百葉千葉vol.12 11月2日、3日、4日@銀座Space潦

~多彩なステージ、パフォーマー・リスナーの相互交流、未だ知らない表現との出会いを銀座Space潦から~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イベント終了報告

2012-12-02 00:48:17 | 総合インフォメーション
11/2.3.4 レポート





どの日も、近くで活動していても、少しシーンが違うことで交流が生まれていないアーティスト、リスナーをあえて、同じ日にブッキングする試みをして、楽しみだけではなく、違いや、疑問、などが生まれやすくなるコンセプトとしました。その“はじめまして”が楽しい出会いとなるように、ティーサービスやウェルカムお菓子のサービスなど、アットホームな会場の雰囲気作りを心がけました。


聴いたことの無い音楽でしたが、面白かった。良くわからなかった。いつもと違った人たちにむけてのアプローチができてよい機会でした。インスタレーションという考え方をはじめて知りました。などなど、謎や疑問、発見、賛否両論がありました。


一つ一つの小さな出会い、お客様の感想から、アーティストさん達の交流の様子から伺え、にはたづみの空間ならではのイベントになったのではないかと思います。


お越しくださったお客様、出演&協力をしてくださったアーティストのみなさん、連日笑顔で協力をしてくれたボランティアスタッフさん!
にはたづみの皆さんに心から感謝をこめて!!                   (文:大寺航)










この記事をはてなブックマークに追加

総合インフォメーション

2012-08-25 02:15:34 | 総合インフォメーション



百葉千葉vol.12  11/2・3・4

~豊かな彩の秋、多彩でユニークなステージ、パフォーマー・リスナーの相互交流、未だ知らない表現との出会いを銀座Space潦Niwatazumiから~

■会場:銀座七丁目 Space潦 
東京都中央区銀座7-12-7 松建設ビル1F
http://space-niwatazumi.blogspot.jp/p/blog-page.html

■日時:11/2(金)19:00 ~22:00 11/3(土)15:00~22:00 11/4(日)14:30~22:00

■料金:当日券\2,000(1日通し券)通し券\4,000(限定10枚)

■お問い合わせ [E-mail] koh@if.main.jp

この記事をはてなブックマークに追加

11/2出演者プロフィール

2012-08-25 01:50:11 | 11/2 出演者プロフィール
モモチョッキリ(イラストレーター)プロフィール

「暮らしに“娯楽”を」をコンセプトに、広告・CDジャケット・PV・壁画・車へのペイント・即興絵画パフォーマンス等 幅広くイラストを手掛けている。世界にひとつのものをお描きする「オーダーイラスト」も好評を得ている。
HP http://momochokkiri.com



小窓ノ王 プロフィール
~先の見えない不安と、けれども絶対に破綻はしないはずだという安心感。刺激的で攻撃的で色鮮やかで、なおかつ包容力に満ちたフシギな力強さを持った音の世界~
ピアノ弾き語り航とドラマー植村昌弘による、デュオユニット。
2009年より演奏活動開始。2011年小窓ノ王/MUMUの関東・東海・関西スプリットツアーを行う。1st Album "Tension" をリリース&レコ発ツアー。
ミュージック・マガジン、ジャズ批評、CDジャーナル、JazzJapan、JazzTokyo、リズム&ドラムマガジン等、国内音楽誌で話題となる他、海外web誌、all about jazz、all about jazz Italiaでも好評を得る。
HP http://koh.main.jp



Morry Burns(mono-synth,cymbals)+森重靖宗(cello)+Marina Yanagisawa(Howlin)


メンバー自身のマニュファクチュアによるエレクトロニック・サウンド・イクイップメンツと、シンバル類を用いた特殊奏法でもって、物音が響を経て調性を得ていく課程の状態変化をドキュメントとして公開。

この記事をはてなブックマークに追加

11/3出演者プロフィール

2012-08-25 01:48:46 | 11/3出演者プロフィール
こころば プロフィール

こころば(心葉)とは平安時代の言葉。
贈り物に季節感のある造花や押し花などを添えて気持ちを伝える事。
中村まさひろ(ギター/ボーカル)が、とある本でこの言葉を知り、
言葉の意味と響きが自分の表現したい音楽観に合っていると感じ、ユニット名にしました。
ゆったりまったりしたこころばの世界をどうぞご堪能ください。

HP http://music.geocities.jp/kokoroba_mm/




なお プロフィール

プロフィールうたいつつ せっけん つくりつつ 日々奮闘して楽しんでいます。長野にいってバンドをはじめ、京都にいって弾き語りをはじめ、東京に戻ってきていろいろです。

HP http://ameblo.jp/kapokapokakapo/
Blog http://ameblo.jp/kapokapokakapo/


ノイズ合唱団 プロフィール

「ノイズ合唱団」は、徳久ウィリアムが主宰する、ノーエフェクトの合唱スタイルでノイズ・ミュージックをやる、というコンセプトのグループ。2004年~2006年に第1期活動後、活動休止。今年から第2期が再始動。ライブ映像DVD-Rが1枚出ている。

ノイズ合唱団「ノイズ合唱団の人声組曲」:円盤 http://bit.ly/P9e9X3
徳久ウィリアムのブログ:http://william.air-nifty.com/blog/2012/06/623-3c0e-1.html


山川冬樹 プロフィール

1973年、ロンドン生まれ。音楽、現代美術、舞台芸術の分野で活動。南シベリアに伝わる伝統的な歌唱法ホーメイや、心臓の鼓動を音と光に還元するパフォーマンス、骨伝導マイクによって頭蓋骨の震動を増幅するパフォーマンスで、国内外の音楽シーンや舞台芸術フェスティバルに参加。現代美術の分野では、一人の男の声をめぐって日本の社会的記憶と、個人の記憶が交差するインスタレーション『The Voice-over』(2008)、自らが口する「パ」という音節の所有権を100万円で販売した『「パ」日誌メント』(2010-2011)などを発表。また身体に関わる日常的な営みの根本を問う舞台作品の演出『黒髪譚歌』(2010)、『Pneumonia』(2010)など、ジャンルとしての「身体表現」を超えた、「身体からはじまる表現」を展開している。

http://fuyuki.org/
http://pa-nisshi.net/
http://www.youtube.com/watch?v=6bweIVrXbO4




この記事をはてなブックマークに追加

11/4出演者プロフィール

2012-08-25 01:47:21 | 11/4出演者プロフィール
amamori プロフィール

12/1生まれ、新潟県出身。都内を中心に活動中。
国立音楽大学ピアノ科卒業、コレペティートルコース終了。「弾き語りプログレッシブポップ」とも評される自分勝手な楽曲を、 気ままに弾いて歌っています。
HP http://amamori-mk.jugem.jp/

スズキミカコ(vo)×本郷修史(pf) プロフィール

長年さまざまな所で一緒に演奏してきた二人がユニットを組みました。
オリジナル、スタンダード、そして日本の歌。
自然を愛する二人が大好きな曲達をお届けします。
やまやま農園で野菜をつくりながら、羊とうさぎと共に暮らしているスズキミカコ、ピアノを愛する本郷修史。
二人の『おと』お楽しみください。


日比谷カタン プロフィール

情報過多な歌詞、多重人格な歌声、テクニカルなギターを駆使、耽美で中性的な容姿とは裏腹の噺家のような洒脱なトークを交えたステージング、多様なジャンルが融合したユーモラスかつ独創的な世界観を構築。欧州ツアー公演歴や著名ジャズフェス参加が多く海外でも評価が高い。映画「パークアンドラブホテル」音楽制作、ライブとトークの自主企画「対話の可能性」(ゲスト:宮台真司、東浩紀、名越康文、津田大介他)も展開中。
公式WEBサイト:http://katanhiviya.com/
YouTube:http://youtu.be/RCgAVaz4_UA


臼井康浩(g) 徳久ウィリアム(voice) 松本健一(t.sax) Trio

臼井康浩(g)
名古屋在住で国内外で活動する即興ギタリスト。年間100本前後のライブの傍ら、PA
、レコーディング、プロデユースなど幅広く活動。舞踏、書家、詩人、画家とのコラブも積極的に行い、近年は即興演奏する際の独自のインプロ思考法も発信している。http://usui-yasuhiro.com


徳久ウィリアム(voice)
ホーメイ(一度に二つの音を出す、特殊な歌唱法)、モンゴルのオルティンドー、イラン(ペルシャ)のタハリール唱法、などの民族音楽的発声から、デス声、独自の「ノイズ声」まで、特殊な発声法のスペシャリスト。


松本健一(t.sax)
1964年長崎県生まれ。即興や特殊奏法を中心としたフィールドでサックスを探求。85年頃都内ライブハウスで活動を始め、松風鉱一氏に師事。現在、ソロ、サックスアンサンブル「SXQsaxquintet」、即興演奏セッション等で演奏。他、藤井郷子オーケストラ、world's
end girlfriend等でライブ、レコーディングで活動中。2008年、SXQでVilnius Jazz Festival,Longarms Festivalに参加。


この記事をはてなブックマークに追加