毎日がハッピーライフ

今日という日は始まりの日であり、
二度と戻らない最後の日。
だから、1日1日がとっても大切なんだ☆☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★最終回★

2009-02-13 | My life
2005年2月21日から始まった、「毎日がハッピーライフ」

本日をもって、最終回にしたいと思います。

このブログにコメントをのっけることも一切できなくしました。

長い間、覘いてくださった皆様、本当に本当にありがとうございました。


最終回の理由はふたつ。
1.あまり更新できなくなったこと。
2.放置することで変なところからのコメントが上がってくること。


このブログは宝物です。
このブログの中に、サークルのこと、留学のこと、バイトのこと、
私の大学生活のすべてが詰まっています。

気づけば社会人になっていました。

振り返る大学生活はものすごく眩しく、キラキラ輝くものに思えます。

きっと私はほんまにめっちゃハッピーやったんやろうなぁ~

それは、今読んでくれているみんなのお陰です


ほんまにほんまにありがとうございました

これからはmixiの方で何かしら残していきたいと思います。


こんな私ですが、今後ともどうぞよろしくお願いします

この記事をはてなブックマークに追加

8/6 社会人1年生の皆さん!How are you??

2008-08-07 | My life
資格試験終了!!!万歳!!!!

というわけで、同期とお疲れ様会@関西してきました☆

1年生というものは、なかなか辛いこと、いろいろあります。

今月は支店長が異動になり、先輩が異動になりと、
何かと人の動きが激しくなります。

そこで、送別会&歓迎会

もちろん、幹事は1年生の私です。

え~そらもう、気を遣いましたよ。。。

幹事自体は別に嫌いじゃないのですが、
どんなに気を遣っても慣れないこともあり、
上の先輩に無言でもっと目を配って・・・と言われているような
プレッシャーがあり、それでもガンバって笑顔で、
楽しんでるように・・・

会はまずまず盛り上がり、皆様に楽しんで頂いたようで、
終わったことにホッ。。。

帰り道、ホッとしすぎて一人、涙溢れる始末・・・

こんなんなるの私だけですかね?


会の終りのとき、先輩達がちりぢりに帰ってゆくのですが、
何人かの先輩は化粧室に行ったりなんかしてはりました。

もちろん幹事の一番下っ端は最後まで待つのが当たり前。

ということで、何人かの先輩と待っていたのですが、
一人の先輩に、
「家どこ~?私待ってるし帰っていいよ☆」
と言っていただき、

「そうは言っても・・・。」という感じだったのですが、

私の普段の指導係の人も
「うんうん。大丈夫だよ。」と。

え~いいのかなぁ・・・と思いながらも
いつも厳しい指導係の先輩もいいと言うのなら・・・

と思い「では、お先に失礼します。」と帰りました。


次の日・・・


その指導係の先輩に、
「あ~いう時は、先に帰らず最後までちゃんと残ってね。」
と言われました。。。

ど、どないやね~~~ん!!!!


その前に、別の先輩からそのことに関して注意されていたので、
やっぱりか。と思い軽く凹んでいたのですが、
その先輩の場合は、可愛がられる良き後輩になるためのアドバイスをいっぱい
教えてくれる方なので、
今回もその一つだと捉え、有り難く受け止めていたのですが、

指導係の人に対しては、

「え!?あなたが帰って良いと言ったから・・・」
と言いたかった・・・


のですが、そんなこと言えるはずもなく、

「すみませんでした。」


私はだた凹み

お分かりの通り、大したことないっちゃ大したことないんです。
幹事の役割をある程度果たせたことはちゃんと褒めて頂きましたし、
次回へのアドバイスとして言ってくれはったことなのですが・・・

ちなみにではありますが、
その先輩がめっちゃ理不尽な人なわけじゃないのです。
ほんまにすごく良くしてくれはる人やし、
周りからの信頼も厚く、めっちゃ恵まれていると思います。

けれどね、

1年目の私はめっちゃセンシティブなんです。。。涙

先輩の一言一言で、すごく左右されるんです。

言葉って発する側は、何気なく発した言葉でも、
受け止める側は、すごく大きなこととして受け止めること、ありますよね。

特に先輩からの言葉を後輩が受けるときは、
そのギャップが大きいように感じます。

さらに付け加えると、発せられる言葉が悪い言葉のときは、
受け止める側にとっては、
その何十倍も膨らんだ感じで受け止めてしまうような気がします。

逆にいい言葉は、半減させて受け止めてたりすることもあるんじゃないでしょうか。

どんな相手に対しても発する言葉、というのは、
気をつけないといけないなぁと思いました。
相手の性格を見て、この言葉をどんな風に表現すれば、
一番、相手にとってうまく伝わるのか・・・

難しいことですが、そういうことを考えられるような人になりたいです。

コンサルってそういうお仕事ですしね☆

今回のことに関しては、
傷ついたのですが、あまり気にせず前に進もうと思います

ま、みんなに1年生ってこんなこといっぱいあるよね!?
って伝えたかっただけ

今週、終わるまであと二日!!!!


ガンバっていきましょ~~~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

7/25 退職

2008-07-25 | My life
本日、上司である次長が退職されました。
いはゆる早期退職です。

配属されたとき、超無表情で苦手かも。。。って思われた一人だったのですが、
一緒にお昼ごはん連れて行ってもらって、
姫路に6年住んでおられたってことで、すっかり意気投合!?

マーケットのチェックしてたら、朝の新聞チェックをしていたら、
声かけてくれて、
日経平均、為替相場、債券価格、金利の変動の関わり合いに関して、
わかりやすくじっくり教えてくれて、

「頑張れよ!!姫路っこ☆」

無表情と思っていたら、笑うとカリメロみたいにかわいくて
(こんなん上司に対して言ったら怒られそうやけどw)
一気に大好きになりました。

次長が辞められるって聞いて、
お昼ご一緒させてください、ってお願いして、
そこで、いろんなアドバイスをしてくれました。

行員として大切なこと。
私が欲しかった言葉。
難波に来れて幸せやと思える言葉。

もっと次長の下で仕事したかったと心から思いました。



新入社員として迎える時は、
めっちゃいい待遇で迎えてくれて、
めっちゃ投資して、育ててくれて、
大切な従業員やから、しっかり守るよ、とばかりに
ケアをしてくれるのに。。。

経営が厳しくなったら、
どんなに個人がガンバっていても、
どんなに支店にとって欠かせない役割をしていても、
本部には届かず、「退職金いっぱい払うから早期退職どうですか?」

それってどうなん!?!?

って思いました。

そうは言ってもそれが企業やし、それが雇われる従業員。
何も文句は言えないところやと思います。
実際、私は入社してまだ3か月しか経ってないけど、
会社にはめちゃくちゃ感謝しているし。

次長とお話をしていると、
次長も新しい道でスタートされるということで、
逆にこれから頑張っていく勇気をもらいました。

いくつになっても新しいことに挑戦することって
ほんまに力いることやと思います。

それを役職についてはった次長が1から始めはるんやから、
私も負けてられません!!

しかも、次長の働く新しい場所は、なんと姫路

今日は、明るく笑顔で心を込めて感謝の気持ちを伝えるのが目標でした。

贈るネクタイと花束を用意して、
ありがとうございました!って




☆☆目標達成☆☆

でも、苦しかった。
やっぱり苦しくて、寂しくて、残念で。。。

挨拶して出社した途端に涙が出ました


人の縁。離れていても繋がってることいっぱいありますよね。
またどこかで次長との縁が繋がったいいな~と思いつつ、
次長から教えてもらったことを胸に、
私も来週から新たに頑張りたいと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

7/20 夢の4連休 ~初めての競馬場~

2008-07-20 | My life
今週は明日のハッピーマンデーで3連休ですが、
先週は、有給をもらって、土日はさんで、4連休を頂きました

もうどんなに嬉しかったか!!!!

4連休何をしようかといろいろ予定立てて、
充実したいい休暇になりました

その中で、初めての経験があって、
初めて、競馬場に遊びにいきました

行ったのは阪神競馬場☆☆☆

おっちゃんの行くとこやとばっかり思っていたのが、
めっちゃキレイな施設で、カップル、家族ずれがいっぱい

ちっちゃい子供とお父さん、お母さん、おばあちゃんみたいな組み合わせ、
ようさん見ました

初めての人のために、手さげ袋と必要なもの一式(鉛筆まで)セットされて
めっちゃ良心的

まずは、これからレースする馬の様子チェック
パドックていうところに馬が歩いて、
その日の馬の状態をチェック。

その日の状態と、競馬新聞のデータと予想を参考に、
賭ける馬を決める。

もうなんやようわからへんけれど、
とにかく、空が高く広く、解放感があってめっちゃ気持ちよく、
なんかもう、わっくわく

しかも、武豊~!!!!

ミーハーにも写真パシャパシャして、
もちろん、彼にも投資

いよいよレースが始まります。

ドキドキ・・・


1分もない一瞬のレース。



すっごい迫力で、馬がめっちゃキレイに走る!!!!

旗手の人も含め、めちゃくちゃかっこえ~~~

結果は、どうなった?どうなった?
と聞くと、
(早すぎて自分では判断できず・・・w)


勝ってるや~ん

ボックス買いっていうのがあって、
600円で4頭馬に投資できて初心者にもわかりやすい

ほんで、まんまと勝ってしまって、
50円くらいの儲け☆w

結局、最終的には2勝4敗やったけど、
2000円くらいで、テンション上がって遊べたと思うと、
かなりいいんじゃない☆

そんな休日を過ごして、いい気分転換になって、
次の日からガンバローって感じでした


ま、次の日、休んでた時分の新聞読んで、
仕事モードに切り替えつつ、出勤しました。

仕事のほうは、1か月前に比べると落ち着いてきて、
1日があっという間に終わってしまうくらい充実しています。

それだけに、休日もなんか充実していてイイ感じなんかな~

勉強と遊びといっぱい楽しんでいきたいですね

暑い毎日、みんなどうしてるかな~
ようやく、みんなに会いたい、会いたい!って心から思える、
余裕が出てきたみたいです。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

6/21 難波勤務になって3週間

2008-06-21 | My life
東京での研修が終わり、そのまま東京での勤務になると思いきや、
難波に配属され、3週間が経ちました。

難波支店の人は、みんなほんまにめちゃくちゃイイ人で
すっごく恵まれていると思います。

けれど・・・

辛い!!!!!!

正直、

辛い!!!!!!

シビアな現場で先行き不安。。。

私ここでほんまやっていけるの?
わからんこと多すぎて何がわからんのかわかんなくなるんですけど。

先輩に厳しい質問突っ込まれて凹む。

これって新人では当り前ですよね?
慣れない場所で新しいことをしてるんだから、
どうしょうもないくらい疲れるのも当たり前。

みんな通ってきた道でしょ?

なんて、言い聞かせ励ます毎日。


そんな中、エリアマネージャーという関西の支店を統括している人と
初めて会い、ご挨拶をしました。

「笑顔がいいね☆」
「美人さんだね~」
「絶対お客さんに好かれるよ」
「数字伸びるよ~」

と笑顔でほめてくれるエリアマネージャー。

でも、私には、その人の言葉が、
実際に褒めているのではなく、実際にそんなふうになれよ!
と言われているように感じました。

自分の成長を求められていることはすごく幸せなことやと思います。

あなたなんていらないよ。
と言われることほど悲しいことはない。

新人さんにいろいろ質問されるとこっちも再確認できたり、
勉強なったりするよ。
と言ってくれる優しい先輩。

早く、お店の戦力になってね!と期待されること。
これってすごくすごく幸せなことですよね?

支店でたった一人の新人は、不安だったり、緊張の毎日ではあるけれど、
とても恵まれた環境だと思います。

なのにこんなにも”辛い”という感情が募るのはなんで?

わからないこと、できないこと、が多すぎるから。
自分への自信なんてこれっぽっちもない状態。

誰かが言ってました。

「わからないと発見することが、わかるへの第一歩。」

昨日、先輩に自分の苦手部分さんざん突っ込まれた。
あ~じゃぁここをわかるようにしたら、ちょっと進むことができるかな☆
と、一瞬の光が射す。

あとは、行動。

「できないことをやらない限り、できるようにならない」


「辛いという字がある。
 もう少しで幸せになりそうな字である」

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

5/11 再スタート

2008-05-11 | My life
なかなかmixiもブログも開くことなく、
開いたとしても、無でみんなの様子を覗くことが続いた日々。

が終って、また再開させます。

23歳になって、自分をバージョンアップさせるために
再スタートしたから☆☆

とりあえず、東京へ来て一か月ちょっと。
いつのまにやら、社会人になって初任給とかもらったりして、
わけわかんないくらい、辛い辛いと思って、
今までにないくらい待ち遠しかったGWが過ぎた。

そして、ふと気付きました。

私は23年間生きてきて、
ほんまに素敵な人にたっくさん出会ってきた。

私が出会った全ての人へ、ありがとう

そして、これからもヨロシクです


さて、
明日も研修がんばりょ~!!!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

12/27 2007年の瀬に

2007-12-27 | My life
ひっさびさの更新w
前回とかまだ旅行中のだし。。。

遅い遅い報告ですが、無事に帰国して
同じように京都で元気に過ごしています。

まぁこの間いろいろありまして、
しばらく、このページを開くのも辛くなって書けなかったのです
書こう書こうとも思ったのですが、
文字にするのがなんかキツくて、書けずにいたら、
このページすら開けなくなっていました;

ま、そんなこんなあったのですが、今はすっかり元気です☆
てか、普段の生活への回復は早かったw

思い返せば、いろんなことがあった11月12月。
(いや、毎月いろいろ起こってはいるのですがw)

今年は地元の友達と紅葉も楽しんだし、
神戸までは行けなかったけれど、京都のイルミネーションは楽しめたし、
何より、無事に卒論提出できたし

あとは、もう卒業まで京都を満喫するのみです!!
(なんて言いながら来年も普通に京都在住だったりしてw)

大学の友達はみんな元気にしているのでしょうか?

そういえば、こないだRits15の忘年会で久しぶりにみんなで会いました☆

みんな相変わらずでやっぱ楽しいメンバー♪
我らの愛しきナツオさんまで来てくださって、嬉しかったし懐かしかったです

ナツオさんに、「カナダの彼とはまだ付き合ってるの?」
とか聞かれたときは、気まずさ満点でしたがw
あ~そんなこともあった。。。と思えるようになった自分に気づきました。

ゼミでも忘年会がありました。
ほっとんどゼミに行ってない私でしたが、
忘年会は想像以上に楽しかったです

てか、みんなユニークでおもしろいわぁ☆☆☆
やたら化粧品のうんちく語る青年がいたりさぁw

私の知らぬ間に、後輩たちもなんだかゼミ仲間として一体感が生まれてて、
ちょっといい感じやな~って思ったり

あんまり絡むことはできなかったけれど、
残り2回のゼミで彼らと勉強できるのは幸せで貴重な時間やと思います。
ちゃんと行こっw

あと会ってないのは学部の友達やな~

みんなどうしてるんでしょう??
元気にしているのかしら?
サークルもすっかりご無沙汰になってしまったし;

卒業前に学部の友達ともみんな会いたいですね

2007年振り返ると、

就活やって、ひとつの企業と出会って、
その企業を通じて新しい人と出会って、

バイトに明け暮れて、調理場に入ったりなんかして、
昔の先輩帰ってきて盛り上がったりなんかして、

お祭りを通じて商店街の人やたくさんのおもしろい素敵な人たちと出会って、
涙流したりもして、

久しぶりに姫路に行って、
中高の友達と再会して盛り上がったり、
(おもいっきり忙しい中やったけど、最高に楽しかった)
昔の家見に行って、ひとり号泣して帰ってきたり、

ベトナム一人旅に挑戦して、
素敵な再会と新しい出会いがあって、
でも恐い経験もして、学んで、

卒論製作にとりかかって、
もうちょっと勉強したかったと思いつつも、
結構充実した大学生活送ったな~って振り返ったり、

そうや!免許も今年取得しましたね
あれから全然乗ってないけどw

そんな私の2007年は漢字一文字で表すと、
(世の中は「偽」という結論に達しましたが。。。)

「逢」

です。

新しい出逢いと再会も含め、
本当に大きな影響がある出逢いばかりでした。

会社との出逢いもあったしね

おじいちゃんが言ってました。
全ての出逢いは縁なんだと。
人との縁が自分の道を開けてくれる。

今年の出逢いは本当に宝物です。

心いっぱい感謝して、来年またいい年になりますように、
準備していこうかな

2007年、いっぱいいっぱいお世話になりました☆
本当にみんなありがとうございました

2008年もどうぞヨロシクです
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

11/11 How lovely they are!!

2007-11-12 | My life
11/11 

日曜日、朝からJianは大忙し。
今日は、彼女が企画するイベントに参加しました。
Libraryで貧しい子供たちにカナダのことを少しでも知ってもらう機会を与えようという企画。

貧しい子供たちというのは、お金がなくて学校に行けなかったり、外で売り子を日中やっているような子供たちだそうです。

そんな詳しいことあまり知らなくて、私はただただ興味でついていきました☆

会場となったLibraryはLibraryというより、子供たちの共同遊び場という感じ。
そこにはパソコンも10台ほどあって、おそらくゲームとかもできるようになっています。

ビックリだったのは、日本の漫画がたくさんあったこと!
私の知っているのでは、「犬夜叉」「彼氏彼女の事情」とか「花ざかりの君たち」とか、
もちろん「ドラえもん」も☆

ふらふらと見て周ってたら次第に子供たちが増えてきて、
写真を撮る私のほうに近づいてきました。

子供たちは積極的に私に話しかけてくれます。目当てはカメラw
ベトナム語が全然わからないので、私にできるのは笑顔と写真を撮ることだけだったのがちょっと残念にも思いますが、子供たちの写真を撮ってるとどんどん集まってきます。

「私も!」「私も撮って!」とどんどんw

しばし、私の周りは撮影会に(笑)

笑顔がとってもCuteな子供たちばかりで、愛おしい。

そうこうしてると、イベントが始まりました。

まずはトーテムポールの紹介紙芝居。
Jianが英語で話し、隣で訳する人がいます。
それが終わったら、みんなで自分たちのトーテムポールをつくります。

トーテムポールには自分の大切なものや好きなことを書くということで、みんな思い思いの絵を描き始めました。
最初は、どうしていいのやらと、おどおどしている子供たちも、
私やBillが絵を描いている様子を見て、次第にみんな動き始めました。

子供たちは本当に無邪気で、みんなキラキラした目をしています。
お友達と一緒で楽しそう。

私は大好きなヒマワリと、青空、太陽を書いて、空いたスペースにイェーイ♪って感じの女の子を描きました。
完全に小学生の絵ですが。。。w

それに羽をつけるのですが、十分な羽がなくて私はつけていませんでした。

そしたら、一人の女の子は私のトーテムポールをとって羽に何やら文字を書いて、
私のトーテムポールに羽をつけてくれました。
後から、なんて書いてあるのか聞いてみると、
「I love the world」だって☆☆☆

彼女も世界が好きなのかなぁ?
すごく自分のトーテムポールにピッタリな言葉な気がして、すごく嬉しかったです。
あ~この気持ち伝えられたらいいのに。。。

どうか、どうか子供たちが幸せに暮らしていけますように・・・☆
私には何ができるのかなぁ?

みんなのトーテムポールができたら、次は歌の時間♪
I love youの歌をみんなで歌いました。
子供というのはこんなにも素直なのかなぁ?って思うくらい
みんなすごく楽しそうに歌を歌っていました。

ケイコさんの子供たちも遊びに連れられていたのですが、
(知らない子たちの中だし、ちょっと不機嫌w)
歌のときは、きっと彼女達の知っている曲だったのでしょう、一緒になって踊りと歌を楽しんでいました。
エライな~休日に知らない、しかも言葉の通じない子供たちの中でUnconfortableだっただろうに。
お母さんのケイコさんは子供たちに、
「お父さんはこういう仕事をしているんだからね。」
と、彼女たちに教えてなだめていました。
(ちなみに彼女達のお父さんはカナダ領事館に勤めています。)

あと5年、10年したらきっと彼女たちにとってPreciousな経験となって生きてくることでしょう。

その後は、そんなケイコさん達とふらり街に出てました。

一度、お世話になっているMikeたちにJapanese dinnerをご馳走したいなぁと思っていたので、ケイコさんにいろいろ相談しました。

日本のものがいろいろゲットできるスーパーに連れて行ってもらって、
えのき、鮭、お醤油、お豆腐を購入。

お味噌をケイコさんから少し頂いて作ったのが・・・
☆鮭のホイル焼き
☆豆腐サラダ
☆焼きおにぎり(昨日のご飯の残り)
☆おすまし(日本からのお土産)

MikeとJianがベジタリアン(お肉はダメで魚はOK)でJianは結構、
食事には気を遣っているので、いろいろ不安だったのですが、
想像以上に喜んでくれました。

Jianからの、「こんなにおいしい鮭は今まで食べたことない!」という言葉は、
もはや恐れ多い感じw
滞在中、いっぱい楽しませてもらったし、
何より彼らと一緒に過ごしてとても幸せだったから、
そのお礼が少しでもできたかな?☆

喜んでもらえてよかった(*^▽^*)♪

さて、早いもので残り二日!!
あ~~~~なんだかちょっと淋しいなぁ~~

この記事をはてなブックマークに追加

11/9 おっぱっぴー

2007-11-10 | My life
今日は街に繰り出そう!!の巻き(゜∀゜)

ベトナムに来て1週間あっという間に過ぎて、
その間に一人で道渡れるようになったし、
一人でタクシー乗れるようになったし、一人で買い物できるようになりました☆
人ってその場所その場所に慣れる力が備えられているのね(`・ω・´)

今日はフェイシャル行って(ほとんど寝てたため、何が起こっていたのかわからないw)、
カフェでランチついでに作戦を練って、買い物に出かけました。
まぁ、いろいろ見てどこが安いのか、何がいいのかを見るのが今日の目的!

街中をふらふらしていて感じるのが、ベトナムの人の商業意欲の強いこと!!

まずはバイクタクシーのおっちゃん。

基本、日本人とわかれば、「おっはー」とか「おっぱっぴー」と声をかけてきます。
で、「コレ、ワカル?」「ワタシ、ニホンゴベンキョウシマス。」
と話を進めてきます。
だらだら話を適当にして、最後には、「ソンナノカンケーネー」だって。

どっからそんな日本語学んでくるのか本当に謎!?
てゆーか、小島よしおの影響すごくない!?海を越えちゃってるよ。。。w

さらにすごい人は、「コノ、ノートミテ」と何やらぼろぼろのノートを見せてきます。
そこには

「○○さんに最初声をかけられたときは、怪しい人かと思いました。
 けれど、いろいろベトナムのことについて教えてくれて本当にいい人でした。
 安い買い物もいっぱいできたし本当によかったです!
 ○○さん、本当にありがとうございました。」

◎月×日 ****より

っていう手紙が書かれてあります。
キレイな日本人の字で、あれは絶対に日本人が書いたものだと思うけれど、
一体あれは誰がどういう状況で書いているのか・・・???

ここに来て2回はそういうノート見せてもらいました。

ほんで、彼の結論はいろいろ案内してあげるから、バイクに乗って。
ということなのですが、もちろん乗りません。
第一、 バイクタクシーを利用する習慣なんてないし。

きっと悪い人でも怖い人でもなくて、ただ単に彼らの商売法の一なんだと思います。

だから、笑顔で、「バイバイ」といって交わす。

市場では、売り子さんたちが、
「チョットネエサン、ネビキスルヨ」と声をかけてきます。
で、しばし続く片言日本語でのセールストーク。

最終手段として、「ナンボガイイ?」と電卓を渡してきます。
そうなったら、もうちょっと苦しい。。。

今日はその罠にかかって、ポーチを30,000ドン(235円)で買っちゃいました。
しかも元値は65,000ドン。
一体、原価どんなんやねん。
「オネエサン、カワイイ。オネエサン、ダケヨ」と結局この値段で交渉成立。

他のところより安い値になったし、悪いものでもないからいいんですけどね。

それにしても、彼女たちの商売意欲には感心してしまいます。
てゆーか、そんな日本語どうやって取得しているのでしょうか??

ちなみに、BillやMikeと歩いていたら、もちろん英語で話しかけてきます。
「靴磨いてあげるよ。」という声かけなんて超頻繁。

小さい女の子が花やティッシュを差し出し、買ってと言ってくることも少なくありません。
英語で話しかけてくる女の子もいます。
誰に教えてもらったの??

そんな訳あって、ベトナム人の片言日本語はちょっと苦手です。
英語で話してくれた方が全然いい。

だから、ツアーの時も英語にしてよかったと本当に思いました。
片言日本語で説明をするガイドさんが、どうも怪しく思えてしまう。
(もちろん全然怪しいことなんてないのですが。。。w)

けれど、本当に悪い人には出会っていません。
基本的に、みんなFriendlyでいい人です。

街中を歩いていても、笑顔で挨拶してくれる人もいます。
Comoxにいたときもそうでしたが、そういうの私は好きです。

それは、商売用のときも、もちろんありますが、そういう時はNOと言えばいいだけ☆

今日は、高級ホテルの化粧室を借りて化粧していたら、
掃除係りのお姉さんが、「日本人ですか?」と英語で話しかけてきました。

日本語を勉強してるのか、「Good bye」と「Good night」は日本語でなんていうのかたずねてきました。
日本が大好きなんだそうな。

そうやって、言語を取得しようとする姿はちょっと尊敬です。
私も、ベトナムの人と話するときは、せめて「ありがとう」くらいはベトナム語で言いたい!と思うし、それが礼儀だとも思うのです。

バイト先に、海外からのお客さんが来たときは、韓国人ならせめて、「カムサハムニダー」ぐらいは言いたい。
相手の母国語で「ありがとう」の気持ち伝えたいと思うのです。

それにしても、何故彼らは「おっぱっぴー」という言葉を覚えたのだろうか??
あまりにタイムリーであることもビックリですw

ベトナム、なかなかおもしろい国であります。

この記事をはてなブックマークに追加

11/8 旅に欠かせないのが人との出会い

2007-11-09 | My life
旅といえば、出会い!!

昨日、今日とツアーに参加してきました☆By myself☆

昨日の行き先は、メコンデルタ
人気の観光スポットのひとつで、英語ガイドツアーでも半分くらいは日本人でした。

そこで出会ったのは、イギリス人の女の子スーザン☆
何やら仕事を辞めて今、アジアを旅行中らしい。

カンボジアに行ってラオスに行って、かれこれ3ヶ月経つとか!
1年くらいは旅してたいんだけどね~

と話す彼女は超アクティブな20歳の女の子でした☆☆

ツアーガイドもめっちゃ愛想がよくって親切でしかも男前

モーターボードで広い川を上り、
ハチとたわむれ、蜂蜜ティーを飲んで、コブラとたわむれた後は、
手漕ぎ4人乗りボードでさらに奥地へ。

男性だけが舟こぎの仕事をしていると思いきや、
女性の人もいっぱいいました。

さぞ力仕事キツイだろうに、細い腕で一生懸命漕いでくれました。
しかも笑顔が優しい

通じてるのか通じてないのかわからないけれど、
ベトナム語でお礼を言って、船を下りました。

同じツアーの中に、ラブラブな若い日本人夫婦がいました。
どこか身なりがいいなぁと思ったらIT関連の仕事についていて、
イギリスに2年間住んでいたらしく(留学)英語もぺらぺら☆

スーザンとその夫婦と4人で英語で話しできたのが楽しかったです♪

ツアーは終始円満な感じで楽しく終えました

スーザンとアドレス交換して、
これで今度はイギリスに行けるね~
今度は日本に行けるね~

とか言いながら別れました。

一人で参加してどうなるんかなぁってちょっと不安だったけれど、
新しい友達もできて、かなり満足のいくツアーでした☆


スーザン&ガイドさん


続きまして、今日はベトナム人が開いた
仏教、キリスト教、イスラム教、儒教、道教がミックスされた
カオダイ教という宗教の本山と、

ベトナム戦争のときに、敵を翻弄させるために作られたクチトンネルに行くツアーに
参加しました☆

昨日に引き続き、どんな出会いがあるのかワクワクしながら

今日は昨日と違ってマイクロバスでの移動。
つまり昨日に比べたら参加者が少なかったです。
(そういう風に設定してあるのかも)

乗ってきたのは、強烈な4人組のおばちゃんfrom スペイン。

大阪のあつかましいおばちゃんのようにペチャクチャとしゃべりまくるおばちゃん達。

ガイドさんがしゃべってる時にもそれは止まらず、
しまいにはガイドさんが、

「もうほんなら勝手にしゃべっとき!!!
 同時にしゃべりたくないし!しゃべり終わったら呼んで。
 その後、私が話すから!!」
※英語

と怒ってしまう始末。。。

英語をあんまり理解していない彼女達は
あんまり堪えていませんでしたが、周りはいい迷惑です。

私はちょっとその様子が滑稽でおもしろかったけどw

今日のガイドさんは昔、先生をしていたらしくやたら先生口調でした。

「この時間には絶対戻ってくること!
 じゃないと、置いていくからね!
 そしたら、ホンダのバイクタクシーで勝手に来たらいいし」

みたいなw

私らまるで彼の生徒みたいやね~
と話して友達になったのが、ウクライナの女性(Zhanna)

彼女は私より15歳くらい上かな?
落ち着いていて、朗らかで賢い女性でした。

ウクライナのことなんてこれっぽちも知らないので、
いろいろ聞いて教えてもらったりしてました。
(なかなか聞きずらい英語でしたが・・・)

今回のツアーはロシアとかスペインとかからが多くて、
Zhannaがいなかったら結構ハードなツアーになっていたと思います。
強烈な4人組がいるし;

ま、そんな4人も話してみると、明るいおばちゃんで悪い人ではないのですが☆

先生口調のガイドさんもホントにいい人で、
彼じゃなかったら時間通りに動けなかったかもしれません。
(みんな勝手すぎてw)

少しの日本語もしゃべってくれるし、
いろいろ私達に教えようと、こっちを向いてくれました。

あんなおばちゃん達がいたら、そりゃ仕事しにくかっただろうに。。。

とにかく、今回のツアーで孤独なんてことは一切感じることもなく、
本当におもしろい時間でした。

帰りのバスの中でふと・・・

「あ~私、人が好きやな~」

と考えていました。

こうやって珍しいところに行っても、
心に残るのは、ほとんどそこで出会った人のことでした。

出会う人によって、思い出はよくも悪くもなります。

その出会いは、いろんな可能性を与えてくれます。
カナダに初めて到着した次の日に、Billとビーチで出会って、
Mikeと話したから、今、私はベトナムに来てます。

そうじゃなかったら、今回のようにスーザンやZhannaと出会うこともなかったでしょう。

そんな出会いを繋げてくれてるものが、English(poorながらも)で
やっぱり英語を勉強してきて本当によかったと思うのです。

そして、これからも続けようって思うのです。

それともうひとつ。

私にとって、どこで何をするかが大事なんじゃなくって、
誰と出会って、どんな風に付き合うのかが一番大切なんだということ。

だからきっと、これから進もうとする道は間違っていない。

今まで入ったことのない世界だけれど、
人の大きく関わる世界だから、きっと私の道をさらに広げてくれるでしょう。

私にとって本当に新しい世界だからこそ、プラスになる。

そんなことも思いながら、
今日の出会いに感謝して、今日という日が過ぎてゆくのでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加