ミラーレス始めました

ふとレンズ交換式のカメラが欲しいと思い立って購入。
撮影した画像を中心に紹介していきたいと思います。

羽田空港

2017-04-23 21:11:38 | 撮影
浮嶋公園でドラえもんジェットを撮影した後、浮嶋公園を後にしました。

川崎駅で昼食をとった後、羽田空港に向かいました。
G8+75-300mm f4.8-6.7II
ここでは着陸が撮影できました。


全部ではないですが、連写で前に邪魔なものがあってもAFが付いていきました。
























陽が傾いてきましたが、着陸する場所は、まだ夕日の影響はそんなに受けませんでした。


こちらは少しターミナルに近い方向。だいぶ色づいてきています。


ターミナル方向。


中国東方航空




色温度を高くしています。


富士山も色付いていました。




シン・ゴジラ
色温度は雲天


こちらは晴天設定


こちらは雲天設定


色温度を高くしています。


JAL


スカイマーク


2台そろい踏み


JAL2台そろい踏み


だいぶ陽も傾いてきました。






陽が落ちました。






陽も落ちてターミナルも暗くなりました。


この時間に降りてくるのはANAがほとんどでした。


夕焼けは終わりかかっています。


何となく大写ししてみました。


唯一まともに撮れた流し撮り


ターミナルに灯りがつき明るくなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浮嶋公園 その4

2017-04-20 21:00:00 | 撮影
浮嶋公園 その4です。

G8+75-300mm f4.
唯一まともに撮れた着陸


ちょっと変わった塗装(でいいのかな?)がされています。


離陸待ちと着陸でしょうか。
ANA機とANA機ですね。


ルフトハンザ機








AIR DO




中国東方航空


シン・ゴジラ


キャセイパシフィック


日本の航空会社








南西航空


ちょっと休憩(笑)


AIR CHINA




SKYマーク


JAL ドラえもん







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浮嶋公園 その3

2017-04-18 21:00:00 | 撮影
浮嶋公園 その3です。

この日は風が強くて撮影するのはなかなか大変でしたが、公園には人がそれなりにいました。
以前にこの場所に訪れた際には公園の一番飛行場に近い開けた場所まで行けたのですが、そこは何かあったのか簡単なバリケードが張られていて近づけないようになっていました。

今回からレンズがまたオリンパスに戻ります。
G8+75-300mm f4.8-6.7
こちらは前後のバランスが悪かったので後ろ側をトリミング


こちらは普通に撮影しました


こちらの離陸は少しトリミングしていますが、この距離だと600mmと800mmの差は歴然と感じますね。
望遠側の50mmくらいはあまり大きな差は感じないことが多いですが、200mmの差はやはりかなり大きいです。


それでも目の前を飛んでいく飛行機は大きく撮れます(当たり前か)




手前に離陸準備中の飛行機、真ん中に奥の滑走路に着陸しようとしている飛行機、奥に離陸した飛行機が写っています。


離陸


青空だけよりも軽く雲があった方が画になりますね




着陸態勢の飛行機の奥にも飛行機が見えます。








滑走路も入れたくて珍しく縦で撮影


やっぱり何かと一緒に移っていた方がいいな~


これは普通に撮影


雲と絡めて撮影


珍しいのが飛んできたので慌てて撮影(笑)




ノートリミングで上手く撮れました(^^)v


ハローキティ


少し飽きてきたので違うものを撮影(笑)


ハローキティと船ですね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浮嶋公園 その2

2017-04-16 21:02:14 | 撮影
浮嶋公園 その2です。

ここからはしばらくパナソニックのLeica 100-400mm f4-6.3を借りて撮影していました。
写真を見て、急に写真の感じが変わったなと思いました。
そこでEXIFデータを確認したらレンズが変わったことが分かりました。
100mm長いので35mm換算で600mmから800mmに延びたので大きさが変わったのは確かなんですが、はっきり変わったと思ったのは色ノリと解像感でした。
明らかに良くなったのが分かりました。
売価が全然違うので一緒に比較するのは間違っていると思いますが、さすがはLeicaだなと思いました。

G8+100-400mm f4-6.3




雲と絡めて撮影








水鳥も海もかなりクッキリ。

ただし、海が動いてるので歩留まりはちょっと悪かったです。

パナソニック同士だとDual.I.S2でボディとレンズの両方で手振れ補正が効きます。




400mm(換算800mm)ではこの大きさで撮れます。




奥の滑走路に着陸する飛行機


手前に着陸する飛行機




雲間の飛行機


着陸態勢








違う会社の飛行機も撮らないといけないですね。




換算800mmだと離陸も大きく写せます。
それが軽く手持ちできるのがすごいですね。


ここまでが100-400mm f4-6.3で撮影した写真です。
はっきりいって、大きさはともかく、ここまで解像感が違うとは思いませんでした。
でも、この焦点距離は年間2,3回程度しか使わないから買い替えまでわな~というところです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浮嶋公園 その1

2017-04-14 21:00:00 | 撮影
遅ればせながら、羽田近辺で撮った写真の紹介をしていきます。
今回のカメラは2台体制。
1台はG8、もう1台はGX7mk2です。
今回、整理できたのはG8のみ。
まずはG8で撮影した写真から紹介していきます。
全く取れないわけではないですが、距離的にはここは300mmじゃ全然足りない感じの所です。

G8+75-300mm f4.8-6.7II

浮嶋公園というと、まず飛んでる飛行機より離陸準備の飛行機が目につきます。

ここからは時々違うかもしれませんが、延々と飛んでる飛行機のオンパレードです。
基本的にトリミングと露出補正はしています。
撮って出しのも少しはあります。


雲との感じがいいかなと


着陸態勢




着陸態勢


雲がないと同じ写真になっちゃうんですよね


着陸態勢

この辺りまではいいんですが、本当の着陸になるとエンジンの熱で歪んでピントが合ってないような感じになっちゃいます。

船と離陸準備中の飛行機




換算600mmでもこの大きさ


こちらも少し大きい程度でしたので分かるようにトリミングしています。
シン・ゴジラ


離陸だとこんなに小さいです。。。




着陸へ




奥の滑走路への着陸


理由は分からないけど、ほぼ唯一といえる縦位置撮影ショット


着陸まで










やはり、雲とか何かと一緒に写っている方がいいですね。


離陸準備中の飛行機と離陸後の飛行機
コメント
この記事をはてなブックマークに追加