ブログ katsukazan/ブログ 活火山→怠惰と狂気と熱風、Jazzと演歌と飲む酒が不思議と合う毎日

台湾南部の熱帯の街で怠惰な生活の真っ最中。南シナ海の台湾海峡、高雄から綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

近代が無かった朝鮮半島の火病の国

2016年11月02日 14時46分12秒 | 韓国

先日朝鮮日報のコラム「先進国になれない韓国、本当に憲法のせいなのか」を読み興味深い点が何点かありましたので紹介したいと思います。


「いまさら、朝鮮との比較文化、歴史には興味が無い」


「高雄のオッサンも随分と暇人。。」と言われそうですが、いつものオチは忘れておりませんので、お付き合いをお願いします。


コラムは今回に朴槿恵大統領のとその友人との公文書・国家機密文書の取り扱いに関する一連の事件の過程で、 李元鐘(イ・ウォンジョン)韓国大統領秘書室長の発言が物笑いの種になった事を切り口にしたコラムです。


コラムによれば、このような事件はつまり、特別な友人が、 大統領の演説文を手直しすることは可能かと問われ、「封建時代にもあり得ないこと」と答弁したに目がとまりました。


近代と言う時代の洗礼を受けていない朝鮮半島の国の出来事には、大して興味のない事件です。


またせこい話に、国中が、国を挙げて火病を起こしている、けったいな国で、それを、国民と同様の大して頭のよくない、マスコミが上から目線で、社会風潮を論評することで、自分だけは違うレベルにある事を錯覚できる感触を楽しんでいることはミエミエなので、論調の内容は大して問題ではありません。


むしろこの混乱で、年内の朴槿恵大統領の訪日が実現しなくなり、その手土産として噂されている日韓スワップがの実現が遠のく可能性のほうに、そこはかとない愉悦感を感じているkazanです。


コラムニストは、



李室長は「封建時代ならあり得ること」と答えるべきだった。封建時代は国王、領主、家臣が主従関係を結んで分権していた中世を指す。


だが、これは制度的な表現にすぎず、封建時代の本質は近代と比較して初めて明確になる。


近代は国民主体の国民国家と産業化を中心に法治、合理、科学、自由という価値が具現されていく時代を指す。


私たちが生きる今を「現代」と呼ぶが、実際はほとんどの人が近代に形成された価値を常識として共有している。



と切り込んでいるのですが、の国の封建制は日韓併合で李氏朝鮮は倒れ、朝鮮半島の封建時代は終わったと認識しているkazanの頭をかすめたのは、「この国に先進国が歩んだような近代という時代があったのか?」という疑問が沸き起こりました。


コラムニストの 鮮于鉦(ソンウ・ジョン)論説委員の認識とあまりにギャップがあるので、仰天したのです。


日ごろの、「日帝が~ッ!」と事あるごと叫び、日帝が、この国の近代化を妨げたと言っていますから、まさかのまさか日韓併合時代が近代ということは無いだろと思うのです。


つまり国民国家になったのは、第二次大戦後のことで、ここで、純粋な近代ではなく似非近代史を劣悪なオツムの中か、ファンタジーで疑似体験し、現代にいきなりワープした歪な歴史を正視していないことがミエミエの論調ですから、この論説委員の頭の構造を疑ってしまった訳です。


先進国の近代は国民国家の誕生と市民社会の勃興、経済史でいうなら、農業経済から産業革命を経て、近代と定義しているはずですから、彼の国には近代は無かったと認識すべきなのです。


とこらおが、少々オツムのよさそうな論説委員が、自国の歴史も知らず、いわんやその評価すら知らないのに、近代を経験して現代に至っているという認識なのですから理解に苦しむのです。


この国が本当に100年とか200年の近代を経験していれば、今の様な日韓のこだわりや齟齬はあり得なかったかもしれません。


この国は、1945年に現代になり、その現代に時空のいち空間と時間を近代を経験するファンタジーで補ってきたと言えます。


従って、国の精神的な風土と言うか、インフラが欠如しているのですから、現代社会では考えれない事件で、国民、政府、議会、国民が火病をおこすのではないかと分析できました。


被疑者がさらし者なって、詰めかけた大衆の謝罪を乞い、その次に司法の追及を受けるというプロセスは、近代というより、封建時代が現代と同居している典型だろうと分析ができます。


 


sn2014121203_50


capture-20151123-173007


capture-20161102-141535


%e6%85%b0%e5%ae%89%e5%a9%a6%e5%83%8f%e3%81%ae%e5%89%8d%e3%81%ae%e3%83%81%e3%83%a7%e3%83%b3


セォウル号沈没事件、ナッツリターン事件、産経新聞加藤ソウル支社長の拘束事件、慰安婦像、慰安婦問題、反日教育等、駐韓米国大使刺傷事件後の騒動、全てが火病であり、集団ヒステリー症候群です。


ダメな国・韓国は永久に韓国だろう。


その呪縛から解放されるには、併合時代の歴史を冷静に科学的に正視し謙虚に与えられた近代を評価して、初めて一人前の国家になるのだということを学習する必要があると考えます。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月1日(火)のつぶやき | トップ | 11月2日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

韓国」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL