<紙>さんLOG

「パソコンヲタクの雑記帳」
 PC/Linux系/物理・化学で遊んでいます。
思いついたことを綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

PIC(7) USB・HID/CDC

2008年06月29日 | PIC・マイコン
                                             日記@BlogRanking
 今度は、「HIDクラス」に挑戦した。
結局はマイクロチップ社のサンプルソースをDLするのだが。

その1:スタンダード(2ボタン)マウスエミュレータ
(マウスカーソルが円を描くように動くもの)

その2:インテリマウス化
(3ボタン目の追加)

その3:スクロールのエミュレーション

その4:KBのエミュレーション

PIC18F2550 を、これらUSBデバイス化するファームウェアを作るには、
「pic18Fusb.online.fr」が非常に参考になったのだが、
この Wiki は削除されたよう(フランス語はチンプンカンプンです。)

これらソースをC18でコンパイルし、tiny bootloader で書き込んで、
PICを、PCに繋ぐと、自動認識し、エミュレーションしてくれた。


 さらに、HID汎用デバイス用のファームウェアは、
「Jan Axelson's Lakeview Research」のUSBのページの中のHIDsのページ
からDLして、汎用デバイスクラスと同じ機能のものを作った。

PC側は、デバイスドライバは不要だが、
デバイスにアクセスするための関数定義は、インクルードファイルを用いた。


 さらにさらに、CDCクラスのファームウェアも、
マイクロチップ社のサンプルソースをDLする。
これを、汎用デバイスクラスのものと見比べながら修正した。

inf ファイルは添付されているので、それを使い、
PCソフトは、以前に作ってあったCOMxのIO用のものを若干修正して用いた。


 これで、PIC18F2550 をUSBデバイス化し、PCから通信することは、
3種類のクラス(汎用、CDC、HID汎用)とも一応完了した。
2月はこれで終わった。

お手数をおかけします。2クリック(投票を)お願いします ⇒ 日記@BlogRanking
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PIC(6) USB・Gen | トップ | PIC(8) 回路図 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。