タンボマスターへの裏道

富山県黒部市でお米の専業農家を営む濱田ファームが、米農家の頂点・タンボマスターへの険しき道に挑むっ!

麦刈りー!

2016-05-31 14:56:48 | 転作
例年になく早い時期となりましたが、
今日は麦を刈っていまーす!

生産調整という名の元、
今でもこの地域ではお米を自由には作る事はできません。

35%近くの田んぼで、
お米以外の作物を作ったり、
田んぼを管理したりして、
お米の生産量を調整しています。

濱田ファームでは、
ともまる一人でも何とか作れる麦を選択、
転作作物として作付けしています。

去年の秋にまいた種は、
春を迎えてスクスク成長し、
麦秋と呼ばれるこの時期に黄金色に輝き、
刈り取りの時期を迎えます。





こんにちは。
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

申し遅れました、私、
このブログ「タンボマスターへの裏道」の書き手、
濱田律子です。





どうしてお米以外の物を作らなくてはいけないんだろう。
という、
解決策がない疑問を抱かないようにして、
精いっぱい麦を作付してはいますが、





秋のお米収穫後、
直売がピークの時期に麦の種まきがあり、
なかなか種まきを適期にできなかったり、
去年の秋は長雨が続いていて麦の発芽がうまくいかなかったり、
そもそもこの辺りの田んぼが麦に適していなかったり。

いろいろ理由はあるんですが、
それにしても麦の出来具合の悪さったら、
目を覆いたくなります。





麦を育てたというより、
草を育てたような感じになってしまって、
今年も大失敗でした。

草がからまってうまく刈り取りができず、
何度もコンバインを詰まらせ、
その度に手で取り除き、
そしてまた詰まらせて。

その繰り返しです。





非常に苦しい刈り取りで、
本当にイヤな気持ちになります。

それがまた、
転作作物だから余計に。





なんですが、
文句を言っても仕方ない。
自分たちの力が足りないだけ。

来季こそは、
もっと水はけ対策をしっかりとって、
早く種まきができるよう稲刈りから直売の段取りをしっかりとって、
転作とはいえ麦もしっかりと豊作となるようにしたい。





緑の田んぼと、
黄金色の麦畑。

このコントラストが本当に美しくて、
大好きです。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。


●HP タンボマスターへの道
●お米のご注文はこちらから
●facebookページ タンボマスターへの横道
●Instagramも始めました! hamadafarm
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

苗箱をひたすら洗う日々!

2016-05-30 14:10:36 | 米作りの裏道
昨日は、
1年でいちばん黒部の人口が増える日、
黒部名水マラソンでした!
全国から集まった参加者は1万人以上!

この黒部名水マラソンは、
濱田ファームの地元も地元、
田んぼのすぐそこで行われているので、
親しみがある・・・・、

と書きたいところなんですが(苦笑)、
実は農道に駐車の車がずらっと並ぶので、
農作業が全くできない日でもあるのです。

田植えが終わっていない年もあるので、
とても参加どころではない大会なのですが、
今年は娘が走ってみたい!
と目をキラキラさせて言うので、
家族みんなで参加してみたら!
ららら!

と、
続きは濱田ファームの日常を綴るもう1つのブログ「ヒビノコト」を、
ご覧ください♪





こんにちは。
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

申し遅れました、私、
このブログ「タンボマスターへの裏道」の書き手、
濱田律子です。





さてさて、
田植えは終わったけれど、
片づけの方は全く進んでいません(^^;)

とりあえず今は、
ひたすら目の前に山のように積まれた苗箱を洗っています。





この長方形のプラスティックの箱が、
苗箱。

3月末から始まった育苗(いくびょう=苗を育てる作業)では、
この苗箱に土を敷き詰め、
種をまき、
この中で苗を育てていました。

田植え機にセットされる時に、
苗箱から苗がビりビリビリ〜と根っこをはがされ、
苗が旅立って行った後の苗箱。

は、
土で汚れているし、
何より根っこがうじゃうじゃ。





ブラシで水洗いして、
専用の苗箱洗いマシーンで洗浄して、
最後に消毒。





そして、
しっかり乾燥させます。





そうしてまた来年の春まで、
さようなら。
作業所の奥の奥の方でしばらく、
ゆっくりと休んでもらいます。

さぁ、
今日も朝からずっと苗箱洗い。
明日は麦刈りの予定だから、
何とか終わらせたい!


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。


●HP タンボマスターへの道
●お米のご注文はこちらから
●facebookページ タンボマスターへの横道
●Instagramも始めました! hamadafarm
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テデウエール!

2016-05-27 10:36:07 | 米作りの表道
日に日に湿度が高くなってきているような気が・・・。
今日もどんより曇り空、
雨もパラパラ・・・。

梅雨が確実に近づいてきている事を、
肌でしっかりと感じられるようになってきました。





こんにちは。
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

申し遅れました、私、
このブログ「タンボマスターへの裏道」の書き手、
濱田律子です。





田植えが終わって、
これで少しはのんびりできる!
わけもなく(笑)!!

ひたすら田んぼの水管理と、
田植え機やら苗箱の片づけと、
そしてテデウエールもやっていて、
休む間もありません!!

テデウエール、
つまり手で植える作業ですが、
この辺りでは「おせ植え」と言う補植作業です。

田植え機でちゃんと植えられなかった部分を、
手で植えていくんですが、
集中してやっているとどこまでも田んぼの真ん中まで引きづりこまれるので、
注意が必要です(笑)。

見てる分にはのどかな農作業風景ですが、
熱心にテデウエールしても収穫量にはあまり反映されないので、
大きな農家さんは補植をしない事が多いと思います。

我が家も本当に最低限の部分だけ、
あまりにもひどい部分だけやるようにしています。





田植えをしてしばらくすると、
苗の色がクキッと濃い緑色に変わってくることがはっきりわかります。
根づいたという事です。

これからグングンと、
縦にも横にも大きくなる稲。
そして雑草・・・。

あぁ、
そろそろ畔の草刈りをしなくちゃ、
それよりも減農薬の田んぼのチェーン除草に早急に入らなくちゃ。
まだまだやる事が目白押しです!


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。


●HP タンボマスターへの道
●お米のご注文はこちらから
●facebookページ タンボマスターへの横道
●Instagramも始めました! hamadafarm
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016・田植え終了しました!

2016-05-21 09:46:29 | 米作りの表道
本日21日をもって、
2016年の田植えが無事に終了しましたー!

いやー、
長かった、疲れた、大変でしたー!

もう、
最後の方は集中力が途切れ気味で、
でもそれを何とか持ち堪えての、
田植え最終日でした。

このブログでもずっとお伝えしてきましたが、
田植えそのものは2週間弱なんですが、
その前の田植えの準備、
育苗(いくびょう=苗を育てる作業)とトラクター作業がとにかく長くて、
3月末からはじめて2ヵ月ほど、
一日も休まず早朝から夜遅くまで作業していたので、
もう本当にヘトヘトですっ!





こんにちは。
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

申し遅れました、私、
このブログ「タンボマスターへの裏道」の書き手、
濱田律子です。





田植えを終えてホッと一息・・・、
したいところですが、
朝晩の水の管理は毎日続くし、
田植えの片づけ(田植え機の整備や苗箱の洗浄)もあるし、
何より麦刈りはもう目の前!

まだまだ農繁期、
続きます!


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。


●HP タンボマスターへの道
●お米のご注文はこちらから
●facebookページ タンボマスターへの横道
●Instagramも始めました! hamadafarm
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

私たちの当たり前は一般の方にとって当たり前ではないのだ!

2016-05-17 16:28:22 | 濱田ファームへようこそ!
昨日16日(月曜日)は、
もー、28℃越えでものすごーく暑かったのに!
今日17日(火曜日)は、
朝から震えるような寒さ・・・。

あまりの寒暖の差に、
身体も心もついていけません・・・。

が、
そんな事には関係なく、
春作業はまだもう少し続きますよー!





こんにちは。
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

申し遅れました、私、
このブログ「タンボマスターへの裏道」の書き手、
濱田律子です。





さてここに、
田んぼの脇で怪しげに写真を撮る人が1人います。
近づいてみましょう!





田植えをしている様子を撮りまくり!
なので、
そんな様子を私も撮りまくり!!





どんなに私が近づいても、
あっ、
そうなんです、
私のカメラは短焦点レンズがついていてズーム機能がないのです。
だから、
近づかないとこれくらいには撮れないのです。

で、
近づく私にお構いなし(笑)のこちらの方、
横浜から日帰り弾丸田植え体験ツアー(注:架空のツアーです)でやってきた、
クツナさん。





一度だけ、
青山ファーマーズマーケットで同じ日に出店していた事があって、
その時に意気投合して仲良くなっちゃたんです。





そして、
田植えをしてみたい!
という熱烈ラブコールをいただきまして、
この日を迎えました!

どうです?!
この嬉しそうな顔!

農家にとっては当たり前の田植え機ですが、
一般の方にとっては当たり前でない田植え機。
乗るだけで嬉しそうですが、
せっかくなのでこの後運転もしてもらいましたよ。





見るもの全て、
やる事も全て、
もう何から何まで初めてで珍しく、
こんな作業だって超うれしそうです(笑)!





偉そうに、
それを見ているだけのともまる。
(もちろんヤラセです!)





苗箱を田植え機に載せるなんていう作業は、
米農家にとっては当たり前ですが、
一般の方にはなかなかカルチャーショックのようです。





苗箱に苗板をさす!
という作業も、
よくある田植えイベント、
つまり裸足で田んぼに入って手で植える、
では、
できない体験かもしれませんね。

でもこれが、
普通の田植えなんです!
手植えする田植えは、
米作りを生業にする農家にとっては、
ほとんどありません。





四苦八苦していたクツナさんとは対照的に、
あらよっと〜♪
的な感じで慣れた手つきのともまる。

当たり前と言えば当たり前ですが、
貫録があります。
ちょっと偉そうです。
ただ苗板をさしてるだけなのに(笑)。





クツナさんは、
「何気ない一日に素敵な物語りが生まれる」をモットーに、
本物の商品を提案するトータルセレクトショップPLAIN COMPNYを経営されていて、
香り高いオリーブオイルや珍しい白いバルサミコ酢、
そして全国の農産物を扱っていらっしゃいます。

今回はファーマーズマーケットで私たちが売っていた、
イタリア米が気になるという事で、
お米作りの現場を生で見てみたい!
という熱い思いで来ていただきました。

米作りという自分たちの仕事を、
とっても興味深く見てもらい体験してもらって、
改めて自分たちの仕事に誇りを感じさせてもらった日となりました。

クツナさん、
ありがとうございました!
次回は稲刈り、
又は青山ファーマーズマーケットでまた、
お会いしましょー!!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


農繁期が続いています。
農作業が忙しく、
お米のご注文にすぐに対応できない日が多くなります。
ご注文は余裕をもってご連絡いただけますよう、
どうぞよろしくお願い致します!

また、
メールやファックスの対応にはお日にちをいただく場合があります。
電話が一番早くて確実です。
お急ぎの方はどうぞ、
お気軽にお電話(留守電にメッセージを入れて)くださいね!

電話 050-3430-8050
受付時間 10:00頃〜18:00頃
農作業で不在の場合が多いので留守電にメッセージをどうぞ!
土日祝日お休み・平日は不定休

ご迷惑をおかけ致しますが、
どうぞよろしくお願い致します!


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。


●HP タンボマスターへの道
●お米のご注文はこちらから
●facebookページ タンボマスターへの横道
●Instagramも始めました! hamadafarm
コメント
この記事をはてなブックマークに追加