JUNK GUITAR BLOG

ジャンクギターのリペア,DTM,ギター三昧BLOGです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プレ王エイド Love and Peace 2006

2006年09月21日 | BAND
本日、ついにUPしました。

プレ王エイド Love and Peace 2006

なんと総勢36人によるコラボです。演奏時間なんと31:30...(笑)


8月は、家にいる時間のほとんどを、コレに費やしたような...

私が担当したのは第1章のハードロック、Calling Your Nameの楽器MIX、ドラム打ち込み、BASS、ギターソロ(12人のうちの1人です)です。

録音環境の違う12人ものソロの音量、定位を決めるのは結構大変な作業でした。

途中アドバイスをくれた方もいらっしゃったおかげで、何とか完成にこぎつけました。

1つ惜しいのが、プレ王は20MB以上の曲のUPが出来ないため、かなり音質をおとして、何とか18MBにおさえてのUPになってしまったことですかね。
ただし、MP3PROというファイルでUPされているので、一度ダウンロードしてもらい、
http://www.all4mp3.com/tools/sw_ct_demo.html
ここから、MP3PROプレイヤーをダウンロードしてもらいコレで聴くと少し改善されるようです。

ま、音質より心意気ですわな。

で、一応、ギターに特化したBlog(ホントにそうだろうか?)なので、Calling Your Nameのギターソロの参加メンバーのご紹介。

03:22 The LACat-007
03:38 さぶ・ギタ島
03:54 J. GTR  (私ね。)
04:10 ジンリス
04:26 折原マミヲ
04:42 HS-3~♪ヽ(・∀・)ノ
04:58 kagemusha
05:14 ray9
05:30 児玉龍典
05:46 Artz(アーツ)
06:01 The LACat-007
06:18 D-BLOOD
06:32 Jay Rusnak
             (敬称略 スミマセン)

まず、圧巻はLACat氏の超絶アルペジオ(これがスィープでないからまたすごい!)から始まり、プレ王を代表するHRギタリストの競演です。

...と無理やり私も入れてますが。(笑)

みんな上手いですわ、ホント。

MIXのとき、何回も聴いてるので、全員のソロ口ずさめます(笑)

ちなみにソロの最後を飾るJay Rusnak氏はアメリカでRon Keel 率いる Iron Horse というバンドでギターを弾いてる人、つまりモノホンのLAメタルの方です。
バッキングギターもこの人が弾いてます。

ソロ聴いてもらえばわかりますが、さすがプロ、安定してます。音色も太いし。

というわけで、かなりの豪華メンバーなわけです。

一度聴いてみてください。

ただし、時間のあるときをオススメします。(笑)



コメント (3)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Freight Train By Eagle Eyes

2006年09月21日 | BAND
さて、こうやって更新することを、苦に思わない体質にしないとね。

で、今日もEagle Eyes。
Freight Trainです。

この曲、実は作ったのが、23歳の時の曲です。Sizzleであわせてますが、他の曲調と合わなかったためボツになりました。
なんか、テレキャス弾いてたら、急に思い出して録音して、LACat氏にメール。

すると、2日後くらいに、「メロディ変えたけど、怒らないで」とチャットが飛び込んできました。

聴いてみると、「うわ、かっこえ~」
LACatさん、マジすごいです。
詩の内容も、かなり感動的です。

しかも、中一日でメロディとともにこの歌詞!
LA氏ってホントすごいす!

When you wake up in the morning tomorrow
I guess I won't be there to greet your smile
Oh Mama don't you worry I'll all right
I know what there is to be out there

When you look around in the morning tomorrow
I guess you won't see me hanging around
Oh Daddy don't you worry I'll be all right
I know what I am leaving behind

*I'm going to New York, New York City
I'm gonna find out where I stand
I'm catching mid night, mid-train
I'm gonna find out where I belong

The freight train moving along
The freight train ain't no coming back
The freight train moving along
The freight train to New York City


When you hit our town in the neon light
I guess you won't see me wasting my time
Hey buddy don't you worry I'll all right
I know I will make it to the top

*I'm going to New York, New York City
I'm gonna find out where I stand
I'm catching mid night, mid-train
I'm gonna find out where I belong

The freight train moving along
The freight train ain't no coming back
The freight train moving along
The freight train to New York City

                  By The LACat-007

もうこの曲、私は歌詞でおなかいっぱいです。

使用ギターはFender J のテレ。このクランチの音もじつは、GT-8のマーシャルです。

リフは完全に左右にふり、別のフレーズ弾いてます。


ぜひ、聴いてください。   
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Darling by Eagle Eyes

2006年09月19日 | BAND
うわ~、まったく更新してないのに、まだ、100人くらい来てもらってる。

大変申し訳ないです。

で、言い訳ですが、音楽制作、マジではまってます。
パソコンには向かってるんですが、こっちの方まで手が回らないというか、気持ちが回らないというか...

でも、Eagle Eyesついに、プレ王UPされました。

今も製作中の曲が何曲もありますが、とりあえずひと段落。

プレ王のページでは、PR等せず、シンプルに曲で勝負!って感じなので、
解説はこちらのBlogで。

今日はまず、Darling
LACat氏の非常にすばらしいメロディラインを生かすためには、あんまり突拍子も無いリフではまずいだろうなぁ、と思いコードワーク中心のリフです。
使用ギターはチェスナットストラトです。

やっぱこのギター、良い音します。アンプタイプはGT-8のマーシャルハイゲインです。GT-8ではモデリングのみ使用し、空間系エフェクトはすべて、プラグインのエフェクトを使用しました。

イントロ、サビの9thのコード弾きは、左右2回弾き、広がりを持たせました。

で、気に入ってるのは、Aメロのリフ。
指弾きです。あと、よく聴くと聴こえるのですが、遠くで、ハーモニクス鳴らしてます。

Bメロのパワーコードは、Ibanezで、ガツンと歪ませてます。



で、ギターソロですが、これは正直苦労しました。
まず、どんなバックで弾こうかすごく悩みました。結局サビを除いた1コーラス(Aメロ→Bメロ)で弾きました。
今回はすべて、組み立てたソロです。アドリブではないです。
あとエンディングのソロは、LA氏が歌った後にボーカル聴きながら、録音。
ボーカルにかけた深めのディレィと絡むように弾きました。

ソロもIbanezですね。バッキングと同じマーシャルハイゲインにTS9(チューブスクリーマー)を、ONにして弾いてます。


ぜひ聴いてみてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BAND結成!!

2006年08月27日 | BAND
更新、してなかったですね~。

別に、デザインなくしてやる気なくなったわけじゃなかったんですよ。(笑)

実は、夏休み前くらいから、ものすごく音楽製作、ハマってるんです。

まず、今日まで、一番費やしたのがプレ王の、プレ王エイドHRVer.のMIXです。
なんとこの曲、私の参加したハードロックから始まり、フォーク、バラードと続く30分近くになる組曲で、総勢36人以上の人が参加したコラボなのです。

私の担当したものは、ハードロックで、ドラム打ち込み、Bass、そして、8小節のギターソロ、MIX(ボーカル除く)です。

8小節のソロはなんと私含め12人のギタリストが弾いてます。
そのソロの各エフェクト、音量、PANなどを調整するだけで、それはもうすさまじい仕事量でした。

今日作曲者である、LACat氏がヴォーカル(これも総勢8名います)をMIXしたものが完成しました。
VoのMIXの最中にも、いろいろと微調整がはいり、結構手間取りました。

でも、苦労の甲斐あり、完成度は非常に高いと思います。
まず、非常に良いメロディの曲、参加プレイヤーの非常に高い演奏力、歌唱力、そして、LACat氏と苦労したMIXと大変満足な出来栄えです。

9月にはプレ王に公開されることでしよう。


そして、もう1つの報告があります。
BANDすることになりました!!

メンバーは僕とLACat氏。

そう、ネットのバンドなんです。その曲もプレ王の合間にずっと録音してました。
もう少しで、3曲ほど完成します。

活動の場はプレ王ということになりますが、HPを新たに作ろうと思ってます。

ロサンゼルス在住のLACat氏は、非常に才能のあるひとです。ものすごく刺激を受けます。
彼とは偶然同じ歳です。聴いてきた音楽も、時代も同じですから、意見もすごく合います。

打ち合わせは、チャット使ってやってます。これが、非常に楽しいわけです(笑)

このバンドの詳細はまた後日、というか、このBlogでも随時紹介していこうと思います。


あ、あとJUNKセッション、公開します。明日、明後日と予定してます。
お待たせしてスミマセンでした。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

もう少しお待ちを

2006年08月10日 | ギターリペア
あ~なんか、Blogさぼりがちですね。

でもみなさん、このBlog、書くことがないときは、書かないって決めてるんで(書くことなければ書けないに決まってるんですが...)。

JunkセッションMIXがほとんど出来てます。応募してくださった方、もうしばらくお待ちを。

今、プレ王の多人数コラボが佳境を迎えておりまして、パソコンに向かってはいるのですが、更新のほうまで手が廻っておりません。

あ、そうだ!

コラボに参加したのが1曲UPされたんですよ。

Aint~うたってくれたArtzさんの曲です。

super player's ROCK CITY

Artzさんは、歌も上手いけど、ギターもすごく上手いです。
全部で9人のギタリストが弾いてるのですが、みんな上手いですよ。

完成の曲聴いて、出だしが私のフレーズからだったので驚きました。
というか嬉しかったですね。

10分くらいの大作ですよ。ぜひ一度聴いてみてください。
コメント (5)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加