今日(1月14日)の日曜ウォーキングは中止になりました。

2017年01月14日 | 日記

*今日の日曜ウォーキング1月15日午後2時スタートは悪天候のため中止になります。

*次回日曜ウォーキングは2月19日になります。

 


この記事をはてなブックマークに追加

今年最初の日曜ウォーキングご案内

2017年01月11日 | 日記

私たちは、原発のない安全安心な社会を目指す市民の集まりです。
途中参加も途中退出も自由です。鳴り物も歓迎ですよ。
さあ、一緒に歩きませんか。
一歩、前に。

 今年最初のウォーキングは1月15日(第三日曜日)です。 

*コースは
  
第二公園(山形市十日町)13:30分集合・交流会 14:00スタート
  ~十日町~本町~七日町~山形市役所前(流れ解散)約30分
 

 *1月と2月の金曜ウォーキングは夕方なので、降雪や積雪などによる危険防止のため、お休みします。 

 *月1回の日曜ウォーキングは日中なので、いつものように行いますが、風雪が激しい時や積雪が多く歩行困難などのある場合は、中止になります。早めに中止が決まったら、このブログで案内します。


 


この記事をはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます。

2017年01月02日 | 日記

私たちは、原発のない安全安心な社会を目指す市民の集まりです。
途中参加も途中退出も自由です。鳴り物も歓迎ですよ。
さあ、一緒に歩きませんか。
一歩、前に。


   2017年1月・2月のウォーキングの予定です 

 1月は15日・2月は19日です。(それぞれ第三日曜日です)

 

*コースは
  
第二公園(山形市十日町)13:30分集合・交流会 14:00スタート
  ~十日町~本町~七日町~山形市役所前(流れ解散)約30分
 

 

*1月と2月の金曜ウォーキングは夕方なので、降雪や積雪などによる危険防止のため、お休みします。 

*月1回の日曜ウォーキングは日中なので、いつものように行いますが、風雪が激しい時や積雪が多く歩行困難などのある場合は、中止になります。早めに中止が決まったら、このブログで案内します。


 

(このポスターは脱原発ポスター展の作品を利用させていただきました。)

 


  ここからは個人的な思いを少々。(公式ブログではありません。念のため)

「日本には抵抗の文化がない」福島訪問したノーベル賞作家が指摘

2015年にノーベル文学賞を受賞したスベトラーナ・アレクシェービッチさんが11月28日、東京外国語大学で講演した。26~27日に福島第一原発の事故の被災地である福島県を視察した際に、被災者から国の責任を追及する声が少ないとして「日本社会に抵抗という文化が無い」と感じたと話した。時事ドットコムなどが報じた。

アレクシェービッチさんは、チェルノブイリ原発事故で被害を受けた人々の証言を集めたノンフェクション作品「チェルノブイリの祈り」などで知られている。28日は「著作が人類の未来に貢献したとして、東京外国語大学から名誉博士号を授与された。

23日の来日後、福島県を訪れて原発事故の被災地を視察し、事故で住居を追われた人々の話を聞いた。11月29日付の東京新聞によると、今回の講演では福島の原発事故について「チェルノブイリと同じく、国は人の命に全責任を負わない」と指摘した上で、次のように話した。

「・・・・福島で目にしたのは、日本社会に人々が団結する形での『抵抗』という文化がないことです。祖母を亡くし、国を提訴した女性はその例外です。同じ訴えが何千件もあれば、人々に対する国の態度も変わったかもしれません。全体主義の長い文化があったわが国(旧ソ連)でも、人々が社会に対する抵抗の文化を持っていません。日本ではなぜなのでしょうか・・・・」
                                                                           (インターネット新聞 ハフィントン・ポスト日本版 2016・11・29掲載)

さて、長々と引用しましたがここからが本題。
2011年9月、東京・明治公園で開催された「さよなら原発5万人集会」のとき、福島県三春町の武藤類子さんが「私たちはいま、静かに怒りを燃やす東北の鬼です」とスピーチしたのです。
どのような思いでの東北の鬼発言だったのか。いま、あらためて思い返さなければならない。と思います。

東北には、静かに怒りを燃やす「抵抗」の文化があるのです。
なぜなら、私たちの住んでる東北の街は、まつろわぬ民、蝦夷(えみし)の故郷だからです。

 

 

 



 

 


この記事をはてなブックマークに追加

良い年でありますように・・・。

2016年12月25日 | 日記

12月23日金曜日は今年最後の幸せの脱原発ウォーキングでした。
肌寒い小雨の中、今年最後ということで駆けつけてくださった皆様、お疲れ様でした。
同じく、参加してくれた山形大学の学生諸君にも、感謝多謝です。

まずは御礼まで。


さて、今年もあとわずかになりました。

これまで参加いただいた皆様、ありがとうございました。

2012年8月3日から始まった幸せの脱原発ウォーキングも、とうとう12月23日で191回目となってしまいました。

残念なことに、国も電力会社も原発輸出や原発再稼働へと、あの大震災の原発事故などまるでなかったかのように邁進しています。

 足早に通り過ぎる人々を横目に、私たちはそれでも歩き続けています。

 

 2017年1月・2月のウォーキングの予定です 

*1月と2月の金曜ウォーキングは、降雪や積雪などによる危険防止のため、お休みします。

*月1回の日曜ウォーキングは日中なので、いつものように行います。

1月は15日・2月は19日です。

*コースは
  
第二公園(山形市十日町)13:30分集合・交流会 14:00スタート
  ~十日町~本町~七日町~山形市役所前(流れ解散)約30分

*悪天候などで早めの中止が決まったらこのブログでお知らせします。

(このポスターは脱原発ポスター展の作品を使用させていただきました)

 

           それでは皆様、
来年こそは良い年でありますように・・・・。 

 

 

 

 
 


この記事をはてなブックマークに追加

今年最後の金曜ウォーキングご案内

2016年12月19日 | 日記

私たちは、原発のない安全安心な社会を目指す市民の集まりです。

途中参加も途中退出も自由です。鳴り物も歓迎ですよ。

さあ、一緒に歩きませんか。

一歩、前に。

12月23日(天皇誕生日)は     

今年最後の金曜ウォーキングです。 (みんなで来てね)

*山形市役所前18:20分集合 18:30分スタート

 ~旅篭町~本町~七日町~山形市役所前(流れ解散) 約30分

*今の季節、天候の急変などで中止になる場合もあります。早めに中止が決まったときは、このブログで中止の案内します。

 


なんと2,115日目!
あの日2011年3月11日から、今年最後のウォーキング12月23日までの通算経過日です。

「何かしなければ」の思いだけで文翔館(ぶんしょうかん・旧山形県庁)前に集まったのが2012年8月3日金曜日夕刻。

そしてとうとう12月23日で191回目の幸せの脱原発ウォーキングを迎えることになりました。

計算が合わない?

私たちはムリをしません。でも、忘れもしません。決して。

非力な私たちにとって、取柄はしつこいこと!

だから、この先ずっと続けます。・・・たぶん。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

今年最後の日曜ウォーキングご案内

2016年12月12日 | 日記

12月18日は今年最後の日曜ウォーキングです。
通算190
回目!のウォーキング。

回数が増えて行くのは脱原発にとって残念なことですが、これまでの原発推進プロパガンダの年月を思えば、まだまだこれからといったところでしょうか。

何はともあれ、今年最後の日曜ウォーキング、天気が良いといいのですが。

レッゴー・ウォーキング。

 

日曜ウォーキング 毎月第三日曜日) 

 18日】 

第二公園(山形市十日町)13:30分集合・交流会 14:00スタート

  ~十日町~本町~七日町~山形市役所前(流れ解散) 約30分

 

(脱原発ポスター展の作品を転載させていただきました。)

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

今日12月9日は雨で中止になります。

2016年12月09日 | 日記

*今日の金曜ウォーキング12月9日午後6時30分スタートは雨のため中止になります。

*次回金曜ウォーキングは今年最後の12月23日(天皇誕生日)になります。

*その前に、12月18日は日曜ウォーキングがあります。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

12月の予定です。

2016年11月22日 | 日記

私たちは、原発のない安全安心な社会を目指す市民の集まりです。

途中参加も途中退出も自由です。鳴り物も歓迎ですよ。

さあ、一緒に歩きませんか。

一歩、前に。

 

日曜ウォーキング 毎月第三日曜日)

 18日】

第二公園(山形市十日町)13:30分集合・交流会 14:00スタート

 ~十日町~本町~七日町~山形市役所前(流れ解散) 約30分

 金曜ウォーキング (第三日曜直前の金曜を除く毎金曜日)

  2日・9日・23日】 *16はお休みです。

 山形市役所前18:20分集合 18:30分スタート

 ~旅篭町~本町~七日町~山形市役所前(流れ解散) 約30分

 

*第三日曜日直前の金曜ウォーキングはお休みです。

 *夕暮れが早くなりました。参加の方はできれば明るい服装でどうぞ。

 *大雨や強風、吹雪などは安全上お休みします。

12月30日(金)は年末につき休みますので、
12月23日(金)は今年最後のウォーキングになります。

 


この記事をはてなブックマークに追加

11月の予定です。

2016年10月22日 | 日記

私たちは、原発のない安全安心な社会を目指す市民の集まりです。

途中参加も途中退出も自由です。鳴り物も歓迎ですよ。

さあ、一緒に歩きませんか。

一歩、前に。

 

日曜ウォーキング 毎月第三日曜日)

 20日】

第二公園(山形市十日町)13:30分集合・交流会 14:00スタート

 ~十日町~本町~七日町~山形市役所前(流れ解散) 約30分

 

金曜ウォーキング (第三日曜直前の金曜を除く毎金曜日)

     日・11日・25日】 *18はお休みです。

 山形市役所前18:20分集合 18:30分スタート

 ~旅篭町~本町~七日町~山形市役所前(流れ解散) 約30分

 

*第三日曜日直前の金曜ウォーキングはお休みです。

 *夕暮れが早くなりました。参加の方はできれば明るい服装でどうぞ。

 *大雨や強風、年末年始および冬期間は安全上お休みします。

 ご案内 

 11月7日(月)午後6時30分より、山形市旅篭町1丁目18-11羽前屋そば店内にて、NPO法人原子力資料情報室スタッフ澤井正子さんによる「原発いらない」の講演があります。会費500円 主催・幸せの脱原発ウォーキング&未来のエネルギーを考える会 お問い合わせは023-622-5733 辻さんまで。

 『福島の避難者の声を聞く会』ご案内 
 期日:2016年11月27日(日) 午後2時~
 会場:山形市男女共同参画センター ファーラ 山形市城西町2丁目2-22
      参加無料・保育室あり
 内容:「避難者と支援者によるパネル・ディスカッション」
      パネラー ・避難者3名 米沢市:武田 徹さん(元・高校教師) 
                        米沢市:佐藤博幸さん(現・高校教師)
                       福島市:荒木田 岳さん(福島大准教授) 
               支援者2名 福島市:大浪政輝さん(元・高校教師)
                     南陽市:長嶋黎二さん(元・南陽市議)

 原発事故の避難者の「命綱」である住宅支援が来年3月で打ち切られようとしています。しかし、避難者の方は今なお高い放射線量があることや、その他様々な事情で故郷への帰還を不安に思っています。
 「原発事故子ども・被災者支援法」(2012年成立)では、被災者が「居住」「避難」「帰還」のいづれを選択する場合でも、適切な支援をすることを定めているのです。
 国や自治体は同法に基づき、避難者の要望や思いに添うべきです。
 避難されている福島の方々の声を聞くシンポジウムへの皆様のご参加をお待ちしております。
         「福島の避難者の声を聞く会」実行委員会
         主催団体:山形 幸せの脱原発ウォーキング
         (連絡)石沢 090・2844・8082

 


この記事をはてなブックマークに追加

10月の予定です。

2016年10月13日 | 日記

私たちは、原発のない安全安心な社会を目指す市民の集まりです。

途中参加も途中退出も自由です。鳴り物も歓迎ですよ。

さあ、一緒に歩きませんか。

一歩、前に。

日曜ウォーキング 毎月第三日曜日)

    16日】

第二公園(山形市十日町)13:30分集合・交流会 14:00スタート

~十日町~本町~七日町~山形市役所前(流れ解散) 約30分

金曜ウォーキング (第三日曜直前の金曜を除く毎金曜日)

    日・21日・28日】 *14日はお休みです。

山形市役所前18:20分集合 18:30分スタート

~旅篭町~本町~七日町~山形市役所前(流れ解散) 約30分

 

*第三日曜日直前の金曜ウォーキングはお休みです。

*夕暮れが早くなりました。参加の方はできれば明るい服装でどうぞ。

*大雨や強風、年末年始および冬期間は安全上お休みします。

 

 ご案内 

11月7日(月)午後6時30分より、山形市旅篭町1丁目18-11羽前屋そば店内にて、NPO法人原子力資料情報室スタッフ澤井正子さんによる「原発いらない」の講演があります。会費500円 主催・幸せの脱原発ウォーキング&未来のエネルギーを考える会 お問い合わせは023-622-5733 辻さんまで。

 

 山形県には、2,778名(9月1日現在 山形県庁ウェブサイトより)もの福島県の方々が、いまだ不自由な避難生活を送られています。原発事故からもう5年7ヶ月が過ぎようとしている今、あらためて、避難者の方々の「生の声」を聞かせてもらう「福島の避難者の声を聞く会」を企画しています。開催日時:11月27日(日)午後2時~会場:山形市男女共同参画センター“ファーラ”(山形市城西町2丁目2-22)主な内容は避難者と支援者によるパネル・ディスカッションを予定。詳細が決定次第改めてご案内します。

 


この記事をはてなブックマークに追加