補装具を作る!

新潟市内にある小さな補装具販売店!加藤義肢製作所の日常。
補装具の情報はもちろん、その他楽しい出来事も!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国際義肢装具学会 in フランス

2015年07月15日 09時14分35秒 | 日記
お久しぶりです(^O^)

加藤社長が6月の下旬に、フランスで開催された国際義肢装具学会(ISPO)に参加してきました。

世界で最先端技術の補装具が展示公開され、各国の義肢装具士はもちろんドクターやセラピストが参加する大規模は学会です。

弊社も常に最先端の技術が提供できるよう、日々精進です(^^)/

詳細はこちら!Facebookのページをご覧ください。

URL:https://www.facebook.com/kato.gishi

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Facebook(フェイスブック)はじめました

2015年02月24日 16時34分21秒 | 日記
加藤義肢のFacebookページを作りましたのでそちらもご覧ください。
今後は主にこちらのFacebookでブログ更新予定です。
これからも宜しくお願いします。

Facebook専用ページはこちらから!!
https://www.facebook.com/kato.gishi
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2014年10月22日 10時45分17秒 | 日記
こんにちは
更新が遅れてしまいました… 申し訳ありません(/_;)

前回に引き続きアキバがお送りします。

最近ゴウの方がご無沙汰ですね、、、、
なんでもゴウは

さてさてはるか昔にご紹介した最新の筋電義手!
名前を【ミケランジェロ】!!
、、、これだけ月日が経っているともう最新じゃないんじゃないか?と思う方もいらっしゃるかもしれませんがご心配なく! 

ではでは早速ミケランジェロの紹介をしたいと思います。

ちなみにミケランジェロは昔の芸術家さんの名前です。
かの有名なダビデ像




や最後の審判



などを生み出したすごい人です。

そんな人の名前をそのまま付けたミケランジェロ


ではでは早速ミケランジェロをご覧ください!!(^.^)/


ちなみに私自身の第一印象は、、、
白い!!
何やらすごさがよくわかりませんね(・・;)

とにかく、今までの義手との違いをご紹介します!

―機能その1―
親指の位置が切り替わる!!!(・Д・)
腕の力の入れ具合を変えると、親指の位置が切り替わります。

初めは筋電義手の基本的な位置。 主にものをつかんだり、物を押さえたりするときの位置です。 




鉛筆を持つことも可能です。


そして次のパターンは写真のような位置になります。



親指の位置が変わッたのがお分かり頂けますでしょうか?


この指の位置で物をつかむことを、専門用語でラテラル(外側)ピンチ(つかむ)といいます。私たちがカギをもつときやカードを持つときなどこの持ち方をしています。人差し指の外側で物をつかむということからこのような名前がついています。


上記の2つのパターンの切り替えが可能です。
腕の筋肉に素早く、短い時間力を入れると指の位置が切り替わります。

―その2―
手動で手首が動く!!! (・Д・)
手首についているボタンを押すと手首が動きます。
角度が6段階変えられます。

ここから…


ここまでです

さらに手首がブラブラの状態にも切り替わります。
このブラブラ機能、いつ使うのか気になりますよね…
メーカー曰く、握手の時に使うそうです!
…確かに握手はシェイクハンドと言いますが…


―その3―
手が自然なポジションをとれる!!! (・Д・)
従来の、物をつかむ目的の義手はどうしても不自然な外見でした。
写真を見ていただくとわかりますがこの自然な感じを求めるユーザーさんは多いです。


さてさて、今日は筋電義手【ミケランジェロ】についてご紹介してきました。

そもそも私たちの「手」にはどんな機能があるのでしょうか…
①物をつかむ、袋などつりさげる、握るなどの運動器としての働き
②温度を感じ取る、物の形を把握するなどの感覚器としての働き
③何かを混ぜる、容器にする、たたいて音を出す、武器にするなどの道具としての働き
④感情を表現する、手話をするなどのコミュニケーションとしての働き
⑤人間の外観を表している

普段何気なく使っている「手」ですが、改めて観察するとたくさんの機能を持っています。
義手もどんどん進歩していっています。これから先、さらにたくさんの機能を兼ね備えた便利な義手も登場するでしょう。しかし、今現在の技術では、私たちの「手」の機能を完全に再現することは不可能なのです。
「手」ってすごいのです!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

世界一の筋電義手!!

2014年07月18日 16時46分22秒 | 日記
こんにちは
秋場です。
私も入社してはや2年目、2度目の夏がやってまいりました。
新潟もいい感じにジメジメしております(-_-;)
梅雨が明けたら、今年は笹川流れに海水浴に行ってみたいと思っています!


さてさて、前回のブログ…とはいってもかなり前のブログですが、【筋電義手】を紹介させて頂きました。
今日は最新型の筋電義手お話です。

そもそも、、、筋電義手ってなんだ、と思われる方もいるかと思います。

ここで少し解説です。(*^^)v


私たちは体を動かすとき、【筋肉】を伸びちじみさせています。
その筋肉は【脳】から命令を受けています。

じゃあ、その命令はどんなふうに伝わっているんでしょうか? 電波? 念波?

答えは電気信号です(―_―)!!
その電気信号は【神経】にのって伝えられています。

【脳】が命令をだし、【神経】を伝わって【筋肉】が動く
この一連のながれ、糸電話のようなものだと思ってもらうとわかりやすいかもしれませんね(*^。^*)


そして筋肉が動くとき、本当に少しだけ、電気が流れます。
筋電義手はその微量な電気を感知して、モーターで義手を動かしています。

【筋電義手】、【モーターで動く義手】と聞くと、指がすべて自由自在に動かせるというイメージを持たれるかもしれません。
ですが実際には親指と人差し指、中指の3本が動きます。
3本の指先でつまむ動きですね

その他に、手動で手首を回したりすることもできます。
実際に使っているユーザーさんは手をグーパーするイメージで動かしているそうです。

さてさて、筋電義手がどんなものなのか、お分かりいただけたでしょうか

もう解説はいいからさっさと新型を見せろ!という声が聞こえてきそうですが,,,(-_-;)
最新型の紹介は来週にします!

お楽しみに

マタミテクダサイネ―ヽ(^。^)ノ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富士五大湖巡り旅行記

2014年06月16日 13時55分57秒 | 日記
こんにちは
久しぶりの更新になってしまいました。


昨日はサッカー残念でした(/_;)泣
次に期待です!


さてさて、日本中がサッカーに注目していた中、ワタクシ秋場は、会社の毎年恒例温泉旅行に参加してまいりました。


全国各地の秘湯、名湯に行く旅行なのですが、今回は、[富士五大湖巡りの旅]に行ってきました。


2日目の朝4時にフロントから、富士山が見えています。と電話があり、寝ぼけながら見た光景がこちら





朝日に照らされ、若干赤みがかかり、月も映っています。幻想的ですね~
なんとこの日は10日ぶりに富士山が見えたらしいです!\(゜ロ\)(/ロ゜)/


出発前にパシャリ
澄み渡るような青空でした(*^。^*)





そして河口湖付近にあるオルゴール美術館へ
まるでヨーロッパに来たかのような素敵な場所ですヽ(^。^)ノ




そして天気が良ければ、ヨーロッパに富士山という不思議な組み合わせが見られます!


私23歳なのですが、最近お寺や大木、山などに対して感動を覚えるようになりました(笑)

このオルゴールもすべて人が作ったものだと思うと見入ってしまいますね



学生のころはなかった感覚です。
こうして年をとっていくのでしょうか...(・・;)
年を重ねても、初心を忘れずにいたいですね!



今回の旅行も素敵な旅行でした(^^)

加藤社長、ありがとうございます!!

これからも郷先輩とちょくちょく更新していくので、覗いてください(^人^)
それでは!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加