□□お暇なら来てね。□□

□□韓流(パク・ヨンハ中心)、など興味の向いたものを紹介□□

14日のフィルコン

2011-06-19 22:25:47 | ヨンハイベ等

花なども片付けられ、正式なものが用意されていたと写真がUPされていました。
左側の碑石には受賞経歴などが刻まれていて、
右側にはご家族の名前で追悼碑が。
私には行くことのできない場所なので、このように様子を載せていただいてとても感謝してます。。

■ 「ヨンハギャラリー
■ 「カメラマンさんブログ


シネマートの上映会のことが記事になっていました。

□Movie Walker 「パク・ヨンハの輝きは永遠に。一周忌に劇場で生前最後の姿がよみがえる」(写真7枚)

-------------------------------------------------------------------------------

遅くなりましたが。。

「パク・ヨンハFILMS 2004~2010☆We LOVE Yong Ha☆」
14日国フォ夜公演に参加しました。
会場入口で友人たちと待ち合わせをして。
追加公演チケットの件でも待ち合わせをしていたり、
連絡をとりあっていなかったのに通路にいるのを見かけたりで
多くの友人たちと会うことが出来ました。
地方からも公演のために来ている友人たちにも会えたり、
ぁぁぁ、これが本当にコンサートだったならと、思ってしまう。。

横浜の会場と比べてホールCはロビーも広々と見えました。
入口を入って左手にパネルが一周できるように置かれてありました。
ギターも二本立てかけてありました。
一方通行で流れるようだったのでゆっくりと見ることはできませんでしたが、
初めて見たファンには抽選のためにたった一つのヨンハ写真を選ぶことができたでしょうか。
右手にはピックやイヤモニ、衣装などが展示されているのが見られて。
混雑していたので感傷にひたる余裕はありませんでした。
階段を上るとグッズ売場と物販ブース。
ママ本は完売で付近の本屋への案内が出ていたり。

追加公演には参加しないので私にはこれが最後のフィルコンです。
席は前が通路でスクリーンまでもとても近く感じられました。
前日や前公演を見ていた友人たちも、今回はとても盛り上がっていたと話していましたが、
サビでタオルを回していたり、ペンライトも大きく揺れていたり、手振りを一緒にしたり、
(二階席では立ち上がってノッていたファンもいたとか)
スクリーンからと共に観客からも拍手や歓声が大きくあがったりしていて、
最後にはアンコールのような手拍子とコール。
温かい気持ちがいっぱいに溢れていました。
その眩しさにやっぱり涙は流れてしまうけれど、
ヨンハの人柄たっぷり伝わるような明るい映像の数々に、また元気をもらいました。
「ありがとう」しか言えません。
ありがとう、ヨンハ。

BAR六本木には二月、三月と行ったことがあって。
マスターがファンにチケットを取ってもらって
初めてヨンハの歌う姿を見ると話していましたが、14日公演を鑑賞していました。
全国からもファンがBARを訪れていたようですね。
色々とつぶやきを読みました。


公演までは友人の希望で代官山へ。
2008年にヨンハがミニホにUPしていた交差点も行ってみましたが、
「Wild Lily」の黄色い看板ほかは無かったです(お休みだったかな?)
代官山Wild Lily」オーナーさんブログ。
■月夜の宝石 「パク・ヨンハさんファンの方へ」(2010.09.26)

「あの階段はどこにあるかご存知ですか?」
と、少し歩いてみるとヨンハファンらしき方たちに声をかけられ、
これから行くところなのでと一緒に向かうことに。
ソン・ユナさん達が物色していたお店の前を通り、階段へ。
すると前のカフェの入口に「The Best パク・ヨンハ写真集」が飾れていたのが見えてビックリ。。


こちらは同じ並びにある古着屋さん。
■代官山Full upのブログ 「朴容夏(パク・ヨンハ)さん坂?」(06.14)

踏み切りを渡り、可愛らしいショップに後ろ髪ひかれながら
あの黄色の壁の家の前でもファンに遭遇。
きっとあちらこちらに想いを同じにしたファンが足を運んでいるでしょうね。
そしてあの小学校。
ごめーん、今年99周年でちゃんと合ってた。
今回私は撮影しなかったので、以前撮ったエントリーのリンクで。
こちら」(2010.05.04) 「こちら」(2008.06.22) 「こちら」(2008.06.19)
一緒散策した友人が撮ってUPしていたらリンクさせていただくかもしれません。
いかに坂が多いのか伝わります。
 →リンクしました。
 □九月のつぶやきページ 「代官山から」(06.21)

そしてまだ時間に余裕があったので六本木へ。
スタバでまったりおしゃべりしながらお茶もできましたが、
マックやドンキ、つるとんたん、シネマート、一蘭、ミッドタウン、Bar、
ヒルズなどなど縁の多い場所ですよね。。
ぁ、そういえば
ジローラモさんがオープンカーを運転して通り過ぎていったのを見かけました。フフフ


6月22日発売「YongHa もっと大好き。
 撮影 市橋織江
 発行社 青志社 オールカラー144頁
 2009年韓国でヨンハを撮影した最後の撮影フィルムの中から未公開ベストショット115点をセレクト。
 市橋さんの「撮影記」も掲載。
 特典 大型ポスター(A2判変型)とポストカード(2枚)


24日発売 「愛は誰でもひとつ DVD-BOXⅡ」第17話~34話


29日発売 「『冬のソナタ』 奇跡が生まれた100日間の全記録 特別編 サンヒョクの物語
 大ヒット韓流ドラマ『冬のソナタ』のクランクインから撮影終了までの
 制作過程に密着したメイキング『冬のソナタ 最終章』のパク・ヨンハメモリアルバージョン。
 前作のメイキングDVDでは割愛したパク・ヨンハのシーンを追加・再編集して収録。
6月29日発売 「作戦 TheScam コレクターズBOX
 Disc1 本編 日本版トレーラー、オリジナルトレーラー1、オリジナルトレーラー2
 Disc2 特典ディスク
 株式は戦争だ、プロアリ、参謀、削除場面、人生の乗り換え、MV
 Disc3 イ・ホジェ監督&パク・ヨンハ 来日記者会見、舞台挨拶、インタビュー
 コレクターズBOXオリジナルメイキング映像
 封入特典 28頁作戦ガイドブック
 韓国オリジナルポスター、クリアアウターケース仕様
6月29日発売 「美しき青年パク・ヨンハの最後の願い
 DATVで放送された番組のメイキングを含めた完全映像版
 ― 2010年12月25日に日本で放送されたドキュメンタリー番組、
 2011年3月12日に放送されたメイキング(+未公開メイキング)映像の2枚組。
 封入特典:ブックレット(予定)


7月1日発売 「パクヨンハ一周忌追悼記念メモリアルブック「光の中へ」

29日発売 「愛は誰でもひとつ DVD-BOXⅢ」第35話~52話


8月10日発売 「PARK YONG HA STORY True Actor True Artist
DISC3枚組 (収録時間 約270分予定)
発売元:KBS Media 販売元:ポニーキャニオン
PCBE-51830
DISC1:美しい俳優 パク・ヨンハ
DISC2:美しい笑顔、美しい歌手 パク・ヨンハ
DISC3:パク・ヨンハの美しい旅


26日発売 「パク・ヨンハ もうひとつの物語~メイキング オブ ザ・スリングショット 男の物語~
収録時間:600分 4枚組
 “俳優"パク・ヨンハの熱き魂が詰め込まれた心理ドラマの最高傑作「ザ・スリングショット 男の物語」。
 その制作の全過程を完全密着、現場の息づかいがダイレクトに伝わる
 濃密なドキュメンタリータッチのメイキングフィルムが登場!
 ヨンハの思いが聞こえる、「男の物語」のもう一つの物語。


「オンエアー」ビジュアル オリジナル サウンドトラックDVD
パク・ヨンハダイアリーSEASON2 BOX
愛は誰でもひとつ パク・ヨンハ メモリアルドラマ DVD-BOXⅠ」第1話~16話
『パク・ヨンハ』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シネマートヨンハ追慕イベント | トップ | 古家さんイベ&Herminちゃんラ... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
フィルコン詳細♪ (ぶらうにー)
2011-06-20 11:17:39
かこさん、いつも素敵なブログをありがとうございますm(__)m

伺えなかったフィルコンの事がわかって、凄く嬉しい!
かこさんたちは夜公演だったんですね。
いずれにしてもお会い出来なかった…午前中の回でした。

確かに六本木は縁の場所の一つですね。
今はまだ韓国へ行けない分、
せめて日本で思い出巡りツアーへ行ってみたい。
いつか実現できそうになったら、
このブログで予習して行きますね!

22日にリベンジしようと企みましたが、用事があり断念。
写真集を予約しました。

長文失礼しました。


追伸
安全地帯は国フォ、シビック両方行きます!
コメントありがとう☆ (か こ)
2011-06-20 12:49:38
ぶらうにーさん
ありがとうございますっ。
ぶらうにーさんも、いつも読んでいただいていて嬉しいです(^-^)
ぶらうにーさんは午前中の回をご覧になっていたのですね。

私は国外や地方もなかなか足を運ぶのが難しいので
ヨンハ巡りも一部しか出来ないけれど
少しでもお役に立てることがあれば嬉しいです。
行くことの出来ない場所へも
足を運んだ友人たちちゃネットで紹介してくれているのを見ながら
想いを馳せることができてありがたく思います。

ぶらうにーさんも22日は断念されたのですね。
安全地帯の国フォやシビックでは、お会いできると嬉しいな☆
お世話になりました (九月)
2011-06-20 20:15:47
今年99周年でちゃんと合ってたんですね
まだ本調子でないのに、あちこち先導して頂いて、ありがとうございました。
朝早くからの長距離移動で疲れて、お礼も申し上げないままですみません。
写真は少ししかありませんが、近々アップするはず。たぶん
14日のフィルコン (chie-chei)
2011-06-20 22:26:44
かこさん、こんばんは!
14日の夜の部、私は2回のど真ん中だったんですけど、確かに左手の一角には踊って盛り上がってたファンの方たちがいましたよ^^
ヨンハ本人が舞台のソデから出てくるんじゃないかって思っちゃいました(笑)
丁度1年前に参加した横須賀のコンサートの映像も多かった。
スクリーンいっぱいのヨンハを見れて、やっぱり嬉しかったな(^^)
コメントありがとう☆ (か こ)
2011-06-21 10:10:49
九月さん
そーなんです、強く思い込んでいて失礼しました
今回の風邪はやっかいでようやく今日は咳きもとまりホッとしています。
九月さんも帰ってからも忙しく過ごされているようで
ゆっくり休めるといいのですが。。
写真、その日を楽しみに待ってまーす

chie-cheiさん
おはヨンハ
chie-cheiさん、二階ど真ん中の席だったのですね!
同じように二階席にいた友人たちからそう聞いたので
スクリーンなんだけれど本当のコンサートのように感じられて
昨年の今頃は。。と思うと切なくなったりもしますが明るく見守ってくれそうな雰囲気で良かったです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
代官山から (九月のつぶやきページ)
「婦人公論 7/7号」 夕方に見つけたので買って来ました。 ヨンハのお母さん、オ・ヨンランさんのインタビューが44ページから載っています。 あたたかい気持ちと優しさ、寂しさもちょっぴりで涙がほろほろ。 「両親が死んだら山に埋める。子どもが死んだら自分の心に埋め...