INULAB

犬童千絵/Chie Inudo/漫画業の近況報告など。

最近の掲載情報です

2017年04月03日 | 掲載情報
●芸文社さま刊「建機グラフィックス」
「なでしこオペレーター」コーナー挿絵
最新号の建機グラフィックス6は3月31日に発売されています。
「なでしこオペレーター」は毎号現場で働く素敵な女性オペレーターを紹介するコーナーです。
ムックそのものもDVD付きで毎号見ごたえばっちりですよ。


●「碧いホルスの瞳」はハルタで隔月連載中です。
最新話はハルタ vol.41 2017-FEB
次は今月15日発売のハルタ43号掲載です。
よろしくお願いします。

●単行本3巻は5月15日発売予定です。

この記事をはてなブックマークに追加

リーヴル・パリ

2017年04月01日 | その他
フランス語版を出版していただいているKi-oon Éditionsさんよりご招待いただき、
先月24日~27日の4日間開催されるパリのメガブックフェア「リーヴル・パリ」に参加して参りました。

目まぐるしくも大興奮の日々だったので一部写真と共にご報告を。

リーヴル・パリそのものがワールドクラスの大きな出版イベントで、各地から
オシャレでかっこいいブースが立ち並び素敵な本が展示販売されていて、非常に見ごたえのあるイベントです。
モロッコやアフリカなどのブースも大変賑わっていました。

こちらがki-oonさんのブースです。


どうです。このブースのインパクト。
自分の作品でなくても思わず二度見します。これ。

映像も流れてます。


複製原画の展示コーナーも。




奥の机で三日間、サイン会をさせていただきました。
ブースの仕様を見ての通り、普段漫画を読まない方も「なんだこれは」と
思うようなスペースだったので、他の書店で買っていただいた読者さんだけでなく
通りがかって手に取ってくださった方も多くいらっしゃったそうです。
有難うございます。


ホルス仕様の紙袋!



三日目には絵を描きながらトークする時間なども。



同日にサイン会をされていたフランスの漫画家、SHONENさんに
シェプストを描いていただきました。マグニフィセント。


翻訳してくださったフェドゥアさんには手作りのお菓子と
箱にキュートなイラストまで描いていただきました。




読者の方からのイラストも!
皆さん、上手くないですか…。素敵。宝物にします。

普段はなかなか、作品のテーマやディテールについて
自分の口で説明する機会や
読者の方と接する機会そのものがないので新鮮だったのと
世界の方と自分の作品を切っ掛けに出会えた事に
ひたすら感激しておりました。
素晴らしい機会を頂いて感謝の一言です!
社長のアメッドさん、滞在中アテンドしてくださったキムさん、マイさん、
そしてki-oonの皆さん、同行してくれた担当の森岡さん、本当に有難うございます。


この記事をはてなブックマークに追加

仏語版のお知らせ

2017年03月09日 | その他


お久しぶりです。
本日、Ki-oon(キューン)さんより
「碧いホルスの瞳」フランス語版が発売されるそうです。
特設ページも作っていただいています(サイト外リンク)
仏語版のタイトルは「Reine d’Égypte」(エジプトの女王)です。ロゴが素敵。

CM用に動画(サイト外リンク)も作っていただいたんですよ。絵が動く。すごい!

有り難い事に今月下旬にパリで開催されるサロン・ド・リブレというイベントにもご招待いただきましたので
行ってまいります。
ザ・エジプト!感溢れるブースなども用意いただいているようで、
緊張しますがとても楽しみです。

この記事をはてなブックマークに追加

最近のラフ

2017年01月15日 | その他



去年初冬ごろのらくがき一部です。

この記事をはてなブックマークに追加

最新刊のお知らせ

2017年01月01日 | 単行本のお知らせ
年10回発行、熱い漫画雑誌「ハルタ」で
「碧いホルスの瞳-男装の女王の物語-」を連載中です。
ペースは隔月、偶数月発売号に掲載されております。
ハルタ本誌を書店でお探しの際は↓このロゴを目印に!!



書籍扱いの雑誌なのでバックナンバーも比較的入手しやすいようです。
読み応えたっぷりの漫画誌です。ぜひ皆さんのご家庭にも。


「碧いホルスの瞳」第二巻まで現在発売中です。


全国書店などでお求め下さい。


この記事をはてなブックマークに追加