kai881と愉快な仲間たち

最近はアニメ聖地巡礼の報告とか、
あとは旅行情報等を適当に書いてるので読んでください。

サクラクエスト×のんのんびより 聖地巡礼・舞台探訪 和歌山県かつらぎ町天野の里

2017-04-29 22:42:56 | Weblog

このBLOG記事のタイトルを読んで
「ハァ?製作会社もスタッフも全然違うじゃねーか、何言ってんだコイツ?!」
と思った方も多いかと思います。
私も最初にこの事実に気がついた時にはかなり困惑してしまいました。
でも、気がついてしまったからにはBLOGに書かずにはいられなかったのですよ。
で、BLOGに書くために現地まで撮影に行ってしまったのですよ。
まぁ、自宅から車で片道2時間ほどなので、半日あれば行って帰れる場所なんですが・・・。

とにかく、順番に説明していきますので、ご一読ください。


まずは、のんのんびより1期1話に出てきたこちらのカットと比較写真を御覧ください。

天野の里地区某所
一般の住宅なので、”某所”とだけ書こうかと思いましたが、横に天野の里唯一の宿泊施設がばっちりに写ってますね。
隠しても仕方がなさそうなので、具体的に書いてしまいます。
”山荘 天の里”のある場所です。

天の里は最近建築された新しい建物です。
Googleストリートビューで見ると天の里が出来る前の状況がわかります。

SVなので作中とは若干立ち位置が違うものの、奥の方の風景も一致する事が確認できます。


で、重要なのは、この左側の住宅です。
この住宅だけ切り出してみましょう。



続いて、コレを反転してみましょう。



さらに、横幅をすこしばかり圧縮してみましょう。



ちょっと別のシーンのキャプ画を確認してみると。

あれっ?


こんな所にも同じ建物が描かれているではないですか。
(1期12話より)
作中でのサイズが小さいので、かなり荒いですが、同一の物と確認できます。




あら、こんな所にも同じ建物が。
(りぴーと6話より)


ちょっぴりほたるんに隠れてますが、こちらは横圧縮なしですね。

次に、のんのんびより作中のこの建物だけ取り出してみましょう。



突然ですが、ここでサクラクエスト3話のキャプ画を御覧ください。
会長:「感じるんじゃ!この街を!風を!」のシーンの直後です。

赤丸の中にある建物に注目。


完全に一致しました。
なんと!南砺市ではなく、和歌山県にサクラクエスト物件がありました。

なお、天野の里内の実在する建物で、サクラクエストにも登場する他の建物は確認できませんでした。
あくまで私が調査した範囲ですが・・・。

 


実在のモデルの場所は確認できませんが、他にもサクラクエストとのんのんびよりで同一の建物が使われているシーンがあります。

1期1話より

こちらの建物を抜き出して。


1期2話より

この2つの建物を抜き出して。


こちらは左右反転


上記、天野の里物件の建物を左右反転
(実際のモデルと同じ)



こちらはサクラクエスト4話のキャプ画です。


ここに上記で切り出した建物を並べてみましょう。
※PC閲覧の方は:画像クリックで拡大可能
(なお、他の画像も、ブラウザの機能で画像だけ表示にしたら大きくなります)

完全に一致ですね・・・。

 


どうやら、『間野山』という山の上には『旭丘』という丘が広がっている様子です。

ちなみに、先日少しばかりツイートしてしまいましたが・・・・。
サクラクエストとのんのんびよりの作中に同一の建物が有るということは、南砺市(その周辺)にのんのんびより物件があるのでは?
と期待して調べてみましたが、それらしき建物・モデル地は発見できず。
現実はのんのんびより物件が南砺市に絞り込まれたのではなく、サクラクエスト物件が全国津々浦々どこにあるやら分からないという事実が通告されただけでした・・・。


以上。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

のんのんびより 聖地巡礼・舞台探訪 千葉県南房総市・吉井大井戸周辺

2017-03-21 18:06:49 | 舞台訪問・聖地巡礼

 

のんのんびより千葉物件の聖地巡礼に行ってきましたのでその報告です。
細かな箇所も含めて私が確認して判明した箇所はすべて掲載しています。
周辺でさらに調査すれば他の物件も見つかるかも?
エリア的には南房総市の吉井大井戸・水車小屋付近のごく狭い範囲です。
作中では主に1期4話・12話で登場しています。

ということで、比較画像を並べておきます。



まずはこちらの一枚。
作中で直接使われていた記憶はないのですが、各種グッズ等で使われている絵です。
水車小屋南側の広い道路近くから西向きです。




吉井大井戸・水車小屋。
周囲などは多少アレンジされていますが、ほぼ一致します。



角度違い。



小屋横の小川を渡る橋。





小屋横の道路





小屋南側の広い道路付近から3カット。



小屋北側、県道交差点手前の橋梁。



小屋北側の田んぼ脇里道からの遠景。
西に向いて大ズームです。



コレに関しては一致度が微妙なので、この場所という確信は持てないんですが・・・。
上記橋梁横の里道です。



のんのんびより りぴーと 2期12話(最終回)にて登場したカットです。
こちらも小屋北側の里道より撮影。




以上です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

凪のあすから 聖地巡礼・舞台探訪 三重県熊野市新鹿町沖の海上

2016-01-12 23:27:37 | 舞台訪問・聖地巡礼

2016年1月11日に実施した第9回凪のあすからファン交流会で発表した、新鹿海岸沖物件の報告記事です。
第8回交流会の際にそれらしき建物の存在に気がついて、年末に現地調査・交流会視察を兼ねて乗船して確認しました。
海上からのみ撮影可能な角度なので、交流会で漁船をチャーターするイベントを開催しました。
凪あすのBD・DVDに同梱されている冊子のスタッフインタビューを読んだ方は気がついているかもしれませんが、美術監督の東地和生さん、美術設定の塩澤良憲さんのコメントでロケハンに関する記載があります。
東地さんのコメントでは「太平洋に面した小さい漁村に取材に行って、一般人も乗れる船に乗せてもらえた」
塩澤さんのコメントでは「漁船にも乗り込み、ムービー撮影をした」
との記載があります。この際に撮影した風景を元に背景が描かれたのだと思われます。


ということで、比較画像です。
1話でまなかを海に残して3人で陸に上がるシーン。
鴛大師の漁港の後ろ側です。


新鹿駅の少し南西側の風景です。
光の頭のすぐ横に見える建物が、凪あす背景では珍しい純日本様式・瓦屋根っぽいので、以前から実在するのでは?と思っていました。


次にこちらのカット。赤丸で囲まれた一部分だけですが、実在する町並みがモデルになっているようです。

わかりにくいのでアップで。

まなか捜索中のシーンでも使われているようです。


以前にもツイートした事がありますが、”凪のあすから 電撃20周年祭 上映PV”の造船所の後ろに楯ヶ崎っぽい物が描かれています。
こちらも海上から撮影しました。
(というか、通常の遊覧コースは楯ヶ崎がメインです・・・)




今回、船を出して下さったのは、熊野市遊木町にある有限会社ハマケン水産様です。
漁船を使った楯ヶ崎遊覧事業をされています。今回の交流会では、特別に波田須沖まで船を回したり、新鹿沖で撮影タイムを確保して頂きました。ご対応ありがとうございました。
通常の楯ヶ崎遊覧コースでも、遊木漁港を出て少し南に進んだあたりから今回の記事で発表したカットが撮影可能です。
コースのアレンジや料金に関してはハマケン水産様までお問い合わせください。

有限会社ハマケン水産
三重県熊野市遊木町101-2
TEL 0597-87-0238


以下おまけ画像です。

ハマケン水産様の浜丸


波田須沖、天女座で旗を振る紫帆さん・とんちゃん・倉原さん。


波田須駅沖です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【イベント案内】 天女座&凪あすファン 汐鹿生体験交流会 ~高知のヴィラ・サントリーニへ~

2015-12-16 22:20:47 | 舞台訪問・聖地巡礼

2016年3月20日(日) ~ 21日(月祝)
天女座&凪あすファン 汐鹿生体験交流会
 ~高知のヴィラ・サントリーニへ~ 

  第10回:凪のあすからファン交流会


凪のあすからの舞台、くまの天女座の矢吹紫帆さん(@tennyoza2014)の呼び掛けにより、凪のあすからファンの交流会を開催する事になりました。

今回は特別編として高知県にあるホテルヴィラ・サントリーニさまを貸しきって交流会を開催いたします!!
演奏希望者も随時募集中!!
 
凪のあすからで登場する海村 汐鹿生(しおししお) のモデル地はギリシャにあるサントリーニ島と言われております。

実際に現地まで訪れると、1週間の休暇と15万円近くの費用がかかってしまい、なかなか訪問するのは難しいと思います。

 そこで、高知県にあるリゾートホテル ヴィラ・サントリーニ さんに宿泊して、サントリーニの雰囲気を楽しんでもらおうと計画しております!

コスプレしての撮影も歓迎です!!(貸切なので特別にOK)

 
くまの天女座は、作中では14話~20話のオープニング冒頭に入口が出てきます。
(作中では人魚座として登場します)
この機会に是非とも凪あすの聖地での交流会にご参加ください。

  なお、このイベントは非公式なファン開催のイベントです。

今回は、リゾートホテルを貸しきることを前提に交流会を計画しております。

部屋数は14部屋、最大25名さまほど宿泊できます。
申し込みはお早めに!!
貸切可能人数に満たない場合、高知県内の別会場で交流会開催&希望者のみヴィラサントリーニで宿泊になります。


予約&問い合わせ

 先着順で宿泊者を調整中しますが、最終申し込み期限は2016年1月20日を予定

 申し込みは別途こちらの宿泊申し込みフォームに記入お願いします。

  下部に掲載している申し込み用紙を利用してFAXでの申し込みも可能です。

 お支払い条件

宿泊代金は交流会・天女座(くまの天女の会)にて管理させて頂きます。
(交流会にて全額ホテルへの支払いを予定しています)
1月20日の申し込み締め切り後、数日以内に振込先の銀行口座を連絡致します。
1月30日までにお振込みください。
(銀行口座は『くまの天女の会』の口座を用意しています)

キャンセルについて

1月20日までのキャンセルについては無料です。
それ以後のキャンセルについては以下の通りです。

●1月20日時点でヴィラサントリーニ満室貸切りが確定した場合
 基本的に返金不可です。
 但し、追加募集で当日までに他の参加者が見つかった場合は、
 お支払い頂いた金額から振込手数料を差し引いた金額を返金させて頂きます。

●1月20日時点でヴィラサントリーニ貸切りを断念した場合
 振込み前のキャンセルは無料です。
 その後のキャンセル料は以下のとおりです。

   8~4日前=20%、3日前=30%、2日前=50% 前日・当日=100%

 お支払い頂いた金額からキャンセル料・振込手数料を差し引いた金額を返金させて頂きます。

万が一、悪天候・天災その他やむを得ない事由により、交流会開催不能・宿泊不能となった場合の

 キャンセルはヴィラサントリーニ様のキャンセリポリシーを適用させて頂きます。

 今回の「凪あすファン交流会inヴィラサントリーニ」の参加費用はホテルに支払う金額のみです。

交流会運営の費用・交流会スタッフへの日当等は一切含まれていません。
費用の徴収漏れ等があれば、穴埋めは有志の交流会スタッフの私費を投入する事になります。
ご理解とご協力のほどよろしくお願い致します。

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

のんのんびより りぴーと 舞台探訪・聖地巡礼 和歌山県かつらぎ町天野の里

2015-10-07 21:17:31 | 舞台訪問・聖地巡礼

天野の里までのんのんびよりりぴーとのカット回収に行ってきました。
1期では天野の里一帯に多数の物件がありましたが、りぴーとでは少なかったですね。
(まぁ、気づいてないだけで、他にも物件があるかも)
3カットのみですが、BLOG記事にしました。



こちらは13話(最終話)に出てきたカットです。
りぴーとでは合成・改変のカットが多かったですが、ココはほぼ完全一致ですね。



こちらは丹生都比売神社、駐車場横の道です。
1期にも出ていましたが、りぴーとで出てきたほうがすこし広範囲が描かれています。
1期ではなかった電柱があります。実地にも形状は少し違うものの電柱がありますので、ココだという物証が少し増えた感じですね。



右側の農機具小屋と道路が一致です。
この農機具小屋は1期でも出ていましたが、全く違った背景で使われていたので、一応掲載しておきます。



この他にも、パーツ単位では天野の里の風景が使われいたりしましたが、記事にするほどではないかなぁと。
のんのんびよりはまだまだ未発見のカットが多いので、今後も新しい場所が見つかるといいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加