私「え?多分そうだと思いますよ」

「(フリードリッヒ グルダ)1999年3月頃、マスメディアに自分が死去したという偽の情報を流し、世間が騒ぎ始めた数日後に”生き返った”という設定で復活コンサートを開く。2000年、1月27日死去。生前には、最も敬愛するモーツァルトの誕生日に死にたいと宣言をしていたが、実際にモーツァルトの誕生日に、自宅で心臓発作によって亡くなった。69歳だった。 (Wikipediaより)」

モーツァルトのピアノ協奏曲の後半作品は傑作ぞろいであることは私が言うまでもないが、実際、最後の27番は一番心にしみる。昨日は時間の都合上、1楽章だけの試聴だったが、今日は自宅で最後まで聴いた。これほど澄み切った音楽はない。悲しみや苦しみを超越してたどり着いた果てしなく穏やかな平原に立っているようだ。モーツァルト本人にとってはそれ程特別な心境を現したものではないかもしれないけど。
コメント (2)

最近のオーディオの状況

2019-07-15 10:38:07 | オーディオ
終了はしたらしいがエルニーニョの影響だろうか、気温があまり上昇しない。お米など農作物への影響が心配される。
湿度はそこそこ高いのでエアコンを除湿運転にしながら音楽を聴いている。今日は雨と曇りなので外作業は見合わせて音楽を聴いている。

6月中旬、音工房Zのパネルの半分サイズが届きフルサイズのパネルの上に装着した。

このパネル長い間品切れになっていた。冬頃、問い合わせたらモデルチェンジを考えていて春頃発売したいという返事が来た。以降、HPを確認するようにしていたら6月初旬、静かに旧モデル半分サイズの受注受付が開始された。さっそく2セット(パネル4枚)を注文した。ほんの数日後品切れとなったが私は無事入手できた。今はモデルチェンジ版が発売されている。HPを見た限りでは旧版の方が私は良いと思う。旧版の残在庫を手にすることができたのだろうか。


装着方法はネジで固定するようHPで紹介されていたが、モデルチェンジをしたらなくなってしまった。前に見た記憶をたどりながら組み立てた。
まるで実験室か秘密基地のような部屋になってしまったが、harbethの斜め後方に置いたところかなり良い響きになった。


裏にはホームセンタームサシの例の下地ボードを貼った。


フルサイズ2枚を合体させるために蝶番という金具を使用する。半分サイズをネジで固定する作業を含めてちょっとした大工さん仕事だった。背が高くなるので転倒が心配だったが少し角度を付けて設置すれば1枚ものより安定している。大きくてかなり重く移動は大変である。なるべく動かさないようにしたい。

7月に入って壁コンセントをオーディオ用のものに交換した。
コンセント = oyaideR1

コンセントカバー = furutech102-D

amazonで両方をセット購入した。注文したら翌日に届いた。しかし、資格がないと交換できないので電気屋さんへお願いしたら休日を挟み5日ほど待機し、そして工賃が少しかかった。今までのような普通のコンセントと違い、まったくグラグラしない。すごい圧着力である。これで前の自作した固定器具は撤収である。電気屋さんは通電確認をしたがテスターに反応がなく少し焦っていた。「これは特別なコンセントなんです」と言いながら私が力を込めてPMAとCDPのコンセントを差し込んだら通電していた。抜くのに苦労するほどガッチリとはまっている。
これ以上はオーディオ機器を追加するつもりはないので2つ差し込めれば丁度良い。当初の考えの通りシンプルな構成で良いと思う。

さて肝心の音質はといえば、一皮以上むけたように情報量が増えましたね。ステージの奥行き感も出るようになった。もっと早くすれば良かった。

前はPMAやharbethに敷いてあるウェルフロートボードの下に更に白い人工大理石ボードを敷いていた。当時の環境ではその方が良かったのだろうが、今はない方が自然な音響になる。
そしてharbethのサランネットを再度外した。サランネットで音響のエネルギー感の強さを中和しなくてもパネルで拡散することができるのだと思う。コンセント交換で音響が伸び切るようになり、その分濁り感がなくなったのも関係がありそう。

最近はほとんどCDを買わなくなった。未聴盤も多く手持ちを聴くようにしている。
午前中、インバルのマーラー7番を聴いていた。

久しぶりというか、忘れていたCD。聴いてみて充実した演奏、音響にびっくりした。昔は喧噪的な第5楽章が始まると聴くのを止めていたが最後まで楽しんで聴き通した。こんなに良い曲だったかね。
このCDは全集を持っているので処分しようかと思っていたが購入当時は2枚組6,000円もしたことから迷っていた。処分はしないことになった。ところでamazonの中古市場では77円(送料別)で売っているのを見たら情けない。

コメント (2)

今日は休養。

2019-04-30 16:00:18 | クラシックCD
4月30日(火)、連休四日目。起床したら小雨の後のようだった。一昨日から二日間、少し肌寒かったがさわやかな晴天が続いた。一昨日は弁当持ちで集落の組合の森林へ木起こし、間伐などの春作業へ。昨日は我が家の空き地や裏庭の除草作業。特に数年前に植えた芝生が暴発状態で管理不能になったので、新芽が噴き出ない今のうちに処分した。もともとは畳2畳程度だったが、そこら中に伸びてしまい完全除去のために重労働。二日連続の作業でくたくたになった。今朝の小雨は休養の理由になる恵みだった。今日は身体を休めたい。


明日から新年号となる。
急に「何年勤めた」と聞かれたら曖昧な返事しかできなかった。とっさに年号年度から年数を割り出すことは難しく、以来、西暦で覚えるようにしている。書く時も可能であれば西暦を使っている。新年号の発表のときは何が主人公なのかと思うくらい政治家が目立っていた。我々の代表である以上しかたがないとは思っても、正直でない行動を繰り返してきた彼らがHからRの橋渡し役を真面目顔で買って出ているのは安いふるまいに見えた。
先日、割烹の奥さんから手書きの領収書をもらうとき、奥さんが「今度R1になるんだよね」と言いながらH31と書いているのを見ていて頭に浮かんだのは下の彼だった。ぶひぶひ。




閑話休題・・・

七味さんのブログにサランネットのことが書かれていた。



元来はスピーカー保護のための道具だと思うが、付ける、つけないで音響が変わる。デザインにも大きく影響する。自分は導入当初から長い間つけない派だった。音響が明晰になることが理由だったが、harbethを直に見ることで長年夢だったオーディオ機器を手に入れることができた幸福感を味わいたい、簡単に言うとつけない方が「かっこいい」と思っていた。
部屋の環境調整が進むに連れて、しだいに聴こえ過ぎるような感じになり徐々に付けた方が良いと思うようになってきた。音響を中和するように思う。何度か脱着を繰り返したが、今は付ける方に落ちついている。
狭くて残響が多い部屋で、そういう部屋で大きな音量で聴く場合は付けた方が良いように思う。どちらにしても好みの問題。



CDP=D06のウェルフロートボードに敷いてあった人工大理石を撤去した。聴き続けると固く厳しい音響だと思うようになった。プリメイン=509uは敷いてあった方が良い。あと、harbeth横のパネルを内向きにしたら全体的にすっきりした音響となった。


いろいろ聴いているがオルフェウス室内管弦楽団のハイドンをかけてみた。44番の「悲しみ」。
前回のフォーレのデザインもそうだったが、オルフェウスも写っているメンバーが胡散臭そう。
演奏はオルフェウスの美音でハイドンの平和的な雰囲気が一層際立つ。録音の話で恐縮ですが、第一楽章のほんの一瞬だけ籠る感じがする。録音のせいなのか部屋の環境改善で何とかできるのか。気にしなくても良いのにと思いながら、小さな悩みを抱えるCDがまた出現した。
コメント (2)

遊休品の活用

2019-04-15 12:38:32 | クラシックCD
昨日(日曜日)はお寺様の先代住職の三十三回忌法要だった。前々日(土曜日)はその事前準備であった。そして今日(月曜日)はその後片付けであり、午前中で終了した。職場はお休みさせてもらったので午後は時間が空き記事を書くことにした。

最近のオーディオの話である。

(人工大理石のボード)
以前、luxmanのD-06と509uに敷いてあるウェルフロートボードの下に厚さ1.2㎝の人工大理石ボードを敷いたことがあった。ウェルフロートボードを補強するつもりだったが、結果は音質が硬質で細くなってしまい止めた。そして1.2㎝の人工大理石ボードは遊休品となった。
オーディオは特にかまう必要はないと思っていたが、しばらくすると何かしたくなるのが私たちの習性である。
そこで何となく遊休品の1.2cmの人工大理石ボードをharbethに敷いてあるウェルフロートボードと床の間に挟んでみた。そうしたらなぜか音像が拡大した。そして低音がこもってしまうCDがかなりうまく再生できるようになった。しかし1.2cm背丈が高くなったせいか、音が上ずってしまい今まで出ていたどっしりとした低音の感覚がほぼなくなってしまった。ツゥイーターなど背が高くなった分、圧迫感もあった。
そこで新たに厚さ0.6㎝の人工大理石ボードを調達して1.2㎜と交換した。久々のオーディオへの投資である。結果は良好で音の上ずり感が解消し低音も普通になった。
このままでは1.2cmの人工大理石ボードがまた遊休品になるので、試しに再度D-06と509uに敷いてあるウェルフロートボードの下に敷いてみた。そうしたところ以前のように悪くはならず、残響がきれいに再現され奥行き感が感じられるようになった。馬力もアップした感じ。いささか元気が良すぎて生々しい。
人工大理石ボードはウェルフロートボードと同じく逸〇館製である。HPに人工大理石ボードは厚いほど性能が良いと書いてあったが、環境によっては薄い方が良いこともある。

(サランネット)
良くなったとは言っても少し騒々しい。ふと思いついてharbethの遊休品となっているサランネットを使ってみた。そうしたらふわっとした良い感じ。生々しさがうまく薄まったようだ。直接音をぼかすような感じだが落ち着きがある。
以前、サランネットはない方が絶対に良いと断言してしまったが部屋の環境によるようで訂正します。


《0.6cmの人工大理石ボードを敷く》



《1.2cmの人工大理石ボードを敷く》



後戻りのようだが環境の変化により組み合わせを変えることで音響が良くなった例でした。

フォーレの室内楽曲の全集(5CD)。音源はエラートみたい。
演奏者はカプソン兄弟、ダルベルト、アンゲリッシュ、エベーヌ四重奏団。



フォーレの室内楽はやはりエラートで今となっては渋いと思うがジャン・ユボーとヴィア・ノヴァ四重奏団の古い録音が懐かしい。denonのカントロフのヴァイオリンソナタは愛聴している。
この全集も大変良い。どこを取っても大変きれいである。2010頃の録音である。持っているCDのなかではかなりの最新録音であり音場の広がりが人工的な感じもするが瑞々しさは最高である。午後、聴きながらうとうとしてしまった。
コメント (2)

2019年2回目。

2019-03-10 16:00:38 | クラシックCD
この週末は穏やかな日和で、午前中は孫の子守り、午後は外仕事、それから音楽を聴いたりして過ごした。

harbethやluxmanは落ち着いている。特に何かをしようということがない。ブログで報告するような変化がないので、オーディオについてブログの記事ネタがない。CDを聴いて、その情報や感想をつづる能力も低い。皆さんのブログを拝見してばかりで申し訳ない。多様な力の入れ方、楽しみ方があるのだなたと感心するばかり。

現状を少しだけ書きます。
部屋はパネル密度が高い。密度が高いからだと思うが、パネルの配置や位置を少し変えると、良い方にも悪い方にも顕著な効果が出る。今年に入り微調整を繰り返しながらCDを聴いてきた。最近はほとんど固定化された。本当を言うと、音工房Zのパネルをあと1セットほしいのだが、依然として材料調達の見通しが立たないということから販売中止となっている。問い合わせをしたら春頃には販売を再開したいという返事をいただいた。桜の開花頃には販売が再開されることを期待している。密閉設計の部屋には、当該パネルは置く場所さえあれば何枚あっても良い。
改善効果は自分の判断なので、できるだけ他の人から聴いていただく機会を作りたい。直近では、昔から付き合いの深い家具屋さんが山下達郎のCD、それからオーマンディのくるみ割り人形のCD(ソニー録音)を持って聴きに来てくれた。例によってかなりの爆音で再生試聴した。きれいだと言っていただいた。変だと評価されなくて安心した。


工夫といえばharbethの後ろの音工房Zのパネルを前に出した。音像が明確になる。左右のharbethとluxmanのアンプ、CDPの設置してある空間がパネルで仕切られたたからだと思う。


前にCDP=D06に黒いクロスをかけてあったが反射があったとして、それはなくなったと思い取った。

シューベルト 弦楽五重奏曲 ロータス四重奏団

吉田秀和氏の著書で「古今を通じての最高の傑作のひとつ」として書かれていた曲。まだ、聴いたことがなかったのでCDを購入。
本当に味わい深い音楽。きれいな場面が次々と展開される。違った展開が良くつながることに感心。悲しみを克服したいという明るい音楽がなお悲しい。音楽を聴く愉しみがひとつ増えた。

シューマン 弦楽四重奏曲 ロータス四重奏団

シューベルトを探していたとき一緒に購入。シューベルトの深さには及ばない。花の咲いたような色彩的な旋律が繰り返し出てくるが、何だか表面的な感じがする。佳作でありシューベルトの貴重性を思う。


コメント (2)