魔法のサプライズのビアン秘密発覚

あなただけ驚愕な魔法のサプライズのビアン秘密発覚

天然化粧品

2012-08-26 14:34:36 | 日記
天然化粧品として、純度を高めるには、かなりのコストがかかります。

わきの毛は、一定の方向に生えているように見えますが、実のところ、いろいろな方向に向けて生えています。

スポンジにつけて、なじませてから使いましょう。

なぜなら、簡単に抜けることで、トラブルになったときの範囲が大きくなるからです。

そして、肌には、血液が行き渡らなくなるので、肌荒れをおこしてしまうのです。

そうすると、肌の弾力が失われ、シワができてしまうのです。

過度なダイエットで栄養が不足したり、喫煙によって血行が悪くなったりすると、基底層に栄養や酸素がいきわたらず、肌の再生が妨げられてしまいます。

しかし、睡眠中は、脳の活動が休止され、皮膚に血液がゆきわたるようになるのです。

まずひとつに、ビタミンC誘導体配合の化粧水を使うことです。

つまり角質層に傷をつけてしまうことになるのです。

雀卵班は、一般的にソバカスと呼ばれるもので、10歳前後からではじまり、小さな斑点が鼻を中心にできる遺伝によるものです。

表面だけ、しっとりするかもしれませんが、浸透するわけではありません。

ノンケミカルの日焼け止めは、紫外線を散乱するための白い粉のようなものを含んでいます。

しかし、どのような対策をすれば予防できるのでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皮脂の分泌

2012-08-19 13:52:32 | 日記
皮脂の分泌は、気温が高くなると多くなり、女性の場合、排卵期から生理が始まるまで、男性ホルモンの作用が強くなるので皮脂が増えます。

エストロゲンが減少する更年期には、心身ともにさまざまな症状があらわれてきます。

睡眠時間は、美肌のために、十分とることをおススメします。

仕事の疲れやストレスがたまったときは、積極的に運動をすることをおススメします。

クレンジングを使用し、メイクと肌の汚れをしっかり落とします。

動脈硬化が進むと、体だけではなく、肌の老化も進めてしまうことになります。

自覚症状がないため、「まさか、わたしの血管が…」、「今、何も症状がないから」との油断は禁物です。

クレンジングには、オイル、ジェル、ミルク、クリーム、ローションなどの種類があります。

老化予防には、ビタミンEが効果的です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見るのが怖い電気代

2012-08-09 09:35:11 | 日記
毎日の猛暑で一日中エアコンを付けっぱなしと言う方も多いのではないでしょうか。

私も出来るだけエアコンを使わないようにしていましたが、最近は本当に暑くてエアコンなしでは生きていけない状況になっています。

でもエアコンを付けっぱなしで寝るのは体にはあまり良くないと聞いた事があるので、寝る時はエアコンを消して、氷枕や冷えピタを使って暑さ対策をしています。

エアコンを付けないで熱中症になっても困るので、その他の電気を出来るだけ使わないようにして電気代を節約しようとしています。

家族全員で心がけているのは使わない電気のコンセントを抜く事です。

電気を使っていなくてもコンセントにさしておくだけで微量の電気を使っているので、コンセントを抜くだけでも少しの節約になります。

そしてエアコンは出来るだけ一つの部屋で付けて、エアコンのついている部屋にみんなでいるようにしています。

各部屋でエアコンを使っているのは本当に電気代がかかるし、勿体ない事です。

最近では暑いのでお風呂はシャワーの日々が続いています。

お風呂に浸かるのは1週間に2回から3回なのでこれで電気代も節約出来ていると思います。

今月分の電気代は先月分よりも少しだけでも安くなっている事を願います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

更年期について

2012-08-03 10:11:40 | 日記
閉経をはさんだ、前後数年の時期を更年期といいます。

50歳前後に閉経する人が多いですが、これも個人差があり、早い人ですと40歳代前半に閉経する人もいれば、50歳代後半まで月経がある人もいます。

更年期になると、卵巣の機能が低下衣し、エストロゲンという女性ホルモンが減少し、ホルモンのバランスが崩れ、月経周期の乱れや、いろいろな不調がでてきます。

更年期障害の症状は、個人差があり、ほてり、のぼせ、イライラ感、くよくよしてしまう、発汗、動悸、頭痛、めまいなど、身体的にも、精神的に変化があらわれます。

これらの症状が酷く、日常生活に支障をきたす場合を更年期障害といいます。

更年期は、女性ならば、誰しもに訪れるものです。

この時期になると、いろいろな面で、年齢を感じることがありますが、子育てなどひと段落したり、時間や経済的にもゆとりができる熟年の世代ともいえるので、おおいに楽しむようにしたいものです。

女性の平均寿命が延び、閉経後も30年近く生きる時代です。

更年期を、どのように過ごすかで、その後の人生が変わってくることもあります。

前向きに考えて、第二の人生をスタートさせましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加