□□お暇なら来てね。□□

□□韓流(パク・ヨンハ中心)、など興味の向いたものを紹介□□

アンティーク~西洋骨董洋菓子店~(2008)

2009-04-23 10:50:32 | 映画
サイイン入りのポスターが飾られていましたが、
アインくんの顔に、鼻水や顎にホクロや額に縫い傷を落書きしていてウケました。
オリジナルケーキが食べられる銀座、丸の内などのMAPも展示。
公式ブログ」でも紹介されています。
東方神起がロケした「DEL REY」もありました。


よしながふみ原作コミックを「少女たちの遺言」のミン・ギュドン監督が映画化。
漫画は読んでいませんでしたが、月9と「アニメ」は見ていました。
映画を見ながら、わりと忠実にエピソードに沿っている印象でしたが、
そこは映画なのでミュージカル風にしたり演出を華やかにしていて
コミカルな時には楽しく、他とのギャップのバランスが良かったです。

大ベテラン俳優、キム・チャンワン(コヒプリなど)、イ・フィヒャン(美しき日々、天国の階段など)、
子役のヨ・ジングくんも良かったです。
刑事役のパク・サンフンは、「キッチン」にも出演です。
「魔王」「宮」などクールガイないメージだったチュ・ジフン、
表情がクルクルかわりとてもチャーミングでした。
キム・ジェウクも表情が色っぽくて。
腐女子(もう死語?)の気持ちがなんとなくわかったり。。。フフフ
ポスター見た時にタッキーをユ・アインが?と子供っぽく違和感がありましたが、勝手な思い込みでした(ファンの方ごめんね)
チェ・ジホが演じる男は月9(阿部ちゃん)でのイメージが一番濃かったのですが、
若といる時、4人でいる時ポイント抑えてて面白かったです。
そして誘拐事件へと繋がって行くテンポも良く見応えありました。

そんな訳でた~~~くさんのケーキが出てきますが、
唯一あった焼肉のシーンでお腹が鳴った私でした。ナハハ

コミック全4巻セット

Cut 5月号」「韓流ぴあ 5月号」「韓流旋風 vol.24」「」

アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~ OST(CD+DVD)
オフィシャル写真集

アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~ DVD (2Disc/通常版)
チュ・ジフン in アンティーク~西洋骨董洋菓子店~-Welcome to the Antique!-


[原題] 「서양골동양과자점 앤티크」
[公開時コピー] 「人は幸せな時に、ケーキを食べる。
 ほろ苦い人生を少しでも甘くするために──。」
[あらすじ]
甘いものが大嫌いなジニョクは、突然会社を辞めると洋菓子店を始める。
古い骨董品屋を改装したその店“アンティーク”は、
腕は一流だが行く先々で恋愛トラブルを起こす魔性のゲイ“ソヌ”、
元ボクサーの見習いパティシエ“ギボム”、
不器用なウェイター“スヨン”の3人を迎え、順調に船出する。
そんな中、町で連続誘拐事件が発生し、それとともに次第にジニョクの悲しい過去が明らかとなっていくが。。。

チュ・ジフン ・・・・ジニョク
キム・ジェウク ・・ソヌ
ユ・アイン ・・・・・ギボム
チェ・ジホ ・・・・・スヨン
アンディ・ジレ ・・ジャン=バティスト・エヴァン
キム・チャンワン ・・白髪男
イ・フィヒャン ・・・白髪男の同居人
ナム・ミョンニョル ・・チャン社長
コ・チャンソク ・・・ゲイバーのマスター

2009年4月22日(水)シネカノン有楽町1
下のよみうりホールでは「レイン・フォール~雨の牙」試写会をしていて見たかったー
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニュース | トップ | 今日のヨンハ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「アンティーク」 (九月のつぶやきページ)
梅田ガーデンシネマで、映画「アンティーク」見てきました。 現在上映中の劇場は予定