鍼灸如何に学ぶべきか~科学的鍼灸論の構築のために~

鍼灸の理論と術にかかわる初歩的・基本的な問題を中心に科学的=論理的に唯物論を把持して説(解)いて行きたい、と思います。

断食の実際〜自身を実験体としての学び〜

2016-10-31 17:26:20 | 覚え書
所謂プチ断食を行なった。自身を実験体として学ぶということの大事性実感する。

プチ断食とは、長期の断食では無く1日の断食を行うことであるが、月に一度程度のプチ断食で、コレステロール、中性脂肪等の値が改善されたり、無理の無い減量効果が得られる。

二年程前には、半年くらい継続して行なったことがあるが、諸々の事情でこのところ行なっていなかった。が、ブログで取り上げたこともあって久し振りに行なった。

何度も経験済みのプチ断食であったので、絶食が特に辛いということも無く行えた。胃腸が働かない状態であったからか、それとも空腹ということに精神が集中しているからか、近頃に無くしっかりと眠ることが出来た。

プチ断食の効果として精神的なリラックスということ、よく述べられているが、初めて実感出来るとともに、その構造もなんとなく分かれた様に思える。

何事もまず自身を実験体として分かって行かねば、と思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 取穴実技試験勉強〜取穴部位... | トップ | リハビリテーション医学の授... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

覚え書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。