映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

アメリカン・ハッスル

2014年02月01日 23時04分18秒 | 映画 あ行
評価:★★★★【4点】



クリスチャン・ベイルの痛々しさはいつ以来だろう。
『3時10分決断の時』もこんな感じでみんなに苛められて
そりゃもう彼への同情心しか浮かばなかったというのは言い過ぎか(笑)



太鼓腹で一九分け頭のアーヴィンは、愛人にして相棒の
セクシー美女シドニーと完全犯罪を続けてきた天才詐欺師。
そんな2人はある時ついに捕まってしまう。
ところがイカれたFBI捜査官リッチーは、
もっとデカいヤマを狙ってアーヴィンに捜査協力を迫る。
こうして危険な囮捜査をするハメになったアーヴィン。
やがて彼らのまいたエサに期待以上の大物が引っかかってくる。
そんな中、嫉妬に狂ったアーヴィンの妻ロザリンの予測不能の行動が
作戦全体を混沌へと陥れてしまい…。
<allcinema>



冒頭シーンから驚いた!

70年代を象徴するかのようなクリスチャンの髪型には大きな秘密があった。
なんと!完全なるバーコードおじさんだったのだ(爆)

しかも、朝のヘアセットは女性のメイクのように
鏡を前にし、かなり慎重に行っているのか、それとも雑なのか
よくわからないというのが本音^^;

まぁ、今じゃいろんな増毛、発毛技術が発達してるから
糊を頭頂部にあんな風に塗らなくてもいいんだけどね。
生まれ変われるなら、いちどやってもらいたいものだ。

ワタシも他人事でない状態に差し掛かっているけど(笑)

さて、お話、これ非常に面白かった。

チームですべて作戦通りに進んでいたのに
自分の妻のせいですべてが水の泡になりかけたその時
『大脱出』のスタローンじゃないけど、常に“Bプラン”を考えておく。
今回は僅かしかない時間の中で一気に考えた別プランが
これがさすがなんですよ!
クリスチャンの真の詐欺師っぷりが見事に炸裂!(笑)

まさか、最後にこんなドンデン返しが待ち受けていようとは。。。


【今週のツッコミ】
・ビッチな妻VS知的愛人が対峙するところ、もの凄い迫力があった!
 ジェニファー・ローレンスの超絶ビッチ第2段は
 『世界にひとつのプレイブック』監督の演出の巧さなんでしょう。
 相性がいいんだと思いますよ(笑)

・対するチームの司令塔的立場だった知的愛人も妻を見つけて
 心穏やかではなくなった。
 ふたりは遂につかみ合いの罵り合いとなりつつ
 若干、妻の迫力が相手を上まったと思った次の瞬間
 ハグしてキスをする行為に愛人も唖然となる。(ここ斬新だった)

・出演時間こそワンシーンだったデ・ニーロ氏だが
 マフィアで殺し屋稼業してた映像のお陰でその存在感は
 ただならぬ迫力があった。
 ニセの富豪アラブ人にアラビア語で問うシーンは
 『ジャンゴ』の綴りを聞くシーンよりハラハラしたわ(笑)

・また、老人となったその姿はスコセッシ監督そっくり!(爆)
 レオとジョナ・ヒルと監督が来日した映像見たばかりだからね^^

・FBI捜査官のブラッドリー・クーパーがクリスチャン・べイルに
 オマエを本気で怒らせるならこうする!と、頭頂部の髪を剥がすところ
 あれ見て、コロッケの営業ネタを思い出す(笑)

・その役作りのため激太りしたであろうクリスチャンは
 自分の過去の映画作品のなかでも最高の体重ではなかろうか。
 ちなみに『マシニスト』との体重差が是非知りたい^^
----------------------------------------------------
監督:デヴィッド・O・ラッセル
脚本:エリック・ウォーレン・シンガー/デヴィッド・O・ラッセル/
音楽:ダニー・エルフマン



出演:クリスチャン・ベイル/ブラッドリー・クーパー/ジェレミー・レナー/
    エイミー・アダムス/ジェニファー・ローレンス/マイケル・ペーニャ/


『アメリカン・ハッスル』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんちゃって家族 | トップ | マイティ・ソー/ダーク・ワ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
髪型バトル (オリーブリー)
2014-02-03 17:24:23
面白かったなー。
イッパイ笑いたかったけど、ミリオンのお客さん、みんな大人しいもの。
それとも可笑しくなかったのか(爆)
こういうダマサれ感、気の毒感はスキ!
オリーブリーさんへ (ituka)
2014-02-03 22:16:59
港ではあちこちから笑い声出てましたよ(笑)
ワタシもブラッドリーにズルッ!とされたあのシーンで吹いちゃいました(爆)
エイミーに直されてたべイルが「(うまく修正できたか)どうだ?」の台詞に追い打ち掛けられました。

ハラハラするようなシーンはなかったけど、全体的に“してやったり!”感が爽快でした。
やはり詐欺師は法律よく知ってますね(笑)
☆詐欺師はルックス自体で欺く☆ (TiM3)
2014-02-14 00:56:07
ばんはです。

期待もそこそこでしたが、出来もそこそこでしたかね。
スクリーンで敢えて観る必要もなかったし「TVドラマでやっとけば?」って風にも感じてしまいました。

って言うか「何に期待して観に行くか」って言う部分(高揚感)がその時(鑑賞時)のワタシに欠けてたんでしょう(⌒~⌒ι)

観てるときは、ジェニファー・ローレンスの言動に対し、いちいちムカついてたけど・・後で「これはこれですごい女優さんなんやな~」と驚きました。

にしても、エイミーさん。
めっちゃ堕落したヒロインを演じてはりましたが、あの調子で「ロイス・レイン役」の続投の方は大丈夫なんでしょうか?(⌒~⌒ι)
TiM3さんへ (ituka)
2014-02-14 20:30:20
こんばんは。
基本、ドラマ主体ですから敢えて大スクリーンで観る必要はそんなにないですね^^
単に封切り直後に観ておきたい一心で映画館に直行してますが
よく考えればそんな映画が意外に多いことに気づかされます(笑)

>ジェニファー・ローレンスの言動に対し、いちいちムカついてたけど・・

そうでしょう!
ワタシは先回の『世界に一つの~』で同じ気分にさせられましたから
今回は超絶ビッチな言動も若干慣れてて普通に見られましたよ(爆)

エイミーさんの墜落加減、思いました?(爆)
まだ三十代なのにチョイと年齢以上にみえてしまいますね^^;
ロイス役、たぶん最後の妊婦挑戦となることでしょう^^;

ヘアセット (ami)
2014-02-19 00:04:00
毎朝鏡の前に5分といない私には、信じられないほど丁寧でした^^;
で、その努力を理解し、尊重してあげているシドニーはホントいい女だと思いましたよ。
私なら間違いなくブラッドリーと同じことするので(笑)

>ニセの富豪アラブ人にアラビア語で問うシーン
私はみのもんたのファイナルアンサー並にイライラしました(笑)
amiさんへ (ituka)
2014-02-19 23:36:40
こんばんは。

クリスちゃん(←その言い方やめなさい)の糊付けはチマチマやってましたね。
あのシーンは衝撃でしたけど、ちょっと長かったのでイラッとしましたよ(笑)
あんなんだったら、ローラーで塗ってしまえばいいのにね(爆)
妻よりクリスチャンのこと気遣ってるシドニーに一票あげたい(笑)

>私なら間違いなくブラッドリーと同じことするので(笑)

まあ、そうなの?^^ amiさん面白いわ~!

>私はみのもんたのファイナルアンサー並にイライラしました(笑)

ハラハラじゃなくイライラしたのね^^;
マイケル・ペーニャの無言シーンの表情に吹きそうになりましたよ(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アメリカン・ハッスル (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:American Hustle。デヴィッド・O・ラッセル監督、クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレン ...
映画『アメリカン・ハッスル』観たよ~ (よくばりアンテナ)
毎月1日は映画の日です。1000円で鑑賞できるので、 アカデミー賞ノミネート作品を2本観ちゃおうかと。 まずは1本目。 詐欺師とFBIが協力して汚職にまみれた政治家をおとり捜査で捕まえちゃおうっていう話。 実話を脚色したってことらしい。 期待してな...
アメリカン・ハッスル (悠雅的生活)
人は信じたいものを信じる。 
「アメリカン・ハッスル」American Hustle (2013 SONY=ファントム・フィルム) (事務職員へのこの1冊)
異様に太ったクリスチャン・ベイルが、禿げ上がった髪をなんとかする描写からスタート
アメリカン・ハッスル (心のままに映画の風景)
アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、相棒で愛人のシドニー(エイミー・アダムス)は、完全犯罪を続けてきた天才詐欺師だったが、ある時、FBI捜査官リッチー(ブラッドリー・クーパー)に逮捕されてしまう。 アーヴィンとシドニーは、無罪放免を条件に、カジノ利権...
映画:アメリカンハッスル American Hustle 破綻しカオス状態に陥るプロット(笑)を勝ち抜くのは誰だ?! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
話題のド真ん中にいる今作。 先日のゴールデン・グローブ賞で、作品賞、主演女優賞(アダムス)、助演女優賞(ローレンス)を受賞。 アカデミー賞では最多10部門にノミニー、それらは以下の部門。 (作品賞、監督賞、主演男・女優賞、助演男・女優賞、最優秀脚本賞、....
劇場鑑賞「アメリカン・ハッスル」 (日々“是”精進! ver.F)
最後に笑う者、泣く者は… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401310001/ [CD]O.S.T. サウンドトラック/AMERICAN HUSTLE【輸入盤】価格:1,642円(税込、送料別) 【送料無料】アメリカン・ハッスル 上 [ ロバー...
アメリカン・ハッスル/クリスチャン・ベイル (カノンな日々)
1979年のアメリカで実際に起きた政治家などの収賄スキャンダル、アブスキャム事件を題材に映画化したドラマです。アカデミー作品賞にノミネートされ日本でもにわかに注目を集めつつ ...
『アメリカン・ハッスル』 (こねたみっくす)
人は信じたいものを信じる。 詐欺師コンビがFBIに捜査強力して大物政治家を罠に嵌める爽快感はないものの、最後の最後で巧いこと詐欺師に騙されたというニンマリだけは確実に残る ...
アメリカン・ハッスル (ハリウッド映画 LOVE)
原題:American Hustle 監督:デビッド・O・ラッセル 出演:クリスチャン・ベール、 ブラッドリー・クーパー、 ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ
アメリカン・ハッスル / American Hustle (勝手に映画評)
実話を下にした作品。って言うか、作品クレジットでは“いくつかの事実を含む”と言う感じでしたかね(笑)。ちょっと、脚色が強かったと言うことでしょうか。 下敷きとしたのは、1979年にアメリカ政界に巻き起こったアブスキャム事件。詐欺師グループをおとり捜査に使った...
アメリカン・ハッスル (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 FBIに協力する詐欺師がマフィアから逃
『アメリカン・ハッスル』 2014年1月24日 明治安田生命ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アメリカン・ハッスル』 を試写会で鑑賞しました。 これはアカデミー賞を獲れるのか 私的には微妙だと思います 【ストーリー】  詐欺師アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、その相棒で愛人のシドニー(エイミー・アダムス)。彼らはFBI捜査官リッチー(ブラッド...
映画『アメリカン・ハッスル』★FBIのアメリカンな囮捜査はこんな?あ?(―_―)!! (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/162840/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。       アカデミー賞にノミネートされた、おとり捜査の話―― ということで、面白そう...
アメリカン・ハッスル (映画の話でコーヒーブレイク)
「人は見た目が9割」なんて身も蓋もないタイトルの新書がベストセラーになっていましたが、 イケメンでも服装や髪形、体型でこんなにも印象が変わるのか!っと驚きです。            「バットマン」でクールなブルースを演じるクリスチャン・....
『アメリカン・ハッスル』 (時間の無駄と言わないで)
クリスチャン・ベイルが何か物凄いコトになってる映画。 こんなに笑い所の多い作品だとは思わなかったわ。 主要人物のヘアスタイルが一九分け、パンチ、巨大リーゼント。 ヒロ ...
デヴィッド・O・ラッセル監督『アメリカン・ハッスル(American Hustle)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。アメリカで起こった収賄事件「アブスキャム事件」を基に「ファイター」「世界にひとつのプレイブック」のデヴィッド・O・ラッセル監督が映画化した『アメリカン・ハッスル(America
アメリカン・ハッスル (試写会) (風に吹かれて)
髪の毛の話題はNG (≧m≦) 公式サイト http://american-hustle.jp1月31日公開 監督: デヴィッド・O・ラッセル  「ザ・ファイター」 「世界にひとつのプレイブック」 天
アメリカン・ハッスル (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【AMERICAN HUSTLE】 2014/01/31公開 アメリカ 138分監督:デヴィッド・O・ラッセル出演:クリスチャン・ベイル 、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンス、ルイス・C・K、マイケル・ペーニャ、アレッサンドロ・ニ...
みんな自己中。『アメリカン・ハッスル』 (水曜日のシネマ日記)
政治家などの収賄スキャンダル事件を題材にしたサスペンスドラマです。
アメリカン・ハッスル/AMERICAN HUSTLE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click '70年代後半に実際に起った汚職スキャンダルを基に、FBI捜査官に捜査協力を依頼された天才詐欺師が 政治家たちにオトリ捜査を仕掛けていくドラマ。 3月発表のアカデミー賞にて、作品賞含む最多部門で...
アメリカン・ハッスル (Akira's VOICE)
真面目がいちばん!  
アメリカン・ハッスル ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
1970年代後半のアメリカを揺るがした政治家などの収賄スキャンダル、アブスキャム事件を題材にしたサスペンスドラマ。自由と引き換えに、FBIが仕掛ける悪徳政治家検挙を狙ったおとり捜査に協力させられる詐欺師たちの姿を、スリリングに映し出していく。メガホンを取るの....
映画「アメリカン・ハッスル」 (FREE TIME)
映画「アメリカン・ハッスルを鑑賞しました。
『アメリカン・ハッスル』 (My Pace, My Self)
2月は観たい映画目白押しだから時間を無駄にできないということで、公開日1000円を利用して『アメリカン・ハッスル』を観てきました。 ※以下感想です。  ネタバレありですのでご注意ください。  
アメリカン・ハッスル (悠雅的生活)
人は信じたいものを信じる。 
アメリカン・ハッスル (こんな映画見ました~)
『アメリカン・ハッスル』---AMERICAN HUSTLE---2013年(アメリカ) 監督: デヴィッド・O・ラッセル 出演: クリスチャン・ベイル 、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンストーマス・マシューズ...
「アメリカン・ハッスル」 (ここなつ映画レビュー)
アメリカらしい作品。軽快で練れていてキャラが立ってて。芸達者な役者陣に支えられて最後の最後まで楽しめる。 とはいえ「諸手を挙げて絶賛」とまではいかないのは何故なんだろう?題材も展開もすごく好きなジャンルなのにね。この監督デビッド・O・ラッセルとは相性が...
アメリカン・ハッスル (映画好きパパの鑑賞日記)
 オスカー候補の作品で、アメリカでは大ヒットしたけど、正直、テンポが自分とあわないため、今ひとつ。エイミー・アダムスの熟女の色気と、ジェニファー・ローレンスの壊れっぷりには簡単しましたが  作品情報 2013年米国映画 監督:デヴィッド・O・ラッセル ...
アメリカン・ハッスル (映画的・絵画的・音楽的)
 『アメリカン・ハッスル』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、今度のアカデミー賞にノミネートされているというので(注1)、映画館に行ってきました。  映画の冒頭は、1978年4月28日、ニューヨークにあるプラザホテル内の一室。  主人公のアーヴィン(クリ...
詐欺師/懐かしの70年代 ~『アメリカン・ハッスル』 (真紅のthinkingdays)
 American Hustle  詐欺師のアーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、その愛人にして相棒のシドニ ー(エイミー・アダムス)。完全犯罪を常としてきたふたりだったが、遂に逮捕さ れてしまう。FBI捜査官リッチー(ブラッドリー・クーパー)は、彼らに...
映画『アメリカン・ハッスル』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-17.アメリカン・ハッスル■原題:American Hustle■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:138分■料金:1,800円■観賞日:2月16日、TOHOシネマズみゆき座(日比谷) □監督・脚本:デヴィッド・O・ラッセル□脚本:エリック・ウォーレン・シンガ...
強烈なアンサンブルの強み (笑う社会人の生活)
映画「アメリカン・ハッスル」を鑑賞しました。 詐欺師アーヴィンと相棒で愛人のシドニーはFBI捜査官リッチーに逮捕されるが、無罪放免を条件におとり捜査への協力を持ち掛けられる 架空のアラブ人富豪をダシにカジノ利権に群がる政治家やマフィアを一網打尽にするという...
アメリカン・ハッスル (miaのmovie★DIARY)
アメリカン・ハッスル [レンタル落ち](2014/07/02)クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー 他商品詳細を見る 【AMERICAN HUSTLE】 制作国:アメリカ 制作年:2013年 詐欺師アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、その相棒で愛人 のシドニー(エイミー・ア...