長寿時代を、元気に生きる、中年からの、自然科学の健康法、気功師 林 善雄(1943年生、73才)

発明の増幅器、開発の理由は、中年からは、気力と体力が衰え老化の原因は、気のエネルギーが弱いと解り、機械で強くした効果です

手すりを持って、走りの、スタート出来る、腰の柔軟性を鍛えています

2017年04月19日 | 科学トレーニング

手すりを持って、走りの、スタート出来る、腰の柔軟性を鍛えています

 

リュック20キロの、重りの力で、固くなった腰を、柔軟にしています、

エネルギーを強くした効果で、効果が出ています

 

発明の増幅器で、気力を高めた、科学トレーニングです

 

エネルギーが、細胞を育てる原理

コンセプトと目標で取組み、13年目です

インターネットで、公開しています

 

自然科学は、正しいと、良くなる

正しくないと、向上できないから解りやすく

頭を使って、回復と向上を確認して

楽しく出来ます

 

詳しくは

ホームページの各ページを見て下さい

 

2017年4月3日撮影 気功師 林 善雄73才(1943年生まれ)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手すりを持って、走りの、蹴... | トップ | 正座が、楽に出来る、強い足... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む