松永博史の日記

僕の日常を、その日の気分で書き綴るプライベートな日記です
(更新はかなり不定期です)
画像等の無断転載はご遠慮下さい

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「少しはみ出て殴られた」

2012-10-15 23:18:38 | Weblog
舞台ご出演情報(^O^)/

「少しはみ出て殴られた」

DDD AOYAMA CROSS THEATER(渋谷・表参道)
東京都渋谷区渋谷1-3-3 SIA 青山ビルディング B1F
作:土田英生
演出:松本祐子
出演:須賀健太/竹内寿/柳原聖(カルマライン)/前田公輝/八戸亮/
石垣佑磨/内田朝陽/松永博史

公式HP
http://www.gingeki.jp/special/haminagu/

管理人マツジュン
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

舞台

2008-03-29 11:53:25 | Weblog
無事に終了しました。

とにかくハードでした。
いろんな感情を抑えきれずに、女の子は殆ど泣いてましたね…
俺も久しぶりの舞台だったのでちょっと心配でした。
10年振り?だと思う。
あの時と求められる事が違うし大きいし…


舞台本番前に演出家が客席中央から話しがあった。

「3週間お疲れさまでした。
厳しくするのが俺の仕事だから
舞台に立ったら役者の物だから
稽古通り一生懸命やって下さい」

若い役者達は、
ここでは表現できない位、演出家と戦っていたし、よく耐えたと思う。

しかし、出来なかった子を出来るようにさせるって事は凄いと思う。
演出家って簡単にいうけど、人を変えちゃう…凄いパワーだと思う。
役者も何くそ!と思って決して負けなかった。

稽古終わってのお酒
舞台終わってのお酒
の美味かった事、楽しかった事…
酔っ払って訳の分からない駅からタクシーで何回も帰った事…
身体がボロボロだから酔いが速くて。

今回は未成年がいっぱいいたので、
打ち上げ前に、二階堂さんと甘い物の食べ放題に連れて行ってあげた。
喜んでくれた顔がとても可愛くて、
とてもさっきまで舞台に立ってたと思えない!
俺達の十代では考えられない。
凄い子達でした。

ファンの方も大阪、京都、長野から来てくれたり、
二回観てくれたファンの方もいた。

皆様有り難うございました!
また舞台やりたいです!

仕事情報はマネージャーの許可が出たら報告します。

これからも宜しくお願いします!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

終演後

2008-03-21 00:02:12 | Weblog
今日から舞台始まりました。

劇場に足を運んで頂いた方、
ホリプロのマネージャーのカワゴイシに、
「松永に用がある」
と言って頂ければ、終演後お話し出来ますので、
気軽にホリプロのマネージャーを呼んで下さい。

舞台ならではのコミュニケーションなので遠慮なく!

今井さん、高木さん、古橋さん今日は有り難うございました!
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

2008-02-26 17:33:36

2008-02-26 17:33:36 | Weblog
かなりのご無沙汰です!

今、タレントの発言が世間を騒がす事が多いみたいです。
特にブログなどは、マネージャーに一度見て貰って、
載せていいという許可がないと駄目みたいです。
当然これもそう。

今、映画の撮影終わって、久しぶりに舞台に上がる事になったんですが、
まだ題名を言えません。

何だか便利な世の中になったけど、不便な事も出てきましたね…
情報を漏らしたり、人を中傷したりする事が原因の一つかと思いますが…
携帯も凄い便利で、自分はパソコンより携帯を活用してるのですが、
昔公衆電話に入る時に前の人が長くてね、
いつ終わるんだよ~
みたいな光景がよくあったな~。
公衆電話も、今思うと衛生的に良くなかったですね…
色々な人が受話器で話してるからね…。

今からマネージャーにブログの審査をして貰います。
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2008-01-01 01:41:54 | Weblog
あけましておめでとうございます!
今年も宜しくお願いします!
CMも流れます。
少しづつ今までやってない事をやって行きたいと思います!
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

電車

2007-12-29 14:43:56 | Weblog
ちょっと風邪気味だったので、マスクして電車に乗った。
使い捨てのマスクが主流のなか、昔ながらのマスクが少なくなりましたね!
帽子を被り眼鏡をかけてマスクをしてると、
ちょっと…変な人に間違えられるかも…
怪しく見えますからね。

意外と満員電車に乗る事がない。

ギュウギュウで大変。
用意していた本なんて読むどころか、つり革を掴むので精一杯。
混んでくると、マスクをしてるせいか息苦しい。
少しでも菌を受けたくないからマスクをしたけど、何だか逆効果。

鼻息が荒いらしく、背中を向けた女性がこちらを怪訝そうに見る。
顔半分だけでもそう見える。

多分、痴漢に間違えられてるな…。

そして追い討ちをかけるように乗客が増える。
絶対に俺の身体が女性に当たらないようにしているが、
つり革と右手、いや右手の指だけで自分を守っている。

うぅぅ辛い…

つり革から指が離れる…
痴漢と思われたくない為にしてる行動の為、変な態勢になってるが、
つり革からつり革の上の棒に手を移動しよう!
棒の下を指がかすめて男性の肩をひっぱたく形になってしまった…

女性は何この人とかなり怪訝さがましていた。
男性にすいませんと謝り、駅を降りるまでひたすら我慢。

次だな…
まさか山手線に乗らないよな?
女性を追い越してホームに向かった。
下にいたらその女性は降りてきた!
良かった先に追い越して…

目があった瞬間、全く逆の方向に走って行った。

マスクと帽子は怪しいです。
結構電車乗って嫌な思いしてる人いるでしょうね…。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

携帯電話は肌身離さず。

2007-12-06 19:21:25 | Weblog
ロケ中にトイレに行きたくなったので、目の前のビルに入った。

「トイレどこですか?」
と社員の方に聞いた。
…じっとこちらを見てるので、
『怪しまれてるな…』
今、色々な事件もあるから、
『トイレも分からない奴が何故ここに…』
そんな事を考えた。

さぁ~帰ろうとエレベーター前に着いたら、さっきの社員がいた。
「あ、どうもありがとうございました!」
と、ビックリ爽やかな顔で下の階を押したら、
「松永さん?松永さんですよね?」
実に18年ぶりに再開した!
後輩のいとこだった。
「こんな所で会うなんて」みたいな話しを結構した。

『そろそろ戻らないと…』
下のエレベーターが何回も降りて行った。
アドレスを交換して急いで戻ろうと外の階段を使って降りた。
エレベーター待つより断然速い!

『あれ?鍵がかかってる!!
地下に行こう!
あれ?鍵がかかってる!!
二階に行こう!
鍵が…オートロックだった!!』

『やべ~な…
そうだ一階に行って壁乗り越えよう!』

意外と簡単に登れた。
しかし…下に降りたら五メートル位の壁しかない。

『乗り越えるか?』
絶対に無理だと思った。
こんな時に携帯を持っていない…
パニックになった!

スタッフが探してたらみんなに迷惑がかかる。
ドアを叩いても誰も気付かない。
『最悪ビルの屋上に登るしかないな…』

人間不思議なもので、
”生きてるやつここにいるぞ~!”
って思うと、
『幅1メートルを渡って、柵に捕まりながら助けを求められるんだと…』

二年前の冬、
京都でマンション借りて住んでいた時に、
風呂場の鍵が壊れて出れなくなり、
ドアを蹴り破った話しを前に書いたが
”携帯だけは放してはいけない”
と心に決めたんだけど、
まさかこんな展開になるとは思ってなかったので、
改めて携帯の必要性が分かった。

連絡が出来るという最大の理由のもとに、
これから何が起こるか分からない世の中だし…

まーそんな事はどうでもいい。
今持ってないんだから!
幸いにも、数分したら二人のサラリーマンが降りてきて助かった。
この二人も階段で帰ろうとしたらしいので、
「もし携帯を持ってなかったら最悪の事態になりますよ!」
と、閉じ込められた先輩として、後輩には携帯の必要性を伝えた。

勿論あ~助かったと御礼は申し上げた。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

つかの間の二時間

2007-10-29 02:01:02 | Weblog
いつもいつも
ブログサボってすいません…

後でやろう!
それがたまって何日経った事か…。
管理人さん申し訳ない!
今日は結構長めの日記です!

京都地検も終盤に差し掛かり、京都も少しづつ色づいてきました。
でも緑って綺麗ですね…
紅葉は何とも言えない美しさだけど、緑は落ち着きます。

午前の撮影が予定より早く終わり、
益岡さんと一緒に早飯する事になりました。

運転手さんの計らいで、一番の老舗の蕎麦屋に連れて行って貰いました。
益岡さんはニシン蕎麦、自分は天ぷら蕎麦。
小玉丼二つに麩の炊いたものを注文。
蕎麦がくるまえに「麩」の美味しさ!
薄口にちょっと酸味があり、見た目と違いモッチリ感が何とも言えず、
大根おろしと一緒に戴いた。
「お酒のつまみに最高ですね!」
店員さんが笑顔で、腰の低さもちょうどいい位で蕎麦を出してくれた。
老舗とは、味だけでなく礼儀する人間も味がある。
東京の美味しいと言われる蕎麦屋さんは、
全店ではないが盛りを頼むと二口位の量で何故か高級感を出している。
「蕎麦ってそんなもんじゃないよね~」
と益岡さんと蕎麦をすすりながら蕎麦屋談義。
こちらはちょうどいい量で、海老もでかくしかも二本、ほかに海苔、ししとう、茄子も付く。
しかも別盛り!
やはりダシが美味しいですね~!(京都は駅蕎麦も美味しいですよ!)
値段も安く、
「蕎麦はこうだよね!」
なんて言いながら老舗を後に。

運転手さんが、
「まだあと一時間半ありますが…南禅寺でも行きますか?」
お互いに
「行きましょう!」
と即答した。
撮影で何回も行ってるけど、実は参門に登った事がなかった。
益岡さんも。

物凄い急な階段を上がり見た光景は、絶景かな絶景かな!
石川伍衛門が唸る気持ちがわかりその気分になれた。
仏教会と戦ったあの有名なホテル。
あのホテルから見る東山も最高ですが、参門から見るとやはり目立ち、
「外観を損なう!」
と言ってた仏教会の意見はなるほどな…
実際登って見ると分かった。

急な階段を降り、おおらかな気持ちのまま運転手さんが永観堂禅林寺に車が向かった。
ここは紅葉で有名な寺。
「緑一杯の紅葉もまたいいですね~!」
ほとんど紅葉の樹!
紅葉に実?がある事にもビックリ!
そして中に入り、みかえり阿弥陀を拝見。
永保二年(1082)真正面を見ずに振り返ってる姿の阿弥陀様。
遅れる者を待つ姿勢、そして自分自身をかえりみ、人々とともに正しく前へ進む姿勢。
それはまた、阿弥陀さまの私達への想いなのです…
益岡さんと二人で正座しながら解説書を読んでました。
二か寺だけど、かなり歩いた所で真っ赤な大傘と真っ赤な敷物がある甘味処で休憩。

そこで運転手さんの携帯がなった。
40分後に撮影開始との事。

最後にもう一つお寺を回り現場の木屋町へ。

初めてかもしれない…
心が穏やかになる。
山とかにはまだ興味がわかないけど、
「寺」って建物自体に歴史を感じ、この柱は何百年も前のかな…
想像力などもつく。
益々歴史物の作品に出たい。

つかの間の二時間が終わり現場再開。
ヤミ金に乗り込むシーン。
以前なら
「警察だよ!!」
みたいな台詞まわしだけど、お寺回りで心が穏やかなせいか
「けいさつ~」
トーンが違う。

休み時間を有効に使うのも、この仕事をするうえでの大事な勉強時間かなと思う。
ただ勉強しようと思って行ったのではないので、
経験というか体験というか全てがいきてくる仕事なんだな…

CMの仕事も決まったので分かり次第報告します!

お寺巡りの他に俺に向いてるかな?
って言う楽しい遊びなど教えて貰えますかね?

色々趣味に出来る事を探してます!
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

ある日の出来事

2007-08-23 12:06:36 | Weblog
ご無沙汰してます!

ホタルノヒカリも終盤です。
スタッフ、キャスト和気あいあいでいい雰囲気です。
八話のメンズホタルノヒカリ、スピンオフにも出るので携帯で見て下さい!

スタジオに行く時、新宿を経由しています。
帰り切符を買っていると、券売機の横でカバンの中をあさってるおばさんぽい人がいた。
どうやら財布を探してるみたい。
俺の番になりおばさんがいきなり
「すいません200円貸して下さい。」
ちゃんとしたおばあさんに見える。
ほんの数秒だと思うけど色々考えた。
ここまで何できたのかな?
バスだったら乗った時に気づくしな?
近くに住んでるなら家に戻ればいいのに…
いつの間にかおばあさんに200円貸していた。
「御礼は後でします。連絡先を教えて下さい。」
まるでドラマの世界の出来事になる!…かと思った。
おばあさんは一番後ろに並び始めた。
軽く
「すいません。」
とか言って切符を買おうとしている。

俺はそのまま改札を抜けた。
騙された?
俺が連絡先聞けば良かったのかな?
それは出来ません!って言えば良かったのかな?
200円?微妙な金額だな…。
でもおばあさんが助かったんだからいいか!

これは人助けになると思いますか?

あまり心がスッとしない1日でした。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

チャット

2007-07-13 20:29:44 | Weblog
ご無沙汰してます!

ホタル~出番は少ないけど楽しいです!

今まで、パソコンなんて全くいらないと思ってたけど、
パソコンがきたので今度チャットしましょう!
管理人さんと日時を決めて、パソコンを通じて会話しましょう!
打つのが遅いかもしれませんが宜しくお願いします!
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加