ぐるぐる・ぶらぶら

歌舞伎と映画と美術と読書の感想

【映画】永い言い訳

2016-10-19 00:25:30 | 映画
ことばを扱うプロである幸夫(本木雅弘)。
表層で押し出す言葉で心を鎧い、一方でまっすぐな言葉で子供に
接したりもする。
この大人で子供な男の、優しさ、イタさ・ダメさ、
本木雅弘の表現は、時に本気で苛立ちをおぼえるほど(みごと)。
 
子供たちとその父のキャラクターと関係性が丁寧に描かれる。
 
時折さしはさまれる、自然の光景がじわりと美しく静か。
それに癒されて済むかといえばそんなに単純ではない。
人は、一時癒されても、記憶は繰り返す。
 
シンプルなハッピーエンドではない。ほのかに苦さの残る。
 
強い自己否定は、図らずも強い自己愛でもあるのだな。
と、なんとなく思った。無自覚の自己愛。
 
-----
公式サイト:http://nagai-iiwake.com/
 
エンドロールに木村多江のお名前。え?
あとで調べたらあれだった。
すごく上手いなぁと印象に残っていたのだが、観ている時は誰とは気づかなかった。
トラックで流れているラジオやTVアニメ番組も、いずれもオリジナル。
幸夫の部屋に飾られたアート、大宮家の室内、細部に至るまで作りこまれた世界。
 
(2016.10.18)
『映画』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気になる本 2016/10/17-23 | トップ | 【読書】ある島の可能性 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。