NPO個人ケイ&リルこの世界のために 全日本動物愛護連合 アニマルポリス 動物愛護党

平和と平等と幸福を! 知らないといけない様々な現実と、考えないといけない物語を提供します。命のために、協力してください。

子宮頸がんワクチンは効果がないことを厚労省が認めた。  転載 

2013-04-05 22:04:22 | ~この世界のために~

このブログを見てくれてる人は、製薬業界と医療業界が命や健康よりも利益と地位だと言う事はもうよく分かっている人が多いと思うので別に驚かないかも知れませんが。


病気が治れば儲からない

予防は薬ではできない




リンクなどもあるので元記事を見てもらえればと思います。


子宮頸がんワクチンは効果がないことを厚労省が認めた 追記あり



追記 

 反響の大きいこちらの記事ですが、本日関連記事をアップしています。

 こちらの記事も併せてどうぞ。
 
 「子宮頸がんワクチン お医者様がうそを言っているのではありません。」2013.4.4


 おはようございます。

 何かと問題になったいる子宮頸がんワクチンですが、厚労省が効果がない事を認めました。

 こちらの動画をご覧下さい。


 2013.3.28の厚生労働委員会質疑の模様です。

 先日定期予防接種になった子宮頸がん予防ワクチンについての事実です。

 日本で現在認可接種されているワクチンはガーダシルとサーバリックスの2種類です。

 どちらも、16型と18型のHPVに対するワクチンです。

 ここで質疑を見てもらうと、

 日本人の一般女性でHPVの16型に感染している人は0.5%、18型に感染している人は0.2%だと厚労省が発言しています。

 99.5%の人は感染していないウィルスのためのワクチンだったんですね。

 さらに副反応については、

 インフルエンザワクチンに比べて、

 サーバリックスは38倍 そのうち重篤な副反応は52倍

 ガーダシルは26倍 そのうち重篤な副反応は24倍

 こんなにも多いんです。

 また子宮頸がんについても、

 HPVウィルスは性活動のある女性の50%は感染し、感染しても90%以上は自然に排泄されると認めています。

 その上、適切に治療すれば治癒率はおおむね100%と発言されています。

 つまり、HPVはありふれたウィルスで多くの人が感染し、感染しても90%以上は自然に排泄してしまうもの。

 仮に持続感染しても適切に治療を行えばほぼ100%治る。

 このウィルスのなかのしかも99.5%の人が感染していないタイプのウィルスに対して、インフルエンザワクチンの何十倍もの副反応が出るワクチンを打つという事はどういう事なんでしょう?

 しかも対象は小学校6年生から中学生、高校生。

 10代の若い女の子に打つわけです。

 厚労省が認めたこの事実をあなたはどう考えますか?



 資料  (HPV)ワクチンに関する ファクトシート - 厚生労働省


2013-04-02 07:14:48
――――――――――――――






もっと色々な事を知りたい人は下のバナーをクリックしてください。


http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/7d554bd1d4f9e9aa92a5921e1c0b3a5a





4/28神戸 参加者募集中






2013/4/5




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武器貿易条約(ATT)、国連総... | トップ |  最後のお別れを。。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。