Kazun's Show Case

ソーイング大好きKazun'の作品紹介と日記。
念願のハンドメイド本を出版しました♪
    

ハロウィンのフレームその2&PTAバレーボールの試合

2017年09月20日 | kazun's SPORTS

↑ハロウィンのフレーム、第二弾です。


↑白木の枝に茶色の塗料を塗って、シックな色合いのフレームに仕上げました。

sold out!
早速のご購入ありがとうございます。
今回ハロウィンフレームを3点出品しましたが、完売しました

また後日追加出品したいと思います。


★ ★ ★

以前、息子の中学のPTAバレーボール部に入部した話を書きました。

この春のPTA総会でバレー部の方から、
「去年は区大会優勝、市大会も準優勝するような強豪チームだったのに、3月に前衛のアタッカー5人が卒業して8人になってしまい試合すら出られません」と報告があったのを放っておけず、思わず「試合だけなら出られますよ」と手を挙げちゃいました。

とは言ったものの、6人制バレーしかやったことがないから9人制のルールがわからない。

9人制バレーボールってこんなに違うんですよ~↓

・ボールが小さくて軽いので、感覚と感触ががずれる
・ネットが低いので、打ちやすいけどブロックされやすい
・サーブをミスってももう1回打てる
・ローテーションがないので、アタッカーはずっと同じポジションでアタックを打つ
・ブロックは「1」カウントされるので、ブロックしたら残り2回で返さないといけない
・ボールがネットに触れたら、もう1回ボールにさわることができる

さらに詳しいルールは、こちらをご覧くださいね~→


6月に初めて練習に行くと、最後に残されていたポジションは前衛レフト(エースポジション)。
ルールも知らない私が、責任重大なポジションでプレーしていいのかな???

案の定、返すカウントは間違えるわ、人のテリトリーに入って引っ掻き回すわ、両脚は攣るわで散々な練習初日でした。

でもそんな私を、みなさんが温かく迎えてくれたのが本当にありがたい。

月に2回行ければいいなと思っていたあまちゃんの私でしたが、ところがどっこい、この2か月は平日の夜に週2で練習。うち週に一度は他校と練習試合といういまだかつてないハードっぷり!!!

毎日筋肉痛で身体のどこかがアザで汚い。歳だから一度できたアザはなかなか消えないし(笑)。

でも、とにかくみんなマジメで熱いので、私も真剣にやらないと!という気持ちになります。
特に私は遅れて入部した分ハンデがあるので、みんなに追いつくために人一倍努力しないといけない。

あれから3か月・・・。
年に一度のおっきな大会が、おとといの敬老の日に行われました。



会場に行ったら人だらけ! 26チームもいる~!

応援もハンパなくて、校長先生、教頭先生、PTA会長、PTAの広報部の方(カメラ部隊)、OGや保護者が数十名!

こんなに大きな大会だなんて聞いてないよーーーっ

あまりの緊張にガッチガチになりながらも、声援に応えなければととにかく打ちまくりました。
結局フルセットの末負けちゃったのですが、出せる力は出し切りました。

これにて今年度は終了。3年生の保護者は引退・・・。

と本来はなるところですが、去年のOGが区大会で優勝してくれたおかげで、来月の市大会に行けることになったのです。

ありがたや~。チャンスはまだ残ってる!

ということで、老体に鞭打ってこれから1か月半も猛烈にがんばりまーーす。
9人制バレーって奥が深くて、楽しーーーーい


●「ひと目でクリックしたくなる『売れる』ハンドメイド作家になる!」出版しました→
●「写真が変わる!シンプル・フォトレッスン」ライティングを担当しました→
●Instagramやってます。コチラから→
●ブログランキングに参加してます ↓バナーにポチっとお願いします♪
                


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハロウィンのフレーム&陸上の県大会

2017年09月17日 | kazun's SPORTS

今年も早々と、リビングをハロウィン仕様にしました~


↑ハロウィンのフレームを作ってみました。


↑こちら、使っている生地はすべてUSAファブリック。

sold out!!
早速のご購入誠にありがとうございます。


★ ★ ★

久しぶりに、長男の陸上ネタ。

高校に入っても、大好きな棒高跳を続けてます。
息子の高校は競技のパート別に練習をすることが多いのですが、跳躍パート(走幅跳、走高跳、棒高跳など)の仲間といるのが本当に楽しいらしく、部活後やオフの日のほとんどはこのメンバーと遊びに行ってしまいます。

勉強してる姿はめっきり見なくなったけど(笑)、とにかく学校が楽しいみたいで親としてもうれしい限り

そんな長男、棒高跳がマイナー競技のおかげで、昨日行われた県大会に出場できることになりました。
うれしすぎて、もちろん私も応援に駆けつけましたよ~。


↑大雨予報でしたが、息子の競技中は雨降らず。やはり晴れ女パワーおそるべし


競技は、息子の自己ベストよりも高いバーの高さからスタート!

ということで、↑写真ではかっこいい姿ですがこのあとバーに足が引っ掛かり、3回とも失敗。
高校初の県大会は、あっけなく終了したのでした。ちーーん

棒高跳の設備がある高校に行きたい!と選んだ学校。
毎日棒高跳ができるのはうれしい反面、今、あることで悩んでいます。

それは、棒(ポール)の硬さと移動問題。

息子の高校には残念ながら棒高跳の仲間がいないこともあって、大学生や社会人と一緒に練習させてもらえるのはありがたいのですが、高校生(しかも小柄な息子)用のポールではないので太くて硬すぎて、ポールがしならないらしい。

まあそれは練習を積んでなんとかするとして、普段使っているポールを競技会場まで運ぶ手段がないのです。

ポールの長さは4メートル以上あるので、普通車では無理。そもそも我が家には車がないし。
電車も乗れないでしょう、こんな長いの乗客に迷惑。

顧問の配慮で大会に参加する別の高校のポールを借りられることになったのはいいのですが、普段使っているのより柔らかいのでしなりすぎて反発力(高さ)が出ない。今回もぶっつけ本番だったので、いい記録が出るわけないですよね。

どうにかしてポールが簡単に運べないものか。
友だちに話すと、私が最初に思ったようにみんなからも同じような疑問が返ってきます。
「組み立て式のポールはないの?」

おんなじことを何回も聞かれてしまう息子。
「そんなことしたら、しならないし、折れちゃうじゃん!」と笑われて(バカにされて?)しまいました。

確かに~(爆)。

そんな棒高跳のポール問題をおもしろおかしく書かれた記事がメチャうけでした。よかったら読んでみてくださいね~→

最終手段は、息子のためにトラックを借りるしかないのか???
いや、朝一の電車の方が現実的・・・。けど、超スリリング

●「ひと目でクリックしたくなる『売れる』ハンドメイド作家になる!」出版しました→
●「写真が変わる!シンプル・フォトレッスン」ライティングを担当しました→
●Instagramやってます。コチラから→
●ブログランキングに参加してます ↓バナーにポチっとお願いします♪
                




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リバティ帆布のポーチ&富士登山パート2

2017年09月11日 | kazun's おでかけ

↑ひさーしぶりにリバティ生地を使って、ポーチを作りました。

リバティといえば、シルクみたいな光沢の綿タナローンが有名ですが、厚手の帆布も人気ですね。↑こちらは、その帆布を使ったポーチです。

上記の2点は同じ柄の生地ですが、裁断位置や生地の組み合わせによって印象ががらっと変わります。


↑こちらは夏っぽい、明るい感じ。


↑こちらは大人シックなポーチ。

サイズなど詳しくはこちらをどうぞ~→

★ ★ ★

先日富士登山の話を書いたばかりですが。。。。

また富士に行ってしまいました、好きよね~

富士登山を3つのパートに分けて、0合目のスタート地点(浅間神社)~富士山頂までゆっくり着実にコンプリートする計画でした。
先日登ったのは、富士山聖域の入り口と言われる「馬返」(1,450m)→「五合目」(2,305m)。

今回は、0合目スタート地点の「浅間神社」(850m)→「馬返」(1,450m)までの8km。高低差600mをランニングできたらいいなと。


↑浅間神社の鳥居。やっぱりこの日も快晴 だって晴れ女だもん(笑)


↑無事なる帰還と家内安全を祈願して、行ってきま~す!


↑スタート! 熊出没注意!って書いてある~。怖い~

しばらくはゆっくりゆっくり走れたのですが・・・・、このまま走り続けると膝が悪くなりそう。息も苦しいーーーー。
ということで、割と簡単に走るのを断念(爆) 景色もいいし、おしゃべりしながら楽しく歩くことにしよう!


↑へびイチゴも生えてるよ!


↑歩くこと1時間。中間地点の「中の茶屋」(1,100m)に到着。おお、260mも登ってきましたか~。

ここでの目的は、揚げたてのかりんとう饅頭を食べること。楽しみ、楽しみ
ところが、なんということでしょう!! この日に限って茶屋がお休み!
「害虫駆除のため本日お休みします」だって

同じく、ここでのランチを楽しみに走ってきたというお1人ランナーさんと残念がりながら、しばし一期一会のトーク。お腹がすきすぎてもう走れないというので(そりゃそうだ、ここで補給するために頑張って走ってきたんだから気が抜けちゃいますよね)、私たちが持ってきた羊羹や甘納豆をおすそ分け。

さあ、十分休憩したところでちょっと走りますか~!と、気合いを入れて走り始めるも、坂が急すぎて走っても走っても前に進まない。

↑2時間20分かけて、やっと到着しました「馬返」。坂がすごいけど、緑いっぱいで癒されます~。

とりあえずこれで、0~五合目までは制覇しました。
来年夏、最後の難所五合目~山頂をめざしま~す。


↑今回のご褒美も吉田うどん。超美味しかった~

●「ひと目でクリックしたくなる『売れる』ハンドメイド作家になる!」出版しました→
●「写真が変わる!シンプル・フォトレッスン」ライティングを担当しました→
●Instagramやってます。コチラから→
●ブログランキングに参加してます ↓バナーにポチっとお願いします♪
                

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カナダ&アメリカ旅行・その6。4WAYショルダーバッグ

2017年09月05日 | kazun's おでかけ

9月に入り、急に秋めいてきましたね。
早速、秋柄でショルダーバッグを作ってみました。

こちら、いつもの通り前と後ろでデザインが異なる2デザインショルダーバッグなのですが・・・、


↑こんな感じで、バッグを2つ組み合わせることができます。
つまりは、バッグが2つ=収納2倍=前後で4デザイン楽しめるってことです。


↑バッグを2つ合わせて、エスニック柄を前面に出したのがこちら。

一点モノです。サイズなど詳しくは、こちらをどうぞ~→

★ ★ ★

だいぶ引っ張った、北米旅行記も今回でラストです。

最後の2日は、USAファブリックを買うためにあちこち生地やさんのハシゴをしてました。

アメリカ製の生地は、見てるだけでワクワクしてくる不思議な色合いなんですよね~。
やっぱ好きだわ、デザインも手触りも



しょっちゅう生地やさんに行ってたらわかりづらいでしょうが、たまに来るとその時期のトレンドがよくわかります。


↑2年前は、ギザギザ模様のシェブロン柄と幾何学模様のモロッカン柄の勢いが止まらない~って感じでしたが、今回は大柄の植物柄や生き物柄が多い印象です。
例えば、今年大流行のフラミンゴ、パイナップル、ヒトデ、サボテンモチーフですね。


↑以前も紹介したけど、こういったトロピカルな大柄のデザインとか、


↑ここ数年人気のサボテン柄。


↑ビタミンカラーは相変わらず人気で、


↑秋冬用の生地も買ってきましたよ~。

★ ★ ★

シカゴ最終日は、目の保養にと郊外の豪邸巡りもしてきました。


写真では大きさがうまく伝わらないと思いますが、部屋が30室くらいありそうなあり得ない大きさの家ばかりが並んだ高級住宅街ってのが、郊外にはポツポツとあります。一体どんな職業の方なんでしょう。


最後の晩餐は、行きつけだった韓国焼肉店へ。


オーナーは変わっていましたが、「昔よく来ていた」という話をしたらすごく喜んでくれて、ナムルやらアイスやら、キャンディやらのサービスがハンパない。


最後に支払いを済ませると、アメリカではとっても珍しい2ドル札のしかもピン札を、子どもたちにプレゼントしてくれました。こんな歓迎を受けたのは初めてだよ~。


翌朝は、とうとう日本へ帰る日。
シカゴのみなさん、遊んでくれてありがとう。
また来るからね~。

●「ひと目でクリックしたくなる『売れる』ハンドメイド作家になる!」出版しました→
●「写真が変わる!シンプル・フォトレッスン」ライティングを担当しました→
●Instagramやってます。コチラから→
●ブログランキングに参加してます ↓バナーにポチっとお願いします♪
                

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カナダ&アメリカ旅行2017・その5

2017年08月31日 | kazun's おでかけ


先日の糸巻きストラップに続き、バッグやブーツ、鍵型に型抜きされた本革パーツを使ってストラップを作ってみました。
どれもかわいーーー
一旦やりだすと止まらない~


↑久々に材料調達に出かけた日暮里繊維街は、やっぱり魅力的!


★ ★ ★

さて、北米旅行記も第5弾まできました。

旅行7,8,9日目。

7日目からはシカゴ郊外の馴染みエリアに4泊しました。なつかしい場所を訪れたり旧友に会ったりして、思い出に浸りました。
シカゴには2年おきに来ている私と違って4年ぶりの息子たちの方が、行きたい場所がたくさんあったみたい。


まっ先に行きつけだったチャイナレストランに行って、オーナーのおじさんが変わらず元気にやっていることを確認し(笑)、ホテルの軽朝食で用意されたシリアルではなくお気に入りのシリアル(↑)をわざわざ買って「そう、この味この味!」と大喜びしながら食べてました。


私はというと、これまただーーい好きなワッフル(↑)をセルフで焼いて、なつかしさ倍増! 甘すぎるヨーグルトや薄すぎる牛乳&コーヒー、まるごとごろごろ置いてあるリンゴ、身体に悪そうなムースタイプのホイップクリーム。怪しさもひっくるめて、すべてがなつかしい(笑)。

今回は子どもたちのルーツをたどろうと、生まれた病院から訪問スタート。改めて病院まで車を走らせると自宅からの距離は結構あって、陣痛で苦しいのに遠すぎるよー!とイライラしたことを思い出しました。子どもたちには生まれた記憶なんてないから、病院を見ても「ふ~ん!」でしたけどね。


↑そういえば、病院の近くにマック1号店があったっけ。

病院を見たら、我が家がシカゴに来て初めて住んだアパートも見たくなっちゃた。


↑ワクワクとドキドキが入り混じった渡米翌日に、大雪で身動きが取れずに半泣きだったことを思い出す~


↑ここまで来たら二軒目の家にも行かなくちゃ! このタウンハウスのコミュニティーは設備がすばらしく、管理棟にはパーティールームとインドア&アウトドアのプールがありました。家のすぐそばに美しい湖があり、赤ちゃんだった息子をベビーカーに乗せてお散歩してたなぁ。


↑こちらは帰国まで5年住んだ最後の家。さすがに子どもたちも思い出がいっぱい お隣さんのガレージも借りて、おっきなガレージセールとクラフトショーしたよな~。


↑近所の広すぎる公園でパパと3人でフリスビー。どんなに飛ばしても貸し切り状態だからへっちゃら。


↑公園の遊具が新しくなってた~


↑おっきいと思っていたモンキーバー。今となっては膝を曲げないと地面に着いちゃう。成長したね!


↑友達と市民農園を借りて、日本の野菜を育ててたっけ。


↑ほぼ毎日通っていたスポーツジム。24時間営業で駐車場500台収容。とにかく大きくて写真に収まりきらないほど。

ほかにも、通っていた小学校の校庭で遊んでみたり、行きつけのスーパーやレストラン、習い事の施設など、行けるところにはすべて行きました。

なつかしの友達にも再会。


↑長男の小学校時代のクラスメートとプチ同窓会。みんなすごく大人っぽくなっていてビックリ! ママ友は全然変わってなかった~。


↑もちろんバレーボールサークルの仲間とも飲み会。

何年たってもみんな変わらないし、あの時の情景があっという間にタイムスリップするのよね。
やっぱ好きだわ、シカ~ゴ~!!


●「ひと目でクリックしたくなる『売れる』ハンドメイド作家になる!」出版しました→
●「写真が変わる!シンプル・フォトレッスン」ライティングを担当しました→
●Instagramやってます。コチラから→
●ブログランキングに参加してます ↓バナーにポチっとお願いします♪
                
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加