市川稔の米(マイ)情報

市川稔が感じたこと、想うことを随時更新します。米の生産、流通、消費、行政など。
グルメ、クルマも。

安売りの末路

2006年04月26日 06時01分18秒 | Weblog
耐震構造偽装問題。

なぜあんなことが実際に起きたのだろうか?

やって良いこと、絶対にやってはいけないこと。ある意味、その線引きがあるとしたら、普通の神経ではやらない、出来ないことですね。

日本人として恥ずかしいです。

実際の構造計算を偽装した建築士は「コンピューターソフト」をギソウしたようですから、出てきた答えが正常であれば、建築確認機関も見逃したかも知れない。

建築確認業務も民間参入になり競争をしているわけで「早い安い」という、どこかで聞いたようなことを「ウリモノ」にしますね。

主に工事を請け負っていた建設会社は、売上高は県内一を誇っていたようですが、実際は赤字会社であった。

工期が「早い安い」というのが「ウリモノ」であったわけです。

また、ビジネスホテルの経営コンサルも、その工法(そんなデタラメは工法とは言えませんが)を使うよう指示してことも明るみになっています。

マンション販売業者は「広くて安い」ことを「ウリモノ」にしていました。

出てくるのは、安い、安い、安い、コスト、コスト、コストです。

事件の全貌はようやく明らかになっていくでしょうが、

ひとつの見方として、

ある人とのメールのやるとりで「安売りの末路」ではないかと・・・・


ノウハウのない価格競争は、破滅を意味します。

自社の「ウリモノ」は何か?

価格というものは大きな「ウリモノ」になることは間違いありませんが、単なる安売りではいけません。

米業界も、普通の米ではありえない価格が横行しています。
10kg1,680円とか。1,980円とか・・・。
くず米や選別後の米など・・・。
大手量販店では、まともなコシヒカリを小売価格税込み3千円以下での販売と、目を覆うような価格も出てきています。

どこかが損をして商いしています。

こりゃ、やばいでっせ。

自社の ウリモノ な何か?

それを明確にして、徹底的に磨いて行きたいものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 精米のこと | トップ | 地域団体商標制度 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。