映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

リアル映画で生活のシミュレーションをしたがる管理人のブログ

リンカーン/秘密の書

2012年11月01日 23時54分21秒 | 映画 ら行
評価:★★★☆【3,5点】


そもそも、闇の勢力ヴァンパイアの行動が無駄に遠回りしてる。

突っ込みどころ満載な作品を観せてもらいました。
実在した大統領であるためヴァンパイアという素材を
どのように政治活動と絡ませるのかがキモですかね。



第16代大統領エイブラハム・リンカーンには
知られざるもう一つ別の顔があった。
それは、人知れず勢力を拡大させていた
恐るべき吸血鬼たちを退治する
ヴァンパイア・ハンターとしての顔だった――。
貧しい開拓農民の家に生まれたリンカーンは、
幼い頃に最愛の母を失う。
その後、母の命を奪った復讐の相手が
闇の勢力=ヴァンパイアと知るリンカーン。
彼はヴァンパイアの生態をよく知るヘンリーのもとで、
ヴァンパイア・ハンターとしての修行を重ねていく。
やがて使い慣れた斧を手に
ハンターとしての活動を始めたリンカーンは、
奴隷制度が彼らの食糧供給源として
機能している実態を目の当たりにし、
奴隷解放こそがヴァンパイアとの戦いに勝つ
唯一の方法と考え、政治の道へと歩み出すのだったが…。
<allcinema>



リンカーンの母を襲ったバーツの身体能力をみれば
この世を征服することなんて容易いんではないの?(笑)

それよりも、凄腕ハンターとして実績を積んだのに
大統領になってからの話の展開がまどろっこしくて
スゴロクゲームの振り出しに戻ってるように見えてならない。

冒頭の少年期の母との別れまでは良くできていた。
そして、青年期になってからのハンターとして
修行を積み成長していく過程は『ベストキッド』のようで
見応えもあったんですが。。。(笑)

リンカーンにハンター修行させるヘンリーが、まさか!

今回、新たにヴァンパイアの特性として分かったことは
奴らは同類として生息しているものの
強制的に吸血体験されちゃったことへの憎しみという感情を
をもっていること。
これは、ゾンビとの差別化を図る意味で貴重な情報かも(笑)

これって、この映画を観るまでは
ヴァンパイアになった時点でただ単に生き血を求め
それだけのために人を襲うと思っていたのです。

しかもヴァンパイア同士は相手を傷付けられないという
なんとも面白いルールが斬新でした(笑)


【今週のツッコミ】
・リンカーンの母はヘンリーのようにならないの?
 
・南北戦争の南軍はヴァンパイア兵士だけだった?
 つまりはこれこそ、ヴァンパイアVS人間の戦争ってことか。

・前出させた母親殺しのバーツの身体能力を見て
 敢えて南軍兵士として戦争する意味が分からないね~^^;

・そもそも、大統領を主人公にする意味がどこにあったのか。
 普通の貧困層から出てきたヒーローでいいんじゃないかな。

・中盤までの青年期までは面白かったけど
 奴隷制度とヴァンパイアのこじつけは無理があり過ぎだね。

・恋人メアリーにもうひとつ魅力がなかった。
 『デスプルーフ/グラインドハウス』の黄色の
 チアガールファッションの子でしたよね(笑)
 熟年の老けメイクがダメダメでした^^;

・メイドに扮装してリンカーン宅に忍び込む女ヴァンパイア。
 なんでそんな回りくどいことやってるの。
 正面突破で普通に解決しないか?

・リンカーン大統領の若かりし頃というよりも
 『96時間』のリーアム・ニーソンの若かりし頃って感じ(爆)

・師匠で友人のヘンリーくんは永遠のスカウトマンですね。
 まさか、現代劇になって続編あるの?
 全米でコケたのでそれはないか^^;
------------------------------------------
監督:ティムール・ベクマンベトフ
脚本:セス・グレアム=スミス/サイモン・キンバーグ
撮影:キャレブ・デシャネル
音楽:ヘンリー・ジャックマン


出演:ベンジャミン・ウォーカー/ドミニク・クーパー/アンソニー・マッキー/
    メアリー・エリザベス・ウィンステッド/ルーファス・シーウェル


『リンカーン/秘密の書』



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シャドー・チェイサー | トップ | のぼうの城 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おっ! (ひろちゃん)
2012-11-03 22:47:32
珍しく点数が同じです(笑)

>・リンカーンの母はヘンリーのようにならないの?

って言うか、ヴァンパイアに噛まれたら、みんなヴァンパイアになるって思っていましたが、この映画観るとそうでもないみたいですね(^_^;)
私なりに考えた結論ですが、全部、あるいはほとんど血を吸われたら死んで、ただ噛まれたくらいならヴァンパイアになるというのはいかがでしょうか?(笑)

アメリカで大コケとのことですので、続編はできないですよね(苦笑)
ひろちゃんへ (ituka)
2012-11-03 23:50:27
こんばんは。
そうそう、点数同じでしたね(笑)
ヴァンパイア血栓というか噛まれたらウィルス感染のように、みな同類になるとばかり思ってたので
母の件はショックでなりません(←おいおい)^^;
ということは存在感のなかったリンカーンの息子も蘇らないってことですね。

ひろちゃんの見解に同意します。

大コケしちゃいましたね。
こうしてみると、ティムール・ベクマンベトフ監督も『ウォンテッド』以降、目立ったヒット作がないのが淋しいです^^;
こんばんは (オリーブリー)
2012-11-08 23:30:13
アクションだけが浮いた感じはしましたが、(リンカーンが相手だと)(暗殺前にひと噛みされるとか)内容を彫り下げる勇気もないんでしょうねぇ~(苦笑)
ティム・バートン版、「猿の惑星」のラスト、リンカーン記念館の坐像の顔みたいに、ふざける(?)こともできなかったのね~~なーーんて(笑)
でもなんちゅーか、この主役がね、、、
魅力なしで中途半端でした!
バートンらしさ (mariyon)
2012-11-09 22:06:41
ヴァンパイア映画好きですが、これはやっぱ、アクション映画ですね。
バートンさんは、アクションより世界観だと思うんですが。

>あるいはほとんど血を吸われたら死んで、ただ噛まれたくらいならヴァンパイアになる

ある解釈では、血を吸われただけでは死ですが、
生気を吹き込まれると仲間になるというのもあります。
そのエナジーが薄いと、ヴァンパイアとしての強さがなくなるというのも・・・。
また、ただ銀がヴァンパイアを殺すのでなく、
銀に宿る信仰心が致命傷となる。

あと、ヴァンパイアになったこと自体を憎むというのは
「インタヴューウィズヴァンパイア」などでもそうですが、
多いぱたーんではないでしょうか?
死ぬこともできない。。。という嘆き。

ヴァンパイア同志、傷つけあうことができないってのは
あまり聞かない気がします。

お粗末でした。
オリーブリーさんへ (ituka)
2012-11-09 22:27:30
こんばんは。
お~!マーク・ウォールバーグ版ですね。
彼はお猿フェイスなのでオファーがあったのでしょうか(こら)^^;
ラストでリンカーン像破壊されてましたよね。

本作、ティムール監督とバートンプロデューサーのどちらが権限あったのか知りたいところです(笑)
特にリンカーンを持ってくる必要性を感じなかったです。

主役の青年が大統領になってからのメイクに(ってそうなの?)
特殊メイクで顔の輪郭が変わってるぞ!と驚きました^^

どちらにせよ、話の展開をもうちょっと捻ってほしかったです。
mariyonさんへ (ituka)
2012-11-09 23:01:09
こんばんは。

>銀に宿る信仰心が致命傷となる。

お~!そういうことだったのですね。
本作は町中の銀をかき集めてたのを見て、銀という物質がヴァンパイアの体内で化学変化を起こすと
そんな風に思ってましたよ^^;
いや、ずっと今の今までそう思ってたので、これは目からウロコ(笑)

>死ぬこともできない。。。という嘆き。

そうそう、これはよく聞くヴァンパイア独自の哀しき理論ですよね!
若いままでずっと生きられるのが羨ましいと思ってたから衝撃でした。
また、ヴァンパイアになった時点から成長しないというのも本当でしょうか。
『200歳の少女』『モールス』なんかだと小学生ですもんね。

>ヴァンパイア同志、傷つけあうことができないってのは
>あまり聞かない気がします。

これは、今回の世界観独自のモノだったかもしれませんね。
君らの体には強力なマグネットでも入ってるんかい!でしたよ(笑)
☆記事アップ、遅れてます~☆ (TiM3)
2012-11-20 23:33:59
どもです~

時間も体力も激減してます~

今夏以降の劇場鑑賞本数ってば、月1、2本ぐらいのペースになりそう、、

まぁ、生活リズムが変わりましたから。。

本作では、美男子なヴァンパイアの少ない事に驚きました(=^_^=)

主人公の親友に関し、裏切ったように見せかけて・・みたいな展開がありましたが、余り友情を強調してるワケでもないし、何だか薄い人物像でしたねぇ・・

ただ、手斧をグルグル振り回すアクションだけは素晴らしかった! 往年の堺正章を思い出しました(=^_^=)
TiM3さんへ (ituka)
2012-11-21 23:29:31
こんばんは。
仕事関係でかなり忙しいのでしょうか。
あまり無理をなさらないよう体調には気を付けてくださいね^^

近年のヴァンパイア映画にしては見た目がモンスター化されて美形男子いなかったですね(笑)
兵隊なんかほとんどゾンビっぽかったし^^;

>主人公の親友に関し、裏切ったように見せかけて・・

そうそう、彼の行動に結局は優勢な方に付くチャラ男かよ!でした。
でもまぁ、そこをいい意味で裏切ってくれたのでホッとしました。

>ただ、手斧をグルグル振り回すアクションだけは素晴らしかった! 
>往年の堺正章を思い出しました(=^_^=)

もしかしたら、モンキー役のアレでしょうか(笑)
そういや、この前の映画でコンビニ強盗してましたよ(こらこら)^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
[映画『リンカーン/秘密の書』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆この映画は、あまりにも予告編を見過ぎて、それだけでおなか一杯になっていたのだが、  今日公開作品で一番に見たかった「パラノーマル・アクティビティ4」は、高3の姪っ子と見に行く約束になっていたので、まあ、『リンカーン/秘密の書』は大作アクションでもある...
劇場鑑賞「リンカーン/秘密の書」 (日々“是”精進! ver.F)
大統領は、ヴァンパイアハンター… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211010003/ ポスタ- A4 パターンC リンカーン 秘密の書 光沢プリント写真フォトスタ...
リンカーン/秘密の書 (Memoirs_of_dai)
インディアン=ヴァンパイア? 【Story】 母親が人々を襲うヴァンパイア集団に殺されたことを知ったエイブラハム・リンカーン(ベンジャミン・ウォーカー)は、リベンジを果たそうとおのを駆使した戦闘...
『リンカーン/秘密の書』 2012年10月23日 UDXシアター (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『リンカーン/秘密の書』 を試写会で鑑賞しました。 UDXシアターは初めて行きましたが、中々綺麗で良かったです。 でも、なぜか、今日の3Dは画面が曇っているような、光っているようなとても観づらかった 使い捨てっぽいメガネだし回収せずにわたした方がよさそうな...
リンカーン/秘密の書 (佐藤秀の徒然幻視録)
ヴァンパイアはインディアンのこと? 公式サイト。原題:Abraham Lincoln:Vampire Hunter。ティム・バートン製作、ティムール・ベクマンベトフ監督、ベンジャミン・ウォーカー、ドミニク・クー ...
リンカーン/秘密の書/ベンジャミン・ウォーカー (カノンな日々)
鬼才ティム・バートンが製作を担当し『ナイト・ウォッチ』ののティムール・ベクマンベトフが監督を務めたアクション・ヴァンパイア・ムービーです。しかし、ホントにヴァンパイア ...
リンカーン/秘密の書 (Akira's VOICE)
期待値に応えてくれなかったよ・・・  
リンカーン/秘密の書 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【ABRAHAM LINCOLN: VAMPIRE HUNTER】 2012/11/01公開 アメリカ PG12 105分監督:ティムール・ベクマンベトフ出演:ベンジャミン・ウォーカー、ドミニク・クーパー、アンソニー・マッキー、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ルーファス・シーウェル、マートン・ソ...
『リンカーン/秘密の書』 (ラムの大通り)
(原題:Abraham Lincoln : Vampire Hunter) ----『リンカーン/秘密の書』って、 これ、ミステリーか、なにかニャの?。 「やはり、そう思ったか。 ぼくも、ミステリーとまではいかなくとも ニコラス・ケイジが主演した『ナショナル・トレジャー』 『ナショナル・トレ...
映画「リンカーン/秘密の書(3D版)」 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「リンカーン/秘密の書」観に行ってきました。映画「ダーク・シャドウ」のティム・バートンが製作を、2008年公開のアクション映画「ウォンテッド」のティムール・ベクマン...
リンカーン/秘密の書 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Abraham Lincoln: Vampire Hunter監督:ティムール・ベクマンベトフ出演:ベンジャミン・ウォーカー、ドミニク・クーパー、アンソニー・マッキー、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ルーファス・シーウェルスピルバーグの「リンカーン」を知らなくて、いきな...
リンカーン/秘密の書 (だらだら無気力ブログ!)
そっか、南軍にアレが兵士として加わってたら、そりゃなかなか勝てないわ。
★リンカーン/秘密の書(2012)★ (Cinema Collection 2)
ABRAHAM LINCOLN: VAMPIRE HUNTER 昼は大統領 夜はハンター あの大統領には、 若き日から挑み続けた 誰も知らない戦いがあった――。   上映時間 105分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2012/11/01 ジャンル アクション/ファンタジー/ホラー ...
リンカーン / 秘密の書 (風に吹かれて)
パンパイアと戦う大統領公式サイト http://www.foxmovies.jp/lincoln3D原作: ヴァンパイア・ハンター・リンカーン (セス・グレアム=スミス著/新書館)製作: ティム・バー
リンカーン 秘密の書 (そーれりぽーと)
エイブラハム・バンパイアハンター・リンカーン! トンデモ映画『リンカーン 秘密の書』を観てきました。 ★ リンカーンじゃなくても良くない? あの日記自体この映画の中で全く重要なものとして描かれてないし、「秘密の書」って邦題のサブタイトルもおかし過ぎない? ...
リンカーン 秘密の書 <ネタバレあり> (HAPPY MANIA)
  11月4日(日)に観に行ってきました   2D字幕にて鑑賞です   観終わった後に思ったのは 3Dやったら 馬の上での対決や 列車の上での対決シーンは   すっごい迫力やったやろなぁ~って。 他は2Dでも十分に楽しめましたよ...
リンカーン/秘密の書★★★.5 (パピとママ映画のblog)
ジョニー・デップとのタッグでおなじみのティム・バートンが製作を務め、『ウォンテッド』のティムール・ベクマンベトフがメガホンを取ったアクション。第16代アメリカ合衆国大統領のエイブラハム・リンカーンがヴァンパイアを退治するハンターだったという奇想天外な設....
リンカーン/秘密の書/ABRAHAM LINCOLN:VAMPIRE HUNTER (いい加減社長の映画日記)
ちょっと面白そうな設定だったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 幼い頃に母を亡くしたエイブラハム・リンカーンは、母を殺した男の正体ががヴァンパイアだったということを知る。 母の復讐を果たすためヴァンパイア・ハンターとなったリンカーンは、夜...
リンカーン/秘密の書 (心のままに映画の風景)
貧しい開拓農民の家に生まれたリンカーン(ベンジャミン・ウォーカー)は、母の命を奪ったヴァンパイア集団に復讐を誓う。 ヴァンパイアの生態をよく知るヘンリー(ドミニク・クーパー)と出会い、使い慣...
「リンカーン / 秘密の書」大統領、暴れる(^^;。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[リンカーン大統領] ブログ村キーワード  勝手に開催!“秋のリンカーン大統領祭り”。第1弾(?)の「声をかくす人」に続く第2弾は、「リンカーン / 秘密の書」(20世紀フォックス映画)。「声をかくす人」は、実話を基にした“感動ヒューマン・ドラマ”でございましたが、...
[☆☆★★★][映画]「リンカーン/秘密の書」感想 (流浪の狂人ブログ~旅路より~)
 セス・グレアム=スミス原作「ヴァンパイアハンター・リンカーン」を、「ナイトウォッチ」「デイウォッチ」のティムール・ベクマンベトフ監督、「愛についてのキンゼイ・レポート」のベンジャミン・ウォーカー主演で3D映画化。第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハ...
映画『リンカーン/秘密の書3D』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-88.リンカーン/秘密の書3D■原題:Abraham Lincoln Vampire Hunter■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:105分■字幕:松浦美奈■観賞日:11月14日、TOHOシネマズ渋谷■料金:1,300円 □監督・製作:ティムール・ベクマンベトフ◆ベンジャミ...
リンカーン/秘密の書 (銀幕大帝α)
ABRAHAM LINCOLN: VAMPIRE HUNTER 2012年 アメリカ 105分 アクション/ファンタジー/ホラー PG12 劇場公開(2012/11/01) 監督:ティムール・ベクマンベトフ『ウォンテッド』 製作: ティム・バートン ティムール・ベクマンベトフ 原作:セス・グレアム=スミ....
リンカーン/秘密の書 (いやいやえん)
あの南北戦争で合衆国の分裂を食い止め、奴隷解放を成し遂げた第16代合衆国大統領エイブラハム・リンカーンが、実はヴァンパイア・ハンターだったという奇想天外なアクションもの。アメリカの歴史の復習なんかはいりません、斧を使ってバッタバタとヴァンパイアを倒し...