映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

ゼロ・ダーク・サーティ

2013年02月16日 22時57分59秒 | 映画 さ行
評価:★★★★【4点】



彼女が見せるラストの虚脱感は前作同様胸に刺さります。
目的達成した後の帰る場所がどこなのか、、、これが切ないね~。



巨額の予算をつぎ込みながらも
一向にビンラディンの行方を掴めずにいたCIA。
そんな手詰まり感の漂うビンラディン追跡チームに、
情報収集と分析能力を買われたまだ20代半ばの
小柄な女性分析官マヤが抜擢される。
さっそくCIAのパキスタン支局へ飛んだ彼女だったが、
取り調べの過酷な現実に戸惑いを見せる。
そんなマヤの奮闘もむなしく捜査は依然困難を極め、
その間にもアルカイダによるテロで多くの命が失われていく。
そしてついに、マヤの同僚ジェシカがテロの犠牲になってしまう。
以来、個人的な感情にも突き動かされ、これまで以上に
ビンラディン追跡に執念を燃やしていくマヤだったが…。
<allcinema>



本作は、当事者の証言をもとにして作られたそうで
実際行われた作戦をスクリーンを通して観られることが何よりだ。
9,11の同時多発テロから約10年の歳月が流れ
遂に目的は達成された。

しかし、その10年間、容疑者を執拗に追い続けた結果
彼女は心身ともに酷使し過ぎたたようで最後の表情が
なんともいえない。

キャスリン・ビグローは女性でありながら
骨太な社会派ドラマを得意とし、また女性であるからこそ
ラストで主人公が見せる涙をも演出できる繊細さで
守備範囲の広さがうかがい知れる。

さて、主人公の女性はその後どうなったのか。
女性としていちばん輝く時期をすべて仕事で失ったのを
任務終了とともに気付かされるなんて切なすぎる。


【今週のツッコミ】
・鑑賞前はジェシカ・チャステイン主演は???だったけど
 最後のシーンの枯れた印象を撮るには彼女しかいなかったのかも。
 でも、最初の20代という年齢には「おいおい」でしたが。

・ビンラディンの重要連絡係を見つけた辺りから
 俄然、緊張感がアップしここからのテンポアップはグッドです。

・去年観た『ネイビーシールズ』が現役の隊員で架空の作戦。
 今回の作戦もそのネイビーシールズが参加したということで
 本作を現役の隊員使ってこの映画を作っていたらさらに高評価だったかも。

・長身で杖を使うパキスタンの重要参考人をガンダルフに例えた彼女は
 時期的に見て『LOTR』を観た後だったのね。

・前半は「ザ・拷問ショー」のテレビ番組かと思うほど^^;

・PR51とPR52のステルス型アパッチヘリはエリア51に保管されてるのね。
 あの現場で墜落させたパイロットの運転技術は如何なものかと思う。

・CIA上司の部屋のガラスに毎日マジックで経過日数を
 苛立ちながら書きなぞって行くジェシカ姐さんが怖かった。

・タオルで水攻めってそんなに苦しいの?
 その水攻め時のタオルのウンチクを『デンジャラス・ラン』で
 デンゼルがライアンに言ってたのを思い出した。

・ミリタリー系撮らせたら下手な男性監督よりも上手いキャスリン。
 こうなったら、お次もアメリカ万歳的社会派ドラマに期待します。 
------------------------------------------------
監督:キャスリン・ビグロー
脚本:マーク・ボール
撮影:グリーグ・フレイザー
音楽:アレクサンドル・デプラ


出演:ジェシカ・チャステイン/ジェイソン・クラーク/
    ジョエル・エドガートン/マーク・ストロング


『ゼロ・ダーク・サーティ』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レッド・ライト | トップ | ダイ・ハード/ラスト・デイ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジェシカのアゴ (オリーブリー)
2013-02-17 21:48:26
ワレてますね…若干、気になりました(苦笑)
これでオスカー確実なんでしょうかぁ~もっと内面を見せてくれると期待した私は、正直それほどとは思わなかったな…。

拷問シーンを描くことで、アメリカ万歳映画ではないなとは思いました。
本国から離れれば、合法だったようですが、相手がどこの誰であれ、これを正義とは思えませんものね。
(自分だったら、痛い目に合う前にすぐ吐きます^^)
そうそう、ネイビーシールズの活躍は、あちらの映画の方がハラハラしたし、リアルだったかも。
オリーブリーさんへ (ituka)
2013-02-18 21:24:08
こんばんは。
ジェシカの顎って割れてましたね(笑)
できれば、ニコールのように鼻も割れてれば完ぺきですかね~(爆)
そもそも、こういう役柄をジェシカが演じること自体、へ~!でしたが
ラストの方で、すっぴん、誇りまみれ、やつれた感などすべてひっくるめてこのひとしかいない!という感じでした。

ワタシも痛いの苦手だから即効でしかも聞かれてもないことも話してしまいそうです^^;

ネイビーシールズよりも訓練が厳しいフランス特殊部隊GIGN(ジェイジェン) の映画も観てみたいです(笑)
Unknown (あみ)
2013-02-19 08:21:32
itukaさんの記事を読むまでマヤが初め20代の設定だったとは知りませんでした!
チャステインは35歳ですから女優さんとしてはそれほど無理な設定ではないでしょうが、彼女実年齢より落ち着いて見えますものね(笑)

それから横で申し訳ありませんが、フランスの特殊部隊もの映画はハリウッドものに比べると、重くて暗くて観た後ずーん。。。となります(それでも好きですけどね。特殊部隊もの・笑)
あみさんへ (ituka)
2013-02-19 22:22:06
こんばんは。

>彼女実年齢より落ち着いて見えますものね(笑)

あみさん、優しいですね^^
ワタシだったら直接的に“老け過ぎ”と吐き捨てそうでしたので、ひと呼吸してからよく考えて言葉を選ぶようにしたいです^^
ジェシカさん35歳でしたか~(笑)←なにを笑う!^^
CIAに配属されたときが25歳でそこから10年余りってことで、女性のいちばん輝く時期に大したものですよね。

え~!フランスの特殊部隊モノって、どんより系の3拍子なんですか!
以前、ジェイソン・ステイサムが劇中台詞で自慢してたんで気になってたんですよ(笑)
長かったです (mariyon)
2013-02-26 18:28:56
途中睡魔に襲われてしまった者としては、
感想を書くのもおこがましいですが・・・。

マヤという女性の生きざまはほんとうにすごい。
もちろん、どういう女性かなんて、
具体的に写真や資料は出せるはずもないんですが
ジェシカ・チャステインの作りだしたイメージは
かなりいい線だったんではないか??
なんて思ってしまいました。

でも、ちょっと、長かった。。。(-_-;)
mariyonさんへ (ituka)
2013-02-26 20:55:12
こんばんは。
あらま~!途中で睡魔に襲われたのですね(笑)
ワタシはそこまではなかったですが、中盤辺りは若干テンポが遅い印象でしたかね^^;
でも、こういう雰囲気は好きなので一語一句見逃さないよう画面を食い入るように観てました(爆)

終盤からはネイビーシールズの活躍にワクワクモノで
暗視4点カメラの感じがエイリアンにも見えたりして笑えました(笑)
ジェシカ・チャステインは知的で高貴な印象でしたが、こういう役もやっちゃうと
逆にナオミ・ワッツの十八番を奪いそうで社会派サスペンスのキャストに変化が起こりそうです^^
 (とらねこ)
2013-04-05 19:25:58
ジェシカ・チャステイン、本当に素晴らしかったですよね!
本当にitukaさんの評価って当てになるなあと思います。
『シュガー・ラッシュ』はみんな絶賛してるんですよね。でも、吹替が辛いので、公開前から見るのを断念してしまいました。
『パラノーマン』、3.5かあ。迷うなあ…。私のtwitterのタイムラインでは、すごい評価が高いんです。
とらねこさんへ (ituka)
2013-04-06 00:23:30
こちらにもこんばんは^^
すっぴんジェシカってだけで、彼女の出てる過去作品と一線を画すモノだったと思います。
高貴な佇まいを醸し出しギリシャ彫刻のような雰囲気は同じ空気を吸っていない感じ(笑)
っていうか、ほとんど見た目の印象で言ってますけどね^^;

で、その彼女がこの映画で見事な演技をみせてくれました。

>本当にitukaさんの評価って当てになるなあと思います。

まぁ、なんて嬉しいことを!^^
これを機に、一層精進していきたいと思います(笑)
『シュガー・ラッシュ』は脚本が素晴らしいと思いますし、なにより女戦士の存在が大きかったんですよ。
多分に男性ファンを一気に取り込んだと思います(笑)

>『パラノーマン』、3.5かあ。迷うなあ…。私のtwitterのタイムラインでは、すごい評価が高いんです。

迷った場合、時間の都合が付くならご覧くださいませ~
これは物語りよりもローアングル多用した面白いカメラワークに一票入れました(笑)
☆訪問、ありがとございました☆ (TiM3)
2013-07-01 00:12:23
目立つ白い四駆で市場を走り回っとる某重要人物の行動が
ちょっと突飛過ぎてワケわかんなかったかも・・
「捕まえられるもんなら捕まえてみな!」的な
(ディカプリオ的)挑発行為だったんでしょうか?

(超高額な)ヘリを墜落させたクルー達の処分内容も気になります。米国籍剥奪?(⌒~⌒ι)
TiM3さんへ (ituka)
2013-07-01 19:42:43
こんばんは。
もうすでに白い四駆があったのかどうかさえ忘れちゃってます^^;
でも、目立っていたってことはダメですよね~(笑)
屋根に赤い×マークなんか施してたんでしょうか(それ、ジョシュくんの映画でしたかね)^^;

そうそう、あのヘリって高額らしいですね。いとも簡単に落としちゃってとっ散らかっていましたね(爆)
適当に壊して軍事産業のさらなる拡大でもネラッてるんでしょうか(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ゼロ・ダーク・サーティ』 2013年2月16日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ゼロ・ダーク・サーティ』 を鑑賞しました。 かなり見応えあり、ジェシカ・チャスティンの演技には惹きこまれる。 【ストーリー】  ビンラディンの行方を追うものの、的確な情報を得られずにいる捜索チーム。そこへ、人並み外れた情報収集力と分析力を誇るCIAアナリ...
ゼロ・ダーク・サーティ/ジェシカ・チャステイン (カノンな日々)
観る前から予告編の印象だけでこれはアカデミー賞最有力なんじゃないかな?と思えてしまうのは、やっぱりこの題材がアメリカ人の愛国心を掴みそうな気がするからなんですよね。9.11 ...
ゼロ・ダーク・サーティ (佐藤秀の徒然幻視録)
ウサーマ・ビン・ラーディン捉えたステルスウーマン 公式サイト。原題:Zero Dark Thirty。キャスリン・ビグロー監督、ジェシカ・チャスティン、ジェイソン・クラーク、ジョエル・エドガ ...
ゼロ・ダーク・サーティ / ZERO DARK THIRTY (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click   ゼロ・ダーク・サーティ:米軍軍事用語。 AM 0:30を表す。ビンラディン捕縛作戦決行の時間と言われている。 ビンラディンを追い詰めたのは、ひとりの女性だった— この驚きの実話を 「ハー...
映画:ゼロ・ダーク・サーティ ZERO DARK THIRTY 21世紀初の巨悪を執念深く追いつめる女。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
オープニングから拷問シーンで、のっけから重い重い。 そこに投入されるは、まだ20代の女性CIA分析官(写真) オサマ・ビンラディンを追いつめるべく闘う彼女の苦闘。 監督キャスリン・ビグローは演出は、事実を描いているだけに固め。 たんたんと最後の結末に向かっ...
ゼロ・ダーク・サーティ  ★★★★ (パピとママ映画のblog)
9.11テロから10年、人々のビンラディンに対する記憶も薄れようとしている2011年5月1日、アメリカのネイビーシールズがビンラディンの隠れ家を急襲し、殺害する事件が起きた。 その裏に、ひとりのCIA女性分析官の功績が大きかった事が明らかになる。本作はその分析官マヤ....
年月の重さ。『ゼロ・ダーク・サーティ』 (水曜日のシネマ日記)
911全米同時多発テロの首謀者ビンラディンの殺害計画をCIAの目線から描いた作品です。
ゼロ・ダーク・サーティ (Memoirs_of_dai)
無言の訴え 【Story】 ビンラディンの行方を追うものの的確な情報を得られずにいる捜索チーム。そこへ、人並み外れた情報収集力と分析力を誇るCIAアナリストのマヤ(ジェシカ・チャスティン)が加わる...
ゼロ・ダーク・サーティ (あーうぃ だにぇっと)
ゼロ・ダーク・サーティ@よみうりホール
ゼロ・ダーク・サーティ (Akira's VOICE)
迫真を体感。全身疲労。  
『ゼロ・ダーク・サーティ』 (こねたみっくす)
ビンラディンを追い詰めた執念が涙に変わっても、テロリストとの戦いは終わらない。 これはアメリカを賛美する映画ではありません。キャスリン・ビグロー監督がビンラディン殺害 ...
ゼロ・ダーク・サーティ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Zero Dark Thirty監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェシカ・チャステイン、ジェイソン・クラーク、ジョエル・エドガートン、ジェニファー・イーリー、マーク・ストロング
劇場鑑賞「ゼロ・ダーク・サーティ」 (日々“是”精進! ver.F)
執念と狂気の先にあるもの… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302150002/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換します...
ゼロ・ダーク・サーティ / Zero Dark Thirty (勝手に映画評)
9.11の首謀者といわれるオサマ・ビン・ラディン。彼を追い詰め、殺害に至るまでを、事実を下に描いた作品。微に入り細に入り描かれているので、機密の漏洩を疑われ大問題になったといわれる作品。 私は陰謀論者じゃ無いですが、この手の作品って、ある意味世論誘導的な意...
ゼロ・ダーク・サーティ (心のままに映画の風景)
2003年、CIAパキスタン支局に、情報分析官マヤ(ジェシカ・チャスティン)が派遣されてくる。 国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディン追跡チームには手詰まり感が漂っていたが、マヤは次第に...
映画「ゼロ・ダーク・サーティ」 (FREE TIME)
映画「ゼロ・ダーク・サーティ」を鑑賞しました。
映画「ゼロ・ダーク・サーティ」 (FREE TIME)
映画「ゼロ・ダーク・サーティ」を鑑賞しました。
[映画『ゼロ・ダーク・サーティ』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・これは、非の打ちどころの無い傑作ですな。  二時間四十分、真実に裏打ちされた硬質の物語を堪能した。  女監督 キャスリン・ビグローの、デビュー当時から変わらない執拗さが、完璧な形で表出しました。  凄い!  ちなみに、私は、反原発運動などの、安...
ゼロ・ダーク・サーティ 21世紀の最初の10年間を考える衝撃の問題作! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=12 試写会2】 この映画は是非観たかった、それをいち早く試写会で鑑賞することが出来た!(2月7日、よみうりホールにて)  2003年、パキスタンにあるCIAに情報分析官マヤが派遣されてくる。捕虜の拷問に最初は目を背けるマヤだが、次第にそんな状況に慣れていく。....
ゼロ・ダーク・サーティ ★★★☆☆ (センタのダイアリー)
ビンラディンを殺害したという報道が行われた後、ほどなくしてホワイトハウスの前は群衆で埋め尽くされ、歓喜に沸いた。 それを当時、TVで見ていた私は、人を殺して大勢で喜びの声を上げるアメリカ人を目の当たりにして、その野蛮さに幻滅したのを覚えている。 しかし...
ゼロ・ダーク・サーティ (だらだら無気力ブログ!)
凄く重厚で見応えある作品だった。
映画「ゼロ・ダーク・サーティ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ゼロ・ダーク・サーティ」観に行ってきました。2001年のアメリカ同時多発テロ事件の首謀者とされるオサマ・ビン・ラディンの所在を10年にわたって探し続け、ついに殺害...
午前零時半~『ゼロ・ダーク・サーティ』 (真紅のthinkingdays)
 ZERO DARK THIRTY  9・11以降、止まないテロ事件と行方知れずのアルカイダの首謀者、ビン・ ラディン容疑者に、CIAは苛立ちを募らせていた。パキスタン支局に派遣され た若き分...
ゼロ・ダーク・サーティ (悠雅的生活)
情報収集。殺害計画。どこへ行く。
「ゼロ・ダーク・サーティ」涙のわけ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ビンラディンを殺したことで、二度とテロは起こらないのか?
ゼロ・ダーク・サーティ/ZERO DARK THIRTY (いい加減社長の映画日記)
ビンラディン暗殺作戦が、どう展開されたのか・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 2003年、パキスタンにあるCIAの部署に情報分析官マヤが派遣されてくる。 捕虜の拷問に最初は目を背けるマヤだが、次第にそんな状況に慣れて行く。 やがてビンラディンの連絡員...
ゼロ・ダーク・サーティ (風に吹かれて)
追い続けた10年 公式サイト http://zdt.gaga.ne.jp監督: キャスリン・ピグロー  「K-19」 「ハート・ロッカー」2003年、手詰まり感の漂うパキスタンにあるCIAのビンラディ
No.338 ゼロ・ダーク・サーティ (気ままな映画生活)
2011年5月2日に実行された、国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディン捕縛・暗殺作戦の裏側を、「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督が映画化。テロリストの ...
『ゼロ・ダーク・サーティ』 スパイアクションを楽しもう (映画のブログ)
 ハリウッド映画と聞いて、芸術性の高い作品や難解で思弁的な作品を期待する人は少ないはずだ。たいていの人はハリウッドに、判り易くて面白く、手に汗握ったりワクワクする作品を求めていよう。  特にアク...
「ゼロ・ダーク・サーティ」 (或る日の出来事)
力作だと思うが、感銘は受けなかった。
いかにして ビンラディンを・・・ (笑う社会人の生活)
17日のことですが、映画「ゼロ・ダーク・サーティ」を鑑賞しました。 CIAの女性分析官マヤを主人公にビンラディン捜索チームの活躍 そして 殺害計画までの全貌が描かれる まさに「いかにビンラディンを捕らえたのか」という ドキュメンタリーのようなリアリティー 圧倒...
ゼロ・ダーク・サーティ (こんな映画見ました~)
『ゼロ・ダーク・サーティ』---ZERO DARK THIRTY---2012年(アメリカ)監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェシカ・チャステイン、ジェイソン・クラーク 、ジョエル・エドガートン 、ジェニファー・イーリー 「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督...
「ゼロ・ダーク・サーティー」 (ここなつ映画レビュー)
そろそろ2013年に鑑賞した作品の、ベストなどを決めなくてはならない…って、誰に強制された訳でもないけど、まだブログにupしてない作品が幾つかあるのでそれらをupしてから決めようっと。 という事で、「ゼロ・ダーク・サーティー」。凄い作品でした。まず、女性分...
ゼロ・ダーク・サーティ (Zero Dark Thirty) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 キャスリン・ビグロー 主演 ジェシカ・チャスティン 2012年 アメリカ映画 157分 ドラマ 採点★★★ 結局のところ真実ってのはその当事者しか知らないんですよねぇ。もちろん第三者の裏付けってのも必要ですけど、基本的には当事者の発表を「ハイ、そうなんで...