かますいらいふ

鎌倉高校吹奏楽部の素顔を大公開♪

春の遠足!!

2016年04月24日 09時28分49秒 | 思い出


おはようございます
最近20度を越える日が多くなってきましたね

今日は、かますい最初で最後の大イベントである3代合同!春の遠足について報告したいと思います



入部したばかりの1年生、部活の中心となった2年生、引退が近づく3年生
そんな3代の親睦を深めるためにみんなで江ノ島に行ってきました


まずはパートごとに歩いて江ノ島を目指します

その後は班別行動
自由に江ノ島観光を楽しみました〜

班別行動中に撮った写真の中で1番楽しそうな写真を決めるenjoy phot 選手権もしたんですよ

各班のenjoy photはこちら↓

A班


B班


C班


D班


E班


F班



最後は海に集合して写真を撮りました

とても楽しかったです







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第29回かますい定期演奏会!Part3

2016年04月23日 00時30分24秒 | 出演したイベント報告

こんにちは!


かますい定期演奏会Part3ということで、最後の記事になります。
ここまで第一部、第二部はいかがでしたか?
最後までお付き合いくださりありがとうございます!

それでは、紹介していきましょう!!!

第Ⅲ部 ポップスステージ
最初の曲は、

*久石 譲作曲
『「もののけ姫」セレクション』です。

宮崎駿監督の手がけるジブリ映画「もののけ姫」で使用されている音楽をメドレーにしたものです。映画と同様に、迫力のある幻想的な世界が表現されている一曲になっています。
各パートのソロもとても綺麗でした



二曲目は、
*クラウス・バデルト作曲
『パイレーツオブカリビアン」』です。

この曲は、ジョニー・デップ主演の映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズで使われた、"He's A Pirate's(彼こそが海賊)"・"One Last Shot(最後の銃弾)"など5曲をメドレーにしたものです。18世紀のカリブ海を舞台に繰り広げられる海賊たちの壮大な物語が描かれています



ここまででお気付きの方もいらっしゃると思いますが、部員の譜面隠しが"地球"になっているんです!
譜面係を中心にみんなで作りました
部員たちお気に入りの一枚です

さて、第三部最後の曲は…
*タケカワ・ユキヒデ作曲
『銀河鉄道999』です。

みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
「銀河鉄道999」のテーマとして使われたこの曲は、爽快感のあるキラキラした一曲です。
ミラーボールもついて、部員たちもまるで宇宙を旅しているような、そんなステージでした

なんとこの曲、曲の終盤で合唱の部分があるんです
楽器だけでなく部員たちの声も楽しんでいただけたと思います



ここで、来てくださった方々から温かいアンコールをいただき、早速アンコールへ………

と、その前に!
今年度、わたしたちかますいをずっと引っ張り続けてくれた部長からのあいさつをいただきます


ムードメーカーとしてもかますいを支え続けてくれた部長の言葉で、今年度の一年を振り返って胸が熱くなってしまいました


また、かますいの顧問として、そしてかますいのお父さんお母さんのような存在として私たちを見守り続けてくれた顧問の先生方への花束贈呈をしました

毎日の練習、当日までの準備、色々なところで支えて下さり、迷惑をかけてしまいました。ですが、定期演奏会を迎えることができたのは先生方のおかげです。

本当にありがとうございました


カンカンコンカカンカンカコンコ♪


このノリノリのリズムが聞こえてきたということは………?
はい!アンコールにお答えしまして、今年も演奏させていただきました!

*真島 俊夫編曲
『宝島』!!

かますい最後のワールドは宝島です

木管の軽快なメロディが聞こえてきてからの

アルトサックスソロ





それに続くサックスソリ
4人の息のあったソリが、会場全体に響き渡ります

最後に……
キメポーズ


パーカッションソリ!

練習の時からいつも笑顔で楽しそうだったパーカッション
本番もノリノリで演奏してました

そしてそしてトランペット、トロンボーンソリ……と続くはずなんですが、今回はその部分を
金管ソリとして、金管全員で吹きました!

チューバも一緒に立ちました
金管全員で吹くと迫力満点です


曲のラストは……

花ベルアップ


始まってしまうと、あっというまに過ぎてしまった定期演奏会。

終演後、見に来てくださった方々に部員でお見送りに行きました!



また、パートオブかますいという一年の活動記録を展示していました!
見てくださった方々、ありがとうございます

そのあとは、会館の片付けと撤収をして定期演奏会は幕を閉じました。

Part1.2.3とお送りしてきた定期演奏会もこれで終わりです!

準備は順調なことばかりではなく、たくさん悩んで、たくさん話し合って、手探りでここまでやってきました。それでも最後にみんなで笑顔で終えることができたのは、かますいのメンバー全員が誰1人欠けることなくみんなでここまで頑張ってきたからだと思います!

毎朝早い時間にお弁当を作って私たちを支えてくれた保護者の方々、見に来てくださった方々、お手伝いをしてくださったOB.OGさん。ここまで私たちを支えて下さり、
本当にありがとうございました!





おまけ

かますい打ち上げ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第29回かますい定期演奏会!Part2

2016年04月20日 11時16分40秒 | 出演したイベント報告
定期演奏会Part1に続き、Part2です!

Part2では、

2部劇ステージ
“It's a Kamasui World!~5つの物語~”

について、書いていきたいと思います!


まずストーリーは、
日本メキシコフランスエジプトアメリカの5カ国が、1000年前に、国の平和の象徴となるを、神様から授かったところから始まります。

この箱を、それぞれの国で大切に保管せよ。
この箱の力により、国は繁栄、発展するであろう。
ただし、この平和の象徴は、1000年後まで決して開けてはならない。もし開けると、その国には近いうちに大きな災いが起こるであろう。
では、1000年後…………
2016年3月30日に会おう。



今日は、箱を授かってからちょうど1000年。
国民たちは、箱の詳しいことについて知りません。
「箱について、何かわかるのかな……?」

そんなとき、神の声が聞こえます。

「箱を開ける前に、君たちの国が1000年間でどう変わったのか見させてもらおう!
各国、自分の国を前面にアピールできるパフォーマンスを行うのじゃ!」


その神様の言葉から、各国のパフォーマンスが始まります

何と言っても、この劇のみどころは
各国のパフォーマンスです

大道具、衣装、音楽を通して、それぞれの国の良さを前面に出せるよう努力しました


まずは日本

*足立 正作曲「吹奏楽のための綺想曲「じゅげむ」」を演奏しました




みんなで浴衣を着て、昔話のおもしろさ、滑稽さをアピールしました。
紹介した昔話は、演奏する曲にちなんで「じゅげむ」です


力作の巻物……

使った大道具、背景はこちら





次にメキシコ

*ゼキーニャ・ジ・アビレウ作曲
岩井 直滉編曲「ティコティコ」を演奏!



メキシカンな服を着て、テンションMAX
ステージ上をはしゃぎ回り、ラテン音楽の楽しさを全身で表現しました!

使った大道具はこちら




次にフランス



*「オーシャンゼリゼ」を演奏




優雅で上品、可愛らしさを前面に出した衣装で
バゲットやマカロンなどの小道具を使って、シャンゼリゼ通りの魅力をアピールしました

使った大道具はこちら




特にバゲットのクオリティが高かった……



次にエジプト



*松尾 善雄作曲「ナジム・アラビー」を演奏



文化の雰囲気を出すのが一番難しかったです!
台本、衣装、大道具、また演者ともに悩みました…
写真を見ると分かりますが、赤を基調としたラクダのシルエットの譜面隠しが、とてもいい味を出しています


使った大道具はこちら




最後にアメリカ



*ジョン・フィリップ・スーザ作曲「ワシントン・ポスト」を演奏



アメリカは、食べ物パネルを使って食文化をアピールしていました

食べ物を紹介する陽気な一面と、マーチを演奏するかっちりとした面があり、メリハリがあって面白かったです!

自由の女神が描かれた譜面隠しも、にぎやかさが表れていて良かったと思います


使った大道具はこちら



そして、最後……

各国のパフォーマンスをみた神様は感激します。


「皆、本当にこの1000年間、ご苦労であった。国々で文化は違えど、自国に対する愛が変わらず存在していることに、わしは心を動かされたよ。
大きな感動をありがとう!」


そして箱を授けられて1000年、ついにその秘密が神様によって明かされるのです。

「1000年間守り抜いてきたその箱を、開けるときが来たぞ。
皆、よく見ていてくれ。この箱の中身には………」



国民たちは、恐る恐る箱を開けます。

「特別なものなど、入っていないんじゃ……。」


今まで平和をもたらしてくれていた、と思っていた箱の中身の真実に、国民たちは驚きを隠せませんでした。
そして、神様は続けます。
「人は大切なことに限って、忘れてしまうことがある。この1000年間、平和の象徴が国を良くしたんじゃあない。
君たちは、君たち自身の力で国を動かし、良いものにしていったんだよ。

今、紹介してくれた文化。
あれは紛れもなく、君たちの努力の結晶だ。」

「もっと、自分の力を信じなさい。
そんなものに頼らなくても、君たちには素晴らしい未来が待っているはずじゃぞ。」



これを聞いた国民たちは、皆で協力しながらこれからも発展していこう、と胸に誓いました。

今日という日を祝って、またこれからの繁栄を願って、みんなで演奏しよう



*小さな世界「It's a small world」演奏



**********************
ここで、劇で使った大道具をご紹介します!



大道具たち

特に大道具係の部員は、朝早く学校に来て制作したり、冬休みや入試休みなどを利用して小道具を作ってきたりなど…………
非常に頑張りました

ちなみに後ろの青い背景の手形は、部員みんなの手形なんです



写真にもすでにありましたが、今年は譜面隠しにも工夫を凝らしました
左から
エジプト、フランス、アメリカ、地球(III部で使いました)、日本、メキシコ

です!

私自身も、譜面隠しがあると、やはり雰囲気がとても変わるなあ…と定期演奏会後に写真を見て感じました




この音楽劇は、シナリオはもちろん、衣装や大道具も完全にオリジナルで、何もない状態から部員が一丸となって創り上げたものです。

昨年は既存の物語を基にしたものだったので、果たして、お客さんに私たちの伝えたいことが音楽や劇を通して伝わるのか、正直不安な面もたくさんありました。

でも、OBOGさんのアドバイスなどを参考にして直前まで「良いもん創ろう」と皆で協力できたことが本当に大きかったです。

そして何よりも、本番は最高に笑顔で、
楽しんで無事終えることができてよかった……

来場者の方々が記入してくださったアンケートにも、劇の感想がたくさん書かれていて嬉しかったし、達成感を感じました

ありがとうございました!!
Part3もお楽しみに






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第29回かますい定期演奏会!Part1

2016年04月20日 10時30分40秒 | 出演したイベント報告

こんにちは!!
4月もそろそろ終盤で、かますいは一年生の本入部を終え、新体制に向けて着実にスタートをきっています
3年生ももうすぐ引退ということで、かますいらいふの記事を書くのも残すところあとわずかになりました

さて!今回は…
3月30日に行われたかますいの
定期演奏会の様子を、遅れましたがお伝えしたいと思います

第Ⅰ部から第Ⅲ部まで、3回にわたって更新していきたいと思います

かますいの定期演奏会は、
Ⅰ部 クラシックステージ
Ⅱ部 オリジナルステージ
Ⅲ部 ポップスステージ

に分かれています!

今回はその中から、第Ⅰ部 クラシックステージについてお伝えします!



定期演奏会当日、かますいの朝は早く、どこかそわそわした様子で鎌高にみんなが集まりました!

そんな私たちの最初の大仕事は、楽器の積み込みです!大事な楽器と、みんなで作った大道具やプログラム等を会場まで安全に届けるために運搬係を中心にトラック、車に詰め込んで鎌倉芸術館へ向かいました



鎌倉芸術館に着いたら、各係ごとに分かれて準備開始です!

受付にプログラムを置いたりステージの設営を行いました。



今年のつり看板はポップなテイストに仕上がりました!部員たちで作り上げたこのつり看板。Ⅰ〜Ⅲ部通して飾られました


リハーサルの後は、みんなで円陣を組んで本番に向けて気持ちを引き締めます




楽屋で保護者の方々からの美味しい差し入れもいただいて……



いよいよ第29回 定期演奏会の始まりです
遅れましたが、今年の定期演奏会のテーマは
"world"です!かますいオリジナルのワールドをご覧ください


第Ⅰ部 クラシックステージ
まずは毎年恒例、私たちがいつもお世話になっている江ノ電に感謝の気持ちを込めて、
『好きです江ノ電』を歌いました

たくさんの江ノ電が繋がっているような台紙も、代々受け継がれたものです


第Ⅰ部、そして今年の定期演奏会のオープニングを飾った一曲目は


*小長谷 宗一 作曲
『スターパズル・マーチ』です。
この曲は、1993年の全日本吹奏楽コンクールの課題曲として作曲されました。
「きらきら星」を主題としており、
星にちなんだ名曲が散りばめられています。


二曲目は
*樽屋 雅徳作曲
『斐伊川に流るるクシナダ姫の涙』です。
「ヤマタノオロチ退治神話」に登場する、ヒロインのクシナダ姫の視点で描かれたこの曲は、涙を流すクシナダ姫、下界に降り立ったスサノオとヤマタノオロチの戦い等が情景豊かに描かれています。
昨年の夏に行われたコンクールで演奏したこの曲は、部員にとっても思い出深い一曲でした。




第一部、最後を飾った曲は

メイン曲
*アルフレッド リード作曲
『アルメニアンダンス part1.2』です。
この曲は、"吹奏楽の神様"とも呼ばれるアルフレッド・リードが、アルメニアの民謡を素材にして作曲した吹奏楽曲です。
恋人のために歌う若者や、アルメニアにあるアラガツ山などが描写されています。
part1.2合わせて30分近くあり、まさにメイン曲にふさわしい一曲になったとおもいます。



長くなってしまいましたが、以上で1部は終了です

Part2では"かますいオリジナルステージ"をお送りします
どんなworldが繰り広げられるのでしょうか
お楽しみに
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

義経まつり

2016年04月19日 22時18分37秒 | 出演したイベント報告
こんにちは!
かますいは4月16日に開催された義経まつりに参加しました

龍口寺から満福寺までのパレード
その後は境内で演奏をさせていただきました

実は義経まつりは3年生にとって最後のステージなのです
大好きな先輩方と一緒に吹けるのが最後だと思うと、演奏の途中で涙が出そうになってしまいました

仲が良く、思いやる溢れる3年生のおかげでかますい2015はとてもとても充実することができました
本当にありがとうございました

3年生は引退してしまいましたが、まだまだかますいの成長は止まりません
7月の県南コンクールに向けて、全力で頑張っていきます




コメント
この記事をはてなブックマークに追加