東京日和 キレイライフ 

インテリアコーディネーターのhanaです。毎日をより楽しく、キレイにをモットーにキレイライフを綴ります!!

大人クラブ ちょっとハッピー

2017-06-19 13:55:23 | 東京日和
こんにちは。(^o^)/

お久しぶりです。大人委員会。大人クラブです。

東京の素敵と東京のデザインをお伝えしていきます。


先日の6月の晴れの日に、歌舞伎座に歌舞伎を観に行ました。



午後の部の2幕、3幕を見てきたのですが、楽しめました。(*^_^*)

特に、3幕の『一本刀土俵入』で、駒形茂兵衛が幸四郎さん。お蔦が猿之助さん、なかなかの見応え

でした。

高校生の時の課外授業や20代一度、幕見席に挑戦して以来ですので、今、歌舞伎を観ると自分が

どんな感想を持つのかな?というあたりも観る楽しさとなりました。どうでしょうか??

お話の筋といよりも、歌舞伎座といもの、建物、雰囲気、歴史、役者さんの演技、そんなものがトータルで

気になります。

歴史的文化遺産という感覚で見ていくと、さらに興味が広がていくのかな??と思いました。

今回も、幕見席。11時に歌舞伎座に行き、混雑状況を確認し、4時45分のチケット発売の45分前に戻

ることに。その間を、ランチや、銀座裏通りの散策もしながら休日の午後を満喫しました。

東銀座の裏通りにある、ジョンレノンとオノヨウコが訪れたことで有名な喫茶店。『樹の花』



ランチをした『パリのワイン食堂』の前菜。



スパークリングワインも頂きました!(*^_^*)


途中、目に留まった 『王子サーモン』




『王子サーモン』は、1967の創業。当時の王子製紙の副社長がロンドンに出張したさいレストランで美

味しいスモークサーモンに出会い、その材料が北海道・日高沖産のサケだったとの事。

この「感動的な味との出会い」が、王子サーモンのルーツ。

北海道・苫小牧にて『王子サーモン』を設立。

今や、イギリス・エリザベス女王の歓迎晩餐会や北海道洞爺湖サミット・首脳会議晩餐会においても採用。

”世界を唸らせる味”なのだそうです。

ちなみに、銀座のお店は建築家 前田圭介氏の設計。

そのお店のある界隈でも、ひと際、スタイリッシュな異才を放っています。

機能的な陳列でありながら、スタイリッシュ。サーモンの赤味を引き立てる、グレーイッシュと素材感は

計算されたものです。



スキンケアの『Kiehl's』 内装が面白いです。洗練されてない、カオス感。




     *     *     *

芝居がはねた後、銀座の街に繰り出して

美味しいお酒や焼き鳥、おでんを頂きました!!





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『山田孝之のカンヌ映画祭』 | トップ | イルカと海と福田朋夏さん »
最近の画像もっと見る

あわせて読む